これは、とあるちょっとした知識と日陰の何とかのブログなのよ。 間違ってもおたくのブログではないのよ。

2007/031234567891011121314151617181920212223242526272829302007/05

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

Stage 400

そういえば、今日はNHK-FMで「第2回 今日は一日高パラソン三昧」が放送されているのよ。曲目はNHKらしく比較的おとなしめの曲が多いかと思えば一発目にいきなりAIRの鳥の詩を流したりするなどかなり挑戦的ね。もちろん、古い曲も結構多いんだけど、たまにゼロの使い魔とかハルヒとかガンダムとか流すのよね。ちなみに、23時05分現在流れているのはネギま!の1000%SPARKING!なのよ。そういえば前回もハピマテを流していたわね、この番組。それにしても、改めて聴くと高パラソンって結構いい曲多いわね。ジャンルが多様化してるのもいいところ。電波ソングなんて高パラソンかゲームの主題歌以外ではめったにないわよ。とりあえず、放送は25時までなのよ。聴きたい人はお早めに。ちなみに、23時11分現在流れているのは田村ゆ●りの童話迷宮なのよ。

で、らき●すたね。今回の元ネタ集は下記のとおりなのよ。

Aパート
1巻 P49 「とっさのやり取り」
P49~51 「しっかり者」~「イメージ」~「からまれました」
P53~57 「狼少女」~「やる気の問題」~「年中無休」
Bパート
1巻 P59~63 「焦躁時衝動」~「愛のエプロン」
P65 「完璧な女」
P58 「わっしょい」(コンプ祭7月号)
3巻 P81 「意識」(ドラゴンマガジン'05年11月)
1巻 P66~67 「さようなら」~「生物学上」


だんだん回を増すごとに面白さを増してる感じね。ついでにパロディネタもかなりの量なのよ。kanonのネタがあったり、東鳩の制服があったり。後某掲示板でハルヒの実況をしてたりとか。そういった人間の生態を良くわかってるじゃない。
他には、野原しんのすけ@平野綾が異常に似ていることが発覚。ついでに●えドリルの宣伝もこっそりしていたから買ってあげるといいわよ。
で、最近一部で話題になっているこれね。

「らき☆すた」監督の山本寛は、監督において、まだ、その域に達していないと弊社は判断し、交代いたしました。

 放送第5話から新監督武本康弘のもとスタッフ一丸となって作品制作をしていきます。
引き続きよろしくお願いいたします。
   http://www.kyotoanimation.co.jp/info.html


ずいぶんストレートな表現ね。普通ここまで書かないわよ。多分社内で何か問題をおこしたんだろうけど、興味がないから詮索はしないのよ。ただ、監督を交代したなら当然もっと面白くなるはずよね?というのも、儂は今のままでの十分クオリティが高くて面白いと思っているのよ。監督を交代するのであれば、当然それ以上のクオリティを要求されるわけだから、それを達成せねばならないのよ。当然ね。とりあえず、5話以降のらき●すたに一応期待するのよ。

23時31分現在の曲 風の辿り着く場所(Kanon ED)

で、あいかわらず麻雀は続行中なのよ。ところで、儂のやっているゲームはどうやら乱数に変な偏りがあるのか、儂の調子がいいときは敵をハコに出来るけど、逆にそうでないときは、敵が平気で倍満や三倍満を和了ってくるのよね。勿論、最初からイカサマがあることはわかってるからあまり気にしないんだけどね。とりあえず、麻雀は実はかなりドラが重要であることが発覚なのよ。
20070430233905.jpg

例えばこれは何の変哲もない立直+七対子だけど、実際にはドラと裏ドラが各2枚ずつで4飜、これに赤ドラ1枚で計7飜。なんと跳満なのよ(七対子は1飜50符)。ドラがないとただの4800点だけど、ドラが5枚あるとそれだけで18000点になるのだから恐ろしいのよ。流石ドラゴンが語源となっただけあるわね。最強なのよ。悪く言えば品がないけど。
ちなみに、儂は麻雀を覚えても賭けをするつもりはないわよ。だって負けたら最悪じゃない。あくまでノーレート専門なんだからねっ。

というわけで、本日は終了なのよ。
スポンサーサイト
記事編集

Stage 399

そういえば、夏からこんな高パラが始まるらしいわよ。何故この時期にって感じだけど、多分何らかの考えがあると思うのよ。個人的には内容が気になるけど、残念ながら視聴予定には入らないのよ。ちなみに、ひろいんの中の人は田村ゆ●りさん。AIRのみちるの人ね。

それにしても、今年度に入ってから不幸なことが続いているのよ。いきなりクラス替えでの不幸。ついでに選択授業での不幸。おかげで学校生活が最悪なのよ。そして、プライベートでもカプセル入り造形物を引けば何故か同じものが出たり、QMAをやれば何故か1回戦でスポーツ芸能ばかりでて予選落ち連発。一時はフェニックス組だった儂も2つ下のケルベロス組まで落ちてしまったのよ。これで儂は自信を失ってしまったのよ。とりあえず、QMAで「れいせん」はしばらく封印。この間はサブカードを使って、一番下のピクシー組などの簡単な問題に触れて自信を取り戻さねばならないのよ。
これ以外にも不幸がいっぱいなのよ。まるで疫病神が取り付いてるみたいね。あまりにも不幸だから鬱になってしまったのよ。また薬漬けの日々ってわけね。
ところで、なんかの本に書いてあったけど、鬱の時には何か新しいことを始めてみるのがいいらしいわ。確かに前回もそれで鬱が直ったけど、残念ながら今回は外に出て何かする気力も残ってないのよ。というわけで、引き篭もっても出来る「麻雀の学習」をすることにしたのよ。麻雀って学生にとっては必須の知識(のはず)だけど、何故か学校とかでは教えてくれないのよね。というわけで、独学で覚えるしかないのであったのよ。とはいえ、何故か麻雀の入門サイトはたくさんあったので、それを見て基本的なことだけ覚えたのよ。ちなみに、得点計算とかはぜんぜん覚えてないわよ。だって面倒くさいしそもそも機械が全部してくれるじゃない。というわけで、後は適当なソフトを使って実践なのよ。ところで、こういったコンピューターの麻雀って大抵CPUはイカサマをしているものなのよ。某掲示板曰く、ゲーセンの麻雀格闘倶楽部でもCPUはイカサマをしているらしいわ。仮にイカサマをしていなかったとしても、CPUは素人より強いのが一般的なのよ。というわけで、儂が役牌程度しか上がってないのに、CPUは平気で「立直一発門前自摸平和一盃口ドラ1」(計6飜:跳満)や「立直一発平和三色ドラ3」(計8飜:倍満)をあがってくるのよ。強いわね。ちなみに、儂は基本的に役牌を狙うわよ。役牌が1つ出来たら後は鳴きまくって「中のみ、1000点!」なのよ。もしどうしても役牌が出来そうになかったら仕方なく立直を狙うのよ。それも無理ならば海底ツモや海底ロン、槍槓や嶺山開花を狙うのよ。つまり、役なしの運だけね。だって役覚えるのって面倒くさいじゃない。どうせ平和とか断幺とか狙っても出ないんだし。
しかしながら、実はこれでも結構戦えることが発覚なのよ。例えばこれはどう見ても役無しにしか見えないけど、実は「立直一発門前海底自摸」(計4飜)がついているのよ。
まーじゃん2

ところで、これって役牌1つだけだと1000点にしかならないけど、ドラがいくつか絡むだけでそれなりに大きな点数になるのよね。調べてみたら1飜ごとに点数が倍々になっていくらしいわ。もしかしてかなり大味なゲームなのかしら?
というわけで、だんだんゲームになれてきた儂は役が出来そうなときは狙ったり狙わなかったりなのよ。
まーじゃん

たまにこういう一気通貫とか、
まーじゃん3

こういう三色とか出ると気持ちがいいのよねぇ。勿論、めったに出るものではないけどね。
あと、こんなものも引いたのよ。ちなみに和了りは自摸なのよ。
まーじゃん4

あらあら、これはいい対々和と門前自摸ね。リーチもあったから計4飜かしらと思い下を見ると、





20070429143719.jpg



( ゚д゚)・・


(つд⊂)ゴシゴシ



20070429143719.jpg

 _, ._
(;゚ Д゚)
何コレ?というか何で役満って書いてあるのよ?調べてみると、この四暗刻というのは、自力で同じの3枚の組み合わせを4組作ればいいらしいのよ。ついでに役満というのは作るのが超難しい役のことで、点数も一番高いらしいわ。これを儂はあっさり引いてしまったわけね。ちょっと運が上向きになったのか?それともただのビギナーズラックだったのか?いずれにせよ麻雀は結構面白いゲームだってことはわかったわ。といっても、人間相手のゲームは当分しないけどね。だって思いっきり長考しまくってるのよ。そんなんでまともに対人戦が出来るわけないじゃない。でもいつかはしてみたいと思う今日この頃なのよ。

