これは、とあるちょっとした知識と日陰の何とかのブログなのよ。 間違ってもおたくのブログではないのよ。

2008/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/04

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

Stage 568

もう年度末なのよ。2月末にカレンダーをめくったばかりだというのにもうこんな時期とは、つくづく時の流れは速いものだと感じるのよ。今日は休みの最終日というわけで、千代田区に書籍を購入and散歩をしにいってきたわけなのよ。書籍はいつもの●'s magazineの他にコンプエース5月号を購入なのよ。というのも、4月6日の鷲宮の祭りで抽選があるんだけど、それに参加するにはコンプエース5月号の中に書いてあるQRコードを携帯に読み込ませてサイトで登録をしなければならないのよ。ほとんど当選しないというのになんとなく当選を期待させて普段購入しない雑誌を購入させるとは、角川と鷲宮に一本取られたのよ。しかも、コンプエースで今月からリトバスの漫画が開始するということで、来月以降も購入する理由が出来てしまったのよ。こういうのって単行本化を待てばいいと誰もが考えるけど、月刊誌ってなかなか単行本化しないのが辛いわよねぇ。先が気になり早く読みたいからと、あえてコストパフォーマンスの悪い雑誌を購入してしまうのよ。まあリトバス以外にも読みたい漫画はあるからそれはそれでいいけどね。はちゅねの漫画もあったし。
で、●'s magazineはいつもの占いなのよ。儂の内容を要約すると、口は災いの元ってことだそうだから、慎重にならなきゃだめよね。ちなみに、この占い企画の漫画が次号から開始ということなので、こちらも楽しみになってきたのよ。
ちなみに、今回購入した雑誌には両方ともトランプが付いているのよ。コンプはらき☆すたトランプで、●'sは東鳩2ADトランプね。次回例会でどちらを使おうか迷うところであったのよ。
で、雑誌を購入したア●●●トの隣にユニゾンシフトコレクションなる造形物の抽選機があったので、引いてみると、








SA3A0141.jpg

一発ですももちんキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
すももちんとのいぢ以外知らないキャラというアレな状況の中、見事1発ですももちんを当てることに成功なのよ。ものすごいJACKPOTね。今日の儂はすごくついてると思うのよ。
で、後はゲーセンを巡ってあるかなはーと2を見たりしたんだけど、今作も前作と同じく非常に難しそうな内容なのよ。暇人どもが常人には不可能なほどのエリアルを決めてるのを見て絶望なのよ。儂にはそんなものは出来ないので、かわりにアンサー×アンサーをプレイして優勝なのよ。このゲームはリーグがあがるにつれて問題難易度が上昇する仕様なので、Sリーグあたりになると素人にはお勧めできなくなるのよ。取り扱い注意ね。ちなみにそれ関連で、前回例会で行ったtun-dere検定試験は気が向いたらアップ予定なのよ。
で、この後たんぽぽ娘を探しに神保町に行ったりしたんだけど見つからずに終了なのよ。あの膨大な本の中から1冊を見つけるというのは無理だと思うのよ。ちなみに、神保町古書店街の夜は早くて、18時ぐらいから店を閉め始める店もそれなりにあるから要注意なのよ。
というわけで、外出の話はおしまいね。


ところで、今日まですっかり忘れてたけど、陵桜学園桜藤祭のレビューをまだしてなかったのよ。すでにクリアしたゲームの話を新年度に持っていくのは嫌なので、ここでレビューなのよ。勿論、採点はいつものように激甘ね。

採点1 システム 10点/10点
もはや説明の必要もないほどの典型的な小説ゲームなのよ。基本的な機能は全てそろっていて特に問題がないのでこの点数なのよ。セーブ箇所もたっぷりあって埋まる心配はほとんどないわね。

採点2 難易度 -2点
この項目での減点は初ね。というのもこのゲームは結構攻略難易度が高いのよ。共通ルートはそんなに難しくないんだけど、個別ルート開始以降の選択肢が難しく、どれを選んだらクリアフラグが立つのかがさっぱりわからないのよ。他のゲームではどれを選んでも変わらないよ系の選択肢でも好感度が変わるらしく、それが難易度を上げる一因になっているようね。無論、攻略サイトを見ればいいんだけど、儂がプレイしたときにはそのようなサイトがほとんど発達していなかったので、自力プレイを想定してこの点数なのよ。せめてタイガー道場ちっくな物が欲しいと思った今日この頃なのよ。

採点3 キャラクター 30点/30点
らき☆すたのキャラクターはみんな好きだからベスト3の発表とかはしないのよ。ちなみに、ゲームで株を大きく上げたキャラクターはつかさ、その逆はあやのね。

採点4 ストーリー 24点/30点
このゲームのストーリーは質より量って感じなのよ。1周は2時間程度と短いかわりに、いろんな話が楽しめるのよ。普通の登場人物を攻略する話は勿論、それ以外にも即売会開いたりゲームやったりする話などがあるのよ。中にはシリアスな話もあって、コミカルなのとバランスよく配合されているので、飽きないのはポイント高しね。ちなみに儂が好きなのは時かけなのよ。最後のつかさがものすごくかっこよかったわね。あと、このゲームはパロディがすごいのよ。誰でもわかるネタからマニアックなネタまで至れり尽くせりね。逆を言うと知らないとあまり楽しめないので、そこら辺で人を選ぶんじゃないのよ。ニコ厨の皆さんなら大丈夫だと思うけど。ちなみに、ゲーム内の劇の題目はF●teなので、あらかじめやっておくと10%多く楽しめるのよ。というか、学校の劇でFa●eってある意味すごいと思うわよ。●えドリルについていた体験版ではロミオとジュリエットになってたので、多分角川の意向かなんかで変えたんでしょうね。儂的にはどっちでもおっけ~なのよ。
というわけで、結構おもしろかったんだけど、一つ一つのシナリオが短いのと、あやのシナリオがかなりあれなのでそのへんを減点なのよ。鷲宮であやのが不人気だった理由がわかるゲームであったのよ。

採点5 その他要素 25点/30点 
まず主題歌とEDで+10点
フルボイスで+5点
DXパック特典で+10点なのよ。実用性は全くないけど、セーラー服を本当に入れたのは評価すべき点だと思うのよ。他にも予約特典の格ゲーとかも付いてきたしね。難しくて全然勝てないけど。

というわけで、87点/100点で合格であったのよ。

その他講評
というわけで、らき☆すた 陵桜学園桜藤祭終了なのよ。原作つきのキャラゲーって正直なところあまり出来のよろしくないゲームが多かったりするんだけど、こちらは●えドリルと同じく良作であったのよ。そして、シナリオの量には驚くばかりね。発売前にファミ通が捏造したと公式サイトが抗議したけど、ごもっともな話なのよ。というのも、ファミ通掲載情報では攻略対象は主要キャラ4キャラのみとあったのよ。しかしながら実際には攻略対象は10キャラで、それ以外にもキャラ攻略を目的としないシナリオが大量にあるのよ。したがって、コンプには約20周を要するのよ。おまけにトレカやクリア後のお楽しみといったやりこみ要素も沢山あるのよ。それなのに4キャラしか攻略できないと書かれれば誰だって怒るに決まってるわね。とりあえず、キャラゲーにしてはボリュームはかなりあるので、●えドリル購入者は勿論、原作読者なら買って損はしないわよ。結構安くなっているのでお勧めの一品であったのよ。

でこの後だけど、久々にRPGに挑戦したいということで、IZUMO2を2000円ぐらいで購入なのよ。別にパッケージの巫女さんに惹かれたって訳じゃないわよ。日本神話的雰囲気が好みだっただけなのよ。前作はやってないけどまあ問題はないわね。ちなみに、元がアレなゲームということで攻略要素があるらしいのよ。したがってサクヤが攻略対象であるのかが非常に気になるところであるのよ。別にm(ry
というわけで、難易度はそれなりに低いらしいから、ぼちぼち進めていくことにするのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
スポンサーサイト
記事編集

Stage 567

そういえば、こじかの2期が決まったようね。ネット上での評判はそんなによろしいものではなかったけど、多分規制商法がうまくいってDVDが沢山売れたのではないかと推測なのよ。儂は視聴はまだ決めてないけど、前回のようにあからさまにDVDを購入しろといったような内容だと1話切りもありえるのよ。えらい高いDVDを買わないと魅力の半分も楽しめないというのは作品として正直どうかと思うのよ。規制が原因なのであれば年齢制限をかけて衛星で放送すればいいわけなわけだから、スタッフの皆さんにはそのへんをよく考えてもらいたいものね。

