これは、とあるちょっとした知識と日陰の何とかのブログなのよ。 間違ってもおたくのブログではないのよ。

2007/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/04

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

Stage 380

ここんとこ更新していなかったわね。というのも、日ごろの疲れを癒すために温泉に行ってきたのよ。千葉県の外房にある海の見える温泉ね。屋上の露天温泉からはかわいいカモメが間近に見えたりして、なかなかよかったのよ。ところで、外房は知ってのとおり南関東なわけだけど、その割には東京からずいぶん距離があるのよね。というか、たぶん体感で東京から静岡ぐらいの距離があるわよ。おかげで帰りはちょっと疲れてしまったわね。
あ、そうそう。その温泉に行ったときに、連れがDSのニュースーパーマリオブラザーズを持ってきたのよ。せっかくだからちょっとやってみたけど、はっきり言って簡単すぎるわね。VIPの改造マリオの3000分の1の難易度なのよ。というか素のSMB4よりも簡単なのよ。というのも、これは過去のシリーズ同様ファイヤーマリオで安定なんだけど、その割にはフラワーがかなりの頻度で登場するし、ファイヤーマリオでダメージを受けても過去作のように小さくならずにスーパーマリオになるのがさらに難易度を下げてるわね。正直難易度の低さにがっかりだったのよ。

で、儂が温泉に行ってる間に、どうやら『らき●すた』の発売日が4/26から5/24に延期になったようなのよ。ただし、その代償として、予約特典に「ごめんねマキシCD」というのが追加されるらしいのよ。儂的には特典が追加されるとはいえ、延期はあまり感心できることではないわね。というか、今回はちょっと問題なのよ。というのも、5月には儂はシャイニングウィンドを購入するつもりでいたから、かぶってしまうのよ。らき●すたは予約済みだからキャンセルは不可能なのよ。儂は金銭的な都合から1月にゲームは1つまでと決めているから、そうなるとゲームの購入計画を再考せねばならないわね。とりあえず、5月にらき●すたを購入するわけだから、ウィンドは7月あたりに適当に中古で入手すればいいわね。しかしながら、そうなると5月までDSのソフトがないことになるのよ。というわけで、4月までにDSのソフトを1つ買うわけなのよ。儂的には灼眼のしゃなDSでもいいけど、一番いいのはリーズのアトリエよね。もちろん、ものつくりというシステムが好きなのであって、決してキャラクターで選んでいるわけではないわよ。ちなみに、6月発売のマナケミアは学園物らしいから見送りね。
それにしても暇ね。あまりにも暇だったから、新高パラが始まるまでの間、録るだけで見てなかったまなびストレートを鑑賞することにしたのよ。別に炉●というわけではないわよ。そもそも登場人物は全員高校生なのであって、間違っても●学生ではないのよ。ついでに、まなび=鮎=堀●由●であるということも一切関係ないのよ。ほっ、ホントなんだからねっ!とりあえず、1話目は儂的にかなり好きな雰囲気だったけど、果たしてどうなるか。

というわけで、本日は終了なのよ。
スポンサーサイト
記事編集

Stage 379

今日は儂の誕生日だったのよ。年に1度のおめでたい日ね。こんな日に一人で過ごすのはつまらないし退屈ね。というわけで、数少ないお友達にメールを適当に出したんだけど、なんとみんな部活だったのよ。というわけで、哀れ、めでたい日を一人で過ごさなければならなくなってしまったのよ。でも、毎年そうだったのよ。いつも一人ぼっち。だから、一人でも楽しめることいっぱい知ってるのよ。ヘンなジュース探したりとか。というわけで、今日は一人でトランプをやったり(ビデオポーカー)、某ショップで一人でお買い物などをしたりしたのよ。いつものことだけどね。
そして、ついでにらき●すた ●えドリルも予約ね。結局限定版を予約したのよ。だって1500円をケチって後で後悔するよりは、ほしくなりそうなものをあらかじめ確保しておくほうが得じゃない。阿波踊りの「踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らな損々・・・」と同じ理論ね。買わぬ阿呆に買う阿呆よ。というわけで、買わないと損だからみんな買いなさい。というのも、このゲームは対戦型脳トレゲームだから対戦する人がいたほうが面白いのよ。千代田区あたりで簡単に見つかりそうだけど。それに、限定版に入ってるドラマCDの内容も気になるしね。
そういえば、らき●すたの高パラはなんと2クール24話らしいわよ。勿論、15分×24話じゃなくて通常の30分×24話なのよ。別にそれはそれでいいんだけど、高校生のゆる~い日常を描いてるだけの原作でどうやって24話も作るのかというのかが激しく疑問なのよ。というか出来るのかしら?儂的にはひだまりと同じ12話でも良かった気がするけどね。とはいえ、京都高パラだから何とかしてくれるに違いないのよ。原作の薄い内容をどのように高パラにするのか楽しみね。ちなみに、らき●すたが半年ということは、儂の予想では9月からハルヒ2期。来年からクラナドね。京都高パラに期待なのよ。
ところで、その予約した近所のゲームショップの在庫をこっそり見てみたところ、DSはすでに売り切れ。再入荷は未定なのよ。wiiは入荷したと書いてあるわね。そろそろ普通に手に入りそうな予感ね。で、凶箱はぱっと見2台ぐらいで、PS3は棚の上にあるだけで6台ぐらいあったのよ。簿記上は在庫は資産として計上されるから、PS3だけで30万円以上の資産って事ね。しかしながら、どう考えても実質負債の不良在庫にしか見えないのよ。欧州でも失敗したらしいし、PS3は完全に終わったわね。というか、儂が思うに、PS3は誰に向けて売りたいのか、いまいちわからないのよ。こういった高いグラフィック性能を求めるゲームのジャンルといえば、せいぜいFPSとかレースとかそういった類のものよね。しかしながら、そういったゲームをするのであれば、ハイスペックなPCでやったほうがPS3の数倍綺麗な画面で楽しめるし、面白いから、そういうものを好む人間はPS3は選ばないのよ。そして、残りの層は高いゲーム機なんて買おうとは思わないから、他のハードに流れるわね。ニュース曰く、欧州ではXBox360+wiiの組み合わせを買ってもまだPS3より安いというから、前者を買う人が多いらしいのよ。ということはますますPS3は売れないわね。ということで、PS3はどう考えても価格設定とマーケティングをミスっているから失敗したのよ。哀れ。
ちなみに、PS2は市場規模が縮小しているとはいえ、普及率は結構高いのよ。それを利用してゲーム小説専用ハードになる可能性もあるわね。性能的にはちょうどいいわけだし、何よりみんな持ってるというのが大きいのよ。故に、ドリームキャストがシューティング専用ハードになったのと同じように、PS2がゲーム小説専用ハードになるんじゃないかしら。別に儂の希望だとかそういうんじゃないのよ。あくまで一般論を述べただけなんだからねっ。でもドリームキャストもほしいのよ。どっかに売ってないかしら?

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 378

そういえば、シャイニングティアーズの高パラのタイトルがシャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンドに決まったようね。タイトルからわかるようにティアーズとウィンドが合わさった内容になるのよ。となると、これは確実にウィンドの販促高パラになるわね。ちなみに、高パラ作るのって結構お金がかかるものなのよ。しかも、製作の欄がいつものように○○製作委員会ではなく、セガとしか記載されていないから、制作費は全部セガ負担って事よね。前作10万本のゲームの宣伝費としては破格ね。というか絶対お金の使い道が間違ってるわよ。この会社はたまにこんなことをやらかしてくれるから好きなのよ。
ちなみに、高パラは中の人が原作のゲームと違っているのが結構あるのが残念なのよ。特に、ブランネージュたんが林原めぐみじゃないのは痛いのよ。しょうがないかもしれないけど。そして、主題歌は原作と同じね。つまり、「しゃにてぃあー(・∀・)」ってことなのよ。というわけで、儂はセガとシャイニングシリーズを応援するのよ。