記事編集

Stage 398

ちょっと更新を休んでいたのよ。理由は察してほしいのよ。とりあえず、気持ちの整理をしなければいけないんだけど、そんなことできるはずないのよ。信じたくないけど、でも信じなくてはいけない。すごくつらいのよ。今まで当たり前のようにあったものがある日突然なくなってしまう。いや、なくなることはわかっていたのよ。でも儂は弱い人間だから何もできなかったのよ。何も出来ずに終末をただ見守っていくだけ。それはとても辛くて悲しいことなのよ。大切なものがなくなっていくということ。思い出としか残らないのよ。思い出だけでは生きていけない。儂は悲しみに暮れる毎日なのよ。
でもね、やっぱりいつかは立ち直らなきゃいけないよね。悲しい事実に向き合って、思い出を大切にしていかなきゃいけないよね。今はまだ無理だけど、いつか、ずっとずっと笑い続けて、みんなが温かくなって生きていけたらいいね。

もう行くね きりがないでしょう さあ
もうここでいいから
最後まで言えないことがあった
でも すべて告げるのがいつもいいとは限らないの
いつかは わかるから
大丈夫 すべてが わかるから

さよなら 青い空はまるで祝福 旅立ちね
雨なら 晴れの日に憧れ
晴れ続きだとまた雨が ああ 恋しくて
私は ねえ 強かった?
いいえ いつも揺れていたのよ

どうしてもひとりじゃだめな夜は
記憶の箱を開けて
少しだけ そこで逢いましょう
どんなことも一晩中だって打ちあけてね でも
涙で終えてはだめよ
きっと 笑って箱を閉じて
だって 時間と 人も流れてくの
素直に受け止めて
いつでも微笑を
            「いつでも微笑を」岡崎律子



というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 397

SCEがどうやらソフトモニターを募集しているらしいのよ。これは、同社が発売予定のサンプルソフトをプレイするというものね。1回に3~6時間拘束されて、さらにアンケートの回答と感想を書かねばならないけど、その報酬として、2500~5000円を手に入れることができるのよ。というわけで、興味がある人は応募してもいいんじゃないかしら?儂はしないけど。

とりあえず、今日見た高パラの感想を書くことにするのよ。
まず、sola第2話「ミアゲルアオ」ね。相変わらずのアクションシーンから始まり、そして女が実は人外だったことが早くも明らかに。別にネタバレではないわよ。ちょっと見れば簡単にわかることなのよ。曰く、太陽の光を浴びられないそうなのよ。ということは当然昼に外出することはできないから青空は見れないと。でも見たいというのがこのお話なのよ。とりあえず、予想とは違ったけど実はかなり面白いということが発覚なのよ。というか、茉莉@能登のかわいさは異常ね。のとかわいいよのと。とりあえず、シナリオはどうやら安定しているようだから、次回以降も楽しみね。同じく日に浴びることができない吸血鬼のレミリアは、日傘をさして対処しているようなので、儂もそれをおすすめするところだけど、よく考えたらそれでは空が見えないから、全く解決になっていないのよ。これをどのように解決するのかしら?
ちなみに、次回予告の「そら、豆知識」はどう考えても「そら豆、知識」なのよ。類ネタはあずまんが大王第3巻P139~140参照なのよ。
で、次にシャイニング(ryの第3話を鑑賞なのよ。こっちはさっきのsolaとは違い低レベルなシナリオね。儂はもうすでに前作の実績からそういうことはわかっているけど、わかってない大多数の人はさぞかしレベルの低さに絶望したに違いないのよ。というか、ゲームの売り上げを本気で心配する今日この頃。ちなみに、「儂は現実世界から召還された云々~」という話はあまり好きじゃないのよ。勿論ものによるけど、この部分だけだと儂的にはマイナスね。

さて、今日は学校が終わってから池袋の某大型電気店の7階にあるカプセル入り造形物売り場に行ってきたのよ。というのも、実はfateのぬいぐるみがまたほしくなったから引きに行ったのよ。ちなみに、ここのお店はカプセル入り造形物抽籤器が多数置いてあって、その中から客は自分でほしいものを自由に引くというシステムなのよ。というわけで、その中から好みのものを見つけ出し、早速引いてみたのよ。結果は…




セ●バーね。残念ながらかぶってしまったのよ。しかしながら、1回程度のかぶりなら良くあることなのよ。というわけで、めげずに2回目のトライなのよ。結果は……






まーたセ●バーがでたのよ。この「一索切ったら また一索」といったような展開はいったい何なのかしら。しかしながら、例えばマーブルチョコを床に広げたとき、大抵どこかで同じ色が隣り合うことが結構あるらしいのよ。これは、確率論で考えてもきわめて自然なことであり、全部がばらばらの色にするには、意図的に並べねばならないという話を聞いたことがあるのよ。これと同じで、今回はたまたま機械の中でセ●バーの隣にセ●バーがあっただけなのよ。たまにあることね。しかしながら、儂はこういうものは新しいのが出るまでやるから、もう1回やってみたのよ。結果は・・・・・・・・・





あぅーっ、間●桜が出ちゃったのよ。セ●バーじゃないけどこれもう持ってるのよ。何と3回連続でダブりなのよ。具体的にはダブらない確率60%の抽籤器を3回まわして全部ダブってしまったのよ。これの確率は単純計算((1-0.6)^3)で6.4%なのよ。運が悪いのよ。あまりにも悪すぎるのよ。これで儂はついに心が折れてしまったのよ。というわけで、この心の傷を少しでも癒すために、ダブってしまったものを売却することにするのよ。未開封カプセル入りで、値段は300円なのよ。機械からそのまま購入するのと同じ値段だけど、何が出るのかわからない機械と違って、確実にセ●バーか間●桜がもらえるから(選択可能)、確実にお得なのよ。ちなみに、オークションで買うと現在315円+送料250円がかかるらしいから、やっぱり儂から買ったほうが得ね。というわけで、誰か買ってくれるとうれしいのよ。ほしい人がいたらコメント欄か、儂のプライベートアドレス(PCor携帯)を知っている人はそちらに、そうじゃない人はlumy_patchouli@yahoo.co.jpにメールを送ってほしいのよ。ちなみに、郵送することも可能で、その場合は送料を考慮して、値段を200円+送料とするのよ。詳しくは追記部分に記入するのよ。というわけで、誰かほしい人がいいなぁと思う今日この頃なのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 396

昨日はらき●すた第3話「いろいろな人たち」だったわよ。もちろん見たわよね。今回は過去3回の中で一番面白かったわね。というか、もしかして回を増すごとに面白くなる仕様なのかしら?とりあえず、今回はパロティが多かった回なのよ。前回はケ●ロぐらいだけだったけど、今回はクロ●ティ高校、ぱに●に、あたし●ち等のパロディがあったのよ。他社製品でも平気でパクる製作会社は京都高パラだけ!というか、どう考えてもスタッフ悪ノリして作っているわね。面白いからいいけど。ところで、ドラ●エネタではピー音があったけど、コナンや金田一には無かったわね。何でかしら?
というわけで、今回の放送で使用されたネタは下記の通りなのよ。

Aパート
1巻 P39~41 「衣替え」~「懸賞」~「双子」~「そうせいじ」
P42 「ジューンブライド」~「6月の花嫁」
P43~45 「情けは…」~「現」~「時代は変わった」
Bパート
P46~48 「いろいろな人たち」~「そんなことより」~「わけ」
P52 「マニア思考」(コンプ祭7月号)


今回はオリジナル展開が多かったから少々すくなめね。というか、どう考えても少なすぎるから、抜けているものがいくつもある可能性があるのよ。とりあえず、これは暫定ということにするのよ。
ところで、この高パラって現実にある固有名詞を平気で使うのね。マナカナとか。マックをヤックにしたりする等して暈す高パラやゲームが多いから、こういったことは珍しいのよ。ついでに7月7日がポニーテールの日だというのははじめて知ったのよ。日本ポニーテール協会もなんと実在。事実は小説よりも奇なりね。というかいったい何をやっている団体なのかすごく気になるのよ。
そして、今回のエンディングテーマはふもっふの『それが、愛でしょう』(2003)なのよ。前2回と比べて歌声がもの凄く綺麗だけど、歌っているのはどう考えてもこなたではなくて平野綾なのよ。ちなみに、ふもっふは京都高パラが初めて自社元請制作したTV高パラだそうなのよ。というわけで、次回は「やる気の問題」なのよ。

