これは、とあるちょっとした知識と日陰の何とかのブログなのよ。 間違ってもおたくのブログではないのよ。

2007/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/06

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

Stage 420

そういえば、フェイト/タイガーころしあむの発売日が9月13日に決まったらしいわ。ついでに限定版もあるそうなのよ。個人的にはちょっと面白そうに見える対戦アクションゲームだから、余裕があれば購入するかもしれないのよ。

というわけで、らき●すた第8話の感想なのよ。
まず、今回の元ネタはこちらね。

Aパート
第1巻 P116~120 「散髪」~「いろんな意味でスタート」
あずまんが大王第4巻 P72「いたいいたい」
Bパート
2巻P124「希望へ続く道」
P127~128 「ありがとうお姉ちゃん」~「たくましい」
1巻P83「自分に拍手」


そういえば、原作に運動会の描写はなかったわね。やっぱり運動会といえばパン食い競争ね。儂の学校でも障害走の関門として、1回あったはずだけど、確かそのときは袋に入った状態でクリップかなんかでつるされていたような気がするのよ。その後廃止になっちゃったんだけど、いったいなんでなのかしら?でも、個人的に一番やってみたいのは5m走なのよ。白石は泣いていたけど、儂はむしろ大歓迎ね。というわけで、次回の体育祭ではやって欲しいと思う今日この頃なのよ。ところで、今の人って「ハイパーオリンピック」なんて知らないわよね?

で、儂は試験勉強をしているわけだけど、実は社会学が難しいことが発覚したのよね。というのも、対策の立てようがないのよ。一応、教師の思想を読み取ることが出来れば、高得点がもらえる記述の内容が大体わかるんだけど、残念ながら左右どっちつかずの優柔不断って感じだし。そもそも、学問の性質上決まった答えがないのよねぇ。それなのに、記述問題では内容の優劣をつけて、点差をつけるんだからひどいと思わない?とりあえず、おそらく用語とかを答えさせるであろう選択問題が50点分あるらしいから、それに期待するしかないわね。

というわけで、本日は終了なのよ。
スポンサーサイト
記事編集

Stage 419

そういえば、らき●すたのOPはオリコン2位だそうなのよ。1位のV6とは2千枚しか差がないということで、個人的には大健闘だと思うのよ。さて、そうなると気になるのが歌番組での取り扱いなのよ。2位だからランキングで飛ばされることはないだろうけど、個人的にはどの程度の扱いなのかが注目なのよ。ちなみに、今週のらき●すたはまだ見てないのよ。というのも、その日は体調不良だったから、リアルタイム視聴はあきらめて、録画したんだけど、忙しくて見る時間がなかったのよね。どうにかならないかしら?

さて、相変わらず暗いニュースが続いているわね。というか、何でまた死んではいけない人から死んでいくのかしら。ホント不条理よね。大臣のほうはどうでも良いけど、やっぱり『負けないで』は名曲だと思うのよ。この曲で生命を救われた人は沢山いるに違いないのよ。そんな人が亡くなったわけだから、やっぱり気分も盛り下がるのよ。とりあえず、心からお悔やみ申し上げるのよ。勿論大臣も。

で、儂はレポートを書かねばならない立場にいるわけで、さっきまで下書きを書いていたわけなんだけど、実は結構文字制限が厳しいのよね。なんとたったの800字。多すぎるのも問題だけど、少なすぎるのも問題なのよ。結局書きたかったことの一部を削って、最後は表現を変えて数文字削ったりとかの不毛な作業。結果的に799字になって、800字に埋めることは出来たんだけど、もう少しどうにかならないかしら?レポートだからもう少し自由に書かせても良いと思うのよね。
で、ここからはあまりレポートの内容とは関係があったりなかったりするんだけど、女性専用車両って実は凄く無意味だと思わない?推進派は痴漢の防止とかそれっぽい理由を並べてるけど、実際は1両しかないから全ての女をそこに乗せることは出来ないのよ。ということは、あふれた女は他の車両に乗るしかないんだけど、そうなると、あふれた人にとっては痴漢防止という役割は果たしていないことになるのよ。さらに、もっと問題なのが痴漢の冤罪。悪質な例だと、わざと痴漢をでっち上げて示談金を巻き上げようとする輩もいるらしいのよ。そういったことをなくすためには、女性専用車は無意味なのよ。だって、狙ってる人はもとから専用車には乗らないでしょ。というわけで、結局のところ、誰のためにあるのかわからないのよねぇ。女性専用車って。だったらいっそのこと完全に男女別にしたほうが良いんじゃないのよ?どの車両も均一の乗車率になるように、男性専用車7両、女性専用者3両とか。そうすれば痴漢の被害も防げて良いと思うのよ。諸外国からの非難とかなんかいろいろ言ってくる輩がいるそうだけど、まずは身近な痴漢から。偉い人にはそれがわからんのですよ。というわけで、儂は真面目に男女別車両を検討する鉄道会社を応援するのよ。絶対無いと思うけど。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 418

そういえば、あれ以来ずっと麻雀をやってるんだけど、なかなかやく満って出ないものなのよね。

20070527200626.jpg

こういう惜しい三連刻(計6飜 はね満:四連刻でやく満)や

20070527200642.jpg

小三元(計8飜 ばい満)とかはたまに出るんだけど、肝心の役満が出ないのよ。あれはビギナーズラックだったのかしら?やっぱり麻雀漫画のようにはいかないものね。何故か狙ったように成績が±0になったり、嶺上開花が得意技だったり。儂は嶺上開花なんて見たことないわよ。槍槓や槓振りなら見たことあるけど。勿論、和了ったほうではなくて喰らったほうなのは言うまでもないわよ。ちなみに、大抵の麻雀漫画は硬派か日記漫画っぽくなってるけど、儂が読んでいるのもその類よ。間違っても「●え」とか、そういうのはないのよ。ほっ、ホントなんだからねっ。

さて、明日からまた学校ね。ちなみに、儂の学校は来週に中間試験があるのよ。ということは、明日から試験1週間前となるわけなのよ。大変ね。というのも、知ってのとおり儂は普段ほとんど勉強をしないで、試験前にまとめて勉強するのよ。去年まではそれでも良かったのよ。一応それでも可はもらえるように問題を作ってくれたはずだし。ところが、今年はそうもいかないのよね。そもそも、内容が素で難しいのよ。難易度は過去最高ね。その上、教え方のヘッタクソな教師が集まったものだから、ますますわけがわからないのよ。これはまずいのよ。非常にまずいのよ。一応試験の形式はいつものように過去問のコピーが流れるから、それを見ればいいけど、それだけじゃ駄目なのよね。やっぱり、内容が難しくなっているのがきついのよ。特に英語。去年までは英文法とか全くと言っていいほどやってなかったけど、今年は本格的にやるようになったからぜんぜんわけがわからないのよ。中学校程度の英文法すら怪しいというのにテキストは薄っぺらい割には難易度の高い大学受験用の英文法書。非常にまずいのよ。これは基礎からやり直すしかないのよ。というわけで、某サブリーダーを見ながら勉強するのよ。ちなみに、これは実は文法書としては優秀よ。というのも、他の参考書より説明がわかりやすく書いてあるのよ。ただ、問題が1問もないのが欠点ね。というわけで、1週間で合格点が取れるようになるのかしら?というか、取れないとかなり問題なのよ。
そして、問題といえばもう一つ、社会のレポートの締め切りが迫っているのよ。ただでさえ面倒くさいというのに、ひねくれた社会の教師は参考文献を記入させることを強制。ネット資料だけじゃ駄目ってことね。しかも、テーマがつかみ所のないものの上、思想が絡んでくるものだから、課題としてはどう考えても不適切なのよ。ちなみに、儂は今回の社会の教師は大嫌いよ。今までの社会教師の中で一番の外れね。というのもね、どう考えても生徒を馬鹿にしているのよね。いかにも「教えてやってるのだから感謝しろ」って感じの態度が気に食わないのよ。それで内容が面白かったらいいけど、実際は面白いとは言い難のよ。おまけに、それを無視して生徒のやる気がないといってるんだから救いようがないわね。一言で言うなら教師失格なのよ。というか、そもそもまず教師というのはサービス業。したがって、生徒という顧客にわかりやすく知識を伝えるかということが仕事なのよ。その顧客を馬鹿にしているんだから問題外ね。もっとも、我が校も時代の流れに沿って、学年末に生徒による教師の評価システムが出来たのよ。それによって非常勤講師の一人の待遇ぐらいは簡単に変わりそうな気がするけどね。
いずれにせよ、儂には試験勉強と社会の課題の2つの問題があるのよ。観鈴ちん、だぶるぴんちっ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 417

