これは、とあるちょっとした知識と日陰の何とかのブログなのよ。 間違ってもおたくのブログではないのよ。

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

Stage 301

そろそろ本格的にテスト勉強をしなければならない時が来たようなのよ。憂鬱。とりあえず、昨日は勉強をしたくない気分だったから、部屋で高性能パラパラ漫画を鑑賞していたのよ。す●●●●●●の第7話とつ●●すの1,2話を鑑賞ね。つ●●すは思ってたのと内容が違ったけど、これはこれでいいんじゃないのよ。普通の学園物になって原作のファンからしてみると不評なようだけど。とりあえず、生徒会なんて、大キライ!!

で、昨日休んだから今日はまじめに勉強をしなければならないのよ。というのも、実は明日は数学Bの確認テストがあるわけね。範囲がすごく短いから、それだけ内容が濃いというわけね。困るのよね。それにしても、教科書ってずいぶんわかりにくいのね。内容がスカスカじゃない。こんなんでよく検定が通ったものね。基礎的な解き方も書いていないじゃない。ということは、参考書に頼らねばならないということよね。参考書といえば、なんといってもチャート式よね。ある意味一番安心感があるのがこれね。無難な感じがするし。で、チャート式は難易度別に4種類存在するのよ。難易度が低い順に白、黄、青、赤ね。この中で、儂が選ぶとしたら、白を選ぶのよ。つまり、一番難易度の低い奴ね。具体的には教科書の例題程度の基礎からみっちりって感じね。といっても、侮ってはいけないわ。これを最後までやるとセンター試験レベルの力が身につくらしいのよ。別に最後までしないけど。ちなみに実用に耐えるのは黄チャートまでといったところ、青以上は難関校入試向けだから、基礎ができていることが大前提。実用的ではないわね。別にやりたい人はやってもいいと思うけど、定期テスト対策だったらその分を他の教科にまわすべきね。ちなみに、センター試験では数Bは数列・ベクトル・統計・プログラムの4つから2つを選択して答えるんだけど、選ぶとしたら後者2つを選ぶべきね。というのも、前2つに比べて異様なほど簡単なのよ。特に、統計は問題にできる材料がそんなにないから教科書程度の練習でも解けるわよ。なのに、なぜかチャート式では出てこないし、学校でもやらないのよ。そんなに難しいベクトルをやらせたいのかしら?感心しないわね。
で、世界史も少々やってみたけど、はっきり言ってやばいわよ。覚える量がものすごく多いのよ。多分過去最大ね。そもそもプリントだけで8枚もあるのだから覚える量が多いのはある意味当然ね。前回の韓国のところで大量に点を稼いでおいたので、最悪25点取れば不可はとらないんだけど、それだとちょっとまずいわね。そもそも、暗記中心の儂に世界史Aは世界史Bに比べて不利な科目なのよ。というのも世界史Bというのは4単位で大体このような内容を学習するのよ。
世界史

見てわかるとおりすごく多いのよ。これがセンター試験で世界史が敬遠される原因ね。しかしながら、範囲が広いということは内容が浅いということでもあるわけなのよ。対する世界史Aは2単位で範囲は大航海時代以降。実はあまりよく知らないんだけど、さっきの表でいうならば、多分アメリカ合衆国が出てきたあたりからね。単位が半分になったのに、範囲は半分どころか2割以下になったわよ。ということは、当然その部分について深く追求するわけで、時代背景の裏側まで覚えなければならないということなのよ。とんでもないわね。大体そもそも何で世界史が必修なのよ。儂の情報によれば、文部省の役人が国際化うんぬんということで必修にしたって聞いたのよ。見事に無能な役人が考えそうなことね。非常に浅はかな考えよ。大体自国の歴史も知らないで何が国際人よ。世界史の前にまず日本史をやるべきでしょう。自国のことを知らないから外交でも弱腰になるのよ。日本の悪い癖ね。ちなみに、世界史はちょっと前の履修漏れ報道でわかるように、進学校は見事にスルーしているようなのよ。多分次回改定で必修からはずされるんじゃないかと儂はにらんでるわよ。そのかわり、地理歴史の分野から2つ選ぶとか(今までは世界史+1つ)。
それにしても、さっきの年表の日本のところを見てみるとすごいわね。大陸はいろんな国が興ったり滅んだりしているわけだけど、日本は見てのとおり昔から日本よ。つまり、2666年間(確実な歴史では千数百年間)天皇家が続いているということなのよ。島国という特徴があるにしても、こういうのはすごいことだと思うのよ。ただ、惜しいのはちょっと朝鮮半島にはみ出しているところなのよね。あれさえなければ面倒なことがなかったのに。残念ね。

というわけで、本日は終了なのよ。
スポンサーサイト
記事編集

Stage 300

学校の漢字テストに瀟洒が出てたわよ。すっごく奇遇ね。ちなみに「しょうしゃ」って読むのよ。意味は国語辞典によると、さっぱりして、気がきいているさまね。例文「完璧で瀟洒な紅魔館のめ●ど長、十●夜咲夜。」

風来の~はとりあえず本日クリアなのよ。とりあえず、25階からの3連続大部屋モンスターハウスは嫌がらせなのよ(27階でクリア)?別にクリアしたからいいけど。で、この後8個以上の追加ダンジョンと、オンラインで配信していたダンジョンが多数あるから、これらは時間のあるときにするのよ。

で、もうすぐ試験なのよね。数学Ⅱの試験範囲が発表されたけど、なんと指数対数はないのよ。難しい数列だけなのよ。稼ぎどころがなくなって観鈴ちん、ピンチなのよ。というか、数列は本気で難しいわね。平常テストが悲惨な出来だったからって、期末の難易度を下げるような人じゃないわよ。これは困ったのよ。そして、もっと問題なのが世界史。授業がつまらないから睡眠時間になってるわよ。ということは、1週間で授業内容のすべてを把握せねばならないのよ。ありえないほど大変ね。そのくせ、試験はほとんどが長文記述式。悪質。そもそも授業がつまらないのが悪いのよ。米国の大学のように生徒が授業の評価をできるようにすればいいのよ。その辺は民間のほうが進んでいて、TACの簿記講座では最終回に授業内容に関する無記名のアンケートを提出させるわよ。多分賞与や次回授業の割り当てなんかに使うはずなのよ。だとすると、当然講師は分かりやすい授業を心がけるわけで、それが受講者にとってプラスに働くわけなのよ。やっぱこういったものは競争があったほうがいいわね。学校法人は一定以上のレベルになると黙っても志願者が集まってくるから、競争なんてないのよ。せめてちょっとでも生徒の意見を聞いてくれればいいんだけどね。困ったものよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 299

そういえば、もうすぐ試験ね。ということは、年末を瀟洒な部屋で平和に暮らすためには試験勉強をせねばならないわけね。かったるい。ところで、儂の経験上勉強というものは自習室でやるほうが自宅でやるよりも1000倍は効率的なのよ。つまり、勉強しかすることがないという状況を作ればいい訳ね。自宅だと結構誘惑が多かったり、気が散っちゃうものなのよ。ところが、簿記1級本試験終了に伴い、TACの自習室が使えなくなったのよ。これは非常に困るのよ。死活問題ね。かといって、池袋の有料自習室はどこも満員だし、空いていたとしても予約が必要で大変面倒臭い仕様ね。どこかに良い自習室はないのよ?あったら教えてくれるとうれしいのよ。都内だったらどこまでも行くわよ。