で、こじかはともかく狼と香辛料を最後まで視聴したから総評なのよ。今期1番の期待作だった作品なわけだけど、その前評判に偽りなしにすごくよい出来の作品だったのよ。基本的に原作に忠実に作られていて、雰囲気もばっちり再現なのよ。そしてなんといってもホロが動くのよ!!おおかみみをつけたホロがロレンスを弄びながら酒を呑んだり物を食べたり誘惑したりする様はなんともいみじくかわいらしいのよ。たまらないわね。ちなみに、儂は別にホロが好きというわけじゃありんせん。念のため。あと、内容については省略なのよ。というのも原作との相違点がそんなにないから、原作を読んだ方が早いということなのよ。もともとおもしろい作品だから、アニメしか知りんせんという人でもぜひ読んでみることをお勧めするわよ。特に、経済の勉強の基礎文献として強くお勧めしたいものであるのよ。
で、ここからはいつものように各賞の発表ね。といっても、登場人物がそんなに多くないので賞の数も少なめなのよ。というわけで、最優秀羊飼い賞とNAGISA2008はノーラたん。そして、けもみみ賞とベストキャラクター賞はホロに贈呈するのよ。おめでとうございますなのよ。
というわけで、内容的には大変素晴らしく、作画もほとんど問題がなかったというわけで、文句なしの作品ではあるのだけど、唯一7話が放送されないのが不満なので、その点を減点して、
狼と香辛料の認定段位はMasterO(96点相当)
とさせていただくのよ。万人にお勧めできる良作ね。ちなみに、今作品の最終回はいかにもわっちらの冒険はこれからでありんすちっくに終わってるけど、原作は現在7巻まで出版されているのよ(第7巻は短編集)。1クール2巻のペースならば原作のストックも十分にあるわけで、是非とも2期を期待したい作品であるのよ。もちろん、現在発売中の漫画は購入決定ね。
最後になりましたが、IMAGINと関係者の皆様本当にお疲れ様でした。

で、そんな作品を鑑賞した後にネットを探してみると、こういうニュース記事があったのよ。曰く、岡山で突き落とした青年の自宅からひぐらしとかデスノが出てきたから押収したということね。
儂的 ま た で す か って感じなのよ。
ホント、マスゴミとか警察って楽な職業よね。何かしら事件がおきればこういう風に漫画のせいにして終わらせればいいんだから。特にマスゴミにとっては真実を報道するより漫画を悪に仕立てたほうがおもしろいし、漫画有害論推進派の愚民からの支持もあがるというものなのよ。尤も、儂らからしたらたまったものじゃないのよ。大体ひぐらしは累計500万本も売れているんだから、漫画がある程度好きな人だったら持っていて当然なのよ。勿論儂も持っているわよ。怖いから途中までしか買ってないけど。しかしながら、儂がひぐらしを読んで人を殺そうなんて思ったことはないわよ。デスノートもひぐらし以上に持っている人が多いけど、だからといって読んだ人の大多数が殺人を犯すわけじゃないのよ。つまり、人を殺すか殺さないかは本人次第ってことよ。殺したければ殺すだろうし、そうでなければ殺さないのよ。まあ中には漫画の殺人をフィクションにできない輩もいるだろうけど、それは本人が悪いのであって、漫画は悪くないわよ。そういう一部のキチガイのせいで騒がれるんだから困ったものよ。
とりあえず、マスゴミの報道を全て信じるってのも考え物よね。このニュースを見た大衆はひぐらしが原因だと思い込むけど、本当の原因はおそらく別なのよ。儂はマスゴミなんて元から信じてないけど、いまだに信じている人はもう少し考えた方がいいわよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 566

日光に行ってきたのよ。今度は宿泊を伴った温泉旅行というわけね。日光東照宮にも行ったけど、諏訪と違ってもの凄く観光地化してたのよ。平日だというのに外国人含む観光客や巫女さんがいっぱいなのよ。儂は別に巫女さんには興味ないけどね。で、東照宮といったらなんといっても龍なのよ。龍はみんなのロマンよね。特に、鳴龍はくちゃくちゃでかいことで有名ね。儂も見たんだけど、今回の鳴龍は機嫌が悪かったのか、前回より声が小さめであったのよ。ついでに、龍のお土産も沢山売ってたけど、持っているものが多かったから購入せずね。どうも神社のお守りは1年程度で効力が切れるらしいので、鳴龍お守りをもう一度買っておこうと思ったんだけど、神社と寺は違うという儂の勝手な解釈で買わなかったのよ。実際には寺でも1年ぐらいで効力が切れるようだけど、気の持ちようよね。ちなみに、東照宮は神社だけど、その中の鳴龍のあるところだけは寺なのよ。参考までに。
で、後は温泉に入ってバイキングで呑んでまたまた温泉に入って宇都宮餃子を食べて終了なのよ。餃子はみんみんってお店のやつね。有名店らしく行列ができていたんだけど、その人気に偽りなしって感じの味ね。普通の焼き餃子の他に水餃子や揚餃子もあるのがポイント高しなのよ。ただし、メニューは餃子とライスしかないからそのつもりでね。

で、H2Oの総評なのよ。まず最初にベストキャラクター賞なのよ。今回のベストキャラクター賞は小日向はやみに贈呈するのよ。痛みに耐えてよく頑張った!感動した! おめでとうなのよ。この作品でははやみはそれはもうひどいほどの仕打ちを受けていたのよ。先祖の行いのせいで村八分にされ、暴力を受け、家を燃やされ、殺されかけたのよ。しかしながら、最終的には立派に琢磨くんの母親役を成し遂げ、現実を受け入れさせることに成功したので、これを賞するのよ。おめでとうございますなのよ。ちなみに、ベストファーマー賞はゆい様。女装大賞ははまじ。魔法少女リリカル○○賞は音羽なのよ。そして、ワーストキャラクター賞は言うまでもなくジジイね。数々の悪行で登場人物を不幸にした罪は重いわよ。儂的最終話で逮捕されてざまぁwwwって感じなのよ。
とまあ、そんな感じで見てきたわけだけど、結構おもしろかったわよ。盲目って設定も最後にはちゃんと活かされてた気がするし。というか、主人公は最初から目が見えてなかったわけねぇ。早い話が琢磨が見ていた物は全部妄想なのよ。流石の儂もそれには気づかなかったのよ。公式では伏線の解説などをやったりしてたけど、普通わからないわよねぇ。まあ賛否両論ありそうだけど、儂的にはアリなのよ。しかしながら、終わりかただけはやっぱりよくないと思うのよ。はやみを殺すのはいいとして、その後の精霊会議で生き返らせるってのはないのよ。感動が台無しね。ハッピーエンドではあるんだけど、これだったら実は生きていた系の方がいいとおもったのよ。全体的にはおもしろかっただけにここだけが残念であったのよ。
というわけで、H2Oの認定段位はm7(84点相当)
とさせていただくのよ。暗い話で途中で切ろうかと思ったけど、無事に最後まで見ることが出来ました。というわけで、ZEXCSと関係者の皆様本当にお疲れ様でした。
で、この後のメディアミックスの展開だけど、まず4月24日にPS2で移植版が発売されるのよ。原作とは違って、なんとはまじルートもあるそうなのよ。しかしながら、別にそんなものに興味はないので購入優先度は低目ね。ちなみに、DXパックの特典は枕カバーなのよ。
そして、5月にはなんとはまじの抱き枕が発売されるそうなのよ。男の抱き枕というのも前代未聞ね。確かにはまじはこの作品ではヘタな女よりかわいいけど、果たして買う人がいるのかが疑問なのよ。勿論儂は購入予定はないわよ。
あとはオフラインミーティングなども予定しているということで、まだまだH2Oから目が離せない儂であったのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 565

昨日儂の友達が遊びに来たのよ。そんで、ぎるちーを持ってきたのでやったわけだけど、これがえらい難しいのよ。キャラクターもなんだかあんまりかわいくないし、思うように動かすことも出来ないのよ。しかも、ハメっぽいものまでやられて、素人の儂には全く手が出せなかったのよ。まあ相手が持ち主だからしょうがないわよねぇとお約束のことを言っておくのよ。ちなみにこのゲーム。レビューサイトによると難易度2.93となかなかの高さなのよ。これなら出来なくても仕方ないわね。うん、仕方ないのよ。ちなみに、同じサイトでめるちーは難易度1.71点となっているのよ。その割には難易度を最低にしてもネロカオスとメカヒスイが異常に強いのよ。特にメカヒスイが。対人戦ではローカルルールで使用禁止にしても、アーケードモードのCPU戦ではそんなの関係なしに容赦なく出てくるのよ。このゲームは花映塚みたいに負けると敵が弱くなるなんてシステムは搭載されてないから、実力をつけなきゃ勝てない仕様なのよ。有野課長はスト2を8時間かけて1周したようだけど、それに近い物があるわね。早い話が運なのよ。というか、どうしてみんなコンボが出るのか相変わらず不思議なのよ。儂の友達も結構出してたし、レビューサイトにも簡単に出るとかボタン連打で勝てるとか散々書いてあるけど、儂にはその気配が一向にないのよ。連打しても出ないし勝てないのよ。あまりに出なさ過ぎるので、レビューの人が嘘を書いているか儂が機械に嫌われているかのどちらかなんだけど、沢山の人が嘘を書くとは考えにくいから、多分後者なんだろうね。機械との相性は儂ではどうにも出来ないから、めるちーが下手なのは仕方がないことであったのよ。いくら努力してもだめなものはだめなのよ。でも、やっぱり嫌いになりきれないわけで、とりあえず、