最近は随分と暇になったものね。特に、今日は雨が降っていたから外に出れなかったのよ。ちなみに、儂は雨の日が嫌いなのよ。じめじめしてて空気が重いし、気圧が下がって体調が悪くなるし。故に、こんな日は家にこもってゲーム等をするしかないのよ。というわけで、ウイイレ以上の臨場感があることで有名な某方サッカーを3回やって、いずれも4点差以上をつけて快勝ね。あまり運動が出来ないパチェな儂でも勝てるのがゲームのいいところね。そういえば、リアルのサッカーで日本代表がペルーに勝ったようね。自分の国が勝つと素直にうれしいわね。そして、昨日もフィギュアスケートで安藤美姫が金メダル、浅田真央が銀メダルと表彰台に2人も乗ったのよ。これも素晴らしいことだわ。そういえば、その下に鮮人がいたわね。死ぬほど憎い日本人に2人も負けてどんな気分かしら。悔しいとか憎いとかそんなことを思ってるんでしょうね。もしくは、典型的な鮮人のように日本が金でメダルを買ったと思い込んでいるのかしら?でも、日本人に負けたのは明らかに実力が足りてないからなんだから、勝ちたければもっと努力しなさいよね!
ちなみに、なぜ儂がこんなに日本代表を応援して、鮮人をけなしているのかというと、スポーツがいわゆる代理戦争だからなのよ。つまり、スポーツ=戦争だから、自国が勝ったり、敵国(朝鮮)が負けると嬉しいのよ。例えば、ワールドカップの試合の日には一般人がナショナリズム丸出しで日本代表を応援するでしょう。それと同じ。決して悪いことじゃないはずよ。というか、日本では数少ない愛国心を出せる場所なんだから、そのぐらい左翼も見逃しなさいよねっ!
とにかく、日本の選手のみなさま本当におめでとうございますなのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 377

今日は銀行に行ってきたのよ。というのも、通販でものを頼んだから、それの代金を振込まねばならないのよ。儂はネットバンクに口座を開いていないから、当然駅前の適当な銀行で手続きをせねばならないんだけど・・・

「銀行の 振込手数料 420円は 

ぼったくり 価格だと 思う!!」


1600円の物を買うのにどうしてその4分の1を追加で支払わなければならないのよ。冗談じゃないのよ。大体手数料とかいいながら、行員は何もしてないじゃないのよ。ATMの操作をしたのは儂だし、処理も全部機械に任せてるじゃない。こんなんで420円はどう考えてもぼったくりなのよ。儲かってるんだから少しは安くしなさいよねっ!!


さて、昨日はひだまりスケッチ9話だったわよ。勿論見たわよね。「裏新宿の狼」というタイトルの今回は、Aパートが目覚まし時計と宝くじ。Bパートが特別授業とハンモックと全員サービスね。
というわけで、今回はおもしろ分は少なめだったけど、そのかわり「夢」という明確なテーマで構成されていたのよ。この高パラでは結構珍しいわね。それに、今回は名言が多かった気がするし。

岸「あなた位の年頃は、出会うもの全てがきっかけになりうると思うの。」
宮子「努力は裏切らないのだ!」
宮子「夢はどこにも逃げないのだ。きっとゆのっちの夢は、どこかで見つけてもらうのを、ずーと待ってるよぉ」


なかなか考えさせられる台詞ね。儂の夢はまだないけど、そのうちみょんな所で出会えるかもしれないわね。それをかなえるために努力してみるのもいいわね。努力は裏切らないんだから。
というわけで、次回のひだまりは10話「ゆのさま」なのよ。絶対見なきゃだめなのよ。

そういえば、最近のニュースを見ているとこういうのがあったのよ。
わいせつ中傷飛び交う 中高生利用携帯サイト
つまり、最近の馬鹿な中高生が携帯のBBSでセフレ(セックスフレンド)を募集したり、学校裏サイトというところでは、学校別のスレッドがたっていて、その中で実名を晒して誹謗や中傷を繰り広げ、いじめに発展するということなのよ。セフレはどーでもいいとして、いじめは問題なのよ。みんなも知っての通り、思春期のいじめというのは人格形成に大きな悪影響があり、最悪自殺してしまうこともあるのよ。そんなものは当然許されたもんじゃないわね。というか、そもそも実名を挙げての誹謗中傷の時点で犯罪なのよ。親告罪とはいえ、犯罪は犯罪ね。当然やめさせなければならないわけなのよ。といっても、やめさせるのは簡単で、こういった馬鹿には(携帯とPC両方の)インターネットを使わせなければいいのよ。そのためには免許制にしたらいいんじゃないのよ。まず免許の対象は16歳以上。中学生にはネットは不要なのよ。だって馬鹿で使いこなせないでしょ。で、16歳以上になったら、教育機関でしかるべき教育を受けた後、修了試験で8割以上取ることが出来て初めて免許が交付されるのよ。こうすれば、馬鹿をインターネットからシャットアウトできるわね。なぜなら、最後まで受講しないだろうし、試験を受けても合格できないからよ。まじめな人間だけがインターネットの使用が出来るということね。但し、特例としてIPA主催の情報処理技術者試験のうち、どれか1つでも合格できたら年齢に関わらずその時点で免許を交付するのよ。流石にこのくらいの知識を持っていれば無茶はしないだろうからね。ちなみにこの試験は国家試験だから難易度は結構高いわよ。一番やさしい初級シスアドでも、年2回しか試験が無い上、合格率は30%前後。高校生合格率にいたっては15%前後とかなりの難関なのよ。とはいえ、小学生でも合格している人がいるから無茶な難易度ではないのよ。ちなみに、儂はすでにこの試験に合格しているからまったく無問題なのよ。というわけで、誰かこの制度を実用化してくれないものかしら?少なくとも実名での中傷は犯罪だからやめなさいよね!

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 376

今日はSASUKEがあったわね。ステージが完全リニューアルされたということだけど、どう考えても難しすぎないかしら?後期のイライラ棒のように完全に素人お断りになっちゃってるわよ。というか、多分クリアできるのは長野しかいないのよ。そうなると、はっきり言って見ていてつまらなくなるから、スタッフはどうにかしたほうがいいわよ。ちなみに、今回第1ステージは全体的に大幅な難易度上昇。第2ステージはサーモンラダーが異様に難しくて、それ以降がなぜか簡単だったから、非常に中途半端な印象なのよ。サーモンラダーを2nd最後の関門にしたらいいのに。

で、今日も暇だったのよ。休みだとなぜか暇になる不思議。しかしながら、今日は大会に行ってた人がいるのよ。そういう人がいるのに、儂だけ何もしないってのも悪い感じがするから、QMAをやってきたのよ。といっても、金銭的な都合で1回だけね。結果は普通の準優勝だったけど、2回戦を77.77点という得点で勝ち抜けたのよ。縁起がいいわね。その後は適当に東鳩2等をプレイして過ごしたわけなのよ。
そういえば今日は春分の日なのよ。東京では桜が咲いたということで、いつの間にか春になってたといった感じね。

古人無復洛城東
今人還對落花風
年年歳歳花相似
歳歳年年人不同


春は毎年同じようにやってくるけど、人や環境は随分と変わってくるものなのよ。つまり、儂の場合は新学期のクラス替えね。凄く憂鬱なのよ。というのも、今年のクラスは実は結構良かったのよ。今までの中で一番良かったかもしれないぐらい。それなりにお友達もいたしね。ところが、今年が良かった分来年は少なくとも今年より悪くなることは確実。此処で問題なのが、どのくらい悪くなるかなのよ。儂はパチェと言いながら、実はアリス並に友達がいないから、下手すると本と人形だけが友達になる可能性もあるのよ。これはまずいのよ。非常にまずいのよ。これは、今後の人生に深く関わってくることなのよ。だって、部屋から1歩も出ない本当の引きこもりになってしまう可能性もあるのよ。これは問題ね。しかしながら、クラスを決めるのは教師であるから、儂はせめてマシなクラスになるように祈るしか出来ないのよ。哀れ。
ちなみに上の文章は、劉廷芝の有名な詩「代悲白頭翁」の一部なのよ。儂の好きな漢詩ね。内容や全文は自分で調べなさいよね。ちなみに、儂がこの漢詩をとある"coterie magazine"を知ったのは内緒なのよ。あと、この詩の中の花は桜ではなく、本当は桃やスモモであることを突っ込むのは禁止なのよ。知ってて書いているんだから。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 375

そういえば、涼宮ハルヒの切手シートが発売するようね。80円切手10枚付で、価格は3150円なのよ。ハルヒの切手が手に入るという未曾有のチャンスであることを考えると、凄くリーズナブルね。ちなみに、予約開始は4/20から。期間限定商品だから、欲しい人は忘れずに予約するのよ。