そういえば、4gamerに某方風神録の記事が掲載されていたわね。ネトゲや海外FPSの記事が多い中でこれは珍しいのよ。というか、このサイトに掲載されている商業ルートに乗ってないゲームは某方だけなのよ。凄いわね。

さて、今日は学校の行事で落語や色物を見に行ったのよ。見に行ったということは、学校に来てもらったわけでなく、実際に寄席に行って見に行ったということなのよ。しかも貸切で。この学校、かなり変わったお金の使い方をするわね。一応芸術鑑賞という名目にはなっているけど、どう考えてもお笑いなのよ。悪くはないと思うけどね。というわけで、新宿にある某寄席に行ってきたわけなのよ。
で、詳細は面倒くさいから省略するけどかなり面白かったわよ。皆ちゃんと常識的な態度で聞いていたし、むしろちょっと⑨な方がこの場は良かったりするのよ。内容も難しいものじゃなくて、わかりやすい現代落語だったり演劇だったりするから普通に楽しめたのよ。やっぱり古典より現代の方がわかりやすいのは魔法も落語も同じね。ちなみに、古典落語としては時そばの演目があったけど、そのくらいは誰でも知っている(はず)よね。というわけで、今回は結構楽しめたのよ。芸術鑑賞の中でははじめての当たりね。

それにしても、ずいぶん寄席も少なくなったものね。昔はいろんなところにあったらしいけど、今では都内の落語定席は4つしか残ってないのよ。昔は大衆芸能であった落語も、今では高等芸能になってしまったのよ。映画とかだったら気楽に見に行けるけど、落語は気楽に見に行けないわね。値段も結構するし(といっても二千数百円程度)、午後か夜の4時間を丸々潰してしまう形になるからなかなか見に行けないのよね。ちなみに、午前中の時間帯は設定していなくて、団体の予約があった場合には貸切で寄席をやってくれるらしいわ。儂が見たのはその時間帯ってわけね。時間は2時間ぐらいだったけど、もう少し見ても良かったって感じね。そうなるとプライベートで見に行くしかないんだけどね。
あと、会場が凄く狭かったわね。誇張ではなくて本当に狭かったのよ。というのも、椅子席が117席しかなかったのよ。これで貸切でなかったら一般客にとっては大迷惑ね。もちろん、役者を間近で見られるというメリットもあるわけなのよ。
それにしても、プロの人は凄いわね。色物が凄いのは勿論だけど、座ってしゃべるだけで人を笑わせられるなんてめったにないわよ。ある意味尊敬なのよ。ちなみに、儂は不条理話が大好きなのよ。もちろん、普通に笑える話も大好き。というわけで、今日は大満足だったのよ。せっかくだから暇なときにプライベートでもう1回行ってこようかしら?ルミネtheよしもとより安いし。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 416

らき●すたの●えドリルは相変わらず続行中なのよ。というか、相変わらず難易度が高いわよ。特に計算だと、ちょっと難易度を上げるだけで3桁+3桁の足し算とか、3桁/2桁の割り算が当たり前のように出てくるから少々辛いのよ。しかしながら、これで暗算が速くなるのは確実なのよ。というわけで、計算が遅い人はこれを買って脳を鍛えると良いわよ。おまけもいっぱいだしね。

で、今日はリトバスの原画展に行ってきたのよ。場所は東京都千代田区ね。真昼間から千代田区に行くとは不良ね。しかしながら、これは学校が午前中で終了だったから、その足で行ったわけで、間違っても「学校サボっておいて不良ね」というわけではないのよ。それにしても、平日に行く千代田区というのは休日とはずいぶん違うものね。何が違うかって言うと、店の中にほとんど人がいないのよね。路上でチラシを配っている喫茶店の店員は相変わらずいるけど、と●●●なやゲーセンには休日に比べて人があまりいないのよ。勿論、通常ならば会社や学校がある時間帯だから当然なんだけどね。しかしながら、それでもゲーセンでむちむちポークをやっている人がいるわ。暇人ね。儂のお友達もぎるちーっていう格ゲーをやっていたけど、あれはそそらないわね。だって、キャラクターが古典的格ゲーと同じように汗臭く男臭いんだもの。やっぱりめるちーが一番ね。ちなみに、あ●●●についてはノーコメントよ。

で、原画展は2時から予約してあったからその時間に行ったわけなんだけど、そしたら結構人がいたのよ。平日の昼間から原画展とは暇人ね。ちなみに、原画展は予約制。事前に来場日時を指定して予約し、かつ抽籤に当籤していなければ来場は不可能であったのよ。ちなみに、原画展の内容は割愛ね。というのも、実は今回は撮影が全面的に許可されていたのよ。ということで、儂も携帯カメラで80枚ぐらい撮影したんだけど、アップするのが面倒くさいのよ。それに、大抵大手ニュースサイトとかで品質の良い写真がアップされているはずだから、それを参照して欲しいのよ。ちなみに、内容自体は良かったわよ。書き下ろしの絵もあったし。あと、くらなどとリトバスのフローチャートの一部があったわね。儂は一応フローチャートは読めるんだけど、はっきり言って凄く複雑だったので、残念ながら理解することは不可能なのよ。というか、くらなどはどう考えても複雑すぎるわよ。儂はKanonのフローチャートだったらちょっと時間がかかるけど、一応完成させることが出来るはずなのよ。どっちを選んでも同じってのもあるしね。でも、くらなどはどう考えても無理なのよ。流石、延期の原因になっただけあるわね。ちなみに、鍵作品は後のほうになるほど複雑で難易度も高くなるらしいから、初心者はまずKanonから先にやると良いわよ。くらなどはmk2では難易度3.16点とかなりの高さなのよ(参考:東鳩2 1.38点、fate 2.00点)。というわけで、初プレイから攻略サイト見ると良いわよ。ところで、バトルパートってなに?
というわけで、一通り見てから原画展はおしまい。最後にスクラッチガードがもらえてあたりが出るとリトバスTシャツがもらえるんだけど、当然のごとくはずれなのよ。公称値20分の1だから仕方ないけどね。しかしながら、それでも来場したら必ずスティックポスターが2枚もらえるのよ。もちろん、ここでしか手に入らない非売品よ。それがタダでもらえるんだから得ね。というわけで、明日発売のリトバスOPのシングルを全員購入するのよ。でも、今週のオリコン1位はもってけ!セーラーふくだから、来週になってから全員買いなさい。
あ、そうそう。そういえば等身大の鈴の造形物も展示してあったわね。想像以上に●●かったけど、別にこのみとかそういうのじゃないんだからねっ!ほっ、ホントなんだからっ!

で、明日は儂の学校は何故か寄席を見に行くそうなのよ。オーケストラとかオペラとかだったらよくあるけど、寄席というのは珍しいわね。とりあえず、儂は楽しみだけど、他の人がちゃんと行儀よく見ていられるかが問題ね。というか、高等芸術をそもそもちゃんと理解できるのかしら?演目はまだ公開されていないけど、儂的には誰もが知っているまんじゅうこわいとか目黒のさんまとかだったらわかりやすいと思うわよ。流石に日本人としてはこのくらいは知ってなきゃだめなのよ。まんじゅうこわいのオチはクイズのベタになるほど有名だしね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 415

そういえば、今日でもう週の半分が過ぎたということになるのよ。今週は学校がすべて午前中で終わる上、授業らしい授業もないから気が楽なのよ。

というわけで、今日はお友達数人が遊びに来たのよ。といっても、実は一番来なければならない人が来なかったから、当初の予定とは狂ってしまったわね。とりあえず、某方やめるちーぶらっど等をして遊んだわけなのよ。某方は何故か正直者の死大回転が大人気。そりゃいきなり見せられたら誰もが驚くものなのよ。実際にやろうとした人もいて、結果は最高で2周ぐらいまでいけたそうなのよ。先は長いのよ。がんばれ。ちなみに、このスペルの正しい避け方は、言うまでもなく下のほうでレーザーに突っ込むようにちまちまと避けるのよ。あれって黒い弾を避けるのが難しいのよねぇ。
で、めるちーは実は初めての対人戦なのよ。だって、人を招き入れることなんてほとんどないし、ゲーセンでやろうとしても、強い人に乱入されてすぐに終わってしまうのが落ちなのよ。というわけで、対人戦は今日が初めて。とりあえず、結果的には来客者全員に1回以上勝てたわよ。対戦回数は聞かないお約束なのよ。だってそもそも格ゲー歴の差が凄く大きいのよ。今年に入ってから初めて格ゲーをやった儂がそう簡単にふるぼっこできないのは当たり前なのよ。大体、格ゲーって男臭くて汗臭いゲームが多いじゃない。その中で現れためるちーぶらっどは格ゲー界の救世主なのよ。アーケードでも人気が出るのは当然ね。次はア●●●●●●を買おうかしら。