秋葉かわいいよ、秋葉。
ちなみに、赤主より遠野派なのよ。

H2Oを最終話まで視聴なのよ。詳細な感想は次回更新に回すとして、とりあえず最終話の展開が強引なのはどうかと思ったのよ。早い話が何故殺たし。結果的には生き返ったんだけど、無理やり感が否めないのよね。勿論、ハッピーエンドはいいことではあるのだけれどね。

さて、そろそろ春の新番組のシーズンになってきたのよ。というわけで、いつものようにMOON PHASEさんの新作情報をチェックしながら視聴候補を選択するのよ。
まず、真っ先に決定なのがか●●んね。別に変な番組じゃないわよ。ただ、源ちずるがちょっとかわいいだけなのよ。放送局はなぜか衛星放送のAT-Xのみとなっているのよ。儂の家には設備があるから問題ないけど、設備がなくても4月15日からネット配信がなされるから安心ね。スクイズ最終回のように低画質のニコ動でしか見れないとはいわせないのよ。
他には狐つながりで我が家のお稲荷さまもチェックなのよ。こっちは原作は読んでないわね。ところで、結局この休み中は諏訪にいった関係で伏見稲荷大社には行かなかったけど、いつか行ってみたいわね。お稲荷さん。ちなみに、別に巫女さん目当てとかじゃないわよ。念のため。
あとは、To LOVEるもチェックなのよ。ジャンプの作品は妙に汗臭いスポコン物だとか戦闘力インフレテンプレート漫画とかキャラクターがかわいくない作品とかが多いので基本的には見ないんだけど、これはおもしろそうだから視聴決定なのよ。これが答えの問題を例会でも当てたしね。
とりあえずはこんなところかしらね。アリソンとリリアってのも考えたけど、同じ作者の作品ならこれよりはどっちかというとキノの方が好きなのよ。ゲーム原作のもなんだかぱっとしないし、他に未公開で気になるのは京アニの次回作ぐらいなのよ。毎回のことながら、放送している本数は非常に多いんだけど、儂の好みに合うものが少なく、見る本数はそんなにないって感じね。まあ作品によって対象としている人が細かくわかれているから、これはこれで仕方がないのよ。あまり沢山あっても見る時間がないしね。というわけで、とりあえず今期はこんな感じでいくのよ。
あ、そうそう。そういえばセキレイが夏から放送されることが決まったのよ。某君狂喜乱舞。やったな、某君!しかしながら、儂はそんなものには全く興味がないのであったのよ。残念でした。ちなみに、夏の番組は儂的にはひだまりに期待なのであったのよ。

そういえば、この業界の話だけど、最近一部の団体が表現の規制を求めているようなのよ。それに付いては詳しくは調べてないからわからないけど、興味がありそうな話題だったら取り上げるかもしれないのよ。どうも性的表現云々の問題らしいけど、儂的には規制は不要だと思うわよ。そんなに悪影響があるとは思えないし。
で、もう一つの問題として製作会社が広告代理店とかテレビ局とかに搾取されているという問題があって、儂はこれについては常々改善すべきだと思っているのよ。詳しい内容はこの動画をチェックね。

公開から1日しかたっていないのにすごい伸びなのよ。やっぱりこの問題はみんな関心を持っているわけね。この問題の焦点がわかりやすく解説されているので、興味がある人はマイリスト登録は関係なしに1回見ることをお勧めするわよ。まあ、要するにTVに流さないでネット配信すればいいってわけなんだけど、何故みんなそれをしないのかって話よね。とりあえず、深夜の決まった時間にしか見れないテレビで流すよりはいつでも見れるネットで流してくれた方が見る方としてもありがたいので、さっさとネットに移行したほうがみんなが幸せになれると思うわよ。違法にうpされることがわかっているんだから、先手を取ってあらかじめ合法的にうpした方が衛生上好ましいしね。業界の構造改革が必要だと思った今日この頃なのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 564

というわけで、諏訪旅行の続きね。ちなみに、上社へはバスの他にタクシーも通っているのよ。こちらは勿論またずに乗れるけど、運賃はバスの約18倍にあたるから、よく考えて使うのよ。
で、上社本宮に着いたわけだけど、まず最初に目に付くのがこれね。
SA3A0121.jpg

この回廊は諏訪大社の参道なのよ。通常であれば、ここを通ってお参りに行くわけね。しかしながら、見ての通り工事中で通行止めになっていたのよ。したがって、残念ながら下の屋根のない道を通ってお参りをしなければならないのよ。雨っぽい雰囲気でこれは痛いわね。といっても、そんなに長いもんじゃないんだけどね。ちなみに現在、本宮への入口で一番大きいのはみやげ物屋などが並んだ北参道なんだけど、正しい入口は東参道なのよ。かりんちゃんバス市内循環外回り線で、神社前下車徒歩5秒ね。で、次は
SA3A0123.jpg

見ての通り土俵なのよ。何故神社にこんなものがあるのかというと、
SA3A0128.jpg

SA3A0127.jpg

雷電為右衛門の出身地の近くだからだそうなのよ。雷電為右衛門は江戸時代のくちゃくちゃ強い力士ね。そのため、そこの土俵ではたまに相撲が奉納されるそうなのよ。見てみたかったわね。


SA3A0126.jpg

わきにこんな小さな建造物があったのよ。説明書きはこれね。
SA3A0125.jpg

これを簡潔にまとめると、お天水の奇跡ってことなのよ。これも難しいスペルよね。大きく誘導って簡単そうに言うけど、そんなことが出来れば誰も苦労しないのよ。ちなみに、これ以外の諏訪七不思議に関しては、社務所で売ってる案内書(100円)を参照のことね。

SA3A0130.jpg

で、これが参拝所なのよ。本当はこの中に拝殿があるんだけど、祈祷を申し込まないと入れないのよ。儂が撮影した時は中で祈祷してもらっている男女がいたので撮影は自粛なのよ。
その後、社務所で案内書と御柱箸(5本500円)と絵馬を購入なのよ。御柱箸は実際に使われた御柱を使っているっぽい箸なのよ。縁起物だけど、日常の使用にも使える代物ね。但し、耐久性はあまりないっぽいから、ハレの日に使うといいわよ。で、絵馬を奉納なのよ。絵馬といっても別に変な願い事じゃないわよ。流石にここまできてアレな絵馬を書く気にはならないしね。しかしながら、それっぽい絵馬の有無は非常に気になったので、軽く調べてみると、





SA3A0131.jpg
SA3A0132.jpg

ありやがったのよ。こんなところまできて痛絵馬を描くとはいい度胸なのよ。というか、鷲宮のアレと違って回りの大半がすごくまじめな絵馬だから、絵が描いてあるのとかがすごく目立つのよ。まさに痛いわね。とりあえず、ここの神社は諸事情によって大願しかかなえてくれないという言い伝えがあるそうなのよ。したがって、こんな痛絵馬を描いていてはかなうものもかなわなくなるわよ。ついでに朝鮮玉入れ(スロット)は基本的に勝てないようにできているから、勝てるようにお願いするよりやらない方が大切よ。負け試合は受けないのが基本であるのよ。

さて、そうこうしているうちに雨が降ってきたのよ。神は恵みの雨を降らすという曲があるように、雨の神社もなかなか風流なもんなのよ。しかしながら、流石に雨が強くなってきたので、近くの土産屋などに避難して帰りのバスを待ったわけなのよ。ちなみに前宮は見てないわよ。自治体が違うらしいし、何より帰りのバスが心配なのよ。それに現在は神が祭られていないそうなので、パスしたわけなのよ。ついでに、儂が今回見た3つの宮の中で巫女さんがいたのは上社本宮のみだったのよ。しかしながら、儂は巫女さんには一切興味はなかったので、そんなことはどうでもいいことであったのよ。ほっ、ホントなんだからねっ!