っと、ここまで書いて身近にとてもいい自習室があったのが思い出したのよ。近所の空き家ね。別に不法侵入じゃないわよ。儂の家の土地なのよ。そこに以前すんでいた家があったのよ。現在でも儂の家の所有物だから、そこで勉強すればいいじゃない。荷物は全部出しちゃったから何もないわけだし。忘れ物をしてもすぐ取りに戻れるのよ。これは、便利ね。あ、自習室も一応募集するわよ。念の為。

本日はブックオフで書籍を2冊購入ね。実は文庫本が200円だったのよ。安いわ。
で、実は昨日あたりから風来のシレン外伝をはじめたのよ。N64の風来のシレン2に登場したアスカたんが主人公のゲームなのよ。実はゲーム自体は結構前から持っていたのよ。つまりリプレイね。古いゲームということで、グラフィックは今のゲームより劣るけど、すごく面白いわよ。映像≠面白さの証明ね。脳汁たれまくりよ。ちなみに、どんなゲームかは、簡単に言うとダンジョンにもぐるゲームなのよ。やってない人に伝えるのは難しいわね。リアルタイム要素がまったくないから、じっくり思考することができるのよ。無論、選択を間違えれば死ぬわけだけど、8割がた自分の責任よ。言い逃れ不可能。だから面白いのよ。ちなみに今から買おうにもメーカー直販が終了したので入手は困難。どっかのPCゲームを扱っているお店で入手するほかないわよ。仮に入手したとしても、実は結構きつい難易度なのよ。最初のダンジョンからほぼすべての種類のアイテムが出てくる上、20階ほど上らなければならないので、結構シビア。観鈴ちん、ぴんちなんてこともしばしば。きついです。N64を持っているなら原作の風来のシレン2の方を確実にお勧めするわね。こっちは10階からだし。1000円以内だろうし。
それにしても、面白いのよ。やっぱりグラフィックは面白さに関係なし。クタラキはアホなのよ。というかただのスペック厨じゃない。そんなんだから、ソニーの経営が傾いているのよ。もっと消費者の立場に立って考えなければだめなのよ。それが、商売の一般的な理論なのよ。士族の商法では絶対に失敗するわよ。というかそろそろブランドイメージの回復を図らないと本気でやばいのよ。あくまで儂の考えだけど。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 298

木曜深夜はうぐぅ(仮)8話だったわよ。もちろん、見ることはすべての教育機関において必修科目であるから当然見たはずなのよ。とりあえず、今回は栞とうぐぅが出てなかったのよ。画期的。そのかわり、放送時間の大部分をまこぴーに費やしたのよ。これからの展開を知っている儂としては泣ける展開ね。次回予告から考えると、まこぴー編はあと2話。次回はさらに泣ける展開とあの名ゼリフ。その次は全世界が泣いた超感動のクライマックスよ!というか、泣かない奴は人間性を疑われてもしょうがないわよ。だから、さっさと1話から順に見て、第10話に間に合うようにしなさいよね。

そういえば、インターネット上でこんな記事を見つけたのよ。

7年半前に久夛良木健氏が語ったこと

★7年半前のインタビューで久夛良木氏が何よりも強調していたのは
「PS2の超高性能な演算能力によってゲームのパラダイムが変わる」ということです。
具体的な発言をインタビューの中からいくつか取り上げましょう。
「これまではゲームに関心が持てなかった一流の監督,脚本家,
音楽家,画家が,入ってくることができる表現力の高いプラットフォーム」
「PS2は,画像が実写なのかCG合成なのかを気づかせないレベルまでもっていこうとした」
「PS2上では人間の感情に訴えかけられるものをリアルタイムに作れるようにした」
「猫は猫の理屈で,水は物理シミュレーションで生成する」
「(PS2へ)世界中の研究者が動くだろう。だって面白くてしょうがないから。髪の毛1本がそよぐだけで面白い」

 インタビューの途中,久夛良木氏が語るあまりの“表現能力至上主義”に
違和感を覚えた筆者は「それでゲームが面白くなるのですか。
『テトリス』はグラフィックスはたいしたことはないが,ゲームとしては面白い」と言おうとしたところ,途中で発言を遮られ,

「それはステレオタイプの考え。その人はその時点で進化を止めている。
新しい試みをする,エンターテインしようとする人たちに対して反論する人は,いつの時代にも必ずいるものだ」

(後略)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061106/252725/


成程ね。つまり、久夛良木の考え方と儂の考え方は根本的に違うということなのよ。儂は、グラフィックが綺麗だからこのゲームは面白いということは考えないわよ。これは、儂のゲームの採点基準にグラフィックがないことより明らかなのよ。むしろ、重要なのはゲーム性やストーリーなどであるのよ。そういったアイデアがあるのに金がないって会社がDSに流れていくわけね。それより不満なのが、

『テトリス』はグラフィックスはたいしたことはないが,ゲームとしては面白い」と言おうとしたところ,途中で発言を遮られ,

「それはステレオタイプの考え。その人はその時点で進化を止めている。


といった所ね。TGM3をやっている儂としてはとんでもない発言なのよ。何のことか分からない人は、黙ってこの動画を閲覧しなさい。ARIKA製のTetris the Grandmaster 3の上級者向けのモードで現時点でのトップクラスのプレイよ。これで進化をとめているといったらあまりにも浅はかね。ちなみに7年前にもTGM(1)はあったわよ。この動画ね。TGM3に比べてずいぶん遅いけど、それでも当時としては画期的ね。特に今までにはなかった20Gという要素は確実にプレイヤーを進化させたわ。そして、それが攻略されるごとに新作を出し、今では3作。この間にプレイヤーが進化しなかったといったら大間違い。当然のごとく、さらに速いスピードに適応できるように進化したのは明らかなのよ。どちらにせよこういった思考でとまっているのは明らかに思考停止ね。情けないわよ。
そういえば、来週はwiiが発売するらしいわよ。出荷台数からみて、PS3よりたくさん売れるのは間違いないわね。個人的にはどっちも応援するつもりはないわよ。そういえば、Xbox360なんてハードがあったわね。儂が思うに、他のハードより1年早く出したのが敗因じゃないのよ?1年前といえば、日本ではPS2が主流。次世代機は当然の如くPS3と考えられていた。そんな時代よ。そんな時に負けハードであるXboxの次世代機を出しても見向きもされないのよ。日本のハードはトップ以外は負け組なのよ。厳しい。で、時は流れ2006年。PS3のとんでもない仕様が明らかになったわよ。具体的には、高い値段と、開発のしにくさ(ソフトの不足)ね。ここで、Xboxがそんなに高くない値段と、開発のしやすさをウリにすれば、サードがたくさん集まってくるわよ。実は、Xbox360は開発がしやすいことで有名よ。あとは、ブルードラゴンあたりをロンチにすれば勝ったと思うのよ。残念ね。もったいない。
ちなみに、何度も言うけど、次世代機は当分買うつもりないのよ。というか中古、それも移植もので済ますことが多そうね。なぜかというと、安心できるからなのよ。移植するってことは原作がそれなりの実績を上げたってわけで、そうなるとはずれを引く心配が少ないってことなのよ。ゲームを売る習慣がない儂にとって、ゲームは高価な買い物だから慎重に買わなければいけないのよ。それこそ企業が経営戦略を策定するように。だから、どうしても安全策に走らなければならないのよ。だけど、儂が期待しているものは別よ。シャイニングウィンドは新品で買うわよ。別にキャラクターで選んでるわけじゃないんだからねっ。ほんとなんだからっ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 297