そういえば、最近ゲーム小説が簡単だと言ってる人が結構いるのよ。つまり、文章を読んで選択肢を選ぶだけだから頭を使わないというわけね。しかしながら、それは間違いなのよ。実際は直前の文章や今までの行動から正解肢を当てなければならないから、結構な国語力を要求されるのよ。中にはらき●すた4巻P18「運任せ」のように、通常正解だと思われる選択肢を選んだところ、実は罠だったという、センター試験現代文も真っ青のとても表面からは読み取れないようなことを聞いてくることもあるのよ。恐ろしい。しかしながら、実際には常識的な範囲で答えれば正解になるゲームも多いから、結局はゲームしだいってことね。後は、く●●どのようにフラグ管理が厳しすぎて結果的に難易度が上がってるってこともあるんだけど、それはまた別の話なのよ。ところで、こういったゲーム小説のバッドエンドは大抵暗い内容になっているのよ。fateとかは戦いだから選択を間違えて殺されても文句は言えないけど、そうじゃない普通のゲーム小説でもかなり憂鬱になるものなのよ。中には
「女、家出した挙句河原で一晩雨に打たれる。肺炎を起こして死亡。
倒れた場所が場所なので誰にも発見してもらえず見つかった時には手遅れだった。文字通りの野垂れ死に。」(某掲示板より)
といった、かなりエグい内容のバッドが用意されているゲームもあるのよ。ある意味トラウマね。自分の選択で結果的に人を殺してしまったんだもの。悲惨の一言。つまり、結論としては、ゲーム小説には少々簡単なものが多いかもしれないけど、その代わり選択を間違えたときの代償はかなり大きいのよ。だって普通のRPGとかで全滅してもゲームオーバー画面が出るだけでしょ。それと比べて、最悪な結末をちゃんと描写するゲーム小説の方がよっぽど残酷であったのよ。といっても、儂はそういうゲームは基本的に選ばないけどね。

というわけで、本日は終了なのよ。最近なんか暇だから世界樹の迷宮でも買おうかしら?
記事編集

Stage 395

今日はなんと有名な軽い小説の映画があったのよ。もちろん、みんな見たわよね。ちなみに、この映画を見たそうな人種が95%を占める儂の学校の卓球部は残念ながら全員大会で見れないらしいのよ。あらあら、かわいそうに。しかしながら、儂は帰宅部だから、そんなことは関係無しに自由に映画を見ることができるのよ。
というわけで、儂は映画を見るために土曜日だというのに早起きをして、池袋の映画館に向かったのよ。そこで儂が見たものとは…!



20070421222849.jpg
(イメージ画像)

なんと、ただ映画を見るだけだというのに、とんでもない行列ができているのよ。というのも、実はこの映画は東京都内では池袋でしか上映していないから、これを見る人がみんな此処に集中しているわけなのよ。これではチケットを買うのも大変ね。しかしながら、儂は予めチケットを購入しているから、行列をスルーして容易に場内に入ることができたのよ。ちなみに、最後の希望であった立見席は即完売。儂が行列を見たとき、そこに並んでいる人は良くて16時か19時の回。悪い人だと今日の分のチケットは入手できなかったのよ。
で、映画の感想ね。ちなみに、ネタバレは排除してあるから、内容が気になる人はさっさと映画館に行って鑑賞するのよ。

アバンタイトル
池袋で見るとちょっと幸せな気分になれるわよ。(評価:優+)
しゃな
内容は言わないけど、原作を知らないって人でも十分楽しめる内容なのよ。これを機に原作を読み始めてみるというのもまた一興ね。(評価:優)
きの
映画だから何か特別なものがあるというわけでなく、なんかTV高パラと同じって感じね。多分このままTVで流しても全く違和感がないのよ。ちなみに、内容はいつもと同じ。ちょっぴりシュールで切ないお話なのよ。そして、エルメスは相変わらず棒読みね。(評価:良++)
いぬかみ

神 光 臨 !なのよ。

しゃなときのはごく普通の内容で、皆普通に見ていたって感じだったんだけど、このいぬかみはその会場の空気をぶち壊し、爆笑の渦に包み込んだのよ。自宅で独りで見ていたのでは決して味わえないこの連帯感。たまらないのよ。そうでなくても、内容は3つの中では飛びぬけていいから、これだけを見るためにチケットを買う価値は十分あるのよ。というか、あまりにもインパクトが強すぎて他の作品の印象が吹き飛んでしまったのよ。とにかく、これはすごく面白いのよ。一番のおすすめね。DVDが出たら買おうかしら?(評価:優++)

と、こんなところね。そして、その後はお待ちかねの舞台挨拶ターイム!なのよ。これのためにわざわざチケットを入手したといっても過言ではないのよ。なんといっても生堀●由●が見れるのよ。これを逃すのは愚の骨頂なのよ。
続々入場してくる中の人たち。そして、ついに堀●由●が入場してきたのよ!



「●っちゃーん! ●、●ーっ、●アアーッ!! ●アーッ!!」
生堀●由●キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!今まで儂は生ピーターや生そのまんま東を体験してきたけど、そんなものは●なのよ。やっぱり生は堀●由●でなければならないのよ。席はちょっと舞台から遠かったけど、実は幕間(スタッフロール)の時間を利用してトイレに行ってるとき、たまたま近くでワイドショーなどでよく見かけるマスコミ限定の撮影会をやっていたのよ。一般人の撮影は勿論禁止だったけど、それで儂はなんと堀●由●を超至近距離で見ることに成功したのよ!すごい偶然ね!ちなみに、舞台挨拶の内容は差し障りのないことが多かったけど、堀●由●が「ぜひお友だちにススメてください!」と言っていたから、儂もススメるのよ。このブログを見た人はぜったいこの映画を見なさい!これは命令なのよ!見ないと許さないんだからねっ!
ちなみに、何度も言ってるけど、儂は別に●江●衣とか、●っちゃんとかは一切好きではないわよ。念の為。
後は、売店で劇場限定の小説を購入ね。階段で遥か彼方まで列が続いていて、それに並ばないと買えなかったけど、そのような経験は例大祭ですでにしてあるから全く問題無しなのよ。小説は800円で3冊セット。あわせて500ページ以上あるから、高いってわけではないわね。
で、後はビックカメラなどに行って終了ね。そういえば、ビックカメラにてwiiが入荷していたのよ。といっても瞬殺だったようだけどね。任天堂製品の品薄はまだまだ続くのよ。
そして、最後に儂のようなパチェに1日中付き合ってくれた友人に本当にありがとうなのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 394

そういえば、アルトネリコ2のサイトがオープンしたわね。内容を見る限り、基本的には前作のシステムをそのまま受け継いでいる感じね。最近は変な新システムを開発して、それが地雷要因になっているゲームが相当数あるから、現状維持はうれしいわね。後は、ストーリーと、肝心の音楽がよければそれでいいのよ。果たして。

で、高パラね。今日はこんにゃく3話「六条宮穂(前編)」を鑑賞なのよ。とりあえず、内容の前に作画だけど、相変わらずひどいわね。原作では多分登場する女性はかわいいはずなんだけど、あんまりかわいく見えないというのは致命的よね。ながされて(ryのすずのかわいさと比較すると、見劣りしてしまうのよ。で、内容もなんか盛り上がりに欠けるわね。1人当たり2話しかないのだから、もう少し盛り上げなきゃだめなのよ。とりあえず、今回は沢城凛奈編よりはストーリーがマシっぽかったし、キャラクターも少々このみだったかもしれないから、評価は「準可+(45点)」とするのよ。30点でも一応合格(準可--)になるのが儂の劇甘評価。それにしても、こうなってくると逆に原作のゲームが気になるわね。というのも、この高パラだけを見てると何で評判がいいかさっぱりわからないのよ。PS2版買おうかしら?