で、神社参拝の後にもう一つの目的である温泉を楽しんだわけなのよ。せっかくの旅行なんだから温泉にも入りたいものね。候補は全国で唯一の百貨店内温泉であるまるみつ温泉と昭和3年に建てられた洋館温泉の片倉館の二つがあったんだけど、歴史を感じる後者を選択なのよ。
SA3A0137.jpg

これがその建物ね。ここの名物は千人風呂なのよ。といっても、千人入れるほどの広さはないわよ。その代わりに1.1mと水深が深く、底には石が敷き詰められているので、歩くと結構気持ちいいのよ。立って入る風呂というのも画期的ね。内装もステンドグラスがあったりと、温泉らしくないところがまたいいのよ。というわけで、なかなかおもしろい風呂であったのよ。諏訪観光のお勧めスポットね。ちなみに、入浴料は1回500円なのよ。ただし、手ぶらでいった場合はタオル購入とバスタオルレンタルが必要だから、+220円かかるのよ。そして、ロッカー代が別途50円必要なのよ。これは返ってこないから要注意なのよ。ちなみに、入浴後の牛乳は110円なのよ。

さて、風呂でゆっくりしている間にずいぶん暗くなってしまったのよ。新宿行きのあずさは1時間に1本しかないから、逃したらとんでもないことになるのよ。というわけで、駅まで急いで行って無事に乗車成功なのよ。ちなみに、行きはスーパーあずさに乗って帰りは普通のあずさに乗ったわけだけど、儂的には普通のあずさの方が好きね。スーパーあずさは速いのはいいけどなんか車内が狭いのよね。あずさは車内が広々としていたから、多少遅くてもいいから快適な方を儂は選ぶわよ。
で、結局東京に帰ってきたのは夜遅くになってからなのよ。結局今回も深夜帰りであったわけなのよ。おしまい。

というわけで、こんな感じね。とりあえずなかなかよさげな旅だったわよ。やっぱり神社って心が落ち着くのよね。殺伐とした俗世から切り離された世界はいいものなのよ。風神録関係なしに疲れたら神社に行くべきね。勿論、こういう大きな神社だけでなく近所の氏神様も信仰しているわよ。
で、これから旅行に行く人向けの注意点なのよ。まず、交通の便が恐ろしいほど悪いわよ。時間帯によっては1時間待ちもざらなのよ。したがって、あらかじめ駅とかインターネットとかで時刻表を入手しておいて、それにあわせて行動するといいわね。ちなみに、甲府以遠の中央本線は特急と普通が1:1の割合で走っているのよ。しかしながら、時間がないからって特急で隣の駅に行こうとするとそれだけで900円以上取られるのでおすすめ出来ないわよ。儂的には長野県内に限り特急料金を一律200円ぐらいにしてもいいと思うのよ。普通の本数ないし、特急もそんなに通過駅がないのだから、特急も使えた方が近隣住民にも便利だろうしね。あと、諏訪神社はそんなに広いものじゃないのよ。いろんな場所に散らばってるだけね。そのため、長野観光が目的ならば、1つをコースに入れるくらいでいいと思うのよ。目的なしに行ってもおもしろいところじゃないしね。儂的にはすごくおもしろいけど。
というわけで、久々にリフレッシュが出来た儂であったのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 563

というわけで、昨日の続きね。観光客から逃げるように秋宮から逃げた儂は、春宮を目指すことにするのよ。春宮までは秋宮からバスが通ってるっぽいので、停留所で時間を見てみると…


SA3A0114.jpg

なんと絶望的なほどに本数がないのよ。1方面の便の数は1日たったの2本だけなのよ。そもそも枠が2本分しか用意されていないあたり増発する気なんて元からないんでしょうけど、それにしても少なすぎるのよ。とはいえ、別に20分も歩けば着く距離だから別にバスに乗らなくてもこれといった問題はないのよ。
で、春宮ね。春宮も基本的には秋宮と同じようなものなのよ。但し、温泉街から遠いこともあってか、人がまるでいないのよ。社務所で物を売っている人もいなかったし、参拝客も1人か2人ぐらいしかいなかったのよ。こういうところは儂の家の近所の氏神様と同じようなものね。まあハレの日でもないのに神社に沢山人が来るというのもおかしな話なのよ。多分鷲宮神社も普段はこの程度の来客だと思うわよ。
というわけで、春宮の建造物ね。まずこれが神楽殿なのよ。
SA3A0115.jpg

秋宮には劣るものの相変わらずでかい注連縄なのよ。隣にある説明によると、江戸時代前期の1680年ごろに作られた建物だそうなのよ。
SA3A0119.jpg

で、これが国の重要文化財に指定されている幣拝殿ね。神楽殿の丁度後ろに配置されているため、全景をとることが出来なかったのよ。説明によると、1780年に建てられた物で、秋宮と社殿構造同じだから、当時は双方で技術を競ってたそうなのよ。ちなみに、これ以外にも4本の柱は勿論あったけど、どこも同じようなものだから写真には撮ってないわよ。そして、鳥居の外には下馬橋という橋があるのよ。どんなに偉い人でも馬から降りて渡らねばならないという橋ね。下社で最も古い建造物ということもあって、現在は基本的に誰も渡ることは出来ないのよ。と言っても、当時と違って回りはアスファルトの公道になっているから、特に渡る必要はないわよ。というわけで、下社はこんな感じね。ちなみに、下社の神様は2月から7月までは春宮に、8月から1月までは秋宮にいらっしゃるのよ。そのため、今の時期に秋宮にいってもご利益は通常よりもちょっと少ないかもしれないわよ。逆に初詣なら秋宮一択であるんだけどね。

で、下社の参拝が終わったところで次は上社に向かうのよ。上社に行くには電車に乗らねばならないということで必死ね。というのも、この辺の電車は昨日書いた通り1時間に1本。そのため、あらかじめ駅で時刻表を撮影しておいたんだけど、その電車の時間が迫っていたわけなのよ。乗り遅れたら1時間の待ちぼうけということで、これだけは避けねばならないのよ。しかしながら、みちるダッシュのかいあって電車到着5分前に駅に着いたのよ。そして、そのまま電車の乗って上諏訪駅に行ったわけね。ところで、上諏訪駅といえば足湯があることで有名なのよ。以前は普通の温泉だったそうだけど、防犯などの理由で足湯に変更になったようなのよ。この足湯、駅利用者なら誰でも無料ではいることが出来るのよ。勿論、入場券(140円)でもおっけ~なのよ。というわけで、早速儂も入ってみたところ、実はもの凄く熱かったのよ。多分45度から50度くらいの温度なので、入る時は少し気をつけた方がいいわよ。ちなみに、タオルは別売りなのよ。
で、上諏訪駅から上社まではバスに乗って行くわけなのよ。かりんちゃんバスという市営のバスね。運賃はどこまで乗っても1乗車150円とくちゃくちゃ安いんだけど、肝心の本数があんまりないのよ。あんまりないといっても上社へは2ルートで1日計15本は走っているので、さっきに比べればマシなのよ。ちなみに、バスの車内で時刻表をもらったところ、どう見ても1ルートにつきバスが1台しか走っていないのよ。せめてもう1台ぐらい増やしてほしいとは思うんだけど、平日の昼間とはいえ乗客が儂だけって区間もかなり多かったから、やっぱり難しいわよね。地方は基本的に車社会なので、バスの運営には厳しい環境であったのよ。
で、このあとバスに50分ぐらい乗ると上社なわけだけど、その辺の話は明日なのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 562

そろそろ旅行のシーズンね。こんな時は春まだ浅い信濃路へ行ってみたくなるもんなのよ。というわけで、

SA3A0103_R.jpg

実際に行ってきたのよ。要するに、日帰り旅行ってやつね。乗った電車は7時ちょうどの(スーパー)あずさ1号という微妙に惜しい電車なのよ。ちなみに、現在新宿駅を出発する電車にあずさ2号はないわよ。というのも、どうも奇数番号は下り、偶数番号は上りという法則があるようなのよ。したがって、あずさ2号に乗りたいって人は6時ぐらいに松本駅に行ったらいいと思うわよ。
で、そのあずさ1号に乗って、降りた駅は上諏訪駅なのよ。というのも、今回の旅の目的は諏訪大社巡礼なのよ。したがって、終点の松本まで行く必要はないわけなのよ。鉄道旅行としてはその方がいいんだけど、この辺は普通電車の本数が1時間に1本ぐらいしかないので、戻ってくるのが大変なのよ。ちなみに、諏訪大社は大きく上社と下社に分かれているのよ。上社は上諏訪駅下車だけど、駅から遠くて少々不便なので後回しにして、先に下社から回るのよ。下社に行くには下諏訪駅下車なので6分の接続で普通電車に乗車ね。ところで、この辺の路線名は中央東線という名称になっていたのよ。本当は中央本線なんだけど、この表現は初めて見たわね。電車も中央線らしくない青い電車なのよ。でも、セミクロスシートである分儂はこっちの方が好きなのよ。
というわけで、下諏訪駅から徒歩15分ぐらいで諏訪大社に到着なのよ。
SA3A0113.jpg