で、おとといは例会だったのよ。つまり、リアルQMAってことね。予選筆記試験はいつものようにぶっ契り最下位ながら、なぜかぎりぎり準決勝進出という低レベルな活躍をして終了なのよ。ちなみに、こういったものって大抵QMAでいうなら☆4か5(最高値)の問題が出るものなのよ。当然そういった問題はわからないわけだけど、たまに☆2程度の簡単な問題が出ることがあるのよ。それをいかに取れるかが鍵ね。どうせ難しい問題はわからないのだから、それをカバーするように、簡単な問題は正解せねばならないのよ。とはいえ、そういうプレイスタイルでそれなりに勝てているから、絶望的というわけではなさそうね。もちろん、競技でやっている人に勝つのは至難の技だけど。
そして、その帰りに月姫の漫画を購入ね。というのも、めるちーぶらっどを買ったのはいいけど、ストーリーが全然理解できないのよ。そこで、漫画を買ってストーリーを補完するわけね。本当は原作をやるのが一番いいんだろうけど、再販されてないから入手困難だし、そもそもこういった話は嫌いなのよ。殺し合い禁止。
で、昨日は終業式だったのよ。つまり、今年度最後の登校ね。気になる成績は音楽が優から良に下がっていたけど、家庭科が良から優になったから、結果的には変わっていないのよ。家庭科は96点も取ったんだからあがるのは当然として、納得いかないのが音楽ね。まあ教師のフィーリングで決めているから仕方が無いと思うんだけど、せめて明確な判定基準を示して欲しいものなのよ。
で、今日は暇だったから池袋に遊びに行ったのよ。そしたらなんと日曜の例会にいた人+数人と遭遇なのよ。すっごい偶然ね。曰く明日川崎の方で大きな大会があるらしいから、その対策をするということらしいのよ。とりあえず付いていったけど、みんな凄い知識量ね。☆5程度の問題を平気で答えてるじゃない。そもそもこういったことに限らず、大抵の趣味的要素を含むものには2つのタイプがあって、楽しみでやっている人と、競技でやっている人がいるのよ。いうまでも無く、後者の方が実力が圧倒的に上ね。それこそ、住む世界がまったく違うといった感じに。別に、儂も前者になれるように努力してもいいんだけど、そういうことはしないのよ。そもそも、儂の方針としては趣味は広く浅く。つまり、一つの事にのめり込まないで、いろんなことをやってみようということなのよ。一種のリスクヘッジね。つまり、1つの趣味にのめり込んでしまうと、何らかの理由でそれが出来なくなったとき、自己のアイデンティティーが喪失する危険があるから、いろんなことを趣味にして、1つ出来なくなってもまだ趣味が残っているという状態にするのよ。それに、趣味でストレスをためたくないってのもあるわね。競技志向になっちゃうとどうしてもストレスがたまることがあるのよ。そもそも楽しんでストレス解消する(ものと儂が考えている)趣味でストレスをためるのは本末転倒だと思うのよ。
しかしながら、競技志向が悪いと言ってるんじゃないのよ。本人がそうしたいのならそれでいいし、むしろ業界の発展のために大切なことなのよ。故に、儂が言いたいのは両方の価値観を認めるということね。学校の部活とかでは競技志向以外受け付けないといった感じがあるけれど、外部サークルはそれ以外の人も受け付けて、しかもそれなりに勝てるのがいいところね。負けっぱなしじゃつまらないしね。
あ、そうそう。そういえばこのブログのアドレスを今日会った数人に教えたのよ。明日大会があるっぽいから、この言葉を書いておくのよ。

その手の刃 血に染めて なりふり構わず 前へ前へ!
覆いくる闇を 切り裂いて はだかる影を 打ち倒し

行く手に何が 待とうとも 明日だけ見つめ 進め進め!
泣いても吐いても乗り越え 果てなき果ての その先へ


ちょっとカッコイイ言葉ね。つまり、儂が言いたいのは、全力を出し切りなさいってことなのよ。儂は部外者だから言う資格は無いかもしれないけど、1次予選通過さえ難しい大会であることは良く知ってるから、だからこそ120%の力を出して、果てなき果てのその先を目指して勝ち上がって欲しいってことなのよ。せっかく競技でやってるんだから勝てないと面白くないしね。
ちなみに、この言葉の出典だけど、ある曲の歌詞なのよ。ある曲が何なのかというと、儂が買ってはいけないゲームの主題歌なのよ。早い話がエ●ゲーね。しかしながら、そういったゲームの曲は実は高パラソンに近いものがあって、結構いい曲が多いのよ。少なくとも曲だけであれば人畜無害ね。ちなみに、これは某コンピレーションアルバムに入ってた曲だから、このゲームをやったことが無いし、そもそもどういう内容なのかも知らないのよ。
というわけで、明日大会がある人はがんばりなさいよね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 374

NintendoDSキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
ついにねんがんのニンテンドーDSを手に入れたのよ。色はエナメルネイビーね。ちなみに、入手方法は秘密なのよ。といっても、怪しい方法ではないわよ。ちゃんと新品だし、取得原価も定価より少々(1500円ぐらい)安い程度なのよ。とりあえず、持つべきものは人脈よね。と思った今日この頃。
で、本体を手に入れたのはいいけれど、肝心のソフトをまだ買ってないのよ。といっても、儂の家にはなぜか脳トレのソフトとかが沢山あるから別に困らないわけだけど、問題は儂が何を買うかなのよ。3/29発売の灼眼のしゃなDSを買ってもいいんだけど、残念ながらそんな余裕はないのよ。というわけで、本命は4月下旬発売のらき●すた ●えドリルね。パッケージも凄くまともね。で、ここで問題になるのが、通常版を買うか、DXパックを買うべきかなのよ。というのも、このゲームは通常版が定価3990円(実売価格3500円前後)なんだけど、6090円(実売価格5229円)で赤字覚悟の超豪華な特典がついたDXパックを購入することが出来るのよ。結構微妙な値段ね。儂には、最初に通常版を予約して、後から限定版に切り替えるという前科があるから、今度はそういうことは避けなければならないわね。そのときは発売が延期したから良かったけど、今回はそうはいかないのよ。とりあえず、一番興味がある、予約特典のゲーム小説「らき●すら」が通常版にもつくのかどうかで決めることにするのよ。ちなみに、何度もいうけど、これはあくまで健全な脳トレゲームよ。念のため。

で、今日はす●●の最終22話を鑑賞したのよ。ベタだけど燃える最終話にふさわしい展開ね。そして、最後はちゃんとす●●らしく〆て終了なのよ。はい、というわけで、全22話が終了ね。途中で話数が変更になった云々といった話があったけど、ふたを開けてみればちゃんと綺麗にまとまっていたじゃない。でも世界水泳がなければちゃんと26話でやっていたわけよね。だからスポーツは嫌いなのよ。中継なんてなければいいのに。とはいえ、原作を知らない儂にも理解できるような話になっていたのは非常に高評価なのよ。ギャグも面白かったしね。とりあえず、今期ではKanonに次ぐ作品だったといえるのよ。といっても、それらとひだまりぐらいしか見てないんだけどね。
とりあえず、ベストキャラクター賞はいろはちゃん。ベストサブキャラクター賞は卯月アリスたん。ベスト下品賞は中慈馬早苗さん。ベスト書籍賞はよいこの絵本「ツンデレラ」(第2話)、次点で秘伝の奥義書なのよ。
というわけでこんな感じね。スタジオ雲雀の皆様半年間お疲れ様でした。ちなみに、原作はまだまだ続いていくようだけど、今のところ読むつもりはないのよ。だってバトル分が多いらしいじゃない。それに、高パラの絵は原作に比べて丸っこくて好きだから、出来れば話がたまってきたところで第2期をやって欲しいところね。もちろん、ギャグ分も多めにして。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 373 Kanon最終話