で、今日で1週間が終了ね。長かったのよ。というわけで、今日は友人達がゲームセンター等に行くというから、儂もついていったのよ。それにしても、最近のゲーセンって無駄に高難度なゲームや、銃で撃つ無駄に疲れるゲームが増えたわね。儂がまともにできるのがQMAかテトリスぐらいしかないじゃない。尤も、そのテトリスでさえ一般人には難しいように見えるらしいわね。やっぱり最近のゲーセンってなんかマニアックになってるようなのよ。
で、そんなゲーセンで儂はカプセル入り造形物のfateちびぐるみを発見したのよ。これは、その名のとおり、fateのキャラクターのぬいぐるみなのよ。但し、カプセルに入っているから結構小さいわよ。ちなみに単価は300円とちょっとお高めなのよ。
というわけで、ためしに1回引いてみたのよ。結果は…






セ●バーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
なんと、人気No1(多分)のセ●バーを1発で引き当てることに成功したのよ(確率20%)。すごくついてるわね。カプセルに入ったセ●バーもなかなかきゅーとなのよ。にはは、かわいい。ちなみに、その後他の人から間●桜ももらったのよ。ありがとうなのよ。ちなみに、儂はfateには一切興味がないわよ。念の為。だって怖いじゃない。

で、明日は映画なのよ。内容は勿論、堀●●衣が登場する舞台挨拶も楽しみなのよ。ちなみに、チケットは完売してしまったけど、最後の希望として立見券を販売しているらしいから、どうしても見たい人は狙ってもいいんじゃないかしら?

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 393

今日は超体調不良で学校を早退してしまったのよ。というか、ある意味強制早退ね。逃走中で例えると、お奉行様を見つけて自首&賞金獲得というよりは、時間通行手形の入手に失敗して強制失格という感じね。といっても、儂が悪いわけではないのよ。あくまで偶然ね。ちなみに、医師の診療によると、「盲腸の可能性アリ」だそうなのよ。この年で盲腸とは大変ねぇ。とりあえず、明日以降は様子見とするのよ。

そういえば、アメリカでの銃撃事件の犯人が朝鮮人だったようなのよ。アジア系の時点で中国人かチョンのどっちかだと思ったけど、チョンのほうだったわね。これにより、アメリカ犯罪史上最悪の乱射事件の犯人はチョンになったわけなのよ。その自覚があるのかないのか、朝鮮の新聞でこんな記事が掲載されたそうなのよ。相変わらず予想斜め上を行くOINK(Only IN Korea)ね。というか、すでにブラックジョークの範囲を越えて国際問題に発展してもおかしくないように思えるのよ。やっぱりクソはどこまで行ってもクソなのであったのよ。
ちなみに、短時間大量殺人で、世界最悪の犠牲者を出した事件は南鮮で起こっているらしいわよ。こいつら間違いなく危険ね。こんな国にもビザ免除している日本政府も確実にクソなのよ。

さむすぴ等でおなじみのSNKがDSでゲーム小説を出すらしいのよ。曰く、過去の人気格闘ゲームのキャラクターが登場するゲーム小説だそうで、なんとなこるるも登場するらしいわよ!これは要チェックなのよ!DSが再び始まったわ!ちなみに、儂は買うつもりはないわよ。だって格闘ゲームのキャラクターなんてあまりよく知らないもの。それよりめるちーぶらっどが未だに難しいのをどうにかしなさいよね!ちっとも勝てないじゃないのよ!ちなみに、儂はなこるるやその他みこには一切興味がないわよ。念の為。
ちなみに、リーズのアトリエはフラゲ情報によると地雷だったみたいわよ。曰く、戦闘がもっさりしてるとかなんとか。これはスルーしてアルトネリコ2を買ったほうが正解ね。とりあえず、DSは適当にしゃな等を買うことにするのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 392

昨日はらき●すた第2話だったわよ。もちろん見たわよね。今回は「努力と結果」ということで、相変わらず前回同様ゆるい4コマが展開されていったのよ。それにしても、相変わらず感想が書きにくいわね。ストーリーがない分ひだまりより書きにくいわよ。とりあえず、二分割同時進行の演出と、格ゲーのCGは普通にすごいと思うのよ。流石(ry
というわけで、今回の放送で使用されたネタは下記の通りなのよ。

Aパート
1巻 P7~9 「姉妹」~「努力と結果」
P33 「楽しい人生」
4巻 P130 「できそう」~「いらっしゃいませ」
P139 「敗北感」~「ぴえろ」
1巻 P34 「重病」
P9 「陰と陽2」
Bパート
1巻 P34 「エネルギー」
P35 「だるい」
P35~37 「あれ?」~「浪漫」
3巻 P91 「判定」(ドラゴンマガジン'06年1月掲載)
1巻 P37~38 「用事」~「適材適所」


ちなみに、原作のネタを若干改変しているものについては儂の判断でこの中に入れたり入れなかったりしてるのよ。今回は1巻だけでなく様々なところから使われていたわね。特に、発売されたばかりの4巻からも使われているのがポイントね。ちなみに、「ドラマCDと高パラでキャストが違う」ネタと「ナゲットにらめっこ」ネタは残念ながら1~4巻の中では発見できなかったのよ。もしかしたら、儂が見逃していただけかも。他にも、抜けや間違いがあったら教えてほしいのよ。手動検索だからミスはしょうがないのよ。ちなみに、儂的に「ドラマCD~のネタはどう考えても自虐だと思うのよ。だってこれがそうだし。

ところで、この高パラの中では五月病は病気じゃないって言ってたけど、多分嘘なのよ。というか、儂の場合は五月病が発症するとなぜか典型的な精神病と同じ症状が発症するから洒落にならないのよ。観鈴ちん、ぴんち。しかも、現在家のほう問題があるから、それも鬱の原因のひとつになってるのよ。が、がお。誰か一緒に喫茶店にでも行ってくれないかなあと思う今日この頃なのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 391

そういえば、来週の土曜日から有名な軽い小説の映画が始まるのよ。それを記念して、初日に池袋と川崎でなんと舞台挨拶が行われるのよ。勿論、堀●由●も出るわよ。というわけで、今日はそれを予約しに行ったんだけど、すでに大部分の席が埋まっていて、2階席後ろの真ん中というかなり条件の悪い席しか取れなかったのよ。これを知ったのが昨日の夜だったからしょうがないけど、それでも店頭での予約開始2日目の午前でこの有様なのよ。ずいぶん大人気ね。とはいえ、実は儂も最初は当日券で済まそうとしたわけで、そう考えると見れただけでもラッキーね。だって当日券だと絶対に見ることはできないんだもの。というわけで、今から舞台挨拶を見たいと思っている人はあきらめるのよ。但し、現在オークションにて相当数のチケットが出回っているのよ。これが転売ヤーによるもので、価格も順調につりあがっているけど、最終手段として考えてみるのもいいんじゃない?映画は今月21日から全国でロードショーなのよ。必見ね。

というわけで、数日分の高パラをまとめてなのよ。まず、sola第1話「ソライロノカサ」なのよ。原案がKanonの久弥直樹ということで、当然の如くKanonみたいなまったりしたものを想像していたわけだけど、ふたを開けてみればびっくり、なんか最後にアクションシーンがあるじゃない。これは正直予想してなかったのよ。あと、登場人物の作画がちょっと癖があるように見えるのよ。一応許容範囲だけど。で、第1話から結構な謎が提示されたわけだけど、これはちゃんと後で明らかになるわよね。ゲーム小説原作ではないから一本道だろうし。というわけで、今後に期待ね。それにしても、トマトしるこは随分まずそうなのよ。いつか再現してみたいわね。多分飲まないで捨てるけど。
で、続いてながされて(ry第2話なのよ。今回は男がいない理由が明らかになった後、婿殿争奪おにごっこ大会ね。1話のクオリティはどうやら維持している模様なのよ。とりあえず、かなり嫌いじゃない。そんでいてかなり面白くてかわいいのよ。すずのかわいさはどう考えても異常ね。しかも中の人は堀●由●なのよ!和服の●江。これに文句を言う人はまずいないのよ。ちなみに、儂は和服が好きだとか堀●由●に興味があるとかは一切無いわよ。とりあえず、内容的にも普通に面白いので、早くも今期NO.1高パラ候補になったのよ。来週も楽しみね。
そして、シャイニング(ry第2話「心×剣」なのよ。相変わらず最強な主人公。というか普通の高校生よね?で、そんなことはどうでもいいとして、今回最大のイベント。それは…



みこ服キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

なんとクレハ@堀●由●がみこ服にお着替えしたのよ!堀●のみこ服。最強ね!ちなみに、儂はみこ服も堀●由●も好きではないわよ。念の為。そして、後は獣人やその他もろもろが出てきて次回へ続くって話ね。とりあえず、ネタ電波はかなりなくなってるのよ。白羽取りも無かったし。ただ、相変わらずの主人公最強はどうかと思うのよ。多分今後お約束どおり強敵が出現するんでしょうけどね。
ところで、もしかしてゲームもこれと同じストーリなのよ?