ちなみに、諏訪大社はさっき上社と下社にわかれているとかいたけど、実際にはそれぞれがさらに2つにわかれているのよ。上社は本宮と前宮、下社は春宮と秋宮ね。電車で行くなら駅から近くて便利な下社秋宮を、車で行くなら諏訪ICに近い上社を儂的にはおすすめするのよ。ちなみに、神社の参拝方法だけど、鳥居の真ん中を通っちゃだめよ。というのも、鳥居の真ん中は神様の通り道なのよ。厄神様も例外なくね。そのため、人間は端の方を通るのが正しいやり方であるのよ。要するにこの写真の階段のところを通ればいいわけね。勿論、はいる前(or後)に清水でお清めをするのはいうまでもないのよ。神様は穢れを嫌うから、聖域にはいる以上その辺はきちんとしたいものね。
さて、秋宮にはいってまず目に付くのがこれね。
SA3A0109.jpg

ここ、秋宮神楽殿の注連縄はとんでもなくでかいことで有名なのよ。見てわかる通り、すごく立派ね。何故こんなものがあるかは謎なのよ。
SA3A0108.jpg

で、こちらが拝殿なのよ。参拝は出雲以外ほぼ全国共通で二礼二拍手一礼ね。スペルではえらい難しいけれど、リアルでは誰にでも出来るのよ。というか、今作のEXの難易度の高さは異常なのよ。常人には理解しがたい弾幕の量に涙目なのよ。
SA3A0111.jpg

諏訪大社の拝殿の回りにはこのようなやはりとんでもなく長い棒(御柱)が建っているのよ。この棒が四角形の各頂点に1つずつ配置されているわけね。そして拝殿は4つあるから、全部で16本の棒が建っていることになるのよ。何故こんなものがあるかは謎なのよ。どうもこの地方に伝わる御左口信仰と関係があるようね。御左口とはミシャグジさま。要するに蛇のことなのよ。無論、儂はまだミシャグチさままでは到達してないわよ。というか無理なので仕方なくニコ動でプレイ動画を鑑賞したのよ。当然、避けられるはずがないと悟ったのはいうまでもないのよ。ちなみに、この柱の隣には説明文があったんだけど、由来に関することは書かれていなかったわね。
あとは、こんなさざれ石があったりしたわね。
SA3A0110_R.jpg

さざれ石とは君が代に出てくるアレね。ぱっと見意味がわからないあの曲を理解するには実際に行けばいいのよ。小さな石が集まって大きな岩になっている様はまさに長い年月を思わせるわね。わきの看板に書いてある通り、君が代は日本国民の末永い幸せを祈る歌なのよ。理由もなく反対する人は考えを変えた方がいいと思うわよ。
で、他には清水の代わりにあつい温泉が出る機械とか安産を願う場とかもあったりするんだけど、観光客の団体が来たので写真をとらずにここはおしまいなのよ。神社は静かなのが一番なのに、団体が来ると興ざめね。とりあえず、ペットボトルを大量に持ち込んで温泉を持ち帰ろうとするのはよくないと思うのよ。しかも温泉は源泉をそのまま出しているから、はっきりいってくちゃくちゃ熱いのよ。やけどしなかったか心配になるほどね。みんなも、神社の参拝は正しく行うのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。春宮以降は明日ね。
記事編集

Stage 561

最近深夜帰りがみょんに増えているのよ。日曜日は例会で遅くまでファミレスで呑んでいたから終バスを逃したし、月曜日は呑み会などで帰宅が遅くなったのよ。要するに呑んでいただけね。でも、例会で儂がやった『チーターマンクイズ』は大好評だったのよ。タイトルに特に意味はないけど。そんなもんだから、まともに更新する時間なんて取れないわけなのよ。帰ってきたらつかれてすぐ寝ちゃうのよ。
で、儂がそんなことをしている間に、鷲宮ではらき☆すた感謝祭なるものが企画されていたそうなのよ。曰く、大酉茶屋開業3周年を記念したもので、4月6日に柊姉妹の住民票公布式などをやるそうなのよ。そして、公式サイトによると、なんとかがみんとつかさの中の人も来るそうなのよ!これは死んでも行かなければならないわね!!そして、住民票をなんとしてでも入手せねばならないのよ!!!というわけで、鷲宮に三度出陣ね。今度こそは誰か一緒にきてほしいと思う今日この頃なのよ。
で、ここで普段ならば遠方の人涙目ってことになるんだけど、今回は特別に近畿日本ツーリストが鷲宮町商工会と協力してイベントアクセスツアーを計画したのよ。出発地は一番遠くて大阪からね。基本的には夜行バスを利用して、朝には鷲宮に着いている仕様なのよ。そして、鷲宮出発は17時。鷲宮での滞在時間が多くとられているのは町に親しんでもらうためよね。そして、鷲宮を出発した後は千代田区に2時間ほど滞在なのよ。千代田区をコースに入れるのがよく心理をつかんでいると思うのよ。大阪には日本橋、名古屋には大須があるけど、やっぱり千代田区はみんなの憧れよね。そして、千代田区で遊んだあとはバスに乗り、出発地によって月曜深夜か早朝に解散というのが流れなのよ。で、これをバス旅行として考えると、かなり高めな値段設定なのよ。夜行バス仕様じゃない普通の団体バスで、大阪発2万円、静岡発1万6千円という値段は高いのよ。東京大阪間で最安3500円のバスもあるしね。しかしながら、このツアーは参加特典が非常に豪華なのよ。限定5000枚しかない住民票が必ずもらえるのは勿論、ツアー限定の柊姉妹特製弁当とチョココロネがもらえ、さらに幸手ストラップとオリジナル鷲宮MAPももらえるのよ。この特典はあまりに魅力的過ぎるのよ。近場の人間はバスに乗らないから都民涙目と思いきや、ちゃんと東京出発のプランもあるのよ。こういうところはぬかりないわね。価格は片道で6000円、往復で9000円なのよ。個人で電車を乗っていくと往復2000円程度で行けることを考えるとやっぱり高めの値段設定であるのよ。したがって、どうしてもって場合は片道で行くことをおすすめするわよ。千代田区に行くなら鷲宮から東武に乗って、北千住からTXでもいけるわけだし、当日は沢山人が来るのだから同士もそれなりにいるはずなのよ。同じ目的の人と仲良くなるのも一興ね。勿論、往復の方が楽ではあるんだけど。

というわけで、今日は短いけど終了なのよ。
記事編集

Stage 560

すっかり風邪を引いてしまったのよ。儂は毎年この時期になると決まって風邪を引くんだけど、今年も例外じゃなかったわね。で、儂がそうこうしている間に、どうやら狼と香辛料cafeなんて物が企画されたそうなのよ。曰く、東京都千代田区の某店で4月4日から6日までの限定企画で、狼と香辛料にちなんだ特別メニューも用意されているのよ。これはすごくNice cafeね。別に儂が行きたいといってるんじゃないのよ。一般的に考えてNiceということなのよ。だから、儂は別に興味ありんせん。ほっ、ホントなんだからねっ!信じなさいよね!

で、風邪を引いて家にこもっている間に水夏をクリアしたわけなのよ。というわけで、今日はその激甘レビューね。

採点1 システム 7点/10点
よくある小説を読んで選択肢を選ぶというシステムね。基本的なところはできていると思うんだけど、中途半端なのよ。特に画面効果は貧弱ね。場面変化が多いこのゲームで何のエフェクトもなく場面が変わるというのは致命的ね。ニコ動によると、全年齢版よりも前に発売されたDVD版ではエフェクトがついてるっぽいので、こっちにもつけてほしかったわね。多分プログラムとか違うものを使用してるんでしょうけど。ちなみに、読み返し機能もついているけど選択肢の前とか場面が変わる前には戻れないのよ。ただし、あらすじモードは既読をスキップする必要がないから便利ね。尤も、このゲームではそんなに使わないんだけど。

採点2 難易度 -0点
箱によると難易度は☆1つとなってるのよ。これで難しかったら詐欺になるわけだけど、全然そんなことはなかったわね。というか、このゲームは4章を除いて選択肢は基本的に少なめなのよ。4章も基本的にはお嬢寄りの選択肢を選んでいけばいいので、そんなに難しくないはずよ。

採点3 キャラクター 30点/30点
いつものようにキャラクターベスト3ね。
1位 水瀬伊月たん 100pts 15点
2位 白河さやかたん 95pts 12点
3位 お嬢 90pts 12点
ちとせ 90pts
キャラクターとして一番いいと思うのはさやかたんだけど、やっぱり儂的には伊月たんね。間違っても巫女(ry