で、今日はマラソン大会だったのよ。何で祝日にこんなかったるいことしなきゃいけないのよ。冗談じゃないのよ。おまけに超寒いじゃない。これじゃ風邪をひいてしまうのよ。でも、休むと面倒なことになりそうだから、仕方なく出席なのよ。
で、今回のコースは河川敷を延々と走る単調なコースね。というかほとんど直線じゃない。こんなに変化のないコースを延々と走るのは拷問なのよ。
とりあえず、10時ぐらいにレースが始まったわけなんだけど、とりあえず、序盤に飛ばす作戦よ。だって、最初に飛ばしても飛ばさなくても結局最終的には同じスピードになっちゃうんだから、だったら飛ばしたほうがとくじゃない。
そういえば、確か音楽を聴けば良いといってたわね。といってもMDなんて聞ける状態じゃなかったから、しかたなく脳内音楽を流すのよ。つまり、脳内でアップテンポな曲を流すことにより、MDと同等な効果を期待するものよ。そういえば、マラソンというのはテトリスに似てるわね。2.5kmでLv500、4kmでLv800、5kmでLv999という風にね。というわけで、儂もそのように、進行に応じて3曲ほど流してたわよ。たしか、某シューティングゲームのアレンジとかジンギスカンの目指せモスクワとかだったはずなのよ。ちょうど曲のテンポと足の動きが一致すれば理想的ね。
それにしても、疲れるのよ。足が痛いのよ。大体なんで体力に関係なしに5km走らせるのよ。テトリスではLv500時点のタイムで足きりがあるように、マラソンも2.5kmの時点でのタイムで足きりをすればいいのよ。折り返し地点までに15分を切ってないと終了とか。でも、そんなものないからひたすら走るしかないのよ。うぐぅ。最後のほうなんてなぜか知らないけれど足が痺れてきたわ。多分神経が何らかの異常をきたしているようね。まったく、とんでもないのよ。ちなみに結果だけど、練習のときより距離が伸びたというのに1分も短くなってるわよ。びっくり。でも、足が痺れて歩けないのよ。観鈴ちんピンチ。結局、どこに行く気にもならないので、さっさと帰宅して、3時間ほど昼寝なのよ。足が悪くなければ中野で古本でもあされたのにな。がっくし。

で、今は足が筋肉痛なのよ。おまけに寒い中に放置されたもんだから風邪をひいてしまったのよ。観鈴ちんダブルピンチ。こうなったもの学校のせいなんだからねっ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 296

空気(仮)の1周目クリアなのよ。やっぱり涙ぼろぼろなのよ。用意していたハンカチがまたしても役に立ったのよ。はっきり言って、このゲーム当たりだわ。それも大当たりなのよ。確実に名作ね。だからみんなも買いなさいよね。いつも言ってることだけど、偏見は良くないのよ。ただのゲーム小説じゃない。ちなみに、レビューは全ルート終了後ね。とりあえず、暫定段位 Master(90点相当)としておくのよ。
そして、高難度戦略ゲーム、通称『う●●●●●の』も進行中なのよ。そういえば、攻略本が出ていたわね。価格は1300円。高いのよ。高すぎるのよ。難易度が高いんだから、少しぐらいまけなさいよね。といっても、実はサモンナイト3よりかは簡単なのよ。多分、サモンナイト3のあまりの難易度の高さに、フライトプランにクレームのお便りがたくさんきたに違いないのよ。そして、反省して、万人に楽しめる難易度にしたわけなのよ。それでもむずいけど。

で、明日はマラソン大会ね。すごく大変なのよ。だいたい、何で、スポーツの技能を持ち合わせていない小市民の儂が5kmも走らなければいけないのよ。おまけに35分の制限時間まであるし。まるで、「バターン死の行進」みたいじゃないのよ。こんな残酷なことをするとは完璧にどうかしてるわね。しかも明日は雨じゃない。天気予報によると、明日は12月下旬の寒さだというわよ。どうして中止にしないのよ。確実に風邪をひくわね。これで体調を崩したら間違いなく学校のせいなんだからねっ。

そういえば、もうすぐテストなのよ。というわけで、儂は前回に引き続きラジオを聴きながら勉強するのよ。しかしながら、儂の聴きたいラジオ番組は大抵土日の深夜に集中してるから、それ以外の日には結構辛いものがあるのよ。そこで、儂が思いついたのは、ラジオのバックナンバーを聴くことなのよ。実は、ラジオのバックナンバーが大量に手に入ったのよ。とりあえず、現在はSOS団ラジオ支部とう●●●●●のらじおを聴いているのよ(どちらもインターネットラジオ)。SOS団~は涼宮の高性能パラパラ漫画に登場するキャラクターの中の人がトークをする番組ね。まだ慣れていない感じかな?がんばれなのよ(第2回時点)。そして、う●●~は高難度戦略ゲームのキャラクターのうち、はくおろさんとえ●●ぅたんの中の人がトークをする番組ね。第3回ぐらいまで聴いたけど、だいぶ方向性がまとまってきたように感じたのよ。
ちなみに、バックナンバーを提供しろといっても無理よ。自分で探しなさいよね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 295

昨日は結局1日中パチェってたわよ。だって痛くて外出できないのよ。
で、今日は簿記1級の試験だったわよ。開始が9時だったから平日と同じ時間に家を出なければいけないのよ。拷問ね。
で、試験開始の合図の後、問題を見て感じたこと








よつば


冗談じゃなくてまじめにこんな感じなのよ。ホントにわけわかんねーのよ。こいわいよつばもびっくり。というかどこの大手予備校の予想もみんな大はずれじゃない。大はずれだけならまだしも、問題が難問奇問の嵐なのよ。というか何で予備校によって答えが違うのよ。ありえないわよ。そういえば、商業簿記の最初の仕訳問題は一部で仕訳なしという解答があるらしいわね。仮にそうだとしたら、仕訳なしの場合は仕訳なしと書けなんて条件はなかったから、白紙解答した儂は正解ね。多分あまりにも批判が多いから0点配点になると思うけど。
で、会計学も重箱の隅つつきすぎなのよ。連結キャッシュフローなんて教科書に数ページしか載ってないわよ。おまけに何でこの時期に合併を出すのよ。どの予備校でも(試験時期の都合上)実務と方法が違うということで、出ないっていってたじゃないのよ。もちろん、両方とも直前期にはスルーなのよ。当然こんなのできるわけないのよ。
この時点で足きり不合格は確定なんだけど、せっかくだから、工業簿記も受けるのよ。お金を払ったんだからもったいないのよ。工業簿記は個別原価計算っぽい問題が出たわよ。資料によると個別が最後に出たのは第78回。10年ぶりね。もちろん、勉強してないわよ。とりあえず、問題はそんなに難しくないけど、計算量が膨大で非常に疲れる仕様。というかすでにこれ簿記では無いわね。多分電卓の競争をやっているのよ。で、原価計算は解答欄が7つしかないわよ。もしかして手抜き?というかこの試験は解答欄が少ないと1つあたりの配点が高くなって受験者に不利な仕様になるのよ。それを知っててやってるんだったら相当悪質よ。しかも、解答欄7つのうち、3つの問題が意味わかんない~よ~。というか今まで出たことの無い問題が出たのよ。そもそも原価計算のクセに計算してないし。とりあえず、記号だったから勘で埋めるしかないわね。重箱の隅をつつきすぎよ。ちょっと腹が立つのよ。だから、大変!大変!大変!と、お喋りついでにスイーツを食べる人を募集するのよ。止まらなくなってダイエットまで終わりそうなぐらい食べるのよ。どっかにいいスイーツバイキングは無いのよ?
で、結局今回は落ちたわけだけど、明らかに問題が不満ね。そりゃ1回で受かるとは思ってないけど、どう考えても問題がひどすぎ。勉強したことがほとんど出てないじゃない。予想だって大はずれだし。冗談じゃないのよ。インターネット上でも今回の問題に対する不満が相当出ているようね。さぞかし、試験委員の顔写真を貼ったわらにんぎょうに、ごっすん、ごっすん、ごすんくぎ~、とやりたいと思った人も大いに違いないのよ。とりあえず、今回はここ数年間で一番難しかったのは確実ね。次回からはこういうことが無いようにしないと駄目なのよ。
と、ここまで書いて、平成19年からは値上げするといった情報を発見。ふざけんな。