ところで、今日は5月23日なのよ。ということで、
CA250093.jpg

らき●すたキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
なんと「らき●すた ●えドリル」のフラゲに成功したのよ。ちなみに、モザイクがあるのはいつもどおりよ。というか、一部では販売規制があったって噂もあるから、大っぴらにフラゲしたとはいえないのよ。ちなみに、気になる「らき●すら」のハードは(ピー)だったわよ。
で、ゲーム内容はタイトル通りドリルゲームなのよ。といっても、普通のドリルゲームとは違い、なんとこれは対戦型になっているのよ。当然Wi-Fiを使った全国対戦も出来るのよ。量産型知育ゲームが多いなかで、唯一個性的なゲームと言っても過言ではないわよ。ちなみに、ドリルの内容は計算や英単語、方言等の基本的なものから、音読等のちょっと変わったものまであるのよ。で、肝心の難易度は実は結構高め。英単語は英検2級程度のものも出てくるし、計算も3桁+3桁の足し算とかが平気で出てくるのよ。そして、一番難しいのが、実は「tun-dere判断」なのよ。ルールは、画面に出てくる台詞や情景から属性を判断し、3択で答えるものなのよ。簡単そうに見えて、実はかなりの日本語能力が要求されるのよ。この選択肢が、tunとかdereとかtun-dereとかだけだったら良いんだけど、実際はyan-dereやsunao-coolやsunao-surrealなんて物も出るからますます難易度UP。ルール上長考は不可能だから厳しいわよ。面白いから良いけどね。
ちなみに、これは普通のドリルゲームよ。念の為。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 414

おとといはらき●すた第7話だったわよ。というわけで、元ネタはこちらなのよ。

Aパート
P98 「なりきりさん」
P99~101 「すでにリード」~「嫌な理由の一つ」
P103「さびしんぼ」 P101「はりぼての兵隊」
P104~106 「お気持ちだけ」~「イメージ」
Bパート
P98「ねかせる」
(調査中)
P68~71 「親の心子知らず」~「イメージ」
P102「買い物に行こう」(フロムゲーマーズ10月号)


感想は省略なのよ。ちなみに、「もってけ!セーラーふく」は明日発売なのよ。ついでに、●えドリルも運が良かったら手に入るかも。とりあえず、もってけ!~は一人3枚購入するのよ。もちろん、観賞用・保存用・布教用で三枚よ。

で、今日は面倒くさいことにスポーツ大会だったのよ。儂は最初休もうかと思ったけど、休むと余計面倒なことになりそうだったので、仕方なく行くことに。他人に渡さねばならないものも持ってたしね。
で、スポーツ大会はお昼前には終わったわけなんだけど、はっきり言って実に非生産的な時間だったのよ。例えるなら、カジノに行って、誰が見てもボッタクリマシンだとわかる6/5JBを延々とやり続けるだとか、某方文花帖で最難関スペルである金閣寺の一枚天井を12時間ぶっ通しでやり続けるとか、それと同じ程度の時間の使い方だってことなのよ。それが楽しい人には楽しいのかもしれないけど、そうでない儂には苦痛な時間なのよ。大体、スポーツ大会ってそもそも運動が出来る人のお祭りでしょ。なのになんで強制参加みたいになってるのよ?某方に興味がない人が例大祭に行ってもつまらないように、運動に興味がない人にとってもスポーツ大会というお祭りもつまらないものなのよ。というか苦痛ね。これだったら休んで部屋で延々と読書をしているかプログラミングの勉強をしていたほうがマシなのよ。そのほうがよっぽど生産的で楽しいわ。というわけで、今日は最悪な一日だったのよ。こんな日は呑むしかないわね。というわけで、フランのお猪口にフランの飲み物である(ピー)を入れて呑むことにするのよ。はっきり言って飲料としては凄くまずいんだけど、何故かたまに呑みたくなるのよね。といっても、(ピー)分が(ピー)の倍はあるから、せいぜいお猪口に一杯程度なのよ。それ以上入れたとしても呑めないけどね。苦いし。しかしながら、その程度でも何故か少し気持ちよくなるのよね。狂おしいほどルナティック。こうなった原因は紅魔狂のフランのお猪口なのか、それとも飲料のせいなのかは謎なのよ。
ちなみに、飲料は妖しいものではなくて、ごく普通の飲料よ。これホント。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 413

きのうはらき●すた第7話だったわよ。もちろん見たわよね。しかしながら、今回は元ネタを明日に延期。かわりに某方風神録のレビューをするのよ。といっても、キャラクターはまだあまりよく知らないから主にシステム面からね。
今回の風神録は、永夜抄以来の普通の弾幕シューティングなのよ。弾幕シューティング全般に対する知識は省略するとして、実はこのゲーム、要求される環境が結構厳しいのよ。というのも、まずOSは2000かXPが必須。後は、directX9cに対応しているビデオカードが必要ね。オンボードだと結構厳しいかも。勿論、CPUは高速であるほど望ましいし、メモリも多すぎて損はないのよ。というわけで、古いPCやロースペックのエントリーモデルだと少々厳しい感じだから、今後公開されるであろう体験版が動かないのであれば、買い替えを検討するのよ。ショップブランドで大体15万円ぐらい出せればそれなりに高性能なものが手に入るはずよ。モニターは別売りだけど。
で、ゲームの内容ね。まずはじめたらすぐに気付くことなんだけど、Easyが全5面になっているのよ。これはどういうことかというと、EasyではGood Endingが見れないということなのよ。したがって、Good Endingを見るためにはNormal以上は必須条件。初心者にはかなり厳しい戦いを強いられるのよ。ちなみに、この仕様は紅魔郷以来ね。
で、ここからはいつものシューティングに入るのよ。基本的には今までと一緒。ほとんどのシューティングゲームと同じように、弾を避けて敵を撃っていけば良いのよ。但し、今までとは仕様がかなり変わっているのよ。まず、今回はPアイテムを取っても自機の攻撃力は一切上がらないわ。そのかわり、オプションが増えていくのよ。小Pアイテム1つで0.05ポイント、大Pアイテム1つで1ポイントpowerが上昇していき、power1ポイントにつきオプションが1つずつついていくのよ。power最大値は5で、オプションは最大4つ。この差については後々説明していくわよ。ちなみに、今回はpowerが最大になっても弾消しはないわよ。
で、今回の得点稼ぎは基本的に信仰ポイントがすべてっていっても良いわね。Grazeも消滅しちゃったし。今回の得点アイテムは青と緑の2種類あって、信仰ポイントを増やすには後者のアイテムを取れば良いのよ。それ以外に信仰ポイントを増やす方法はないわよ。で、信仰ポイントが増えるとどんな良いことがあるかというと、この点数が青の点数アイテムの得点の上限値となるのよ。さらに、スペルカードボーナスは信仰ポイントの10倍。つまり、得点アイテム最大値の10個分からスタートするから、信仰ポイントが低いとほとんど点数を得ることが出来ないのよ。但し、この信仰ポイントは緑点を取らなかったり、敵を倒さなかったりすると、もの凄い勢いで減少するのよ。誇張ではなくて本当にものすごい勢いで減少するのよ。信仰点が10万点あったとしても、ちょっと間が空けばあっという間に初期値の5万点に逆戻り。非常に厳しいのよ。そんなんだから、今回のスコアスケールはそんなに大きくなく、スコア表示欄は9桁。紅魔郷と同じ程度の点数になりそうなのよ。ちなみに、今回のエクステンドは1000万、2500万、5000万、1億点到達時の計4回(+アイテム)。Normalでは2回目のエクステンドまで確認できたけど、Easyでは信仰点の上昇がゆるいから、体験版の範囲では1回目しか取ることは出来なさそうなのよ。
あと、スクリーンショットを見れば簡単にわかることなんだけど、実は今回ボムがなくなっているのよ。そのかわり、霊撃というものが導入されたのよ。霊撃というのは、弾を消す攻撃。つまりはボムのようなものね。発動方法もボムと同じだから、変わっていないようなものね。ちなみに、消費するにはpowerを1消費しなければならないのよ。つまり、オプションを1つ犠牲にしなくてはならないわね。但し、power5の場合に限りオプションを減らさずに発動可能なのよ。もし使っても、Pアイテムを取れば回復するから、ボムよりも使える回数が増えたわね。但し、その分効果は非常に貧弱なものになってるし、オプションを犠牲にするということは攻撃力を減らすということだから、余計ぴんちになってしまうこともあるのよ。この部分は神主も変えることを検討しているらしいけどね。ちなみに、決死結界は廃止になってるわ。喰らいボムはあるらしいけど。
で、肝心の難易度なんだけど、今回は非常に高いものとなっているのよ。というか、文花帖を除いて過去最高って感じね。というのも、全体的に攻撃が厳しいのよね。ボスは勿論道中も。3面道中が妖々夢の4~5面道中と同じぐらいの難易度に感じたし、2ボス通常弾幕1はExボスの通常弾幕とほぼ同じ。3ボスの最後のスペルは永夜抄6面のブリリアントドラゴンバレッタの劣化版なのよ。動画は適当にニコニコへのリンクを貼っておくわね。見たい人はネタバレ覚悟で。
ちなみに、このシリーズって慣例では4面から一気に難易度が上昇するから、このままのペースで難易度の上昇が続くと、かなり厳しい状況になることは必須なのよ。初心者がいきなりやるのはおすすめできないわね。ちなみに、儂は体験版の範囲だとNormalまでノーコンティニュークリア(3面)出来ることを確認しているわ。というわけで、製品版に期待ね。多分難易度は少々下がると思うけど。