昨日はひだまりとKanonだったわよ。もちろん、見たわよね。ひだまりスケッチはいつもどおりだから省略するのよ。
で、Kanon最終話ね。今回はタイトルの通りエピローグ的な話ね。今まで完結してなかったキャラクターの話を次々と終わらせていき、そして、最後にあゆのエンディングへとつながっていくのよ。詳細な内容は他の高パラ感想ブログを見るのよ。
というわけで、Kanon終了ね。此処からは全体的な講評といくのよ。先ず、全体的なクオリティはすごく良く出来ていたと思うのよ。流石京アニね。結構複雑な内容の原作をここまで纏め上げたのは立派ね。勿論、作画も申し分無しなのよ。ただ、少し欲を出すとすれば、もう2話ぐらいは欲しかったのよ。どうせ来週からこの時間はTVショッピングになるのだから、そんなものを流すよりは2クールの標準である26話で仕上げて欲しかったのよ。そして、話としては申し分ないんだけど、思ったより泣けなかったわね。といっても、理由はわかっているのよ。というのも、Kanonの原作では祐一=プレイヤーという視点で物語が展開していくのよ。事実、画面上に祐一はほとんど登場しないのよ。しかしながら、アニメはそういうわけには行かないから、祐一≠プレイヤーという構成になってしまうのよ。この差がそのまま感情移入度の差になってしまったようね。とはいえ、現時点では毎週1話ずつという風にしか見てないから、各ルートを連続して見ればまた違ってくるかもしれないのよ。とりあえず、春休み中にそれを実行してみるのよ。時間は沢山あるのだから。
というわけで、これから見始める人向けに書いておくと、まず10話までは視聴は必須なのよ。上記のようなことを書いておきながら、まこぴー編は原作同様超号泣だったのよ。というわけで、まこぴー編は必須。残りも全部見るのが望ましいけど、1回完結しているわけだから、どうしても時間がないんだったら此処まででもいいのよ。とはいえ、見るんだったら各ルートは一気に見ないとだめなのよ。さもないと感動が薄れちゃうのよ。というわけで、3~4時間ぐらい時間を作って、共通ルート~まこぴー編までを一気に見るのよ。見ないと損しちゃうのよ。人生の9割ぐらい。

此処からは、Kanonという作品についてなのよ。そもそも、Kanonはみんなも知っての通り儂が最初にプレイしたゲーム小説なのよ。あゆという人がいて、泣けるってことは知っていたけど、そこまで期待していたわけじゃなかったわね。むしろ全然期待してなかったのよ。だってゲームで泣くなんて(ピー)じゃない。しかしながら、内容は気になったから、980円で売っていたところを購入ね。勿論、全年齢対象版よ。で、後はお察しの通りね。別に鍵っ子になったわけじゃないけど、ゲーム小説に対する考え方が変わったのは確かね。だってストーリーが明らかに普通のゲームよりいいじゃない。だったら、必要以上にエンカウントするRPGや、高度な反射神経を要求するアクションゲームより、ゲーム小説をやったほうが面白いじゃない(もちろんゲーム小説以外もやるわよ)。ということで、ここからAIR、東鳩2とゲーム小説をプレイするようになったのよ。ちなみに、Kanonは最後にはちゃんとハッピーエンドになる種類の作品なわけだけど、別に儂はそういう話は嫌いではないわよ。

「だって…お話の中でくらい、ハッピーエンドが見たいじゃないですか」
「辛いのは、現実だけで充分です」
「幸せな結末を夢見て…そして、物語が生まれたんだと、私は思っていますから」


Kanon劇中にある儂の好きな台詞ね。まさしくこの通りなのよ。だから、儂はいわゆる鬱ゲーは名前を聞くのも嫌だし、バッドエンドを見るのも嫌なのよ(故に攻略サイトを見るわけね)。その点を考えてみるとKanonはきわめて優秀な作品といえるわね。もの凄く泣けて、最後にはハッピーエンド。理想的な作品なのよ。しかしながら、そういったシナリオを書ける人がほとんどいないらしく、数が少ないのが残念なのよ。というわけで、長々書いたけど、結局いいたいのはKanonはお勧めだってことよ。買ったら追記部分にちょっとした攻略ワンポイントアドバイスを書いたから見てみるといいわよ。

というわけで、keyと京アニのスタッフの皆さん、素晴らしい作品をありがとうございましたなのよ。
で、次はくらなどが同じく京アニからアニメ化ね。予想外の展開なのよ。映画も発表されていて、こちらは東映アニメーションね。この組み合わせが定着したのかしら?個人的には地理的に東映アニメーションを応援したいところなんだけど、鍵の作品を90分程度にまとめるのはまず不可能だと思うのよ。それをどのようにまとめるのかがポイントなのよ。そして、京アニ版はおそらく2クールにしてくるはずなのよ。4月かららき●すたで、9月からは涼宮ハルヒの第2期だから、放送は来年の予感なのよ。ちなみに、儂はまだくらなどをやったことがないのよ。りとばすが出る頃にはやってみたいわね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 372

そういえば、奇々怪界2の発売が春(5月)から夏(6~8月)に延期になったのよ。仮に5月に発売していたとしても、シャイニングウィンドとかぶるから、個人的には延期は歓迎ね。そうじゃない人も多いだろうけど。ただ、延期したのだから、ちゃんとそれなりにクオリティはあげなきゃ駄目なのよ。ちなみに、儂は買うとは言ってないわよ。べっ、別に欲しくないんだからねっ!

さて、学校が休みになったのはいいけど、なんだかとっても暇なのよ。結局お呼び出も無かったから、数学Bは可が取れたってことね。ということで、後は適当にニートなパチェの生活を送るだけなのよ。というわけで、駅前のゲームセンターへ行き、QMAを4回ほどプレイなのよ。結果は、3回戦→2回戦→2回戦→優勝で、ケルベロス組昇格後わずか4プレイでサイクロプス組に昇格ね。ちなみに、2回戦落ちは全て芸能問題によるものね。問題のレベルが組があがるごとにあがっていくから、今まで地雷だった芸能が大型地雷にバージョンアップなのよ(出題ジャンルは試合(6問)ごとにランダム)。というか、芸能は出しちゃ駄目なのよ。ちなみに、儂は正解率から判断するに、雑学が得意なようなのよ。難しい雑学の問題で単独正解することが何度も。やっぱり教養って大事よね。勿論、簡単な芸能問題で単独不正解をやらかすこともあるのよ。芸能なんて大嫌い。
で、それ以外は外へ出ることも無く、ただひたすらに自室にこもっているだけなのよ。東鳩をやったりめるちーをやったり。ところで、めるちーって千代田区では大量入荷したにも関わらず、発売日に瞬殺したことで有名なのよ。現在の格闘ゲーム市場から考えると、これは快挙といえるのよ。普段格ゲーをしない人がたくさん買っていったことは容易に予想できることなんだけど、その割には結構初心者には不親切なのよね。だいたい、「これはコンボゲーですよーっ」ってことすら取説に書いてないじゃない。そして、欲を言えばチュートリアルモードが欲しかったわね。つまり、最初に§0「格闘ゲームとは何か」から始まって、§1-1「移動の方法(移動、ダッシュ、バックステップ等)」、1-2「ジャンプの方法」、そして、攻撃やガードといった基本的なことから、重要なコンボやこのゲーム独自の仕様まで、座学(ムービー)と実践を交えて詳しく解説していって、最終的にはそれなりに強いCPUキャラにも勝てるようになってるといいわね。なぜこんなことを儂が書いているかというと、敵のレベルをちょっと上げるととたんに勝てなくなるからなのよ。というか、ワープしたり、飛び道具使ってくる奴は卑怯だと思うのよ。特にメカヒスイ。誰かどうにかしなさいよね。しかしながら、チュートリアルは初心者を取り込むにはなかなか有効じゃないかしら。ただでさえシステムが複雑化してきてるっていうんだから、手取り足取り教えてもらわないと初心者はついてこないわよ。とりあえず、現時点では一般受けしそうな格ゲーがアルカナハートぐらいしかないから、それがコンシューマに移植するときにはぜひチュートリアルをつけてもらいたいものね。別に買おうとは思わないけど。

というわけで、本日は終了なのよ。今日はひだまりとKanon最終回なのよ。必ず見なさいよね。
記事編集

Stage 371

そういえば、ネ●ま!がなんと実写ドラマ化するらしいわね。但し、ソースの出演予定者のブログは消失しているから、真偽は不明なのよ。それにしても、ドラマ化は予想外だったのよ。というか仮契約の実写化はどー考えてもよろしくないような気がするのよ。だって10歳ぐらいの男と14歳ぐらいの女が鱚をするってことじゃない。とりあえず、放送するのであれば深夜枠であると予想するのよ。たぶんゴールデンはありえないわね。
そして、シャイニングティアーズXは4月から各地U局で放送なのよ。原作のゲームのその後を描くということにして、電波ストーリーを回避ね。ただし、こんどは逆に原作未プレイ者を置いてきぼりにしてしまう可能性があるわね。ゲーム原作の高パラではよくある問題なのよ。とはいえ、これは新作のシャイニングウィンドの促売を兼ねた作品であるのだから、出来れば未プレイ者にもわかりやすい作品にしてほしいわね。やったことが無い人も結構いるでしょうから。