で、試験終了後、千代田区によって適当に雨の中ウインドショッピングね。試験場が千代田区に近かったのよ。とりあえず、めるちーぶらっどは現時点で中古3980円。あと1000円は安くなりなさいよね。それよりも気になったのが、つよきすがいまだに5000円ぐらいしたこと。品不足なのよ?とりあえず、サムスピのカプセル入り造形物を1回やるのよ。ナコルルは出なかったけど、猫っぽいのが出たのよ。紙によるとチャムチャムって書いてあるわね。誰?ついでに某シューティングゲームのカプセル入り造形物(白いなんとか2号店に設置)でアリスのカンバッチを入手なのよ。
で、その後池袋に行って簿記試験のテキストを受け取るのよ。じつは、試験範囲の変更により、新しいテキストが無料でもらえることになっていたのよ。で、引き換え期限が今日だってわけね。今回は意味が無いけれど、次回以降に必要なテキストが無料で手に入るのは非常においしいのよ。だいたい12000円ぐらい得なのよ。

で、雨の中帰宅ね。疲れたのよ。でも、明日からはTACが無いから自由よ。Freedomなのよ。とりあえず、つんでいたゲームでもプレイするのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 294

昨日はうぐぅ(仮)第7話だったわよ。もちろん、ちゃんと見たわよね。とりあえず、まこぴー以外の扱いが超薄くてびっくり。これ完全にルートに入ったわね。ここから怒涛の感動の嵐よ!全米どころか全世界が泣いたわ!だからさっさと見なさい。いまからでも遅くないわよ。どうやって見るかは各自考えること。案外映像データを持っている人が近くにいるかもしれないわよ。

で、今日は学校で音楽のテストと体育の5キロ走があったわね。それにしても、音楽のテストはいやなものね。図にするとこんな感じね。
弾幕20

普段は某シューティングの画像を使うんだけど、今日はいつもと違うゲームの画像を使ってみたのよ。ちなみに、この弾幕、信じられないほど難しいわよ。間を縫っていけばいいというのは明らかであるけど、隙間が小さい割には弾速が速いから、うまくいくはずがないのよ。ボム推奨ね。それにしても、一番難易度を下げてこれなんだから、やっぱりアーケードゲームの難易度設定はあまり機能してないわね。というか通常難度でも同じだし。一応これも初心者向けにオートボムを搭載したイージーモードがあるんだけど、これでいけるのは3面まで。アーケードゲームという都合上仕方がないというのはわかるんだけど、家庭用に移植するんだったらせめて考慮してほしかったわね。尤も、無限コンティニューだからあまり関係ないんだけどね。
で、体育では5km走ね。はっきりいって死ぬわね。間違いなく死ぬわ。だいたい儂が体が弱いって分かっててやってるでしょう。読書しかしない人にいきなり5km走れといっても無理なのよ。というかなんだか足や肩が痛いのよ。うぐぅ。これじゃあ勉強ができないのよ。これで、日曜日の本試験の点数が20点は下がったわね。もちろん、35点が15点になることなのよ。
で、本番で5kmを35分で走るなんて不可能に近いわよ。具体的にはこのくらいね。
選択

1 ○ボタン
2 △ボタン
画面を見れば分かるように、間違えれば確実に即死なのは明らかなのよ。死なないようにするにはどうすればいいかしら?ちなみにヒントは一切ないわよ。といった感じの設問が延々と続くテキストアドベンチャーを攻略を見ないでノーコンティニューでクリアするぐらいなのよ。こんなの無理に決まっているのよ。マルチバッドエンディング方式のゲームを死なずにクリアするのは不可能なのよ。マラソン大会で時間内にゴールする確率はだいたいこのくらいなものなのよ。(ちなみに正解は2番)
大体個人の適性も考えずに一律にマラソンをやらせるのがいけないのよ。種目を20km競歩に変えてくれるんだったら喜んでやるわよ。大体4時間ぐらいで終わるわね。

とりあえず、今日は疲れたから明日は家に引きこもっているのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 293

今日でTACの簿記講座は終了ね。ずいぶん長かったのよ。80回ぐらいなのよ?学校の単位に換算すると、およそ7単位に相当するのよ。あとは、合格するまでひたすら本試験を受け続けるのよ。とりあえず、ある程度のパターンがあることがわかったので、それを重点的に勉強ね。とりあえず、勉強はやってて面白いと思わないと続かないものよ。勉強で思い出したけど、センター試験にも簿記会計の科目があるわね。程度としては、簿記2級程度ということで、ちょっと辛い内容ね。解いてみて、個人的には情報関係基礎の方が簡単に見えたわね。こっちはシスアドより少々簡単なようだしね。ただし、どっちの科目も使える大学が絶望的に少ないわよ。やっぱりクソムズイ数学ⅡBをやることになるのね。国立行かない儂には関係ないけど。

そういえば、明日は金曜日だわね。普段なら週の終わりで幸せを感じるものだけど、今週はそうは行かないわね。というのも、体育で5kmも走らされるのよ。冗談じゃないわ。このクソ寒い中でなんで5kmも走るのよ。一部情報によると、タイムを計るらしいわ。これじゃあサボれないじゃないのよ。儂の経験によると、1.5km以上走ると確実に筋肉痛になるわよ。TACはすでに終了したからいいけど、それ以外の作業に支障が出るのよ。日曜は本試験だし。大体人生において5kmも走る場面がどこにあるというのよ。日常生活の範囲内ではまったく思いつかないわよ。ちなみに、歩くのであれば、30kmぐらいは普通に歩けるわよ。もちろん、筋肉痛なんか起きるわけないし、翌日も普通に業務をすることができるわよ。
あー、そういえば明日は音楽のテストの追試なのよ。無論、これは先週風邪で休んだからなんだけど、クソ蟲の前で一人でやるのはやっぱり抵抗があるものよ。こんな形式を考えた人は腹を切って死ぬべきは当然であり、唯一神又吉イエスが地獄の火の中に投げ込むものなのよ。
あぅーっ。自由に飛びまわれる翼(はね)を手に入れて 無垢な瞳は求めてく 空の向こうへ行きたいのよ。止め処ない願いから一つだけ叶うのなら 誰にも譲りたくはない夢を掴みたいと思うのよ。ちょっぴり欝ね。

で、今夜はうぐぅ(仮)第7話なのよ。まこぴールート突入なのよ。ちなみに進行が遅いって意見があるけど、原作でもそんなものよ。何気ない日常を繊細に描くことによって、後の感動をより深いものにするのよ。わかったらつべこべ言わずにさっさと見なさいよね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 292

そういえば、ザ・スニーカー04年12月号には長門有希の100冊といった企画があるらしいわね。詳細はこちらの記事に任せるとして、とりあえず、この中から知っているものを拾ってみると、