で、明日は学校でスポーツ大会があるのよね。実のところ儂は補欠だから、儂が行かなかったところでほとんど影響はないんだけど、なんとなく行く気がしないのよね。例大祭行って筋肉痛になったし。とりあえず、端っこで本を読んでいるだけで良いなら、気が向いたら行くって感じね。所詮その程度なのよ。
大体、日本人のほとんどが勘違いをしているんだけど、スポーツって体を動かすことだけじゃないのよ。というのも、スポーツの種類にはマインドスポーツって物があるのよ。これは頭脳スポーツ。つまり、体ではなくて頭を使うスポーツね。日本ではチェスや将棋や麻雀は娯楽としてしか見られてないけど、実は立派なスポーツだったのよね。実際、2007年のアジア室内競技大会ではチェスが正式種目として採用されているそうよ。そして、中国政府が麻雀をオリンピックの正式種目にするように働きかけていると聞いたわ。尤も、フリ聴や食い下がりのない中国麻雀は戦略性の面ではどうかと思うけどね。あと、スポーツといえばEスポーツなんてものもあるのよ。これは、つまりテレビゲームね。前述の競技大会でもすでに数種のスポーツゲームが種目になってるわよ。実際にそのスポーツのプロがいるというのにわざわざゲームをするというのはいささか疑問なんだけど、今ではこういうものもスポーツになっているわけなのよ。したがって、スポーツは運動だけという古い考えは捨てなければならないのよ。だから、我が校のスポーツ大会も球技大会とか体育大会とかそういう名前にしなさいよね。
ちなみに、儂は今Eスポーツの一環としてめるちーぶらっどをやってるわよ。といっても、もの凄く体力を消耗するゲームだから1日1ゲームが限度なのは相変わらずなのよ。ところで、あれ以来アークドライブフィニッシュが出てないんだけど、あれはいったいなんだったのかしら?

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 412

というわけで、今日は例大祭に行ってきたのよ。例大祭は去年も行ったわね。去年は会場入りが8時40分で、死ぬほど待たされたから、今回はそれより1時間早く会場入りしたのよ。それにもかかわらずもの凄い行列なのよ。闇を彷徨うちみもーりょーの多さに絶句なのよ。わたしびっくり。とはいえ、結果的には入場待ち列5列中2列目に入れたから早いほうね。あ、そうそう。実は今回DSを持っていったのよ。というのも、DSにはピクトチャットというワイヤレスのチャットシステムが内蔵されていて、暇つぶしにそれで見知らぬ人と話そうってわけなのよ。とはいえ、実際は電波状態が悪くてあまり使えなかったわね。一応11時前ぐらいにはちゃんと使えるようにはなっていたけど。
で、11時18分頃に本家の新作を神主に手渡ししてもらい、いざ入場なのよ!
…………
なんなのよこの混雑は!妖怪がいっぱいでほとんど身動きが取れないじゃないのよ!しかしながら、よく考えてみると、確か去年もこんな感じだったはずなのよ。で、今年はさらに来場者数が増えたというのに会場が変わっていないから、去年以上の混雑になるのは自然なことなのよ。もちろん、好ましいこととは思ってないわよ。入場制限をするなんてどう考えても異常だし。とりあえず、混雑は昨年大晦日の有明以上ね。電車の乗車率に例えると250%に相当するのよ。東京在住ならこの程度の混雑は毎朝体験するはずだからいいけど、そうじゃない地方在住の妖怪は大変ね。まさに外道なのよ。しかしながら、儂はその中を突き進んで物品を購入せねばならないのよ。小説の裏表紙に書いてあるあらすじ風に書くと、「博麗大結界に閉じ込められた儂は、たったひとつ残された100円玉の束を武器に妖怪に立ち向かうことを決意するが……次世代型男幕バトル第4弾!」って感じになるわね。ちょっとかっこいいのよ。
で、結局お買い物は14時で終了。これから戦利品を少しずつ見ていくのよ。
CA250092.jpg

実は今回あまりCDは買わなかったのよね。神主合わせて計3点。というのも、実はCDを売ってるサークルって、実はどこも混んでいるのよねぇ。せっかく中に入ったのにまた並ぶとなんだか時間がもったいない気がするのよ。それに、大手は大抵後で委託をするはずなのよ。というわけで、CDはそんなに買わなかったのよ。そのかわりに、
CA250090.jpg

本はいっぱい買ったのよ。カタログ合わせて計20点ね。画像では19点だけど、1点撮影を忘れただけなのよ。B5の本が多いけど、他のサイズの本や、あと珍しいところで文庫の小説なんてものもあるわね。
CA250091.jpg

そして後は小物類ね。本のおまけでついてきたものもあるから、計4点といったところかしら。あとはこういうグラスね。
070520_1850~0001.jpg

これは、ルナぐらっていうとれぐら、つまりトレーディンググラスの一種なのよ。通常のタンブラーよりかなり小さめで、1個千円となかなかのお値段だけど、本格派のエッチングによる手作り作成なのよ。40種類ぐらいあるんだけど、箱を開けるまで中がわからない仕様になっているのよ。そのため、TCGのように交換して蒐集するという文化があるらしいんだけど、儂はそんなことをしないで普通に飲料用のグラスとして使用するのよ。というのも、実はあのサイズは脂っこいものと一緒に飲むと美味しい飲料を飲むのに非常に適しているのよね。去年7月に買った公式グラスでは量が多すぎて全部飲むことは出来なかったんだけど、このおちょこみたいなグラス1杯分だとちょうど良いのよねぇ。フランの絵柄も当たりだし。ちなみに、何の飲料かは秘密なのよ。
というわけで、計28点。(ピー)君が(ピー)個購入したことを考えると、実はあまり購入してないのよ。ちなみに、予算1万円に対して購入金額は11,100円と地味にオーバーね。来月は切り詰めなくてはいけないわね。
あ、そうそう。そういえば、団体でそれぞれ違う場所を担当して、効率よくお買い物をしようとする人たちがいたわね。儂は並んでいるときに偶然その人と話をしたんだけど、曰く、2ブロック(計46スペース)の担当で、そのうちの8割のサークルを購入するらしいわ。ずいぶんメンバーの嗜好が違うのね。ちなみに、この方法は人数が多いときにはなかなか良い方法だとは思うんだけど、当日現場で購入するものを決める儂には使えない方法であったのよ。残念。
というわけで、今年の例大祭もおしまいね。神主の新作はすでにプレイ済みだから、明日レビューするわよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 411

そういえば、今週のファミ通に『らき●すた ●えドリル』のクロスレビューが掲載してあったわね。気になる結果は7,4,7,6だそうなのよ。上が7点なのに対し下が4点と、普段から考えると異常な点数なのよ。しかしながら、実際は考え方は人それぞれだから、これがあるべき姿なんだけどね。で、コメントは某掲示板から抜粋するとこんなところなのよ。

・どのモードもターゲット層に合った濃い作り
・ボリュームのあるシナリオ
・脳トレ系ミニゲームは簡易な作りだが種類は揃っており、難度のバランスもなかなか
・手書きによる誤認識対策もされている
・ドリルというよりバラエティーゲーム
4点の人
・問題に正解しても解説などが全くでないのは残念
・クイズゲームに近い
・学習ソフトとしてプレイすると楽しめないかも


どーみても4点の人がずれているわね。というか、解答が出ないとか、学習ソフトとしては楽しめないとかは言いがかりにしか見えないのよ。そもそもそのようなモードが必要かどうかも疑問だし。ちなみに、このソフトを今から欲しいと思っても、実は結構入手困難よ。というのも、予約が集まりすぎたようで、大手通販サイトでは軒並み初回出荷分が売り切れちゃったのよね。現在は2次出荷分の予約をしているそうだけど、その場合入手は6月以降になるわ。というわけで、実際に店頭を回ってみるのが吉なのよ。運が良かったらDXパックが手に入るかも。