で、週末が終わってしまったのよ。これからまた1週間学校に行かねばならないわけね。来週は映画があるから、それを目的にモチベーションを維持しなければいけないわね。というか、イベントがないとつらいのよ。毎週面白いことがあったらいいのに。

というわけで、本日は終了なのよ。ちなみに、最近このブログでは高パラの感想が増えてるけど、別に高パラ感想ブログってわけじゃないわよ。ネタが無いから書いてるだけなのよ。
記事編集

Stage 390

昨日はひだまりスケッチ最終回だったわよ。もちろん、みんな見たわよね。今回は珍しく、「12月24日 ChristmasEve」と「2月25日 サヨナラ…うめ先生」の二本立てなのよ。とりあえず、いつものように、Aパートは智花登場から校長&吉野屋サンタと大貧民。そして、Bパートは折れた吉野屋、黒猫、実写手作りケーキ八等分、sign、そしてBye By Umeでおしまいなのよ。
はい、というわけで、ひだまりスケッチ全12話が終了したわけなのよ。なんか、いつの間にかに終わっていたというような感じね。普通の高パラなら雰囲気や内容ででもうすぐ終わりってのがわかるけど、これは最終話含めてすべて平凡な日常を映しているから、そういった雰囲気が全く無いのよ。しかしながら、進展が無いからといって、内容が悪いというわけじゃないのよ。むしろ、毎回安定して見れる癒し系の内容だから、この殺伐とした現代社会を生き抜くための良い清涼剤になったのよ。残念ながら、ひだまりスケッチは終了してしまったけど、このゆるい癒し系の遺伝子は多分らきすたに受け継がれているはずだから、それを見ると幸せになれるわよ。
というわけで、今回のベストキャラクター賞はゆのさん。ベストれいやー賞は吉野屋先生。ベスト書籍賞は永遠の17歳、次点でコーチョーをさがせ!(どちらも11話)。そして、ベスト背景賞は富士山(修正前)ということにしておくのよ。ちなみに、番組全体の評価は「優+」ね。
というわけで、シャフトの皆さん3ヶ月間ありがとうございました。

で、ついでにこんにゃく2話も鑑賞なのよ。今回は「沢城凛奈(後編)」ね。とりあえず、内容以前の問題として、作画が悪いわよ。どう見ても水準以下なのよ。儂は作画に関してはそれなりの基準さえ満たしてくれれば良いというスタンスなんだけど、残念ながらこれがその水準を満たしているとは言いがたいのよ。せめてもう少しがんばってほしいところ。で、内容に関しては儂は原作をやってないからよくわからないけど、展開が唐突過ぎて、いまいちついていけない感があるのよ。他のブログ曰く、原作にあったイベントをかなり省いたらしいのよ。多分これが原因ね。というか、1人2話はどう考えても無茶なのよ。AIRはそれで成功したけど、アレはちゃんとそういう技術力があったから成功したのよ。技術力が無いんだったら、素直にメインルート1本道の構成にすればよかったのにと思うのよ。とりあえず、儂の評価はかなり甘めだけど、それでも残念ながら「準可」程度の評価しかつけることはできないのよ。せめて、もう少しクオリティを上げてほしいと思う今日この頃。ちなみに、原作のクオリティはかなり高いらしいのよ。それなりにボリュームのある体験版が用意されているらしいけど、エ●シーンの有無がはっきりしないため、とりあえずスルーなのよ。無かったらやってみるかも。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 389

一部ファミ通フラゲ情報によると、fateのクロスレビューの点数は、8/8/7/6で29点なのよ。ゲーム小説系のゲームではかなり高い部類だけど、儂の予想に反して殿堂入り(30点以上)はしてなかったのよ。ところで、以前にこれより少々知名度が低いひ●●し祭が9/8/8/6で殿堂入りしているのよ。どちらのゲームもクリア時間がかかるから、まともにやってるはずがなく、結局のところ政治的な意図で点数をつけている説が農耕なのよ。実は広告をめぐる攻防が合ったらしいけど、これについては省略するのよ。
ちなみに、リーズのアトリエの点数が6/5/7/6で24点と、アトリエシリーズとは思えない得点なのよ。とりあえず、フラゲは回避で様子を見ることにするのよ。場合によってはしゃなでも買うかも。

で、今日は久々の快晴だったのよ。やっぱり晴れると心と体の調子がよくなるようね。今日の自由選択はどうやらあたりだったようだし、体育で少々筋肉痛になった以外は特に嫌なことは無かったのよ。そして、明日を乗り切ればいよいよ待ちに待った土曜日なのよ。もしも明日が晴れならば、なんだか乗り切れそうな予感ね。とりあえず、てんさよん(tensyonのタイプミスよりうまれたどようびのことば)あげてGo!なのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。ひだまりスケッチ最終回は明日ね。
記事編集

Stage 388

そういえば、一部情報によると、アルトネリコの続編がPS2で発売されるらしいわね。曰く、2007年発売予定で、価格は未定だそうなのよ。とりあえず、前作は名作よ。続編ばっかりでマンネリしてきたゲーム市場の期待の救世主って感じね。世界観も良いし、キャラクターもすごく嫌いじゃないのよ。だから、今回も非常に楽しみね。ただ、公式サイトの記述によると、前作よりも難易度が上昇することがほぼ確実なのよ。これはまずいのよ。非常にまずいのよ。最悪の場合クリアが不可能となってしまうのよ。せめて自分で難易度を設定できるようにしてほしいと思う今日この頃。

さて、今日はあまり書くことが無いから近況報告程度ね。とりあえず、(月曜日)と火曜日は学校でテストがあったのよ。といっても、成績に反映されるものではなく、むしろあまりの平均点の悪さに数学教師が頭を抱えるためのテストね。だって儂は文系だから、余計な数学の知識は何も覚えてないのよ。ちなみに、国語のテストはちゃんと結構できたわよ。
で、その帰りにらき●すた4巻の初版を購入なのよ。そしたら、こんなチラシが挟まっていたのよ。

らきらき●●祭壇!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

誰もがエイプリルフールネタだと思っていたものが何と本当に●えドリルに実装されるのよ!完全に予想外の展開ね。ちなみに、これはどう見ても「どきどき●●神判!」のパクりというかパロディだけど、珍しいことに、発売日はそれよりも早いのよ。らきらきな幸せ。ちなみに、らき●すた ●えドリルは誰がどう見ても健全なドリルゲームなのよ。念のため。

で、今日から通常授業が始まったわけなのよ。しかも初日から体育で鬱倍増なのよ。この学年はなぜか体育が3単位もあるから、明日も体育をせねばならないのよ。鬱三倍増ね。
で、今日は自由選択もあったのよ。はっきりいって選ぶの失敗したわね。最初は会計学をとろうとしたけど、内容が3級程度の簿記を1年かけてやるという代物だったのよ。儂はすでに2級を持っているから、それを取ると、1年間退屈なだけでなく、全く建設的ではないのよ。そして、第2候補の確率統計はすごく難しいらしいから、結局はその間を取って社会学(マスコミ関係)を選んだわけなんだけど、実は試験がもの凄く難しいことが発覚。というかすべて長文記述式で、高得点は不可能な仕様なのよ。つまり、儂はEasy or Normal or Lunaticの選択肢だと思って、Normalを選んだわけだったけど、ふたを開けてみれば、Easy or Lunatic or Lunaticの選択肢だったわけね。こんなことになるんだったら変なことを考えなければよかったのよ。なんか、買ったゲームが地雷だったような気分なのよ。いまさら変更は不可能だから、1年間付き合わなければいけないのよ。ショック倍増ですごく憂鬱。
それにしても、儂は最近なんだかついてないのよ。全く運が無いし、行動が裏目に出るのよ。例えばクラス替えの件や自由選択の件ね。あまりにも運が無さ過ぎるのよ。とある小説の文をまんまパクると、赤と青の線があって、どちらかを切ればタイマーが停止してどちらかを切ると木っ端微塵になる時限爆弾があるのよ。テレビドラマの刑事は必ずタイマー停止の線を切るけど、あんなのはぜったい嘘だと思うのよ。爆弾が百個あったら、全部は無理としても、今の儂なら98個は木っ端微塵にする自信があるのよ。冷酷な現実というやつはそういう風にできているのよ。
もの凄いマイナス思考ね。やっぱり雨が降ると気が滅入るのよ。体調を崩しちゃうし、「何か儂の将来に対する唯ぼんやりとした不安」についても考えてしまうのよ。とりあえず、糞蟲は早く●んでほしいと思う今日この頃。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 387

結局外山恒一は15,059票を獲得したのよ。1万票にも満たない泡沫候補が多数いたことを考えると、かなり頑張った方だと思うけど、残念ながら供託金没収点をクリアしなかったため、供託金300万円は没収なのよ。哀れ。それにしても東京には1万5千人も少数派がいたのね。びっくり。