『双頭の悪魔』有栖川有栖
『ダンス・ダンス・ダンス』村上春樹
『トンデモ本の世界』と学会
『カラマーゾフの兄弟』ドストエフスキー

ぐらいなのよ。ジャンルがSFや推理に偏っているから、それらにまったく詳しくない儂にはつらいところなのよ。ちなみに村上春樹だったら、個人的には『ダンス・ダンス・ダンス』よりも『世界の終わりと~』の方が好きなのよ。ちなみに結構文庫本が多いけど、発売から数年たった単行本は入手困難よ。無論、文庫のほうが持ち運びやすく、書棚のスペースをとらないから単行本よりも有利だからなのよ。
で、今日も本を買ってきたわけだけど、こういった本代は結構バカにならないものなのよ。1冊5~600円は月の小遣いが少ない儂にとっては結構な負担なのよ。知的なものとはいえ、娯楽用図書は基本的に自己負担。困ったものね。
ところでこういったお店のカバーって何で透明なのよ?明らかに使えないわよ。してもしなくても同じだし。カバーであることを放棄しているようなものね。どうやら普通のカバーはもらえそうにないので、仕方なく過去にためておいたブックカバーを再利用するのよ。ポイントサービスもいいけど、できれば普通の紙のブックカバーもほしいものなのよ。
ところで、そのお店で11月下旬にうぐぅ(仮)のカレンダーが発売するようね。来年のカレンダーはこれにしようかしら。というのも、今までは海外のカレンダーを取り寄せて使ってたんだけど、取り寄せるのが面倒くさいし、海外だから郵便事故も起こりやすいのよ。おまけに、送料がものすごく高いのよ。というか普通に商品の代金を越えてるわね。これでは、あまりにも非経済的なので、来年からは国内製作の物を使うことにしたのよ。ちなみに、海外のカレンダーは日本国の祝日が反映されない以外は結構使えるものなのよ。本当の話。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 291

儂を涼宮ハルヒのキャラクターにたとえると、間違いなく長門有希ね。もちろん、静かに読書をしていることが多いからよ。だけどね、儂が静かに読書してるんだから変なことすんなや、このクソ蟲が。やっていいいたずらとやってはいけないいたずらの区別もつかない低脳は幼稚園からやり直せや。
読書は静かな娯楽だから、電車の中など、うるさくしてはいけない所でも実行できるのがいいわね。この際だから12月発売のうぐぅ(仮)のPSP版も買いなさいよね。というか偏見はよくないのよ。明らかな萌えゲームだと思っている人は、自分がやっていないからそんなことがいえるのよ。実際は全然萌えなゲームじゃないわよ。本当の話。むしろ、こういった低予算のテキストアドベンチャーはストーリーぐらいしか売りがないから、必然的にストーリーのクオリティが高くなるわよ。高予算でグラフィックがすごいけど、ストーリーがスカスカであることで知られる某RPGとは正反対のベクトルなのよ。ちなみに、ストーリーがいいことは客観的にも証明されていて、mk2というゲームの投稿型総合レビューサイトによると、某RPGのストーリー点は1.72点、それに対してうぐぅ(仮)のストーリー点は4.60点と非常に高い評価を得ているわよ(総合点はそれぞれ53点と82点)。だから、こういった客観的な評価があるわけだから、ほんの少し絵を見るだけで、内容を決め付けるのは良くないのよ。たまたま手に取った本が、案外隠れた名作かも知れないわよ。
そういえば、PS3でガンダムのゲームがでたっぽいけど、買わないわよ。だって3Dのアクションゲームじゃない。人は誰でも苦手なものを1つか2つは持っているものなのよ。あゆがホラー映画を見れないように、儂はアクションゲームがちょっと苦手なのよ。これはある程度はしょうがないものなのよ。でも、来年発売のシャイニングウインドは買うわよ。だって面白そうじゃない。しかもありがたいことに難易度を低めに設定してくれるそうなのよ。だったら買わないわけにはいかないのよ。

で、今日はまーたマラソン大会の練習ね。そういうことはTACでの勉強に支障が出るからやめてほしいものなのよ。といっても、TACは今日と木曜日でおしまい。9ヶ月は長かったわね。ダブルスクールの期間はこれ以上なんだけど。でも、これでひとまず終了ね。とりあえず、情報と会計で資格を取れたから上出来ね。商業高校では両方もしくは片方を3年かけてやるらしいけど、それを2年以内で修了したのよ。そう考えると学校ってつくづく無駄なことをしてると思うのよ。明らかに専門分野に特化したほうが得じゃない。理系の専門としてスーパーサイエンスハイスクールといった試みがされているようだけど、良い動きだと思うわよ。文系の儂には関係ないけど。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 290

風邪で寝込んじゃったのよ。これは仕様がないのよ。多分精神的にも肉体的にも疲れていたのよ。人間はたまには休まなければならない時があるものなのよ。
といっても、休んでいると寝てるぐらいしかやることがないのよ。数学の自習をしようにも体調が悪いんだからできるわけないし。仕方がないからとある人から借りたドラマCDでも聴くのよ。ドラマCDっていうのは、普通のCDは音楽が入っているけど、音楽のかわりにドラマが入っているものなのよ。といっても映像なんてあるわけないからラジオドラマに近いわね。で、聴いてみると、やっぱり泣けるのよ。原作のプレイ時間が数時間なのに対し、収録時間が80分しかないからどうしても内容はダイジェスト的なものになっちゃうんだけど、それでもちゃんと重要なところや泣き所は抑えてあるわよ。やっぱりいいものは(よっぽど改変されていなければ)どんなメディアであれいいものなのよ。偏見はよくないわ。
ところで、録画したうぐぅ(仮)の6話も見たわよ。とりあえず、舞ルートからはいったん外れて来週からはいよいよ本格的にまこぴールートに入るって感じね。個人的にはもうちょっと後にしてほしかった感があるんだけど、この際これでもいいのよ。とりあえず、まこぴー編が終わったら、第1話からまこぴー編終了まで通して見ることにするのよ。ちなみに、全24話が終了した時点で1話から全部通して見る『8時間耐久うぐぅ(仮)』なんてのも企画してるわよ。ところで原作で舞ってあんなこといってたのよ?

で、今日も学校でマラソンの練習なのよ。何で病み上がりに15分も走らせるのよ?おまけに頭痛もしてるしで最低ね。こんな、非生産的なことやめなさいよね。
で、帰りに中野の古本屋に行って、軽い小説を数冊購入なのよ。交通費を考慮しても新品を買うより結構得なのよ。今月の書籍はこれで購入終了って感じね。そもそも個人的には書籍は消耗品。一度読んだ本はなかなかもう一度読まないものなのよ。落ちも知ってるしね。故に、いかに安く面白いものを入手するのかが最大のポイントなのよ。別に読み終わったものを売ってもいいんだけど、たいした値段にはならないだろうし、何よりそんなことをすると本棚が寂しくなるじゃない。折角本棚があるんだからせめてその中を本でいっぱいにしたいものね。とにかく、本は知識の泉なのよ。儂は読書を奨励するわよ。同じ理由でテキストアドベンチャーのゲームも奨励するのよ。あくまで目的は文章なのよ。

そういえば、簿記の模擬試験の結果が返ってきたわね。結果は




意外と悪くないわね。なんか「お前全然できてねえじゃねえかこのク●が。まじめに講義聞いてたのか?ふざけんじゃねぇ。」とか書かれてるんじゃないかと思ったけど、結果は可もなく不可もなく。大体真ん中ぐらいね。上にも下にも同じくらいの人数がいるのよ。
というか工業簿記の平均点が5点を切ってるわよ。平均点が100点満点換算で20点以下のテストというのも画期的ね。悪い意味で。配点を見る限りほとんど2点か0点っぽいわね。ちなみに儂は2点(1箇所正解)だったわよ。で、簡単だといっていた原価計算の平均点がずいぶん低いので配点を見てみたら予想通り語群選択はほとんどが0点配点なのよ。かろうじて配点がかかっているところも2つ組んで両方とも正解で初めて得点になるという代物。極めて悪質。