さて、日曜日には例大祭なのよ。年末の有明以来の大きなイベントね。特に、今回は久々に神主の新作が発表されるということで、参加者数もおそらく昨年以上。超大混雑が予想されるのよ。そうなると、憂鬱なのが入場までの行列。後のほうになればなるほど入場が遅れる仕組みだから、出来るだけ早く行列に並ぶのが望ましいのよ。というわけで、池袋駅に到着する電車の始発時刻をまとめてみたわよ。

JR埼京線
赤羽4:48発 - 4:57着 大宮4:51発 - 5:25着
地下鉄有楽町線
市ヶ谷5:00発 - 5:11着 新木場 5:00発 - 5:30着
小竹向原5:03発 - 5:09着 和光市5:00発 - 5:18着
丸の内線
茗荷谷5:00発 - 5:05着 後楽園5:37発 - 5:45着
荻窪5:01発 - 5:49着
西武池袋線
保谷4:29発 - 4:51着 小手指発4:54 - 5:29着
飯能5:03発 - 5:55着
東武東上線
成増4:50発 - 5:07着 志木4:57発 - 5:24着
川越市4:57発 - 5:43着 森林公園発5:01 - 5:58着
小川町発5:11 - 6:22着
JR山手線は省略


実際は、早すぎるとペナルティがあるから、それにひっかからない程度に遅く行くのがベストなのよ。勿論、徹夜は厳禁なのよ。後は、再三言ってるけど、小銭をたくさん用意しておくってことね。だって1万円なんか渡されたらおつりの用意が大変でしょ。だから、100円玉や500円玉や1000円札に両替しておくのよ。ちなみに、儂はすでに実行済みよ。というわけで、例大祭に行く人はこれらのことに留意しておくのよ。

で、今週も学校が終わったわね。長かったのよ。でもって、今日は学校が終わってからいつもの面子に寄生してゲーセンに遊びにいったわけなのよ。とはいえ、儂がゲーセンで出来る汎用筐体のゲームといえば、テトリスぐらいしかないのよ。というわけで、最初はそれをやってたんだけど、その後虫姫さまの協力プレイに誘われたのよ。ほかにやるゲームがないから誘いに乗ったんだけど、実は儂はゲーセンでシューティングゲームをやったことがないのよ。式神の城も家庭用だしね。というわけで、アーケードシューティング初挑戦なんだけど…………

うん、この難しさは異常だと思うのよ。というかこれって一番難易度の低いoriginal modeよね?なのになんでこんなに弾が多いのよ?ありえないのよ。結果的には3面道中までいけたわけだけど、はっきり言って2面後半からは何をやっているかほとんどわからなくなってきたわね。というか、確実に某方より難しいのよ。儂の感覚だとoriginal3面が某方normalの5~6面といったところね。さらに、背景が凄く描き込まれている弊害で、弾の認識がしにくく、それが余計に難易度を上げている感じね。というか、敵がほぼ背景と同化してない?後は、レバーはキーボードより操作しにくいってのもあるわね。とりあえず、近年のSTGの衰退の原因がわかった気がしたわ。儂は一応STGの経験がそれなりにあるから初見の協力プレイで3面までいけたけど、全くの素人がやったらおそらく1面ボスにすらたどり着けないことは容易に想像できることなのよ。メーカーはこれを初心者向けとして売り込んでいるようだけど、残念ながら現実との乖離がかなり見られるって感じね。多分儂がいきなりこれをやらされたら間違いなく二度とやろうとは思わないのよ。
しかしながら、STGがなくなってしまうのは個人的にあまり好ましいことではないわね。というわけで、これからSTGをはじめようと考えている奇特な人やそうでない人も、まずは何も考えずに某方永夜抄を購入するのよ。というのも、永夜抄のEasyは弾幕STGの中ではかなり簡単な部類に入るのよ。少なくとも、儂の知っている範囲では一番簡単ね。いきなり難しいのをやるのではなくて、まずはここからはじめるのよ。とりあえず、初見でも残機を使い切れば体験版の範囲(3面)ぐらいまではすすめるはずよ。食らっても一定時間内にボムを発動すればなかったことに出来るから、初心者にも安心ね。で、後はプレイ回数を重ねるごとにどんどん先に進めるようになって、最終的にはノーコンティニュークリアという寸法ね。一応がんばれば誰でも出来るようにはなっているはずだけど、どうしてもって場合には救済措置があるからそっちで基礎からやり直しなさいよね。ちなみに、永夜抄は例大祭後は再販されるはずだから、今の時期ならかなり入手しやすいはずよ。この時期を逃すと千代田区の某店に行かねばならないから、今がチャンスなのよ。というわけで、さっさと購入しなさいよね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 410

そういえば、一部の店舗では昨日の時点でシャイニングウィンドが入手できたそうなのよ。木曜発売のゲームを月曜にフラゲするというのは前代未聞ね。ありえないのよ。で、そのゲームのプレイ動画が早くも流出なのよ。といっても、実はフラゲした人がプレイ画面をネットで配信していただけなのよ。とりあえず儂も見たけど、基本的には前作より難易度が下がっている感じね。というのもシンボルエンカウントを採用していて、戦闘終了後にHPが全回復するっぽいから簡単になってるようなのよ。しかしながら、世の中そんなに甘くなくて、ちゃんと例外もあるのよ。それがボス戦。残念ながら今回のボスはかなり強いのよ。ここから先はちょっとネタバレだけど、超序盤にヒョウウンと戦う場面があって、そのヒョウウンがもの凄く強いのよ。配信では回復アイテムを使い果たして何とか勝利といったところね。序盤なのに酷い仕打ちなのよ。というわけで、どうやら雑魚はそれなりの難易度で、ボスは超強いって感じらしいわ。スネークの情報によると、ファミ通で言ってたほどヌルヌルじゃないらしいし、ちょっと心配なのよ。といっても、買うのは来月以降なんだけどね。あ、そうそう。ちなみに、ロードは改善されているらしいわよ。処理落ちもあまりしなくて良い感じだそうなのよ。今度のプログラマーは優秀ね。

流出といえば、らき●すたのOPテーマ、もってけ(ryのフルバージョンも流出してしまっているのよ。こちらも発売1週間前に流出ね。いったいどっから流れてきたのかしら?とりあえず、発売前だから感想は控えるわよ。聞きたい人は自分で探すこと。結構簡単に見つかるはずよ。とりあえず、例大祭前だからこんなものを貼っておくのよ(youtubeはこちら)。個人的には最後のエターナルミークはクリア不可能だと思われ。
ちなみに、今度の例大祭では黄昏フロンティアは新作頒布予定無し。その代わり、某方緋想天をプレイアブル出品するらしいわ。弾幕アクション再始動とあることから、萃夢想の続編と考えていいのよ?萃夢想は対戦弾幕格闘ゲームで、難易度は高い部類に入るのよ。故に、残念ながら儂はEasyをぎりぎりクリアできる程度なのよ。というか、アレって敵の弾幕が反則的に強いのよね。Easyはオートガードがあるからいいけど、それ以外は悲惨の一言なのよ。とりあえず人前で恥を晒すのは嫌なので、プレイしない方針なのよ。外から見てるだけ。

さて、今日も疲れたわね。そういえば、儂の学校では来週の火曜は授業をつぶしてスポーツ大会なるものをやるらしいわ。スポーツ大会とかいいながら、実質は球技大会。勿論、全部団体競技よ。凄く非生産的で不健全ね。そもそも儂が思うに、そういうのって要は運動が出来る奴らの道楽よね。それに強制的に駆り出されて迫害されるのだからたまったものではないのよ。まるで奴隷なのよ。すでにサボることを公言した人もいるようだし、儂もサボろうかしら。大体、学校はお勉強をするところなのに、知識がある人格者より運動の出来る糞クズの方が地位が高いっておかしいと思わない?たまにはクイズ大会のような知識がある人が目立てるものがほしいのよ。他学年ではすでにやっているようだけど、良い心がけだと思うわよ。とはいえ、儂の学年は非常識人が多いから、仮にクイズ大会をやったとしても、成立しない可能性が高いのよ。儂が持っている問題集の中で一番簡単な部類の問題もわかるかどうか妖しいわ。となると、それ以下の難易度の問題を用意せねばならないわけだけど、かなり厳しいからやっぱりマイノリティの知識人は迫害される一方なのであったのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 409

そういえば、今月24日と25日に東京都千代田区で、リトバスの原画展があるらしいわ。入場は無料だけどネットでの事前予約が必要なのよ。予約は明日から18日正午までだからお早めに。ちなみに、予約者多数の場合は抽選になるから、これを見てもぜったいに応募しちゃ駄目よ。儂が当選する確率が下がるじゃない。

昨日はらき●すた6話だったわよ。もちろん見たわよね。とりあえず、今回の元ネタはこちらなのよ。

Aパート
1巻 P88~92 「保護者」~「夏の夢」
Bパート
P78 「いつも限定」(コンプ祭8月号)
P95~97 「戻る時間過ぎる時間」~「押して駄目なら」