さて、昨日はらき☆すたの第1話があったのよ。最初は録画で済まそうかと思ったけど、結局リアルタイムで鑑賞なのよ。とりあえず、オープニングは神ね。適度に電波な曲と、ハルヒEDの流れを汲む踊りで、さすが京アニといったところなのよ。で、内容は原作単行本1巻の最初のネタから始まり、後は非常にゆる~い日常会話が展開されていくのよ。ひだまりのように1日の流れにするといった編集も無く、ただひたすらに4コマのネタが展開されていくのよ。この辺は京アニらしくないわね。但し、原作再現度は完璧なのよ。実際に原作と同時に見るとわかるけど、実は結構同じカットが多いのよ。そして、新聞4コマのようなゆる~い雰囲気も忠実に再現。流石ね。というわけで、もし見ていてつまらないと感じても、もともとそういう原作だから仕方が無いのよ。縁が無かったと思ってあきらめるのよ。
ちなみに、今回の放送で使用されたネタは下記の通りなのよ。

Aパート
1巻 P3 「つっぱしる女」
P4~5 「チョココロネ」~「こだわる」
P11 「一歩手前」
Bパート
P15~23 「欠点」~「ホントにぶつかってる」~「すごい版」~「認識」
「何が恥ずかしい」~「素直さと優しさと」
P29 「一応気にはしてる」
P30 「いつものメンツ」,「きっかけ」~「最近は中止も少ない」,「お友達」


一応放送順に記しておいたのよ。頁数は原作単行本の頁で、今回はすべて1巻なのよ。ちなみに、これは儂が全部手作業で調べたものなのよ。放送を見ながらネタを紙に記入していき、それを後で原作を見ながらタイトルを調べていくのよ。故に、間違えているところや抜けているところがあるかもしれないから、そういったものがあった場合はこっそりコメント欄にでも書くか、スルーしてくれるとうれしいのよ。ちなみに、Aパートのシュークリーム以降の展開は、探しても見つからなかったから、オリジナル展開か、もしくはまだ儂が入手してない4巻に掲載されてるネタかもしれないわね。とりあえず、4巻は近日入手なのよ。ちなみに、こうやって調べるのは実は結構面倒くさいので次回もやるかどうかは未定なのよ。多分やるだろうけどね。
そして、今回のEDテーマは「宇宙鉄人キョーダイン」(1976年 作詞:石森章太郎)なのよ。どうやら毎回変えるつもりらしいわね。果たして次回はどんな曲なのかしら。楽しみね。

というわけで、本日は終了なのよ。ちなみに、儂はチョココロネは細いほうから食べる派なのよ。端から食べていって、チョコにたどり着いたときの感動といったら、そりゃもうすごいのよ。
記事編集

Stage 386

フェイト/タイガーころしあむがPSPで発売することが決定したのよ。ファミ通曰く、「新宿」でおなじみのcavia制作の3D対戦アクションゲームのようなのよ。何故これで企画が通ったのかが謎だけど、多分型月の中の人に何か考えがあるんでしょうね。なかなかほしいソフトが出ないと嘆いていたけれど、持っててよかったPSPなのよ。といっても、購入予定はないけど。
ちなみに、気になる「どきどき●●裁判」(仮)の正式タイトルは、「どきどき●●神判!」になるそうなのよ。といっても、儂はそういった人間ではないから、一切購入するつもりは無いけどね。

さて、おとといにシャイニング(中略)ド第1話があったのよ。主題歌は女性に大人気の保志総一朗氏のあの歌ね。ちなみに、ゲームの新作の主題歌は、世界中で大人気のNANA MIZUKI氏の新曲だそうなのよ。で、高パラの内容だけど………………こ れ は ひ ど いのよ。なぜか舞台が現代の高校であったり、そこから話が急展開でいきなり異世界へ連れて行かれて、真剣白羽取りしたり胸から剣とったり。というかそもそも主人公が最初から最強なのよ。とりあえず言えるのは、これは儂の知ってるシャイニングシリーズではないのよ。というかこれはネタね。これと同じぐらいネタなのよ。某掲示板の実況スレッドは大盛況だったようだし。とりあえず、当初の目的とは違うけど、視聴は継続なのよ。ゲームも別の意味で売り上げを伸ばすかもしれないわね。中の人がとっても豪華だしね。

そういえば、東京都知事選は儂の予想通り石原慎太郎が再選したようね。あたりまえというか、そもそもまじめに調べてから投票するのであれば、浅野に投票するなんてありえないのよ。というのも、浅野が宮城県知事就任中に県の借金が倍に膨れ上がっているのよ。こういう人に東京を任せるわけにはいかないわね。他の人に投票してもどうせ死票になってしまうだろうから、結局石原しか無かったってことなのよ。ちなみに、これを何故この時期に書いているかというと、選挙期間中にこういうことを書くと、公職選挙法に抵触する恐れがあるからなのよ。それより気になるのが、いまどき政治犯として2年投獄された外山恒一の得票数ね。22:41の速報では投票数1143票と泡沫候補の中ではかなりがんばっているほうだけど、果たしてこれがどこまで伸びるか。ちなみに、現在ドワンゴでは外山恒一の着ボイス配信中なのよ。要チェック。

というわけで、日曜が終了したのよ。明日からまた学校だと思うと憂鬱ね。憂鬱だから体調も悪いのよ。食欲もないし、あまり動きたくないのよ。あぅー、誰か都内の某喫茶店で一緒にマリアージュフレールのマルコポーロやモンターニュドールを飲んでくれたらいいのに。

冷たい雪の中で 暮れゆく空の下で
私が泣き続けた その意味を今
誰かに抱かれたい
誰かに抱きしめられたい
忘れたくなかったの あの温もりを



というわけで、本日は終了なのよ。あと、このブログは不特定多数の人が見ているわけだから、私人(某掲示板ガイドラインで3群のもの)の名前が書いてあるコメントは削除させていただくのよ。
記事編集

Stage 385

昨日はひだまりスケッチ11話だったわよ。もちろん見たわよね。なんか前回より動きが多いように感じた今回のひだまりスケッチは、アバンがルルルのル~。Aパートがキャベツ弁当。Bパートがコーチョーをさがせ!ね。相変わらずいつも通りの内容だけど、逆にそれが安心する感じね。とりあえず、吉野屋先生の写真集はちょっとほしいかも。ちなみに、気になるキャベツはもの凄くリアルだったのよ。実写だから当たり前だけど。
そして、ついでにこんにゃく1話も鑑賞なのよ。タイトルは「沢城凛奈(前編)」で、次回が「沢城凛奈(後編)」だから、1人当たり2話の構成になるようね。ちょっと短く感じるけど、AIRでもかの編とみなぎ編は2話しか使っていなかったから、このくらいは許容範囲ね。しかしながら、共通ルートがないっぽいから内容把握が少々難しいわね。というか、そもそも何で凛奈が主人公の横で寝ていたのかがさっぱりわからないのよ。当然その辺に関する説明も次回であるんでしょうね?とりあえず、1話なのに作画のレベルがちょっと低いのが残念ね。ヤシガニにならないかちょっと心配なのよ。とりあえず、次回は録画で視聴という事にしておくのよ。ちなみに、ひだまりスケッチは次回「サヨナラうめ先生」で最終回なのよ。

で、今日からとうとう学校が始まってしまったのよ。新学年だから当然クラス替えがあったわけなのよ。結果は…







最悪ね。恐れていた事態が起こってしまったようなのよ。というのも、儂の学校は、儂が数年前に問い詰めたところ曰く、成績の学年順位をmod3した数値でクラスを決めるということなんだけど、その割にはなぜか見えない力が働いて、⑨ばかりのDQNクラスとまともクラスができるのよ。此処まで書いたらわかると思うけど、そのDQNクラスにぶち込まれたわけなのよ。去年が超まともクラスだったから、その格差でショックが当社比3倍なのよ。さらに悪いことに、なぜか知らないけど儂につっかかってくる糞蟲と同じクラスになってしまったのよ。儂が聞いた話では、機械的に成績順に並べた後、問題のある組み合わせは適宜入れ替えるということになっているらしいのよ。この場合、これが問題のある組み合わせということは、普段の行動からわかるように、当局でも認識していたはずなのよ。なのに、同じクラスになってしまったということは、それが正常に機能していないことを表すのよ。⑨+糞蟲。最悪ね。「まっすぐGO!」どころかかえって鬱病が再発してしまったのよ。前回は行動力がそれなりに残っていたから、行動範囲を大幅に広げたり、趣味を増やしたりして軽度の状態で回復することができたけど、今回はそうはいかないようね。というか、糞蟲が同じクラスにいるから静かに本を読むこともできないのよ。一応お友達はごく少人数だけど同じクラスにいるから、その人たちに寄生して生きていくしかないわね。人間は独りじゃがんばれないのよ。それにしても、あまりにクラスの悲惨さに悲しくなってきたのよ。人間は基本的に、悲しいときには明るい曲や楽しい映画を見るよりも、悲しい曲を聴いたりするものなのよ。これを、心理学用語で「同質の原理」というのよ(本当)。だから、儂もこの法則に従い、AIRの高パラを見て号泣したのよ。この涙が儂の心を少しでも清めてくれればいいわね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 384