そういえば、PS3が発売されたわね。といっても初回出荷はPS2の10分の1の10万台だから当然入手は限りなく不可能に近いわよ。というか一部情報によると、販売台数の5%程度が転売目的のようね。やっぱりみんなお金がほしいのよね。一部では中国人ブローカーが買い占めて大量の利益を上げているとか何とか。悪質。ちなみにYahoo!オークションでは転売を禁じていたはずだから、通報すると削除されるはずなのよ。といっても興味がないからやろうとは思わないけどね。
で、儂はPS3を買うかどうかはまだ決めてないわよ。大体今買ったところで、性能を最大限発揮できるのはシアタールームにあるテレビぐらいなもんじゃない。持ってたとしても宝の持ち腐れね。大体ロンチは面白そうなものがなかったのよ。儂はハードではなくてソフトを買うのよ。ハードはソフトをプレイするために仕方なく購入するものなの。だったらほしいソフトが出てからでもいいじゃないというのが持論なのよ。といっても今後1年間は次世代機ではほしいのが出なさそうな予感ね。とりあえず、その間はPS2のテキストアドベンチャーでもプレイするのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 289

一部情報によると、ひ●●し祭は12月21日から2007年初頭に延期なのよ。理由は一部表現の調整とのことだけれど、CEROの定める禁止表現でも入っていたのよ?ちなみにfateも2007年初頭にこっそり延期してるけど、購入予定はないから関係ないわね。

で、今日はまた持久走があったのよ。相変わらず足が痛いのよ。おまけに寒くて風邪をひいちゃったのよ。何でこんな面倒くさいことをするのよ。陽の当たらない図書館で軽い小説を読んでいるほうが3000倍ましじゃない。マラソン大会なんて、あってたまックチュンッ!!あぅーっ、あってたまるか!ってのと、クシャミが重なったのよぅ。ちなみに、走るよりかは最初から最後まで競歩で行ったほうが絶対早そうね。
で、終了後一部卓球部員がア●メ●トなるお店に行ったので、こっそりついていって軽い小説を1冊購入なのよ。ついでにポイントカードも作成なのよ。これは10000円購入ごとに500円の割引があるというカードなのよ。なんかちょっと得した気分ね。次から軽い小説はここで買おうのよ?結構品揃えいいし。と、ここで見事に儂はア●メ●トの商法に引っかかったわけなのよ。立地的に明らかにジュンク堂などの競合店より不便なんだけど、ポイントカードという一見得しそうな制度を導入することにより、価格的に優位な立場になり所持金の少ない貧乏学生を顧客にすることに成功したのよ。たとえ、割引率が5%というバス共通カードより低い率だとしても、思考停止した人間にはそんなの知ったこっちゃない。というか20冊買うと1冊無料と考えれば結構得なのよ。でも景品点が最低50000円からなのは勘弁してほしいわね。100冊買わないと景品がもらえないじゃないのよ。あ、でも毎日のように行っている赤い(ピー)とかだったら余裕でたまりそうね。
あと、涼宮ハルヒのカプセル入り造形物があったから、ひいてみると





みくるキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
別にみくるが好きなわけじゃないのよ。
それにしても、こういうお店ってちょっと異様な空気がするわね。決してオタクを蔑めるわけではないけど、慣れるにはちょっと時間がかかりそうね。

そういえば、今週は音楽のテストがあるじゃない。最低ね。何でクソ蟲の前で歌わなきゃいけないのよ。羞恥心を知らない、むしろ他人の羞恥心を増大させて妨害させるクソ蟲は恥を知ったほうがいいわね。クソ蟲どもは渋谷109前の交差点でハッピー☆マテリアルを歌って踊りなさい。もちろんメドレーバージョンで。10分近くアニソンを公衆の面前で歌い続けるのよ。このぐらいしないと歪んだ性格は治らないでしょうからね。

それにしても、最近の報道の学級崩壊は目に余るものがあるわね。到底見てられるもんじゃないわ。といっても、理由は簡単で、勉強が相対的につまらなくなったのよ。昔は娯楽がほとんどなかったから勉強でも楽しいと思えるものなのよ。ところが、現在はゲームやインターネットなど単純で面白い娯楽が増えたのよ。だから、勉強が面白くなくなったのよ。どうせ将来役に立たないからやってもしょうがないわよ。将来役に立つと思われる実業系学校は偏差値が低いから入りたがらないし、開成などの超進学校はそのまま大学を目指せるのよ。そうなると、儂の学校のように中途半端な学校が問題ね。大学受験の心配はないけど、代わりに目標がないのよ。授業の程度や生徒の態度は進学校に到底及ばないし、職業訓練をするのも、(簿記の学習をしている儂のように)外部の有料の専門学校に自分の意思で行く以外ないのよ。学校に科目が設定されてないから。ということは何もかも中途半端ね。困ったものなのよ。

そういえば、明日は数学Bのテストね。確か曲の歌詞に「(流行りも)Studyも 要点チェックでOK」というのがあったはずだから、要点チェックで済ますのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 288

今日からマラソン大会の練習と称して、放課後の15分間走が始まったわね。この忙しい時期に何でこんなことをやるのよ。大体マラソンなんてものを何でやらなきゃいけないのよ。疲れるだけで、非生産的な上に得るものは何もないじゃない。大体本を読んでいるだけのパチェの儂が15分も走れるわけがないでしょ。ちなみに読書は生産的でかつ、知識も増える。マラソンとは正反対の知的な行動ね。そうなのよ!マラソンをやめて読書マラソンをすればいいじゃない。通常のマラソンは汗臭くて不健康で不健全だけど、読書マラソンは知性的で健康的で健全じゃない。とりあえず、ルールは本をひたすら読み漁るのよ。もちろん、漫画は低俗だからだめなのよ。小説や新書を読みなさいよね。ということをcafeでteaを飲みながら考えていたのよ。
ところで、cafeの飲料は高いけど、これをぼったくりと考えてはいけないわ。確かに材料、光熱費、賃金、変動販売費などといった変動費だけで判断したらぼったくりだけど、実際は固定費も加味しなければならないのよ。例えば備品とか内装とかそういった感じね。これを家庭で再現するとなるとなかなか大変で、かかる費用も店で飲むより高くなるわね。つまり、cafeの料金の中には飲料の代金の他に、雰囲気の料金も入っていると考えるのが妥当ね。これはBarでも同じことが言えるのよ。大人な雰囲気を保つためには結構金が必要なのよ。本当の話。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 287

そういえば、うぐぅ(仮)の原作ってPC9821でも動くのね。びっくり。

昨日は簿記の模擬試験だったのよ。というか、はっきりいって無理。超難しいわよ。原価計算を除いて。普段の答練より難しいわよ。多分原価計算が簡単だったのは全科目ヤバイ点数だと自信を無くして鬱になる人が続出しちゃうから、1科目ぐらい簡単なものを入れたんでしょうね。といっても、いつものようにきれいな数にはならないから、できない人はやっぱり出るはずなのよ。とりあえず、他の科目ができないといっても、採点箇所になりそうなところはいくつかできたので、悲惨すぎる点数にはならないはずなのよ。実は解答に配点が書いてないので、自分の点数がわからないのよ。多分、全員の答案を集計して、それによって配点を決めるのでしょうけど。ずいぶんいい加減ね。
ところで、今回の原価計算は会話文穴埋めという変わった形式なのよ。解答欄には語群もしくは、数値を入れるを問題なんだけど、25点満点の試験なのに、解答欄が27個もあるわよ。いったいどうするのよ?間違いなく0点配点のところがあるはずなんだけど、あるとしたらたぶん語群選択ね。なぜかというと、計算できなくても前後の文章で類推できるからなのよ。たとえ、「望ましい」か「望ましくないか」の2択でも前後の文章でわかるわよ。本当は計算しなきゃいけないのに儂も類推で書いたのよ。そういったところに点数を上げるわけにはいかないという魂胆ね。悪質。ちなみに儂は計算の所もちゃんとできたわよ。といっても、合格には程遠いわよ。就活までには受かるつもりだけど。