実は結構少ないのよ。というのも、今回は結構オリジナル展開が多かったのよね。海に行って風呂に入るなんて描写は記憶にないし。とりあえず、今回最大の見所はAパートの本編開始約1分後からね。超作りこまれたCGは必見なのよ。ちなみに、××Dとは勿論仁Dのこと。溝落としまでパクっているのよ。また監督を変えるつもりなのかしら。懲りないわねぇ。ところで、軽でドリフトってできるのよ?
というわけで、後はいつもどおりの内容ね。詳細は省略するわよ。ところで、この番組のDVDやゲームのCMって何故かちゃちな作りになってるんだけど、それがテレ玉の雰囲気に妙にマッチしてるのよね。テレ玉のCMはちゃちなローカルCMが大半を占めるから、見ていて面白いわよ。

で、今日は久々にQMAをやってきたのよ。というのも、実は期間限定で全国大会が開催されていたのよ。それに参戦してきたってわけね。前作までの全国大会は問題数固定の4人対戦で、実はあまり面白みがなかったりするんだけど、今回はルールが新しくなり、前後半各2分のタイムレースになったのよ。タイムレースは儂の好きな形式なのよ。とりあえず、ルールの仕様上連答数とスピードが重視される傾向にあるから、わかるジャンルが出たらさっさと答えろってことね。ちなみに、結果は2回プレイでそれぞれ4位と2位でclearなのよ(6人中4位以上でclear)。

さて、これで今日もおしまいね。今週もあと4日なのよ。そういえば、花輪和一著「刑務所の中」によると、ムショの中の人間は出所日までのカレンダーをノートに書いて、それを毎日1つずつ消していくらしいわ。これってやる気を出す方法としては地味に効果的かも。というわけで、手ごろなカレンダーが見つかったら実践してみるのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。ちなみに、今日のHEY!HEY!HEY!に堀●●衣が出てたけど、儂は一切興味がないからスルーなのよ。
記事編集

Stage 408

最近ブログをサボっていたのよ。といっても、理由は簡単で、書くことがなかったからよ。よく考えたら、楽しいことというのは基本的に来週以降にまとまっているものなのよ。来週日曜日は例大祭だし、その週の木曜日にはらき●すたのゲームが出るし。というわけで、昨日は数本の高パラを見ただけなのよ。とりあえず、藍蘭島はこれまでのものをすべて消化ね。
で、今日は例会があったのよ。1ヶ月ぶりの例会ね。とりあえず、今日は普段より調子が良かったといえるわね。ちゃんと1抜けもしたし、団体戦でも儂に課せられたノルマ2問を最短で終了。前回とは大違いなのよ。とりあえず、今回最大の収穫は答えが「優曇華」の問題をちゃんと正解できたものね。普通優曇華と答えて正解になることは無いけど、実は1問だけ正解になる問題が存在するのよ。もちろん、まともな問題よ。というわけで、儂はそれを正解したわけなのよ。凄く事情を知ってる某氏が儂がボタンを押して優曇華と言ったとたん吹いた気がするけど気にしてはいけないのよ。あくまで、優曇華はごく普通の名詞なのよ。これホント。
で、例会終了後は帰宅なんだけど……、何で人身事故がおきてるのよ?例会の会場から地元沿線の私鉄駅に着いたとたんこの仕打ちなのよね。やな感じ。しかもなかなか復旧しないそうなのよ。これはまずいのよ。非常にまずいのよ。しかしながら、その駅から運良く自宅近くのバス停に止まるバスが出ていたから、それの終バスに飛び乗るのよ。終バスとか終電とかはよくあることだから気にしてはいけないのよ。というか、東京のバスは終わるのが早すぎると思うのよ。せめて0時までは運行しなさいよね。というわけで、無事帰宅。ちなみに、あのまま駅で電車を待った場合、帰宅が30分から1時間は遅れたそうなのよ。危ないわね。

で、明日からまた学校ね。かったるいわ。来週まで耐えることを目標にがんばるしかないわね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 407

そういえば、ファミ通フラゲ情報によると、シャイニングウィンドのクロスレビューの点数は、7,7,7,6らしいわよ。微妙に低いわね。これが7,7,7,7だったりしたら怪しいんだけど、ひとつだけ6ということは多分これが素の評価ね。しかしながら、重要なのは点数よりコメントの中身。曰く、難易度が初心者向けのバランスで、ゲーマーには物足りないってことらしいのよ。つまり、難易度が低いってことよね。ぜんぜん減点要素じゃないじゃない。むしろ好ましいことなのよ。無駄に複雑で高難度なゲームが跋扈している現代社会ではこういうのはむしろ珍しいのよ。それに、製作者が簡単にするって言ってるんだから、それで難しかったら詐欺なのよ。なんだかティアーズで難しすぎるというお手紙が大量に来たらしいしね。ちなみに、前作は1周クリアするともの凄く難易度の高いモードが登場したけど、今回も登場するのよ?あったとしてもやらないけど。
あ、そうそうストーリーはアレらしいけど、予想してたことだから問題なしよ。というかこのシリーズのストーリーに期待してはいけないのよ。というわけで、購入はほぼ確定。ただ、5月はらき●すた ●えドリルがあるから、購入は6月以降なのよ。
そういえば、同日にオーディンスフィアなるゲームがでるらしいわね。プリンセスクラウンと同じスタッフが作ったということで、システムもほぼプリクラ。実はそれなりに面白かったりするのよ。雑誌評価は9,9,7,7と地味に高評価。但し、難易度が少々高いらしいから、儂は見送りね。難しいゲームは嫌いなのよ。

そういえば、最近儂は高パラを見てないのよ。というのも、私生活が忙しくて、見る時間がなかったということなのよ。大変ね。しかしながら、明日は金曜日。長かった一週間もやっと終わるのよ。辛いときほど時間の流れが遅い不思議。しかしながら、これで休息が得られるってわけね。それに、日曜は例会。その次の日曜は例大祭と楽しみがいっぱいなのよ。だから、それまで辛抱するのよ。ちなみに、最近学校が週4日登校になってるのは気にしてはいけないのよ。不可抗力は儂の力ではどうにもならないしね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 406

海が見たいって思うことってない?儂はあるわよ。不思議なことに、海を見てるとなんか心が落ち着くのよね。殺伐とした現代社会を生きるためにはそういったゆとりが必要なのよ。というわけで、
070508_1133~0001.jpg

本当に見に行ったわけなのよ。ま、良くあることね。ちなみに場所は神奈川県の海芝浦。わざわざ隣の県まで行ったってことよね。工業地帯のど真ん中にあるから、あまり有名ではないんだけど、横浜を代表する橋のひとつである鶴見つばさ橋が間近で見えたりと、景色はなかなかのものなのよ。おまけにここは陸の孤島。というのも、実は駅を1歩出ると東芝の私有地になってるのよ。ということは、一般人は駅から入ることも出ることも出来ないのよ。よって、頼りになるのは1時間に1本の電車のみ。それ以外では来ることが出来ないのよ。だから、儂がきたときは人は儂以外にいなかったわね。お昼休みになったら東芝の社員が訪れてきたけど。だから、ここはある種のプライベート空間なのよ。癒しね。というわけで、気になるんだったら行ってみるのもいいんじゃないかしら。海以外は何もないけど。
それにしても、あの辺の電車って実はかなりしょぼいのね。3両編成とか、あと2両編成ワンマンってのも見たわよ。どっかの田舎みたいで、とても横浜近辺を走る電車とは思えないわね。時刻表を見ても30分に1本とか、1時間に1本とか、日中は1本も無しとかひどい有様ね。勿論、これは工場利用者以外の需要が望めないから仕方がないことでもあるんだけど、もう少しどうにかならないのかしら。儂も40分待ちを喰らってしまったのよ。
ちなみに、帰りは南武線に乗って帰宅ね。普段乗らない電車に乗るのもたまにはいいわよね。

そういえば、儂は申請すると無試験で高認合格になるのよね。ま、どうでもいいけどね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 405

昨日はらき●すた第5話だったわよ。勿論見たわよね。武本康弘新監督の第1回目の放送となる今回のラインナップは下記のとおりなのよ。

Aパート
1巻 P72 「自分ため人のため」~「時間は同じ」
3巻 P131 「エネルギー」
1巻 P73~77 「ものさし」~「名射手」~「お祭り繋がり」
P79~82 「あはは うふふ」~「職務怠慢」
Bパート
P82~83 「時間はあれど」~「過程は違えど」
P87 「区別無し」
P66 「本能的行動」
P64 「衝動」(コンプ祭8月号)
P93~84 「マシンモード」~「すぐにいえる解答」