で、今日の話題ね。まず、これを見てほしいのよ。
<要点>
・西武新宿線内で会社員の男性(21)に痴漢の疑いがかけられた。自称被害者は女子高生(17)。
・本人はそれを否定するも、強制わいせつ罪で逮捕される。
・捜査関係者曰く、「粘着シートで手指を調べたが、繊維片は検出されなかった」そうだが保釈されず。
・弁護士曰く、「証言があれば冤罪を証明できる」とのことで、会社員の父親が目撃者を探している。
・会社員の保釈請求は、「証拠隠滅のおそれがある」として、認められていない。

と、こんなところね。つまり、よくある痴漢冤罪事件なのよ。基本的にこういった事件ではなぜか知らないけれど、圧倒的に男性が不利な仕様なのよ。裁判になっても大抵男性が負けてるわね(映画曰く、99.9%有罪)。仮に冤罪であると認められたとしても、それまでに相当な年月がかかっていることが多いのよ。そして、有罪であっても無罪であっても避けられないのが解雇や社会的信用の低下。ということは、痴漢冤罪というのは、無実の男性を社会的に殺すということなのよ。最近ではそのことを利用して、女子高生などがわざと痴漢をでっち上げて金稼ぎをしているらしいのよ。つまり、示談と称して数十万の金を巻き上げるわけね。こういった詐欺が横行しているにも関わらず、警察はろくに調査もしないで男性を犯人に仕立て上げるのよ。非常に悪質ね。そもそもこの事件を考えてみると、現時点の情報では男性は有罪とは証明できない(Not Guilty)のよ。まず、こういった刑事事件では有罪であると主張するものが証拠を出すのが普通であるけど、現時点では被害者の証言以外に証拠は無く、逆に手指から繊維片が発見されなかったという、逆に無罪である証拠が出てるのよ。これで、痴漢であるという証拠がなくなったのよ。被害者の証言もあるけど、実際に目撃したわけではなくし、そもそも狂言の可能性もあるわけだから、「疑わしきは罰せず」の原則により無罪放免とされなければならないのよ。しかし、それでも釈放されず、しかも、やってないという証拠を求められているのよ。悪魔の証明ね。つまり、「ある」ということを証明するのは簡単だけど、「ない」ということを証明するのは難しいということなのよ。理由はいわなくてもわかるわよね。つまり、この場合は、やったという明確な証拠は無いけど、やってないという証拠も無いからやったと裁判官はいいたいわけよ。かなりムチャクチャな理論なのは言うまでも無いわね。さらに、証拠が無いのに、証拠隠滅の恐れがあると、保釈を拒否。いったい何を隠滅するというのかしら?裁判官の神経を疑うのよ。
といったように、これが現在の日本の痴漢裁判の現状なのよ。証拠が無いのにも関わらず、一方的にやったと決め付けて裁判をするのよ。完全な男尊女卑じゃない。というか、これを応用すれば、女が気に食わない男性を社会的に抹殺することができるわけで、非常に危険なのよ。これが、儂が数日前に書いた女の優位の一例なのよ。だいたい、

「痴漢事件には必ず加害者が存在するのであるから、冤罪者が出る危険性もあるが、女性の人権擁護を第一義的に考え、そのリスクは社会的コストとして受け入れるべき」 福島瑞穂(社民党党首)


とか言ってる人がいるように、女は男性のことをどうでもいいと思っているわけだから、結局は男性は自分の身は自分で守らなければならないということなのよ。これってすごく不公平よね。だって男性が電車内で痴女にあったと主張しても、無視されるか名誉毀損で訴えられるかなんだもの。当然こういった状況を許すわけにはいかないけれど、残念ながら現状ではこれが変わる気配が無いのよ。多分あと60年ぐらいはこのままなんじゃないかしら。ちなみに、儂は電車内では大抵各駅停車の座席に座ってるわ。始発駅が近いという偶然が運良く自衛につながったわね。なお、法律等については専門家ではないから間違っている可能性があるわよ。もしそうであるならばコメント欄にて指摘するのよ。

さて、今日でとりあえず学校はおしまいね。お呼び出しが無ければ来週月曜日までお休みなのよ。お呼び出しがあるとしたら数学Bだろうけど、そもそも学年平均点が他の科目に比べて10~20点ほど低いので、合格ラインに満たなくても、ある程度は準可として認めてくれる可能性が高いのよ。
で、学校終了を記念して、友人数人と遊びに行ったわけなのよ。といっても普通にレストランで食事をしたり、ゲーセンに行ったりといったものなんだけどね。で、ゲーセンでQMAを1プレイなのよ。今回は友人の協力(と強運)もあって、決勝全問正解で優勝なのよ。これにより、グリフォン組からケルベロス組へ昇格ね。そういえば、CC桜のケ●ちゃんもケルベロスなのよね。意外。
そして、某君の希望により某所喫茶店で紅茶を飲みに行ったのよ。このお店に入ったのは、3ヶ月ぶりね。とりあえず、以前な無かったティーコージーが導入されていたのは、好感が持てるのよ。やっぱり本格的な紅茶は本格的な作法で飲みたいものね。ちなみに、普通のお店よ。念のため。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 370

なんと4月30日にNHK-FMで第2回「今日は一日“高パラソン”三昧」を放送するらしいわよ。つまり、午後1時から深夜1時までの12時間、高パラソンをひたすら放送する番組なのよ。前回はネギまのハピ☆マテやAIRの鳥の詩が放送されたことでも有名ね。とりあえず、儂が放送を希望するものは、まず私的今期No.1エンディング、ひだまりスケッチの芽生えドライブ。そして、「♪子・づ・く・り・しましょ」という衝撃的な歌いだしで始まる、す●●(第1クール)のオープニング、最強○×計画。そして、「♪一万年と二千年前から愛してる~」という歌詞がインターネットで話題となった創聖のアクエリオン。後はハレ晴レユカイといったところね。前回は他局で何度も使われていた古いのも結構あったから、今回はできれば2000年以降とかに限定してほしいところね。それと番外として、3/28発売のひぐらしの新曲が割と電波ね。公式のものとは思えないぐらい。

さて、昨日は儂の学校の卒業式があったのよ。そういえば、儂の小学校の卒業式では、長ったらしい文章を、1人1文ずつに区切って、順番に読まされるというとんでもないイベントがあったわね。いかにも教師たちの自己満足といったようなものよ。ただでさえ時間がかかる式だというのに、それでさらに時間が長くなるというんだから冗談じゃないわよ。幸い、中学校以降ではそういうことはなかったけどね。
それにしても、どこの世界にも馬鹿っているものなのね。卒業式は厳粛な雰囲気の中で行われるものなのに、どうしてその雰囲気を壊すようなことをするのかしら。というかそもそも犯罪なのよ。

軽犯罪法
 第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
  二十四  公私の儀式に対して悪戯などでこれを妨害した者


ちゃんとこういうことを理解して、社会の一員であるということを認識してほしいものね。最低限の常識も理解できない、無教養で低レベルな人間は嫌いなのよ。
そして、卒業式からの帰宅後、す●●の第21話を鑑賞ね。ちなみに、内容は予想通り天々戦のみね。それにしても、数話前では考えられないほどシリアスになっちゃったわね。いろはもだいぶかっこよくなっちゃったし。とはいえ、これははもともと武道家が十二神将戦争云々という話だったはずだから、ある意味これが正常なのかも。す●●は残り1話。果たしてどんなラストになるのかしら?尺が足りないから終わりはDVDだけってのはだめなのよ。

さて、明日からはまた学校ね。とはいえ、特にお呼び出しが無ければ計3回の登校で今年度が終了するわけだけど、果たしてどうなるか。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 369