昨日はながされて(ryだったわよ。もちろん見たわよね。とりあえず、原作は知らないから先入観無しで見たわけだけど、実はかなり嫌いじゃない部類だったのよ。ちなみに、内容を軽く説明しておくと、女しかいない島に流れ着いた東方院行人とその回りの女の子が繰り広げるらぶこめなのよ。そして、女の子たちは130年ぐらい前からこの島に住み始めたらしいわよ。この島は孤島であるから、当然外部の文化は入ってこないのよ。ということは、登場人物はなんとほとんどわふくなのよ!そして巫●服ね!赤い巫●服がスタンダードだけど、青い巫●服もやっぱりいいのよ!そして、主役のすずは中の人がなんと掘●由●なのよ!ついでにOP&EDも掘●由●なのよ!内容もよかったし、来週からも継続視聴決定なのよ。後は作画が崩れないことを期待なのよ。ちなみに、儂は巫●服や掘●由●には一切興味がないわよ。念の為。

ながされて(ry C→B(昇格)

というわけで、今日は中野に行ってきたわよ。といっても、月に1度の書籍の買出しなのよ。とりあえず、いつものようにま●だ●けで数冊いつもより多く古本を購入の後、後は適当にカプセル入り造形物や食品入り造形物の中身を閲覧ね。ついでにQMAもやったのよ。そしたら実はフェニックス組も地獄であることが発覚なのよ。問題レベルが急に難しくなる割には、それを賢者や大賢者は平気で答えてくるのよね。ありえないのよ。どうやら2月4週のルール改正でドラゴン組残留条件が厳しくなったから、それに漏れた廃人がフェニックスになだれ込んできたようね。おかげで儂は1回戦落ちを繰り返し、金を無駄に消費してしまうことになるのよ。ほとんど3回戦まで遊ばせてもらえるサイクロプス組が懐かしいわ。といっても、後1プレイで落ちることになるんだけどね。

で、明日から学校が始まるのよ。ということは今日が春休み最後の日だったのよ。今日は晴れだったけど、気分は最高に憂鬱ね。歌詞にするとこんな感じなのよ。

あなたは今どこで何をしていますか?
この空の続く場所にいますか?

今まで私の心を埋めていたモノ
失って初めて気づいた
こんなにも私を支えてくれていたこと
こんなにも笑顔をくれていたこと

失ってしまった代償は とてつもなく大きすぎて
取り戻そうと必死に 手を伸ばしてもがくけれど
まるで風のようにすりぬけて
届きそうで届かない


ちなみに、某ゲームの曲だということは知ってるけど、詳しいことは不明なのよ。とりあえず、儂的にすでに最悪の事態を想定している感じなのよ。というのも、今までの人生からそのようにしたほうがショックが少ないと学んだからよ。とはいえ、最悪の事態はやはり避けたいもの。もしかしたら鬱病が再発してしまうかもしれないのよ。観鈴ちん、大ぴんち。とにかく、儂の願いは1年間をわくわくきらきらでなくてもいいから人並みに楽しく過ごせることね。人生に大きくかかわるこの一年間。果たしてどうなっていくのかしら。

というわけで、本日は終了なのよ。ひだまり感想は明日ね。
記事編集

Stage 383

そういえば、ゲーマガ曰く、奇々怪界2のステージは全部で7面らしいのよ。ずいぶん少ないように見えるけど、こういったアーケードっぽいゲームでは珍しいことではないわね。今はあまり見かけなくなったけど、十数年前はアーケードでもアクションゲームが結構あったものなのよ。とはいえ、これに5229円(実売価格)出せるかというと、ちょっと微妙ね。某方の6面+αで1575円というのに慣れているからどうしても高く感じてしまうのよ。ちなみに、儂がアクション(ARPGではない)やシューティングゲームを買う基準は1クレジット50円として、どのくらいやれば償却できるかで決めるのよ。つまり、ゲームをスタートさせるかコンティニューすることによってクレジットを投入するわけだから、ゲーセンでやるのとどっちが得かということなのよ。この式で考えるとすると、奇々怪界を償却するのに必要なクレジット数は105クレジットなのよ。多分20回ぐらいはクリアしてるわね。ちなみに、めるちーぶらっどは償却までに94クレジットを必要とするにもかかわらず、とっくに償却は終わっているのよ。ちょっと難易度を上げただけで、なぜか知らないけれど1回のプレイで10クレ以上消化してるのよね。なぜかしら?

さて、あさってから学校なのよね。学校に行くのには相当な気力が必要なのよ。つまり、観鈴ちん、ふぁいとっ!ということで、池袋に鍵のカードを購入しに行ったのよ。こういうのって、実はあ●め●とよりイエローサブマリンの方が安かったりするのよね。ついでに、いとうのいぢのカード14枚入りを80円で購入なのよ。そして、ゲームセンターでQMAを数回プレイね。2回目のプレイで偶然優勝し、フェニックス組に昇格。ついでに上級魔道士に昇級なのよ。これで、地獄のドラゴン組まであと優勝1回というわけなのよ。観鈴ちん、ぴんち。
あとは、ジュンク堂書店で参考書の立ち読みね。というのも、来年度の自由選択で確率統計を取るつもりであるから、その内容を軽く確認しておくのよ。というわけで、数学Cの参考書のその部分を閲覧してみたんだけど



うん、無理。なにをやっているのかさっぱりわからないのよ。もしこれをとってしまうと不可になることは確実なのよ。まずいのよ。ひじょーにまずいのよ。やっぱりシスアドの講義1回(150分)程度の知識じゃどうにもならなかったわね。というわけで、自由選択は確実に優がもらえる会計学に逃げることにしたのよ。ほら、逃げる勇気も必要だって言うじゃない。儂の学校は絶対評価だから、儂がいたところでほかの人の点数が下がるわけじゃないんだしね。

で、帰宅後まなびストレートを最終話まで一気に見たのよ。とりあえず、感想を一言で言うと、めちゃくちゃいい話だったのよ。ただの炉●炉●高パラじゃなくて、ちゃんと話がしっかりしていたし、それも結構まじめなお話なのよ。学園祭のために全力を出せるっていいわね。そして、最終回の演出もかなり嫌いじゃないのよ。行くべき道は違ってもとにかく「まっすぐゴー!」ということね。とにかく、これはかなりいい作品だったのよ。リアルタイムで見ればよかったのよ。ただ、この作品で惜しかったことといえば、やっぱり1クールで終わってしまうことね。11話から最終話までの間に1年半ぐらいの月日が流れているのだから、そこにもう一つか二つエピソードを加えて、2クール作品にしてほしかったわね。終わり方を見ると第2期は期待できないし。というわけで、OVAに期待なのよ。
とりあえず、今回のベストキャラクター賞はみかんちゃん。ベストTUN-DERE賞はめぇーちゃん。ベスト堀●賞はまなびちゃん。そして、ベストJ-POP賞は新校歌(第9話)に贈呈するのよ。というか、あれはどう考えても校歌ではないのよ。それにしても、まなびたちは随分学校生活が充実していて楽しいようにに見えたのよ。学校が楽しい。一番重要だけど、実は一番難しいことなのよ。奇跡でも起きない限り不可能なほどね。やっぱりこの時期ってマイナス志向になっちゃうのよね。やっぱり不安が一番大きいし。それに、今日は雨が降って気分が悪いからますます鬱になっていくのよ。せめて少しくらい自分の思い通りにならないものかしらと思う今日この頃なのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。ながされて(ryは明日ね。
記事編集

Stage 382

サムスピ等でおなじみのSNKの新作は、どきどき●●●●(仮)なのよ。ホームページはSNKのトップページからリンクしてるから、自分で探すのよ。とりあえず、ついにSNKが始まったわね!今までありそうでなかったソフトなのよ。特に、このシステムはDSならではなのよ。現在はCERO審査中だそうだけど、儂の予想では多分C(R15)かD(R17)になると思うのよ。ちなみに、儂はこういったゲームには一切興味がないから、購入するつもりはないわよ。念のため。それよりらきらき(ry