ついでにエンディングはドラゴンボールの曲ね。何故かメジャーな曲なのよ。で、新しい監督になったんだけど、中身が大きく変わったってわけじゃないのよね。但し、パロディがかなり少なくなった感じがあるわね。これにより面白さが少し減ってしまった感があるのよ。というのも、そもそもらき●すたの原作は実はそんなに面白いものではないのよ。日常のあるあるネタを描いてるだけだし。そこで、高パラ化するにあたってパロディがアクセントになって面白さが増えていたけど、それがなくなってしまったのよね。まあヤマカンが降ろされたのが、パロディのしすぎってこともあるから仕方ない気がするわね。とりあえず、次回以降に期待なのよ。
ところで、らっきーちゃんねるでネトゲのことをやってたわね。ここでのネトゲはMMORPGのことよ。儂も一時期ネトゲをやっていたわよ。誰もが例外なく通っていると思うけど、儂も初心者プレイをしていたのよね。特に、ちょっと過疎ってきたゲームだと、ベテランの人が結構優しくしてくれるのよね。儂感激なのよ。ちなみに、今はネトゲやってないわよ。だって、のめりこむと他のことが出来なくなっちゃうんだもん。高パラを見る時間や、ブログを書く時間を削ってまでやろうとするのは流石にまずい気がしてきたのよ。とはいえ、面白いことは確かだから、興味があったらやってみればいいわよ。
というわけで、次回のらき●すたは「夏の定番」なのよ。それにしても次回予告はモンハンネタねぇ。面白いのかしら。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 404

東鳩2をやってたら格闘ゲームのことが書いてあったから、久しぶりにめるちーぶらっどをやってみたのよ。といっても、相変わらずコンボとかは全く出来ないから、基本はガチャ押しね。というか、PS2のコントローラーでは絶望的にコマンド入力がし辛いのよ。アーケードみたいなコントローラーがあったらいいんだけど、なかなかないのよねぇ。せめてアナログスティックが使えたらいいんだけどね。で、そんなこんなでいつものように数回コンティニューをしてクリアしたときには疲労困憊。やっぱり1日1ゲームが限界ね。ところで、Arc-drive Finishって何なのよ?1回だけ出たんだけど意味がわからないのよ。誰か教えてくれるとうれしいわね。

さて、今日で黄金週間もおしまいねぇ。つまり、娑婆に出ていられるのも今日で最後ね。明日からはまたブタ箱にぶち込まれるのよ。勿論、この上なく憂鬱なのは言うまでもないわね。ちなみに、次の土日を除いた祝日は7月16日の海の日なのよ。ということは実質的にはもう祝日はないということね。憂鬱の四倍満なのよ。つまり役満。勿論、あがるほうではなく振り込むほうよ。だって、普通の日曜の夜というだけでも憂鬱なのに、今回は4連休の後の日曜の夜よ。憂鬱になるに決まってるじゃない。だいたい、儂はいつも思ってることなんだけど、どうしてルールを守れない人が世の中にはいるのかしら。ここで言うルールとは暗黙のルールのことよ。例えば、儂が知っている都内某所にある瀟洒な喫茶店は、美味しい紅茶と静かな大人の雰囲気が売りなのよ。それを保つためには従業員は勿論、客も紳士淑女でなければならないのよ。店内で騒いだりするのは確実にご法度ね。もちろん、そんなことは店内のどこにも書いていないわけだけど、客のほうもちゃんと察しているのか、騒ぐ人は皆無なのよ。これが、暗黙のルールを守るってことね。だから、某喫茶店はいつ行ってもいい雰囲気で楽しく紅茶が飲めるのよ。学校ももともと学び舎だから、騒がない(特に授業中)というルールがあるはずだけど、残念ながら守られていないのが現状なのよ。それだけならまだしも、完全に糞クズどもの遊び場としか機能していないようなのよ。そんなところに毎日通わなきゃいけないのよね。儂のような囚人は。はっきり言って辛すぎるのよ。このままでは心が完全に折れてしまうのよ。儂が思うに、夢を見続けるのもひとつの選択だと思うのよ。辛い現実から目を背けて、終わらない夢を見続ける。勿論、そうなった後のことをちゃんと認識して、それを納得した上での選択なのよ。勿論、それがベストな選択であるとは思ってないわよ。過去の歴史と同じように、2つの選択肢があって、そのどちらにもメリットとデメリットがあるのよ。つまり、ベストな選択肢なんて存在しないわけ。その中でどちらの判断をするかというのが問題なのよ。だから、儂は夢を見続けるのもありだと思ってるわよ。あなたも同じ状況を考えてみるのよ。耐え難い苦痛があったとき、それを命果てるまで耐えるのか、それとも逃げて夢を見続けるか。考えは人それぞれよ。もっとも、儂の考えは決まったようなものだけどね。ちなみに、何らかのきっかけがないと考えを変えることは出来ないわよ。逆を言えば、きっかけがあれば変えることが出来るということなんだけどね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 403

●眼の●ゃなのゲームって戦闘が難しいのよねぇ。というか実は取説がないからルールがよくわかんなかったりするのよ。どっかに載ってないかしら?

そういえば、神主は今回の例大祭で某方風神録の体験版を出すようね。普通のシューティングゲームは永夜抄以来ね。画面写真を見てもあまり変わってるように思えないのよ。フォントとかが少々変更になってるようだけど。で、今回は原点に戻ったということで、かなりシンプルな作りになっているそうなのよ。画面写真を見るとわかるけど、何とボムが見当たらないのよ。すごくシンプルね。とはいえ、これは逆に辛い気がするわ。多分ボムのようなものは何らかの形であると思うけど、それが何かは例大祭で購入しないとわからないのよ。しかしながら、例大祭に行くためにはカタログを購入せねばならないのよ。というわけで、今日はカタログの購入をしにいったのよ。場所は東京都千代田区ね。そこの某店でカタログを購入すると、何とここでしか手に入らないオリジナルポストカードが手に入るのよ。これは絶対入手するしかないのよ!You will get that postcard whether or no You sleep.なのよ!というわけで、これを見た人は千代田区の某店で例大祭のカタログを購入せねばならないわ。店名は秘密だけど。

で、実は明日でゴールデンウィークが終わってしまうのよね。明日は英語のレポートなどを書かなければいけないから遊べるのは実質今日が最後なのよ。つまり、麻雀で言うところのラス前ということなのよ。あ、そうそう。昨日お友達と麻雀をやったらなんと優勝しちゃったのよね。勝てるときは結構あがれて満貫以上もそれなりに出たりするんだけど、そうじゃないときはさっぱりなのよね。どうやら現代科学では説明できない流れのようなものがあるようなのよ。まるで魔法みたいね。ちょっとかっこいいわね。で、話を戻すと、つまり、あさってから儂はまた学校に行かねばならないのよ。憂鬱ね。涼宮ハルヒの憂鬱はどう考えても憂鬱ではないけど、儂は本当に憂鬱なのよ。だって、初等教育で教わったこともまともに出来ない人間と同じタコ部屋にぶち込まれるわけよ。気が狂ってしまうのよ。ちなみに、ここでいう教わったこととは、勿論「他人に迷惑をかけない」ということよ。どこの国の初等教育でもこのくらいのことは教わるはずでしょう。でも、糞クズどもはそれすら出来ていないのよね。ということは即ち、学がないということね。そういった人間は大抵将来社会的地位の低い人間になるのよ。そういうことは福沢諭吉が学問のすゝめで書いているのよ。ほとんどの日本人が勘違いしているから一応書いておくけど、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。」という最初の文章。これ皆平等だって意味じゃないわよ。何故か意図的に「言えり」を抜かして教えているところもあるけど、それじゃあ全く意味が違ってるのよ。大体皆平等でどうやって学問を勧めることに話がつながるのかさっぱりわからないのよ。とりあえず、この「言えり」を現代語に直すと、「言われている」って意味になるのよ。つまり、この文章は「人は皆平等だと言われている」という意味になるのよ。もちろん、実際はそうではなく実際には貧富の差があったり、社会的地位の高いものや低いものが出てくるのよ。その差がどこで出てくるかというと、学問の有無で決まるというわけなのよ。原文にも「人は生まれながらにして貴賎貧富の別なし。ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるなり。」とあるわ。ちなみに、ここで言う学問は暗記とかそういうものじゃないわよ。学校の勉強って基本的に全教科暗記で構成されているんだけど、そういうのって儂が思うに凄く無意味なことだと思うのよ。だって役に立たないじゃない。それに、学校って暗記に限らず無意味なことばかり教えてるよね。それこそ一生使わないようなことばっかり。せいぜいクイズをするときに役に立つ程度ね。福沢諭吉も「学問とは、ただむつかしき字を知り、解し難き古文を読み、和歌を楽しみ、詩を作るなど、世上に実のなき文学を言うにあらず。」というように、実用的でないものは学問ではないと言っているのに、未だにそういうことばかり教えているのよ。同じ文章に「専ら勤むべきは人間普通日用に近き実学なり。譬えば、いろは四十七文字を習い、手紙の文言、帳合の仕方、算盤の稽古、天秤の取扱い等を心得、なおまた進んで学ぶべき箇条は甚だ多し。」とあるのだから、そっちをすればいいのにと思うのよ。ちなみに、同じ文章で、学問は暗記ではなく理解することが大切という意味のことも書いてあるわね。明治時代にこういう立派な考えの人がいたのは凄いと思うけど、それがぜんぜん生かされてないわね。万札にするだけじゃなくて、ちゃんとそのとおりに実行しなさいよ。
話を戻すと、つまり、糞クズどもは、他人に迷惑をかけないという言葉だけを覚えて、全く理解していないようなので、これではろくな人生にならないということなのよ。ノータリンはノータリンらしく暮らしなさいよってことね。とはいえ、このノータリンとの生活&無意味な学問のようなものがあと1年も続くと凄く憂鬱なのよ。観鈴ちん、ぴんちっ!