先ず高パラの前に、本日8時から『太田総理~』という番組があったのよ。見てない人のために説明すると、大田光やそれ以外の人がテキトーに考えたマニフェストを是か非か討論するものね。毎回しょーもないものや、実は結構真剣であったりするテーマを扱うのよ。しかしながら、大田光という人物は基本的には左翼…ではないと思うんだけど、思考停止といっても過言ではないほどの平和主義者であるから、そういった人物が嫌いな儂はこの番組を通常は見ないはずなんだけど、今日はちょっと興味があったから見てみたのよ。テーマは「レディースデー的なものを一切廃止します」ね。これについて是(可決)か非(否決)か問うわけなのよ。といっても、結果は最初から決まっているのよ。なぜならここで可決してしまっては糞フェミ団体から抗議の電話やFAXといった攻撃を受けて、日常の業務ができなくなるからよ。営業妨害ね。というわけで、案の定否決されたんだけど、そんなことはどうでもよくて、注目すべきはこのようなことがテレビで堂々と放送できたことね。従来であれば、こういったことを言うだけでも攻撃されたものだけど、女尊男卑の世の中が次第に一般市民に明らかになるにつれフェミの力もほんの少しだけとはいえ弱まったといったところね。それに、否決されたとはいえ、良心的な女性はこの現状をおかしいと思ったはずなのよ。ちなみに、儂の意見を述べておくと、レディースデーは勿論反対なのよ。なぜなら、単純に納得できないからなのよ。同等のサービスを受けるのに性別で費用が違うというのもおかしいのよ。というか、これは男女平等じゃなくて、男性に対する差別よね。これで男女平等だというのだから笑止千万ね。大体男性と女性は体の構造が違うんだから、まったく同じというわけにはいかないのよ。故に多少の格差があってもしょうがないと思うのよ。しかし、それでもゴネるのがフェミのアホども。要は、フェミの奴らは利権がほしい自己中な存在ってわけよ。実際世の中にはレディースデー以外にも女性の優位はいっぱいあるわよ。探してみると面白いわよ。ちなみに、この意見に対する反論等はコメント欄にて。
それにしても、田嶋陽子はあまりに討論が下手糞ね。稚拙な理論を展開して、論破されたら今度は喚き散らして自分の理論を力で通そうとしてるじゃない。もともとフェミの意見は明らかに間違ってるから、結構簡単に論破できるものなんだけど、そもそも田嶋は明らかに無教養だから理論的な展開ができてないのよ。もっと常識的な人間を番組に用意してほしいものね。


で、高パラね。今日はひだまり7話とKanon23話なのよ。まず、ひだまりスケッチ第7話『嵐ノ乾燥剤』からなのよ。今回は運動会前日のお話ね。Aパートは空耳アワーとスポーツマンシップを乗っ取り。Bパートは白弁当といつも安心二三家印、そしてシロナガスクジラと大家さんね。今回は実は結構面白かった部類に入るのよ。予行とはいえ、あまりにも投げやりなアナウンスは最高ね。儂の学校もこうだったらいいのにと思うのよ。尤も、体育祭に期待はしてないけどね。面倒くさいだけだし。ちなみに、乾燥剤は水に濡れたら発火するのか調べてみたところ、近くに可燃性のものがある場合に発火する可能性があるものがあるようなのよ。故に、雨の中に放置したら燃えるってわけじゃないわね。しかしながら、実際に発火させようとする実験は危険だからしないことを勧めるわ。自己責任なのよ。さて、折り返し地点を越えたひだまりスケッチは残り5話。次回は『3%の希望』なのよ。
そして、Kanon23話ね。いよいよ終わりに近づいてきた今回のKanonはなんと新キャラ登場なのよ。原作では名前だけ出てたけどここまで絡んではこなかったわね。オリジナル展開なのよ。そして、ゲーム小説界に残るあの名言。そしてなゆき編は原作と違う展開ながらもここで終了なのよ。
とりあえず、何を書いていいのかわからないのよ。ただ言えることは、何もかも素晴らしかったってことね。京都高パラの本領発揮ね。さて、次回は最終回なわけなんだけど、となると気になるのが今回最後の台詞の続きと誰のEDになるかなのよ。勿論順当に考えればメインルートになるのが普通なんだけど、次回予告から判断するに、一発逆転があるかも。ちなみに、次回予告中の台詞は知っての通り原作にもあった台詞ね。さて、次回は最終24話。7年の時を越えた物語が終わりを告げるのよ。果たしてそこに待っているものはいったい何なのかしら?すごく気になるわね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 368

ゲーム雑誌『ゲーマガ』曰く、奇々怪界2小夜ちゃんは、なんとめ●ど服を着たり、みず着になったりするらしいわ!コ●プレなのよ!costume playなのよ!これは絶対買うしかないのよ!間違いなく2007年最高のアクションゲームね!
ちなみに、儂はみこさんは好きじゃないんだからねっ!

というわけで、昨日のスポーツ大会はすごくやる気がなかったから適当に終わらせて、あとは家でのんびりね。というわけで、高パラを4話ほど鑑賞したのよ。まずは、す●●●●●●の19話と20話ね。なんかいきなりシリアスな話になっちゃったわね。というもの、どうやら22話構成だからであるようなのよ。元から22話構成だったという証言があるけど、19話の展開があまりに急なところを見ると、どうやら途中で話数が変更になったっぽいわね。とりあえず、19話はれいやーの家政婦が下品ね。特に●のあたりが。というかちょっとひぐ●しっぽい?そして、20話は戦いのお話ね。とはいえ、シリアスだけでなく、ちゃんとギャグも含まれていたわよ。それがいいところね。とりあえず、奥義書の内容はひどいわね。儂もまねしてやってみたけど、残念ながら何もおきなかったのよ。ついでに「目からビーム!」も試みたが失敗ね。何のことかわからない人は他の高パラ感想ブログか毎週金曜日更新のBIGLOBEの無料配信を見るのよ。とりあえず、21話は天々戦で終わりかしら?
そして、AIR5話と6話(みなぎ編)も鑑賞ね。ここまで書いたら予想はつくと思うけど、号泣なのよ。とにかく号泣なのよ。原作でも泣いたけど、高パラでもやっぱり泣いたわね。相変わらず削っているところが多いけど、原作で印象的なシーンは全て網羅してるから、ちょっと忙しいことはあっても、内容的に薄いというのはないのよ。
というわけで、みんなもKanonとAIRは見なければならないのよ。必修科目ね。ブルーレイがないとか、BSがないって人は、原作をやってもいいわよ。鍵を知らない人は人生の9割は損をしてるわ。キミキスのように女の子といちゃいちゃするゲームではないから、先入観を捨てて、やってみることをお奨めするのよ。文章を読むだけだから、最近の高度なアクションゲームは苦手だという人や、難しいSRPGを途中で投げ出した人も安心ね。ちなみに、儂のことではないわよ。ちゃんとうたわれもクリアしたし。

さて、休みは今日でおしまい。明日からまた学校なのよ。明日は正午からの登校だからいいけど、明後日は卒業式に付き合わねばならないのよ。儂が卒業するわけでもないのに、どうして9時に学校に行かねばならないのかしら。うんざりね。

というわけで、本日は終了なのよ。ひだまりとKanonは明日ね。
記事編集

Stage 367

♪あのあのどんな色が~ 今ですか?
笑顔のホワイト 涙のブルー 重ねてみたとき♪

というわけで、試験が終了したのよ。長かったのよ。ちなみに、今の儂の色だけど、とりあえず、笑顔のホワイトって言っていいわね。赤いカーテンの危機が迫った数学Bも貯金のおかげで不可は免れたのよ。というわけで、試験をがんばったごほうびに●がみまがじんの4月号を購入ね。あ●●いとで買ったから、ま●びス●レート!のポストカードもゲットなのよ。
そして、帰って東鳩2をプレイし、い●●みっ!16話とAIR4話を鑑賞なのよ。AIRはなんとたったの2話でかのルート終了なのよ。通常のゲーム小説原作の高パラは、たいていオリジナル展開か、メインルートをトレースするかのどちらかになりがちなんだけど、此処のゲーム小説原作の高パラはどうやら全ルート制覇する方針らしいわね。といってもまだ鍵作品しか創っていないわけだけど。ちなみに、かの編は展開が速すぎることもあって、ちょっと原作をやってないとわかんないかも。そして、次回5話からはみなぎ編。原作ではすごく号泣できるこのシナリオをどう料理するか。ちなみに、い●●みっ!は相変わらず啓太が下品ね。

で、試験が終わったから、通常ならば明日と明後日はお休みになるはずなんだけど、誰かが勝手に学年スポーツ大会という馬鹿げた企画を考えたものだから、学校に行かねばならないのよ。スポーツ大会とはいえ、実質は通常の体育の授業の延長なのよ。まったく、休みだというのに何でこんなことしなきゃならないのよ。大体これで楽しめるのはごく一部の人間だけでしょ。そんな一部の道楽に一般人を巻き込まないでほしいものね。これだったら図書館で雑誌や学術書を読んでいたほうが生産的じゃない。ホント、スポーツ馬鹿の考えることはよくわからないわ。どうせ自分が楽しむためなら他人に迷惑をかけてもいいとか思ってるんでしょ。精神がおこちゃまね。もう少し大人になりなさいよね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 366

今日は3月5日なのよ。ということは、今日は年に1度の巫●の日巫●さん祭の日なのよ。なんか名称が変わっているのは気にしちゃだめなのよ。このブログの読者なら知っているけど、いろいろあったのよ。というわけで、今日は各地のイラスト系サイトで巫●の絵を展示しているわけなのよ。ただし、今日だけ。一応リンク集を張っておくけど、この記事を書き終わる頃には3月6日になっているだろうから、意味がないかもしれないのよ。残念でした。