で、す●●●●●●の第5話を鑑賞ね。なんかいろはが「お兄ちゃん」なんていってるわね。下品ね。でも相変わらず面白いわね。もも子カワイソスなのよ。

で、う●●●●●のと空気(仮)も進行ね。空気(仮)はオープニングによると、今回の攻略ルートは3人のようね。ちょっとスケールダウンで観鈴ちんピンチなのよ。ちなみに何度も言っているように、あくまでこれは読書の延長上。別に変なものではないのよ。むしろ、家でしかできない分読書より不便といえるけど、その代わり感動が深いものになってると思えばいいのよ。がお。

そういえば、もうすぐマラソン大会ね。明日から放課後に15分の持久走があるそうなのよ。面倒くさくてやってられないのよ。大体なんでパチェのようにインドア派の儂が5kmも走らなきゃいけないのよ。しかも35分の制限時間もあるし、最低ね。そういえば、ボーイスカウトには40歩歩いて40歩走るという独特の走り方があるそうなのよ。これならインターバルもあって、疲れにくそうね。ちなみに、時速8kmらしいから、
8km*35min/60min=4+2/3km
うん、使えないわね。やっぱり中途半端じゃない。ちなみに5000m競歩の日本高校生記録は19分35秒79なのよ。時速15km。歩いてないじゃない。ぜんぜん参考にならないわね。
そもそも1500mで限界なのに、何で5kmも走るのよ?ジョギングの提唱者はジョギング中に死んだわよ。馬鹿ね。
で、明日の持久走だけど、このブログの過去記事に音楽を聴きながら走るとよいと書いてあったわね。できればそうしたいけど、学校でできるのよ?どちらにしても、あまり好んでやるものではないわね。何より面倒くさいし。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 286

そういえば、昨日書かなかったけど、うぐぅ(仮)の第5話はちゃんと見たわよね。まさかあそこでエ○本を買わせる選択肢を選ぶとは思わなかったのよ。たしか原作だと、そこでタバコを買わせる選択もできたはずだわ。結果としてはエ○本を買わせるほうが面白いんだけどね。というかエ○本が何なのかもわからないのよ?で、最後の舞の台詞。原作にあんなのあったのよ?実は舞ルートはあまり詳しくないのよ。もし、原作になかった場合、台詞の内容から、もしかして(ピー)が出ないかもしれないわね。とりあえず、どうやら最初はマコピールートに進むようね。マコピールートは儂が2回目にクリアしたルートなのよ。泣けるかどうかは人それぞれ。だけど、原作で1回も泣かない人は人間性を疑われてもしょうがないわよ。
ところで、BS-iを見てるとCMがあまり流れていないわね。ほかの番組の紹介か、高性能パラパラ漫画のDVDの宣伝ばっかりで一般の民放のようなCMが流れていないのよ。いったいどうやって採算とってるのよ?
そういえば、宣伝によると空気(仮)のBlu-lay BOXが12月6日に発売するそうよ。ブルーレイドライブを持っている人は買いなさい。持ってない人はというと、通常ならばドライブも買いなさいというんだけど、別に買わなくてもいいわよ。というのも、まだまだドライブの値段が高いし、それに現在のパソコンでは、どうもコマ落ちするらしいのよ。といっても、これはブルーレイが悪いのではなく、悪いのはパソコンの性能。Intel曰く、最新のcore 2 duoであればコマ落ちしないらしいけど、儂のパソコンにもそんなの入ってないし、そもそも出回ったばっかりよ。そのレベルのCPUを要求するのだから、当然快適に見ることは難しいわよ。あ、PS3を買えば快適に見れるじゃない。とはいえ、初期ロットは人柱専用だし、そもそも国内では10万台も出回らないから入手困難。おまけに現時点ではほしいゲームがないから購入は見送りね。というわけで、空気(仮)の高性能パラパラ漫画はレンタルDVDで見るのよ。もちろん、原作が終わってからだけど。

で、明日はTACで模試があるのよね。というわけで、今日はTACの自習室で勉強をしてたのよ。自習室っていっても空き教室だけどね。それにしても、こういうところで勉強するとずいぶんはかどるのよ。家では何かと面倒くさくてやらない勉強もこういうところだと結構進むのよね。一体なんでなのよ?

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 285

今日は休みだから、1ヶ月ぶりに千代田区ね。たまに行く千代田区はいいものなのよ。とりあえず、紅紫混同でも買おうとしたけれど、なぜか売っていなかったので、代わりにこれを購入したのよ。
CA250069.jpg

空気(仮)キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
ちなみに、中古で値段は2480円だったのよ。高いのよ。高すぎるのよ。うぐぅ(仮)の2.5倍じゃない。ちなみに、どんなゲームかというと、所謂一般的なテキストアドベンチャーで、途中の選択肢を選んでいくのよ。間違っても変なゲームじゃないわよ。そもそも、儂はパチェのように読書が好きであるから、読書の延長上にある、テキストアドベンチャーというジャンルのゲームを選ぶのは極自然な流れと言えるのよ。それに、小説が文字だけなのに対し、これはビジュアルとボイスがあるから、それにより感動を何倍にも高めることが出来るわよ。大体世の中のゲームは複雑すぎるのよ。高度情報処理及び意思決定を要求される高難度戦略ゲームや、リアルタイム画像処理及び(指先の)高度条件反射操作が要求される狩猟ゲームとかばっかりじゃない。こんなゲームばっかりだと疲れちゃうのよ。それに対し、これは非常に単純ね。文章を読んでいくだけだから、説明書が8ページしかないわよ。説明書の頁数が1桁というのは斬新ね。たまにはこういった単純なゲームもやったほうがいいのよ。ちなみに、現在進行中の高度情報処理及び意思決定を要求される高難度戦略ゲーム(通称う●●●●●の)とは同時進行よ。たぶんプレイ時間は空気(仮)の方が圧倒的に短いと思うけどね。

そういえば、最近めっきりニュースで見なくなった、中2の生徒がいじめにより自殺した件で、そのいじめたグループがまた別の人をいじめているらしいわよ(情報源)。
はっきり言うけど、もうこいつら死んでいいわよ。というか死刑ね。学習能力がないクソ蟲以下の物質は世界の癌だから取り除かなくてはいけないわね。永久に。というか何で学習能力がないのよ?人を殺しておいてまた同じことを繰り返すわけね。ということは、生かしておくと同じ事を何度も繰り返すわけね。何の罪のない人を殺して、自分はのうのうと生き残る。非常に不快なのよ。冗談じゃないわ。そもそも少年法が悪いのよ。近年の犯罪が凶悪化しているから、いっそ廃止してもいいわよ。そしたら抑止力にもなるし、実名公開による社会的制裁が強まり、危険因子は減っていくものよ。もちろん、悪質ないじめ犯罪は死刑ね。といっても、子どもの権利条約により、18歳未満の死刑および終身刑はできないから、無期懲役ね。そうでもしないと収まらないわよ。これ。大体学校が抑止力としてまったく機能してないじゃない。これからは警察の積極的な介入が必要ね。札幌でいじめの被害を警察に届けた人がいるけど、よい心がけね。これが全国的な流れになってくれればいいわね。警察もこういったことが表沙汰になった以上、動かないわけにはいかないわけだし。
ちなみに、いじめられるほうにも原因があるというのはいじめっ子が自己を正当化するための理論。通り魔に刺されるのは刺されるほうにも原因があるというのと似たような理論ね。今回のようにいじめでターゲットを変えるというのは、いわば快楽的犯罪。いじめられるほうには罪はないはずよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 284