で、今日はあまりにも暇だったから1日中高パラを見ていたのよ。具体的には、まなびストレートを8話まで鑑賞ね。これって結構かわいらしい絵柄なんだけど、内容的には結構シリアスなのよね。といっても、せいぜい学園祭をやるかやらないかのレベルだし、それなりにギャグも多いから、個人的にはかなり嫌いじゃないのよ。作画も今のところ崩れてないしね。というわけで、まなび達が学園祭を開催するためには全校生徒の70%の署名を集めねばならないのよ。現実の学校でもよくあることだけど、実はこれ、意外と大変なのよ。というのも、大多数の生徒は劇中にもあったように、体育祭や学園祭といったいわゆる学校行事には全くの無関心なのよ。つまり、あってもなくてもどっちでもいいってことね。勿論、儂だって例外ではないわよ。だから、体育祭の時には端っこで一人で読書をしてるし、学園祭の時には学校に行かないで、他のイベントに行って遊んでいるのよ。儂の学校は学園祭はほとんど出席を取らないからこういうことをしても特に問題はないのよ。つまり、このような
「・・・で、その学園祭は当校において生活するうえで何のメリットがあるとお考えですか?」
と考えてるような大多数の人にメリットを説明せねばならないのよ。これを、いかに解決するのかが次回第9話以降ってわけね。ちなみに、儂的にはこういった状況になったら署名してもいいかなと思うのよ。楽しくないよりは楽しいほうがいいに決まってるし、わくわくきらきらな文化祭にもの凄く興味があるのよ。といっても、署名したら変なミステリ研に入れられるとかだったら困るけどね。ちなみに、儂の学校の学園祭は悲しくなるほどつまらないことで有名なのよ。規模が小さいというのもあるけど、そもそも生徒会の権限が弱いのよね。せめて図書委員会の権限をもう少し大きくして、図書館に軽い小説を入れられるようにしてほしいわね。というのも、図書館戦争を区立図書館で借りたいんだけど、予約が100件以上あってなかなか順番が回ってこないのよ。だから、こういった読書家のニーズを満たすために、図書委員会に頼めば入れてもらえるというシステムにしてほしいのよ。どうせ予算余ってるんだろうし。

さて、もうすぐ4月の新高パラの季節なのよ。大分情報も出てきたから、儂が来期に見るものをまとめてみたのよ。

A シャイニング・ティアーズ×ウィンド 東京MX 4/6 25:30~
B らき●すた テレ玉 4/8 25:30~
B こんにゃく ~ようこそつぐみ寮へ~ テレ玉 4/5 26:00~
C sola テレ玉 4/11 25:30~
C ながされて(ry テレビ東京 4/4 25:20~

A リアルタイム視聴
B 録画視聴
C とりあえず録画、暇があったら視聴(最終回終了後3ヶ月保存)


と、こんな感じね。実は儂はあまり高パラは見ないのよ。ちなみに、AとBの差は主に放送時間によるものね。早い話が、翌日の生活に支障が出なければリアルタイムで視聴するのよ。具体的なボーダーはkanon終了の25:30ぐらい。それを過ぎたら翌日が休日でない限り録画になるのよ。ちなみに、この表は予告なく変更があったり、こっそり録画しているものがあるかもしれないのよ。
ちなみに、各作品の簡単な紹介をすると、上2つは説明不要ね。こんにゃくはゲーム小説原作の高パラなのよ。こういった話は嫌いじゃないから視聴ね。ちなみに、こんにゃく略称よ。念の為。
solaは実はあまりよく知らないんだけど、調べてみると曰く、Kanonであゆとしおりとなゆきのシナリオを担当した久弥直樹が原案を担当しているのよ。というわけで、内容が気になるから視聴ね。とりあえず、しばらくの焦点は、泣けるのか?ということにしておくのよ。
そして、ながされて(ryは少年ガンガン掲載の漫画から高パラ化なのよ。前見ていたす●●がヤングガンガン掲載だったから、その流れといったところね。内容的にも嫌いじゃない感じなのよ。
といったところね。儂的にロボット物とかは嫌いだから一切入ってないのよ。逆にゲーム小説原作のものなら大歓迎なのよ。というわけで、来期はそういったものが増えてくれるとうれしいわね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 381

そういえば、もう4月になってしまったのね。ということは、なんともうすぐ春休みが終わってしまうのよ。長かった春休みももうすぐおしまい。そう思うとなんだかすごく鬱になってくるわね。休み明けはいつも鬱だけど、クラス替えがある春休み明けが一番鬱なのよ。クラス替えの結果によってはある意味●●●することも考えるほどね。とりあえず、昨年並みとは言わないけど、せめて本と人形以外の友達がほしいところね。そうしないと本当に●●●しちゃうのよ。

さて、今日は期首の月曜日ということで、千代田区へ行ってきたのよ。千代田区に行ったは1ヶ月ぶりくらいね。最初はいつものコースを辿っていたわけなんだけど、途中でなんと偶然『電撃文庫 春の祭典』というイベントを開催しているという情報を入手したのよ。儂は読書家であるから、当然電撃文庫の書籍も大好きなのよ。というわけで、早速徒歩3分のところにあるイベント会場に向かったのよ。ちなみに、会場には儂のような読書家がいっぱいいたわよ。もの凄く健全ね。そこで儂はい●●みっ!のクリアファイルとしゃなの下敷きとトレーディングクリアカード3枚を購入し、計900円の予期せぬ追加出費なのよ。ちなみに、トレーディングクリアカードというのはしゃなと木野とい●●みっの絵が書かれたカードなのよ。各作品につき5人の絵師が書いていて、それにシークレットが1枚あるから、計16種ということになるわね。価格は1枚100円と少し高いけど、プラスチック製だし、サイズが文庫本と同じぐらいあるのよ。ちなみに、儂が引いたのは、い●●みっ!@狐印と木野@ヤスとシャナ@こつえーね。適当に3枚引いただけなのに3作品すべてそろえるとはついてるわね(確率約1/9)。ちなみに、個人的にはしゃな@こつえーが一番の大当たりね(確率1/16)。ほしい人がいてもあげないのよ。別にHaitenaiとかは関係ないんだからねっ!ちなみに、それ以外に特大手提げと無料ペーパーを数枚ゲットね。サイン会等もあったようだけど、整理券の配布が終了していたから、残念ながら参加できなかったのよ。ちなみに、ペーパー曰くしゃなの高パラ第2期が秋から始まるらしいわよ。今から楽しみね。ちなみに、このイベントは本日限りなのよ。行けなかった人残念でしたのよ。
というわけで、後は通常通り千代田区を巡検していったわけなのよ。ちなみに、儂の目に付いたゲームの中古相場を記しておくと、先ずめるちーぶらっどが4980円と儂が買った時より上昇してるのよ。相変わらず大人気だというのに品薄ね。見つけるのも一苦労なのよ。メーカーも早くベスト版を出せばいいのにと思うのよ。そして、つ●●すは以前より大幅に下落して3280円。ずいぶん手の届きやすい価格になってきたわね。儂的には早く2千円台まで落ちてきてほしいところね。ちなみに、儂は別につ●●すに興味は持ってないわよ。ほっ、ホントなんだからねっ。あとは、ひ●●し祭が5680円とまだまだ高価なのよ。と、いった具合ね。

で、帰ったら数日遅れだけどひだまりスケッチ10話「ゆのさま」を鑑賞なのよ。インターネットでの事前情報ではまるで紙芝居のような酷い出来だと書いてあったけど、実際見てみると、実は結構普通だったのよ。といってもTBSでの放送後2週間の間にかなりの修正(ニコニコ動画)をしたらしいのよ。ちなみに、リンク先で比較動画が見れるけど、修正全はある意味凄まじい出来ね。まるで今回の話の内容に合わせるように凄く未完成なのよ。というか、原作を知らないとなにやってるのかわからないのよ。そこら辺は全部修正されたからよかったけど。そして、問題の富士山ね。
20070402012157.jpg

他作品では明らかな手抜きとわかるけど、この作品だと演出にも見えるから正直微妙ね。これはこれでありだと思うのよ。結局修正されたけど。
というわけで、ひだまり10話はこれでおしまい。次回11話は「まーるキャベツ」ね。果たしてあの本当に丸いキャベツの再来となってしまうのか?
ちなみに、まなびは3話まで鑑賞したのよ。感想は省略ね。

というわけで、本日は終了なのよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。