採点4 ストーリー 27点/30点
このゲームは全4章構成ね。登場人物もストーリーも全く違うから、1粒で4度おいしいって感じね。ただ、各章間のつながりが余りにもないのが残念であったのよ。舞台と時間が同じ4つの独立した話と考えた方がいいわね。ちなみに、儂が一番気に入ったのは4章ね。なんと不覚にも号泣してしまったのよ。さすがせつなさ度☆5ね。侮れないのよ。次いで1章。世間では2章の方が評判がいいけど、儂的には1章が好みね。別に巫(ry。そして、3番目が2章ね。といっても、これもお気に入りよ。で、最後が3章だけど、正直言ってこれはいまいちね。ある種やんでれの元祖ちっくなところがあるんだけど、あまり好きな話ではないのよ。猟奇的だし最後もダークな終わりかただし。ただし、全体的にストーリーの完成度は非常に高めなのよ。このゲームは死をテーマとしているので、重い話が続くのよ。ある種の鬱ゲーね。したがって単純に○○たんと仲良くしたいお的な人にはお勧めできないわよ。というか、そういう人は同社製品のD.C.でもやればいいのよ。●え度は脅威の☆30!続編のD.C.IIでは桜×無限なのよ!!そういうのが大好きな人には是非ともそちらをお勧めしたい次第であるのよ。ちなみに、このゲームは結構読解力使うわよ。表現が少々むずかしめにかかれてたりするから、他のゲームのように流し読みってのは出来ないわよ。時間をかけてじっくり読むのがこのゲームを楽しむコツなのよ。

採点5 その他要素 25点/30点
まず、主要キャラフルボイスで+5点。
音楽で+5点。
OPとEDで+10点ね。Fragmentは名曲だと思うのよ。
後は修正パッチなしで+5点なのよ。

というわけで、89点/100点で合格であったのよ。

その他講評
というわけで、水夏終了なのよ。ずいぶん詰んでいたけど、終わらせて見れば結構よく出来た作品だと思ったのよ。原作の発売が2001年夏ということで、古きよき古典の名作って感じね。このあと、CIRCUSはD.C.の大ヒットから曲芸商法という道を歩むことになっていくわけなのよ。無論、この作品も曲芸商法の犠牲になっているのはいうまでもなく、現在では原作の他にPC全年齢版、PCリメイク版、DC版、PS版、PS2版、その他関連商品もろもろが出てるのよ。商魂たくましいわね。とはいえ、曲芸商法も悪いことばかりでなく、古い作品を最新のハードで発売すれば、新参のユーザーでも容易にその作品を入手することが出来るのよ。とはいうものの、D.C.のようにほとんど同じ物をPS2で2本出すといったようなことはあまり感心しないけどね。
で、水夏だけど、原作はどうかは知らないけど、移植版なら昨年PS2で発売されたので、それなら容易に購入することが出来るのよ。但し、このゲームは軽く人を選ぶわよ。前述の通り死をテーマにした暗い話が多いので、パッケージにだまされて買うと非常に危険よ。
ついでに、主題歌のFragmentも現在までに様々なアレンジで出されているわけだけど、儂が一番気に入ったのはPS2版主題歌の茅原みのりんが歌ったやつね。みのりんは長門の中の人なのよ。ミニアルバムで出ているから聞いてみるといいわよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 559

というわけで、終了ね。といってもブログじゃなくて儂の今の生活なのよ。ホント長かったわね。嬉しくもあり、悲しくもありといったところかしら。とりあえず、今年1年の儂を麻雀の和了りで例えるならこんな感じね。
SA3A01011.jpg

喰い断 1飜
ドラ4
5飜 満貫

役なしチョンボ(黒歴史)にしようか役をつけようか最後まで迷った感があるけど、結局はつけることにしたのよ。儂がぶち込まれた組はそれはもう最悪であったのよ。終わりよければ…って言葉もあるけど、式中にふざけていた馬鹿がいたのは儂の組だけであったので、結局終わりまでダメだったのよ。そんなわけで組に期待するものなんてなにもありんせん。配られたあるばむとやらも見ないで焼却炉に投げ込まれるのがオチなのよ。というわけで、組に関しては完全に黒歴史なのよ。思い出したくもありんせん。しかしながら、クラス外のお友達の遊びに無理やりついていったりかまってもらってたりしたので、その部分に役をつけたのであったのよ。クラスに期待が出来ない分。こっちの付き合いが儂にとっての救いであったのよ。休み休みだったけどここまで儂が来れたのは、ひとえに皆様のご支援のおかげです。遅くなりましたが、本当にありがとうございました。勿論、同じクラスにもお友達はいたわよ。その人たちにも同じく本当にありがとうございましたなのよ。
というわけで、円満に終わったように見えるけど、実際には後悔の残る生活であったのよ。もう悔いがありまくりなのよ。特に問題なのは今年の組ね。去年の組が平和で清らかなかつてないほど居心地のいい組であった分、その対極にあった今年の組は儂の精神を蝕み、まともな活動を困難にしたのよ。そんなわけで学業の気力も起こらず、結局それなりの所にしか行くことは出来なかったのよ。もし今年の組がまともだったら今頃は別の結果になってたかもしれないのよ。過ぎたことを考えてもしょうがないって言うけど、自分の責だったらともかく、儂に全く落ち度がないのにこういう結果になってしまったのだから、ひどく儂の運のなさを恨むしかないのよ。どんな人でも結局最後は運なのよ。どんなに努力しても運が悪けりゃ水泡と化すのよ。人間はそういう風に出来ているのよ。学校がダメなら他の所に尽くせばいいってよく言われるけど、儂の本業は学校生活。特に、一番滞在時間が長いであろう組が最も重要であるのよ。他のところがいくらよくたって本業がどん底なら話にならないのよ。大事なのはやはり本業なのよ。趣味に逃げたところでなにも変わらないのよ。まあ、ランダム分岐だらけのこの世の中。バッドエンドになっても諦める他ないってことね。今回はノーマルエンドぐらいだったとは思うけど。ちなみに、ドラ4はプライベートでの役ね。学校での運がめちゃくちゃ悪かったかわりにプライベートでの運がめちゃくちゃよかったのよ。生ほっちゃんの舞台挨拶付きの映画のチケットの入手に成功したし、結構な高倍率だった神主の講演会にも当選なのよ。他にも有明で風神録購入成功、鷲宮でのストラップコンプ成功などなどなのよ。

で、式の後は立食パーティ。仲のよかった人と、最後の記念と写真を取りまくるのよ。そして、その後にボウリングに行くことになったのよ。と、その前に1日も休まないで通った人が報酬の図書カードを使ってみんなに本をおごっていたわね。儂も狼と香辛料の7巻をおごってもらったのよ。ア゛ザァァァァァァァァァァァァス!
で、ボウリングね。ボウリングは3年ぶりなのよ。儂はwiiのボウリングではそこそこのスコアを取れるので、リアルのボウリングではどうかと期待したりもしてたんだけど、不思議としょぼいスコアしか取れなかったのよねぇ。ガーター連発。だって、球は重いしなぜかよく曲がるのよ。しかしながら、儂にはどうも左に曲がる癖があるようなので、右側から投げてみたらそこそこ倒れたのよ。が、そのうち疲れてきて、どこに補正がかかるかわからないような常態になってきたのよ。投げたら右にそれるか左にそれるかそれともまっすぐ行くのか、それは誰にもわからないのよ。ほらほら、鴨川の水と賽の目と僧兵と十柱戯の球の流れは思うようにならないって言葉もあるじゃない。だから、これは正常なのよ。でも、ボウリング3ゲームは正直疲れたのよ。やるときはいつも2ゲームしかやらないので、疲れはいつもの1.5倍。最後の方は球に体をもってかれそうになってひやっとしたのよ。命の危険を感じるなんて、さすがエクストリームスポーツなのよ。恐るべし、ボウリング。ちなみに成績は最下位じゃなかったわよ。

で、エンディングテーマね。このシーズンにはそれっぽい曲が沢山発売されるわけだけど、儂的にはあえて『なんてったって☆伝説』って感じね。霜月はるかのlife(カザハネC/W)もいいと思ったんだけど、こういうときはアップテンポな曲の方がいいと思うのよ。それに、もうあえなくなるわけじゃないのよ。確かに以前のように毎日会うというわけにはいかないけど、それでも会うことに関しては十分恵まれた環境にいるのよ。みんなが離れ離れになるわけでもないし、長距離の移動があるわけでもない。会おうと思えばメール1本でいいわけなのよ。そんなわけで、別れを前面に押し出した曲というよりはこの程度の方がいいわね。『なんてったって伝説 また会う日まで』なのよ。Kanonのアンソロジーでみたけど、「ばいばい」じゃなくて「またね」なのよ。ちなみに、この曲は陵桜学園桜藤祭のED曲なのよ。とはいえ、ゲームを買って2時間もすれば聞けるので、聞いた方がいいわよ。ついでに、エンディング曲の候補の次点はRitaのAlicemagic(リトバスED曲)なのよ。むしろ歌いたいのはこっちね。調べたところ、DAMで歌えるようになっているらしいので、誰か儂をカラオケに連れてってくりゃれ。そして、また儂と遊んでくりゃれ。