今週のR25にひ●●しの●く●にの紹介記事が出てたわよ。半ページだけど。

今日は文化祭なのよ。といっても、規模が小さいから見るものは余りないわね。とりあえず、バンドは無事成功したようね。おめでとうなのよ。それにしても、本当に見るものがないわね。焼きそば喫茶の1つもないのよ?せめてThe day of SagittariusⅢかENOZがあればよかったかも知れないわね。とりあえず、めんどくさくなったら帰宅ね。そういえば、情報によると、卓球部の面々はどうやらカラオケに行ったようね。随分元気ね。ある意味感心するのよ。で、儂はかえって『い●●みっ!』の12話を視聴ね。正直言ってその程度しかやることがないのよ。で、見たんだけど…




もしかして路線変更でもしたのよ?なんかものすごくシリアスなのよ。今まででは考えられないほど。しかも、最後につづくっなんて出たからついでに13話も鑑賞なのよ。で、これもやっぱりシリアス路線ね。なんかちょっとかっこいいのよ。下品だけど。話の流れからして、これが最終回でもいいような気がするけど、これは2クールだからあと13話続くわけね。いったいどうなっていくのよ?

そういえば、PS3の発売まであと1週間程度なのよ。コンビニでPS3の特集雑誌があったから読んでみたけど、なんかリアルなタイトルしかないわね。みんな3Dを使ったタイトルばっかりで、儂の好きなドット絵や2Dのゲームが1つもないわよ。とはいうものの、最初はみんなこんなものね。というのも性能的にPS2で十分なのよ。PS3で2Dのゲームが出るのは、多分結構あとね。こういうゲームはその時点で一番主流のゲーム機で出るものなのよ。たとえば、うぐぅ(仮)のPS2版はCD-ROMという噂があるわよ。これが真実ならば、理論上はPSでも出せるんだけど、きょうび初代PSなんて流行らないからPS2で出したのよ。多分。
とりあえず、今後一年程度はPS2の旧作を遊ぶということになりそうね。新作は面白いとは限らないから、値段の割には結構リスキーなのよ。一方旧作は中古で安く購入できるし、評価が出来上がってるから地雷を踏む可能性が低いわね。ちなみに、一番最近の地雷は、儂の調査によると『テイルズ オブ ザ テンペスト』らしいわよ。

そういえば、単位不足の人間の措置が結局かなりゆるくなってしまったわね。具体的には2単位以下の人は補習50回、それ以上は補習70回とレポートね。本来ならば前者は補習70回。後者は補習105回以上が当たり前なのに、なんか納得できないわね。というのも、実はこれには裏があるのよ。与党の一つ、公明党の支持母体はイカれたカルト宗教団体の創価学会ってことはみんなも知っているはずなのよ。実際には公明党=創価学会のようなものだけどね。で、創価学会も一応宗教団体なので、学校を建てているのよ。パーフェクト リバティー教団がPL学園を建てているように、創価学会も創価高校を建てているわけよ。ちなみにPL教団については、別に変な宗教団体とは思ってないわよ。結構内容自体は普通だし、PL学園は甲子園の常連として全国的に有名よ。で、その創価高校でも履修漏れが見つかったそうなのよ。早い話が身内の不祥事の代償を軽くするわけね。まったく情けないのよ。自民党もさっさと連立を解消しちゃえばいいのにと思うわ。この国の政治は確実に腐っているのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。本日深夜はうぐぅ(仮)第5話なのよ。絶対見なさいよね。
記事編集

Stage 283

なんか中途半端に忙しいのよね。多分TACが週4回になったからじゃないかしら?といっても、今月で終わりなんだけどね。
で、今日は学校がお休みなのよ。というのも、通常ならば文化祭の準備があるんだけど、儂は帰宅部なので、当然そのようなものはないのよ。といっても、暇でやることがないのよね。お友達はみんな準備で喫茶店にもいけないし。こういった中途半端な休みは嫌なのよね。ということで、とりあえず、図書館に行って本を何冊か借りたのよ。図書館は高価な本でも無料で貸し出してくれるのがいいところね。ただし、軽い小説は借りられてるのが結構多いから、自分で買ったほうが早いわね。精々5~600円なんだから問題なく買えるものなのよ。ちなみに、儂が初めて読んだ軽い小説は実は『キノの旅』なのよ。といっても、自分で買ったのではなくて、とある状況のときに、とある人がこっそり貸してくれたのよ。こっそり読む小説もなかなかスリリングなものだけど、それ以上に内容がこの上なく面白いのよ。夏目漱石などの純文学では味わえない面白さね。というか純文学は一部を除いてクソよ。全然面白くないじゃない。文学的な深さなんてどうでもいいの。小説なんて面白ければそれでいいのよ。だから軽い小説が若者の間で大流行してるじゃない。学校の推薦図書に純文学ばかり入れても誰も読まないのは明らかなのよ。適当に入門用として、軽い小説をいくつか入れたらいいじゃない。たとえば、『キノの旅』とか『フォーチュンクエスト』とか『涼宮ハルヒの憂鬱』とか『い●●みっ!』とか。あと、学校図書館に電●や富●見ファンタジアや●川スニーカーなどのメジャーなレーベルを充実させれば図書館利用者が10倍になるわよ。どうせ棚なら腐るほど余ってるんだから、図書委員長の権限でさっさと入荷しなさいよね。別にコ●ルト文庫は入荷しなくてもいいわよ。
で、う●●●●●のもプレイね。相変わらず難しいわよ。なんか戦闘の頻度も増えてきたし。ところで、手持ちのコンプの付録のマスターブックに序盤の攻略が掲載されているんだけど、そろそろ掲載範囲を終了するのよ。そうなると、自力でやんなきゃいけないのよ。おまけに、どんどん難易度も上がっていくわよ。困ったことになったのよ。攻略本はでないのよ?
で、今日は高性能パラパラ漫画を3話鑑賞なのよ。『す●●●●●●』の4話は相変わらず下品ね。女体盛りはどう考えても下品よ。とんでもないのよ。といっても、相変わらず普通に面白いのよね。とりあえず、下品よりも面白いが上回ってる限り継続視聴ね。
『い●●みっ!』は10話と11話と視聴。10話は中休み的な話ね。なんと林原め●みがゲスト出演よ。別に好きじゃないんだからねっ。11話は少し下品だわね。といっても、他に下品な回がたくさんあるからいいんだけど。というかこの高性能パラパラ漫画って下品な回とそうでない回の差が結構激しいわよ。というかこの内容だったら別に2クールもいらないわよ。1クールで十分ね、短編なんだから。それより個人的には涼宮ハルヒのセカンドシーズンが見たいわね。とはいうものの、京都高性能パラパラ漫画は現在うぐぅ(仮)を製作中。次回作はらき●すたと決まっているから、やるとしたらその後ね。
そういえば、最近一部でネ●まなるものがはやってるようだけど、その中で手持ちの資料から1人を選ぶとすれば、個人的にはま●絵なのよ。別に中の人とかは一切関係がないのよ。

で、明日は文化祭なのよ。別に楽しむ気はさらさらないけど、精々バンドの人はがんばりなさいよね。失敗したら許さないんだからねっ。とりあえず、これも自分を追い込む理論で行けばいいんじゃないのよ。例えば、失敗したらイチゴサンデーを儂に奢るとか。イチゴサンデーで思い出したけど、明日の深夜はうぐぅ(仮)の第5話なのよ。もうあれから1ヶ月もたったのよ。時がたつのは早いのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。