そういえば、そろそろ来期の高パラの情報が出始めてきた頃よね。此処に現在判明分の情報があるようなのよ。
ラジオ番組曰くシャイニングティアーズの高パラがシャイニングティアーズ X(クロス)というタイトルで始まるらしいのよ。多分ウインドにあわせて放送って感じね。原作は結構電波なストーリーだったけど、これをどのように仕上げるのかが見物ね。再構成してまともにするのか、それともそのまま電波を垂れ流すのか。ところで、主題歌は勿論「♪しゃにてぃあ~(・∀・)」よね?ちなみに、原作は現在かなり値下がりしているけど、ロード地獄だからお勧めしないのよ。やるんだったら自己責任なのよ。
そして、らき●すたも高パラ化ね。京都高パラのサイトのトップに絵が1枚だけあるけど、それを見る限り原作のイメージを壊してないように見えるのよ。あとは、これが動いたらどうなるかと、中の人がイメージ通りかどうかね。情報によると、こなたの中の人が平野綾らしいけど、私的非常にミスマッチね。こなたはハルヒって感じじゃないのよ。かといって、す●●の早苗もちょっと違う感じね。というわけで、そこがちょっと不安なのよ。クオリティは京都高パラだから心配しなくてもよさそうだけど。原作はとことんゆるいのが好きな人は買いなのよ。ガンダムが好きだとかそういう人には向かないわね。
とまあ、現時点判明分で儂が視聴を決定しているのはこんなところね。

さて、明日はいよいよ試験最終日ね。そして、最後に待ち構えているのが難攻不落の世界史なのよ。というわけで、これを攻略するためには、ノートとプリントをひたすら暗記せねばならないのよ。不毛な作業ね。あまりにも不毛すぎるから、ネットラジオの音楽垂れ流しを聞きながらやったのよ。

♪つ●きっすきっス? HEY!HEY!HEY!HEY!
負けないでGO☆ 女は度胸!言っちゃうゼ~~~!!
あ~あ~あ~あ~あ~あ~あ~あ~あ~あ~(・o・)

といった曲を聴きながら勉強すること3時間。ようやく終わったのよ。
暗記箇所は計200箇所。これで、明日の試験は25点は取れるはずなのよ。というか、取れなきゃとんでもないことになってしまうのよ。観鈴ちん、ぴんち。ちなみに、これは極々普通の歌謡曲なのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 365

3月17,18に京都の太秦映画村で太秦戦国祭りが開催されるのよ。すごく面白くてイカす戦国のお祭りね。儂も是非行ってみたいのよ。別にうじゅがかわいいとかそういうのはないのよ。ついでに射命丸 文にも興味がないのよ。あくまで、儂は戦国が好きなだけなんだからねっ!

というわけで、試験の間の休みがあったわけだけど、その間お勉強をやっていたかというと、ぜんぜんやってないわよ。だって、1回試験が途切れちゃうとなんかやる気がなくなっちゃうじゃない。試験のすき間、恐るべしね。というわけで、この休日はほとんど引きこもっていたのよ。でも1回だけQMAをやるために駅前へ上洛したのよ。そして、そこでのプレイ1回目で1回戦落ち、ついにユニコーン組へ転落したのよ。哀れ。まるで今後の人生を暗示するかのごとく負け組になったのよ。と、思いきや、次のプレイでなんと優勝してしまったので、めでたく昇格。結局元通りなのよ。まるで平凡な人生を暗示するようね。ちょっと負けてもすぐに這い上がってくるようにも見えるけど。ところで、このゲームは組ごとに戦うんだけど、同一の組に一番下の階級の修練生からかなり上の賢者までが一緒に入っているというなかなかカオスな構成になっているのよ。もちろん、システムの都合上そうなっているわけだけど、やっているほうとしてはなかなか面白いのよ。賢者に勝つと嬉しくならない?
で、後は家に帰って高パラを見たり東鳩2を鑑賞なのよ。AIRは3話まで鑑賞ね。4話あたりで佳乃編が終わりそうな超高速展開。密度高すぎね。Kanonの半分の時間でそれと同じがそれ以上の分量のシナリオを消化しなければいけないからだけど。Kanonの2クールに感謝ね。
そして、東鳩2も少しプレイなのよ。これって鍵の作品のように選択肢を選ぶだけじゃなくて、自分で移動場所を選択するタイプなのね。こういったものはやったことがないのよ。取り説曰く、行動によって個別シナリオに入る時期が違うし、入ったとしても、その時期が遅いとエンディングに到達する前に時間切れになってしまうらしいのよ。んにに、なんだかとっても難しそうなのよ。しかしながら、実はどこに誰がいるかが一目でわかるような仕様になっているから、それを見て好みのルートの人だけを選んでいけばいいというのは簡単に想像できるのよ。よく考えてみると、普通の小説を読むときだって、今日は涼宮ハルヒの憂鬱3章を読んで、次の日はう●恋3の2章を読んで、その次はい●●みっ!5のStep16を読んで…ってすると、話の内容がわからなくなるのよ。ゆえに、儂は小説は1冊ずつ消化していくのよ。それと同じようにしていけばいいって事ね(多分)。とりあえず、最初は愛知県の北西部にあって、空港がある市の名前が苗字の人を狙うのよ。ちなみに、何度も言ってるけど、あくまでこれは普通のゲーム小説よ。それはもう超健全な。

というわけで、明日は生物の試験があるということで、さっきまで勉強をしていたのよ。2日間やらなかったツケって感じね。あまりにも覚える量が多いのよ。途中でシュークリーム分を補給しなければならないほどに。一応生物は0点でも可ということになってるけど、一応儂にもプライドとか羞恥心とかそういったものがあるものなのよ。それに、最低でも13点は取らないといけないような気がするしね。
そして、それよりも問題なのが、明後日に行われる世界史なのよ。TNT爆弾1万5000kg分の威力があるこの科目は、暗記量がとにかく膨大で、しかも内容を覚えるだけではだめで、なんと長文記述がかなりの割合を占めるのよ。しかも教師の教え方が下手で、内容がすごくわかりにくいというとんでもない仕様ね。そして、これで0点を取るとなんと不可になってしまうのよ。不可を免れるには最低でも12点を取らねばならないのよ。観鈴ちん、ぴんち。生物もあわせてだぶるぴんちなのよ。これは明日は一夜漬けをするしかないわね。そうでもしないと攻略は難しいのよ。まさに難易度Lunaticなのよ。世界史なんてなければいいのに。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 364

今日から吉野家の牛丼がほぼ復活したのよ。具体的には以前は昼の時間のみ提供だった牛丼が、午前十一時から深夜零時までの販売になったことと、値段は630円と以前より高価だけど、特盛が復活したのよ。というわけで、儂も都内某所に食べに行ったのよ。食べるのは勿論特盛ね。ちなみに、特盛は知っての通り、ご飯は大盛と同じ量、肉は並盛の2倍なのよ。相変わらずのおいしさで、店も超満員ね。やっぱりみんな牛丼が好きなのよ。ただ、これに味噌汁とお新香をつけると770円と少し高くなってしまうのが難点なのよ。とはいえ、それだけの金を出すだけの価値はあるわよ。はっきり言って松●の牛めしの3000倍はうまいのよ。

というわけで、昨日はひだまり6話とKanon22話だったのよ。勿論見たわよね。先ずはひだまりスケッチ第6話「ひんやり、まったり」なのよ。
相変わらずカオスなアバンタイトルから始まった今回は、Aパートが私的タイムリーな期末試験、奇問、Aの連続。そして、Bパートはのこぎりと水浴び、そして蛾ね。詳細は、書きにくいからいつものように省略なのよ。ところで儂もポンプ3級をとってみようかしら。受講資格すらないけど。
で、Kanon22話ね。完全にネタバレになるから書くことはほとんどないんだけど、先ずAパートは名雪編なのよ。相変わらず見てるとすごく悲しくなってくるのよ。(ネタバレ削除)。で、このまま名雪編を終わらすかと思いきや、なんとBパートではあゆ編に突入なのよ。いよいよストーリーの根幹に関わってくるわね。どうして7年前の記憶がないのか。その答えが提示されたのよ。そして、なんと●●●再登場なのよ。勿論、高パラオリジナルの展開ね。京都高パラのことだから多分もう1回ぐらいからんでくるはずだけど、どうなるか。
Kanonは残り2話。7年の時を越えた物語はまもなく終焉を迎えるのよ。果たしてどんな結末が待っているのかしら。すごく楽しみね。