ところで、最近このブログの更新が滞ってるわけだけど、実は1章クリアしただけで積んでいた水夏をプレイ中なのよ。だから更新していないわけね。現在全4章の中の4章の序盤なのよ。このゲーム、プチ怖いわよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 558

暇ね。すっごく暇なのよ。それでいて、ブログにかけるようなネタもないのよ。というわけで、購入したらき☆すたオンラインを読破なのよ。見た感じどう考えても他の本の半分ぐらいの内容しかなさそうなわけだったけど、実際読んでみたらまさにその通りだったのよ。だらだら読んで2時間もしないで読み終わる本は久々ね。ペンネームの通り本当に10日で書いたんじゃないかと思えるほどなのよ。そして、今回も自分の作品の宣伝を堂々としてるのよ。前作ではひまチャきを大プッシュしてたけど、今回はポケロリを大プッシュなのよ。こっちの方が前作より健全な気がしないでもないのよ。というわけで、薄くて内容がないこの本だけど、時間がない時に気軽に読みたいというときには非常に好都合なのよ。それに、テンポのよさはガチなので、らき☆すたファンは購入してみるといいわよ。内容がおもしろくなくても口絵だけで定価分の価値はあるはずよ。
なお、劇中で宣伝していたポケロリは全国書店で好評発売中なのよ。儂からも宣伝ね。但し、『ポケロリRPG☆オンライン』は実在しないのであしからず。でも、ちょっとやってみたい気もするのよ。ゆーちゃんかわいいよ。
で、本といえばもう一つ。たんぽぽ娘という本を探しているのよ。ロバート=F=ヤングの小説で、1980年に発行されたようなのよ。なんで探しているかはわかる人にはわかるわよ。『おとといは兎を見たの。~』で始まる部分がくちゃくちゃ有名ね。そういった本を探しているわけなんだけど、残念ながらこの本はとっくに絶版になっているのよ。絶版になっている本の入手ほど難しいことはないわけで、地元の本屋は勿論、ジュンク堂とか紀伊国屋といった大きな図書館でも在庫がないのよ。神保町の古書店街に行けばありそうだけど、定価の数倍はしそうな予感なのよ。儂には当然そんなお金を出す余裕はないため、図書館を頼りにしたいところではあるんだけど、残念ながら練馬区の図書館には一切蔵書がありんせん。肝心なところで使えないわねー。最新のベストセラーなんて入荷しなくてもみんな買うんだからそんなものを沢山入荷するより、希少な本を保存する方に重点を置きなさいよ。というわけで、このままでは閉架で貸し出し禁止の国会図書館で閲覧するしかない儂であったのよ。原典をあたるってのは大切よ。

最近、儂のブログにコメントスパムが出没しているのよ。儂は基本的にはそういうものは手動で削除することにしているんだけど、消しても消してもきりがないので非常にムカついてきたのよ。したがって、ブラックリスト方式によるコメント制限を実施なのよ。これにより巻き添えを喰らってコメントできない人も出てくると思うけど、仕様なのであきらめてくりゃれ。儂はこういう無差別なエロ広告は大ッ嫌いなのよ。ブログのコメント欄に広告を入れたところで見に行く人なんていないのよ。むしろ存在自体が迷惑だからこういうエロ業者はさっさと潰れろよ。ついでにプロバイダーも放っておくんじゃないわよ。これだからSo-netはだめねぇ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 557

今日は3月5日なのよ。というわけで、


巫女さん祭 2008キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
毎年恒例のこの行事が今年もついにやってきたのよ!3月5日を記念して、みんなで巫女さんの絵を描こうというものなのよ。そして、儂はいろんなサイトで書かれたいろいろな巫女さんを見ることが出来るという実にすばらしい夢のような企画なのよ。現在では後夜祭が行われているということで、いろんなサイトで絵が追加されてたりするわよ。というわけで、これを見た人は全員リンク先を要チェックなのよ!!!
ちなみに、儂は別に巫(ry

ところで、今日は2枚のCDが発売したわね。一つはニコ動で歌ってる人をかき集めて作ったランティス組曲。もう一つはらき☆すたのゲームの主題歌のCDなのよ。このうちどっちを買うかってことなんだけど、儂的にはらき☆すたの方を購入するわね。というのも、ランティス組曲は正直出来があまりよろしくないのよ。20分の長丁場ということでそれなりに古い曲とかマイナーな曲も多く、ニコニコ動画を意識した割にはニコ厨に優しくない仕様なのよ。組曲ニコ動が流行った要因には、ニコ厨なら誰もが知ってる曲を沢山アレンジしたというのもあるので、ニコ厨が知らない曲ばっかりアレンジしても「なんぞこれー」で終わって大して流行らないような気がするのよ。そして、肝心のアレンジもいまいちね。特に、曲と曲の繋ぎが絶望的にダメなのよ。歌い人の評価以前に曲としての完成度が低いわね。そんなわけでこちらはおすすめしないわよ。
一方らき☆すたのテーマソングの方は儂が強くお勧めしたいものであるのよ。曲としての完成度も高いし、もってけ~に引けをとらないほどの中毒性を持つのよ。しかも、オープニングだけでなくエンディングも収録されているということで、非常にお得な一品であるのよ。ゲームをやった人は勿論、やってない人もこっちを買ったほうがいいと思うわよ。ちなみに、儂はEDの方が好きなのよ。
で、そんならき☆すたのゲームだけど、どうやらいつの間にか攻略本が発売されていた模様なのよ。特に攻略本が必要ってゲームじゃないけど、こちらもよろしければ是非なのよ。その他の関連商品としては、待望のみさお単独のキャラソンの発売が決定したのよ。近日発売ということで、こちらも目が離せないわね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 556

そういえば、日曜日に幸手でストラップ先行販売があったようね。儂は行ってないので、レポートについては某掲示板の該当スレッドなどでね。曰く、鷲宮に比べてそんなに人は来てなかったそうなのよ。まあ3種類しかないから仕方がないところ、全種類発売する正式販売に期待なのよ。
で、らき☆すたといえば、らき☆すた小説の第2弾『らき☆すたオンライン』がいつの間にかに売ってたので購入なのよ。著は前作と同じ竹井10日ね。内容はまだ読んでないからわからないけど、相変わらずすごい薄さなのよ。ただでさえ薄かった前作からさらに20ページ近く少なくなって、172ページしかないのよ。その分すぐ読み終わるという利点はあるんだけどね。前作はあまりにもあきりたりなオチで終わったわけだけど、今作はどうなるかしら…?
そして●'s magazineも購入なのよ。今月の占いは、好調期は過ぎつつありんすから低迷期に備えるようにとのこと。バックナンバーを参照すると、確かに4月以降に運気の低下が見られるのよ。5月の趣味運(例大祭)が絶好調とはいえ、他はなんかぱっとしないわね。新年度早々後悔しないように、やりたいことは今のうちに全部やっておくべきね。で、もうひとつの企画ベ●プリもそろそろ本格始動ね。18~0歳まで1歳刻みの細かなニーズに対応可能な企画なのよ。0歳の登場人物というのは画期的ね。この●リコンどもめ!ちなみに、儂の好きな物は人気投票では少々低めの順位であったのよ。繰り返すようだけど、間違っても巫k(ry