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 402

そういえば、い●ごという雑誌が6月から隔月で発行されるそうよ。タイトルのとおり、登場する女が基本的に1●歳以●というものね。ちなみに、儂はこういうものには一切興味はないわよ。念の為。

で、今日から4連休ね。これを、1日外出券4枚分と考えると、この休みには200万ペリカ(20万円)の価値があるのよ。すごいわね。
というわけで、昨日は学校をがんばった儂へのご褒美に、学校外の友達と茶話会をしてきたのよ。というのも、儂には学校外にもお友達がいて、たまに交流をするのよね。場所は都内某所にある瀟洒な喫茶店。すごく普通ね。そういえば、儂は最近この喫茶店に行ってなかったのよ。最後にプライベートで行ったのが去年の12月だったから、約半年振りね。去年は1ヶ月に1回のペースで行ってたんだけど、なぜか今年に入ってから行ってなかったのよね。というわけで、半年振りに入店したお店で、メニューを持ってきた従業員が一言、「おひさしぶり」。…もしかして顔覚えられてる?
とりあえず、注文した紅茶を飲みながら適当に世間話なのよ。ちなみに、話の内容は普通よ。で、店の都合で滞在は90分までということだったので、適当な時間で話を切り上げて終了なのよ。有意義な時間だったわね。
あ、そうそう。退店時に従業員が儂の顔を覚えていてくれたことを教えてくれたのよ。詳細は省略するけど、これってうれしい事なのよ。とても常連とは呼べない来店頻度で、しかも半年も行ってなかったのに、顔を覚えてくれたということは、印象に残ってたということよね。誰かの印象に残るって素敵なことだと思わない?とりあえず、お店のクオリティは高いし、それでいてリーズナブルな価格なのだから文句無しね。おすすめよ。店名は秘密だけど。

で、その日の夜に友人とネット麻雀ね。麻雀の対人戦は実はこれが始めてだったりするのよ。結果はあまりよくなかったけど、初めてだから仕方ないわ。それに、運が7割といわれるゲームだから、運が悪かったとでもいっておけばどうにでもなるのよ。とりあえず、対人戦というのはかなり時間がかかるということはわかったのよ。というのも、対CPU戦だと機械は一瞬で切ってくれるから、儂が切る時間しかかからないようなものだけど、対人戦だと儂が切る時間の4倍が必要だから、どうしても時間がかかっちゃうのよね。そして、何故か上がり点数が低めに出るようね。スタンドアロンのゲームでは満貫とかが結構出た感じだけど、今回はあまり出なかったのよ。何でなのかしら。と、よく考えたらプレイ数がぜんぜん違ったわね。多分同じ回数プレイすれば同じぐらい満貫が出ると思うのよ。とはいえ、対人戦は制限時間の仕様により長考が不可能なのよ。だから得点が低くなるのかもしれないわね。とりあえず、かなり厳しいゲームであることが判明なのよ。

で、今日は中野で月1の書籍購入ね。いつものように本を数冊買って終了なのよ。ちなみに、定価800円の電撃劇場文庫が何故か2100円で売られていたわよ。映画を見に行くのが面倒くさいんだったら買ってもいいんじゃないかしら?どう見てもボッタクリだけど。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 401

やっと5月に入ったわね。というわけで、カレンダーの柄も一新なのよ。今度の柄は「まこと」なのよ。

そういえば、昨日はNHK-FMで13時から高パラソン三昧があったのよ。勿論聴いたわよね。といっても、儂も全部聴いたわけじゃないわよ。ちなみに、放送された曲は全部こちらに掲載されているのよ。特筆するところを上げると、まず1曲目にAIRの鳥の詩をもってきたのよ。一部では国歌と呼ばれているこの歌を最初に持ってくるなんて流石国営放送ね。この曲は名曲だから1回ぐらい聴いときなさい。というかすでに聞いたことある人がほとんどだろうけどね。そして、2曲目はNHKなのにN・H・Kにようこそ!のOPなのよ。なんかもの凄くクオリティが高いわね。そして、後は夜になるにつれてだんだんかおすになっていくのよ。その前に65曲目の岡崎律子さんの「For フルーツバスケット」ね。岡崎律子さんは儂も大好きなのよ。ところで、この世の中って何故か死んではいけない人から先に死んでいくのよね。すごく不条理に思うのよ。まだまだやりたいことがたくさんあったはずなのに、志半ばで終わってしまうのはとても悲しいことだと思うのよ。でも泣いちゃだめだよね。だって心の中で生き続けてるのよ。ちなみに、この部分がわからない人は検索してみればいいわよ。
で、19時からは生ライブなのよ。ここで、まぶ●ほやゼ●の使い魔、カ●イドスター等を熱唱し、そのあと少し間を置いて115曲目に「ハレ晴レユカイ」、117曲目に「あんなに一緒だったのに」が放送されたのよ。そして、最もかおすなのが23~24時の間。この間に放送された曲は

118:「Colors」 Flow [コ●ドギアス・反●のルルーシュ]
119:「1000%SPARKING!」 (中略) [ネギま!?]
120:「●話迷宮」 田村ゆ●り [お●ぎ銃士 ●ずきん]
121:「黄色いバカンス」 桃月(中略) [ぱ●ぽ●だっ●ゅ!]
122:「Eternal Blaze」 水●奈々 [魔法少●リリ●ルな●はA's]
123:「風の辿り着く場所」 彩菜 [Kanon]
124:「ヒカリ」 堀●由● [い●●みっ!]
125:「ひ●●しのなく頃に」 島みやえい子 [ひ●●しのなく頃に]
126:「創聖のアクエリオン」 AKINO [創聖のアクエリオン]
127:「Candy(中略)Heart」 新谷良子 [●様ご用心]

なのよ。特筆すべきは126曲目ね。この曲が流れた時点で某掲示板で祭り発生。サビの「一万年と二千年前から愛してる~」のところでついにサーバーが落ちてしまったのよ。哀れ。ちなみに、そうでなくても普通に名曲だから全員1回は聴くように。この後0時からは聴取者リクエストでラストスパート。昔の曲も多かったけど、

134:「夢想歌」 Suara [うたわれるもの]
135:「禁じられた遊び」 Ali Project [ローゼン麻生]

と、最近の曲を続けて流したのは流石ね。そして、141曲目に残酷な天使のテーゼ、142曲目にサザエさんを流し、後は目標の150曲を達成するため残りの数分で司会が生歌メドレーを披露。そして、最後はデビルマンで終了なのよ。とりあえず、NHKにしてはかなり挑戦的に感じたのよ。普通こういう高パラの特集をするときには最近の曲は確実に無視されるから、そういった中ではかなり異色の番組といえるわね。勿論大歓迎よ。次回はこの路線を発展させて2000年以降に放送されているものという風に限定とかすると面白いかも。勿論、NHKじゃなくて民放がやってもいいわよ。というわけで、次回放送に期待なのよ。


で、明日は5月2日。明日サティアン(学校)に行けば夢の4連休なのよ。それにしても、何で儂のクラスはこんなに糞(ファッキン)クズが多いのかしら。まるで野獣動物園ね。こんなところにぶち込まれたら精神状態がおかしくなるに決まってるじゃない。どう考えても異常なのよ。
ところで、ひきこもりって実は結構頭がいい(not学力)人が多いらしいわよ。そうだとしたら本当のパチェね。なんだか少しかっこいいのよ。儂も本格的に隠居しようかしら?そうしないと楽になれそうにないしね。

さびしさにたへたる人のまたもあれな庵ならべむ冬の山里 
                                西行法師


というわけで、本日は終了なのよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。