というわけで、今日は試験3日目なのよ。数学B死亡確定ね。最後だからそんなに難しい問題は出さないだろう(不可を増やすと問題あるしね)と思った儂が馬鹿だったのよ。予想の遥か上を行くグロ問の嵐。明らかに教師は空気が読めてないのよ。哀れ、こうして学年の1/3が不可となってしまったのよ。せっかく点数をためてきたというのに、あまりにも酷い仕打ちね。というわけで、腹いせにこんなものを買ってきたのよ。
20070303011059.jpg

東鳩2キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
というわけで、都内某所で買ってきたのよ。モザイクはいつもの通りね。ちなみに、お値段は初回限定版で3280円。通常版も2680円で売ってたけど、600円払うだけで設定資料集と(2005年の)カレンダーとサントラCDが手に入るんだったらこっちのほうがお得じゃない。というわけで、限定版ゲットなのよ。それにしても、ここのメーカーの限定版って随分箱が大きいのね。うたわれるもののときもそうだったし。伝統なのかしら。
ちなみに、最初の部分をプレイしてみたけど、かなり普通のゲーム小説なのよ。上にCGが表示されて、下数行に文章が出るという形ではなく、ひ●●しの原作と同じようにキャラクターを覆うように画面全体に文字が出るから、感覚としてはこっちのほうが小説に近いのよ。といってもフルボイスだからゲームとしてはなんら問題無しね。ゲーム小説特有の薄っぺらい取り説には8人のキャラクターが掲載されているから、此れが即ち攻略できる人数だとすると、クリアに必要な周回数は8周なのよ。随分長く楽しめそうね。とりあえず、こ●み編を最後にプレイすることにするのよ。別にこ●みが好みだとかそういうことはないんだからねっ!
ちなみに、儂がこれを買った理由は単純で、最近泣きゲーが続いていたから泣かないゲームをしたかったのよ。別にキャラクターで選んだとかそういうんじゃないんだからねっ!ほっ、ホントなんだからっ。信じなさいよね!

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 363

そういえば、もう3月なのよね。というわけで、儂の部屋にあるカレンダーが新しい柄になったのよ。卓上カレンダーは『リリーホワイト』。大型カレンダーは『あゆ』なのよ。
ちなみに、ちょっと前に書いた海外の最●は、Aグループはしゃなたんがグループ優勝。決勝トーナメント進出へ。Fグループは長門有希がグループ決勝へ。そして、Hグループは見事観鈴ちんが2回戦勝利。グループ決勝はキョンの妹と対戦ね。ハルヒ厨は(ry
ちなみに、本日の対戦は、Bグループ決勝で、shuffle!のリムとあ●●ぅたんの対戦なのよ。どっちを応援するかは秘密なのよ。

さて、今日は試験2日目だったのよ。英語はともかくとして、家庭科はそれなりに手ごたえがあるのよ。果たして良評価ゲットなるかしら。でも明日は数学Bなのよ。25点以上取らなければ死亡確定なのよ。観鈴ちん、ぴんち。
で、試験の日は学校が午前中でおしまいだから、街へ出るわけなのよ。そして、QMAを1回プレイするも2回戦落ちね。降格のピンチなのよ。いや、別に降格したほうがクレジットあたりのプレイ時間が長くなるのはわかるんだけど、出題される形式が少なくなるのと、ルート選択が3回戦しかなくなるのが嫌なのよ。そして、今作では実は○×がかなり難しいことが発覚。グリフォン組だから、せいぜい難易度1~2(5段階)の問題しか出ないはずなんだけど、それでも問題が相当グロいのよ。この問題を儂が例会で出題するとしたら、高難度弐とか参とかに設定するのよ。というか○×だからしょうがない気もするけど、運試し問題を多めにするのはゲームとしてどうかと思う今日この頃。
で、帰宅後AIR2話を鑑賞なのよ。相変わらず高クオリティな京都高パラね。1クール作品故、まだ2話なのに、ものすごい勢いで個別ルートのエピソードを消化しているのよ。一応それでも要点はちゃんと抑えているけどね。「いやっほーぅ! 国崎最高ー!」
ところで、この高パラの主題歌はみんなも知っての通り、Liaの鳥の詩なのよ。原作の主題歌でもあるこの歌は、ゲーム小説界に残る名曲なのよ。儂の学校の文化祭でもBGMとして使われていたし、なんとNHKラジオでも放送されていたのよ。
で、この高パラの主題歌だけど、実は編集がかなり強引なのよ。具体的にはこんな感じね。

消える飛行機雲 僕たちは見送った
眩しくて逃げた いつだって弱くて
あの日から変わらず
いつまでも変わらずにいられなかったこと

悔しくて指を離す

あの鳥はまだうまく飛べないけど
いつかは風を切って知る

届かない場所がまだ遠くにある
願いだけ秘めて見つめてる

子供たちは夏の線路 歩く
吹く風に素足をさらして
遠くには幼かった日々を

両手には飛び立つ希望を

消える飛行機雲 追いかけて追いかけて
この丘を越えたあの日から変わらずいつまでも
真っ直ぐに僕たちはあるように
わたつみのような強さを守れるよ きっと

灰色のところがカットされたところね。見ての通り非常に中途半端。ブルーレイディスクを買えばフルで聴けるようだけど、残念ながら儂の家にそんな高価なものはないのでありましたのよ。残念。ちなみに、Kanonの高パラの主題歌は非常に自然な編集ね。というか前奏と最後しかカットしてないし。そんなKanonとオープニングテーマの歌詞が意味不明なひだまりスケッチは本日深夜からだから絶対見なさいよね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 362

そういえば、儂の知らない間にQMA4の降格基準が改定されていたのよ。曰く、従来は平均12位以下で降格だったけど、改定で平均10位以下で降格になったのよ。いきなり降格の危機ね!今までは2回戦にあがれてさえすれば降格はなかったけど、今度からは2回戦にあがったとしても、そこでの成績が悪ければ降格になってしまうのよ。というか、許容されるのは予選落ち4人のうち上位1人だけ。これは非常に問題なのよ。堕天使と悪魔が手をとり踊り嗤うこの世界では一度堕ちたらあがってくるのは並大抵の努力ではできないわよ。優勝しないといけないし。とりあえず、観鈴ちん、ピンチ。

さて、試験1日目が終了なのよ。とりあえず、可は確定してるから気楽なものね。それにしても、試験とは相変わらず嫌なものね。1万と2千年前から様々な人が苦しんできたというのに、現代までまだ続いてる不思議。とはいえ、多分この先1億と2千年後まで延々と続いていくんでしょうけど。
ところで、1回の試験が5日間で、それが5回あるから、計25日。なんと累計すると、計1ヶ月近くも試験に費やしていることになるのよ。こう考えてみると、ちょっと多く感じるわね。2期制にすればいいのに。

というわけで、本日の高パラはAIR(2005年)の第1話を鑑賞ね。AIRはみんなも知っての通り、感動の超大作なのよ。ちなみに、製作は京都高パラね。内容は基本的に原作どおり。ただし、全12話しかないからか、テンポは結構速目なのよ。1話目なのに3人全員出てきたし。あ、そういえばどろり濃厚も出てきたわね。果汁500%と書いてあったから、濃縮還元のジュースから還元を取ったものがそれに相当するのよ。だから、実際に商品化するのは簡単ね。ただ、値段が少々高くなるのと、味の保証がまったくできないのが欠点なのよ。というか、甘すぎてとても飲めたものじゃないわね。確実に売れないだろうけど、どこか商品化してくれる勇気あるメーカー求むのよ。勿論、ピーチ味で。
それにしても、こういった田舎はいいものね。将来は都会の雑踏を離れてこういった田舎で農業をして暮らすのもいいわね。最近はインターネットが発達しているから、情報には不便しないし、ほしい物はわざわざ都心の店に行かなくても通販で入手できるのよ。だから、年数回都心のイベントにいければそれでいいのよ。とはいえ、儂の家から電車で1~2時間もすればそういった土地がありそうなんだけどね。

さて、明日は試験2日目なのよ。家庭科が良を狙える以外は特筆するものはないから、家庭科だけ勉強すればいいわね。1日2科目しかないから、午前中で帰れるのがいいところ。といっても、午後はシエスタをするだけなんだけどね。

というわけで、本日は終了なのよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。