で、相変わらず暇なのでネットをうろうろしていたところ、こんなサイトを発見したのよ。他人にサイトをのっとられたお話ね。この世の中には、他人が勝手に管理人宣言をしてサイトよこせと脅迫したり、友達に自分のサイトだと言いふらしたから実際にあげろと言ってくるような人たちがいるのよ。そんな人たちに被害あった話のスレをまとめたサイトね。その手の話は昔からあるらしくて、現在のスレはPart65なのよ。つまり、それ系のサイトは何時乗っ取られてもおかしくはないってことね。
で、それを見てるとどうも最近の小学校では課題でホームページを作らせるそうなのよ。もうそんな時代なのね。儂の頃にはそんなことはしなかったのよ。でも、それって正直どうかと思うのよね。というのも、ホームページを作るのって結構難しいのよ。特に小学生には。勿論、形だけ作るんだったらメモ帖でぽちぽちとタグを打っていくだけでいいけど、学校の課題として提出するんだから、コンテンツがあるほうが高評価なのよ。しかしながら、小学生がコンテンツを書くというのは難しいように思えるのよ。趣味がある人はそれについて書けばいいんだろうけど、表現力が足りてないから他サイトの丸パクリになる可能性が高いし、特に書きたいことがない人にとってはさっぱりなのよ。まあ学校の課題だし、そこまで神経質になることはないんだけど、厨って見栄っ張りなのよ。だから、他人のサイトを自分のサイトと偽って発表するわけなのよ。で、被害者が迷惑をこうむるってわけなのよ。
というわけで、儂的には学校でホームページを作らせるのはいらないと思うわよ。別にほとんどの人が運営しているってわけでもないし、運営するだけならブログで十分なのよ。必要な知識もほとんどないし、最近はアニメの公式サイトにもブログが使われていることもあるわよ。というわけで、ホームページの授業は不要なのよ。その代わり、基本的なネットマナーの授業をしてほしいわね。他人の小説や画像をパクらないとか荒らさないとか個人情報を書かないとか犯罪をしないとか。そういう基本的なことが出来てない低年齢層が数年前から目立ってきているように思うのよ。教わってないから知らなかったというのなら儂は仕方ないと思うけど、そういうことがないように学校はしっかり教育してほしいものね。そして、教わったけどやったってのはただの馬鹿だからとっととネットから消えるのよ。
ちなみに、儂のブログは乗っ取られる心配はないわね。こんなブログを乗っ取りたい人はいないだろうし、いたとしても個人情報がばれない程度にプライベートなことも載せているので、なりすましが出来ない仕様なのよ。儂的にはむしろ読者がいるのかが気になるわね。アクセス解析はつけてるけど面倒くさいからチェックすることはほとんどないわよ。カウンターの代わりって感じね。

というわけで、最後にプライベートなことなのよ。本日、今年初めての役満がひけたわよ。俺にカンパイなのよ。ちなみに、今年1発目の役満は四暗刻であったのよ。
役満200803
(使用ソフトは秘密)

ありがとう大酉さまなのよ。しかしながら、いまだに四暗刻以外の役満が引けてないのよ。国士無双も狙えるときは狙うんだけど、いつも聴牌どまりなのよね。他にも役満じゃないけど、高め二盃口って時に低目をツモったりするのよ。その辺に関してはあまり運がいいとはいえないわね。とりあえず、そろそろ国士を引きたいと思った今日この頃なのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 555

そういえば、もう3月に入ったのよ。なんかいつのまにかって感じよね。3月になったということで、カレンダーの柄も変更なのよ。今回の柄はなぎさとことみの2ショットの書き下ろしなのよ。前のKanonカレンダーには2ショットはなかったから、なかなか斬新な感じなのよ。瀟洒なデザインね。
で、本日儂の家のテレビが地デジ仕様になったのよ。といっても、テレビを新しくしたとかチューナーを買ったとかそういうんじゃなくて、もともと儂の家のテレビは地デジに対応してたっぽいのよ。今まではそれに気づかないでアナログの運用をしてたけど、それに気づいてデジタルにしたってわけね。気になる画質だけど、大幅に向上なのよ。BSデジタルと同じような画質になったって感じね。全体的に画面が明るくなって、風景を写した番組とかが綺麗になってるし、文字テロップもくっきり表示されているのよ。ハイビジョンカメラで製作されていない番組の額縁放送が少々気になるけど、それでも画質向上のメリットの方が大きいのよ。というより、この画質に慣れるともうアナログには戻れないわね。というわけで、是非とも地デジを勧めたいところではあるんだけど、画質以外のところはデメリットだらけなので、導入するかどうかは本人次第なのよ。ダビングにえらい制限があったりとか編集が出来ないとかB-CASがどうみても利権だとか。そんなもんだから普及が進まないのよねぇ。単に諸外国のように高画質にしただけってのだったらいいんだけど、せっかく高画質になっても不便になっちゃ意味がないのよ。そんなんだから買い控えが進むわけなのよ。一応2011年にアナログが終わるってことになってるけど、多分終わらないわよ。画質を求めないんだったらアナログでも十分だし、そもそもテレビを見る時間も大分減ってるからねぇ。ニコ動恐るべしなのよ。

で、次の話題。このたびめでたくらき☆すたの柊姉妹が鷲宮町民になったのよ。それを記念して、鷲宮町ではおそらく書き下ろしっぽい特別住民票を発行することになったのよ。価格は1通300円とこの手のアイテムにしてはすごくリーズナブルなのよ。正直ほしいのよ。
それにしても、商工会だけでなくついに町も便乗し始めたわね。特別住民票自体はそんなに珍しいものじゃないけど、深夜番組のキャラクターを使うとは極めて異例なのよ。国民的アニメってわけでもないしね。鷲宮町は埼玉県内でも財政赤字が洒落にならないほど大きく、何としてでも町を活性化させなければならないのよ。鷲宮必死ね。というより、必死にならないと財政再建団体になって町が滅ぶのよ。
というわけで、ストラップにつぐ鷲宮の新アイテム、特別住民票が出たわけだけど、入手するにはどうも実際に鷲宮町まで行かなければならないそうなのよ。町に人を呼ぶのが目的だからこれは仕方ないところね。そのため、首都圏以外の人は手に入れるのは結構難しいわよ。そして儂も、また300円の住民票を手に入れるために2000円の交通費を支払う旅が始まるのよ。関東最古の大社である鷲宮神社に行けることを考えると安いんだけどね。というわけで、みんなも鷲宮にいってお金を落としまくると幸せになれるわよ。ちなみに未確認情報だけど、住民票は限定5000部だそうなので購入はお早めになのよ。

儂の友人の一部が月曜日から関西に旅行に行くそうなのよ。儂はその部には入ってないから呼ばれることはないわよ。で、その代わりの一人旅の計画を立てていたのよ。とりあえず、出雲大社と伏見稲荷大社は確定。後は弘川寺や金剛峰寺、諏訪神社には行ってみたいところね。まあ、わかる人にはわかるところなのよ。本当は白川郷もルートに加えたいところではあったんだけど、電車が通ってなくて、この時期は高速バスも運休。路線バスは日本海側から1日4本のみともの凄く不便なところにあることが発覚したので残念ながら中止なのよ。あの神社とか見たかったのに残念であったのよ。わかる人にはわかる場所であったのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 554

そういえば、AKB48のポスター商法は結局中止になったようなのよ。曰く、独占禁止法の不公正な取引に引っかかる可能性があるとのこと。儂はこういう法律はさっぱりわからないけど、もともとまともな方法ではコンプはほぼ無理だったわけだし、中止するのは正解だと儂は思うわよ。このように一人に沢山買わせることをメーカーが強要してオリコン順位をあげるってのは変だし、そもそもイベントの参加者を選抜するのであれば、1人1口のみ応募可能な抽選にするといった方法もあるわけだしね。
で、イベント目的で大量に買ってしまった人のために返金プログラムが用意されているのよ。但し、それを受けるための条件は、未開封であることと、ポスターも同時に返還することとなっているのよ。未開封ってところがなつかしのNice boat.商法を彷彿をさせるのよ。とりあえず、本心ではないけど開封厨ざまぁwwwwwwwww
そして、開封していない人もポスターがないと返金を受けることが出来ないのよ。ダブったポスターを他に人にあげるって人も結構いたと思うんだけど、そのへんについての配慮が全くされていないのがよくないわね。というか、せっかくファンが買ってあげたんだから、ポスターぐらいあげなさいよ。こういう些細なことでもファンの感情は結構変化するもんよ。

で、商売ということで、本日は狼と香辛料9話を鑑賞なのよ。今回はノーラと出会ったところからよね。とりあえず、ノーラがすごくかわいいのよ。ノーラのキャラデザは原作よりこっちの方が確実に上ね。おまけに、くらなどの渚にみょんに似てるのよ。しゃべり方とか性格とか声とかそっくりなのよ。あまりにもそっくりだったので調べてみたところ中の人は一緒であったのよ。というわけで、ノーラかわいいよ、ノーラ。あまりのかわいさにホロ嫉妬なのよ。ところで、くらなどは現在18話。後5,6話で3キャラ終わらせるのはどう考えても不可能なわけだけど、どうも18話で藤林姉妹と坂上ともよのフラグを折ったっぽいのよ。まああの状況では仕方がないわよね。そもそもテキスト量がKanonの4倍ちかくあるくらなどを同じ2クールで全ルート通って完結させるのはどう考えても無理あのよ。というわけで、19話以降は渚ルートからエンディングまで直行ね。通らなかったルートに興味がある人は原作をやると幸せになれるわよ。勿論儂もやるつもりよ。PCのフルボイス版発売及びPSPへの移植が決定したということで、どのハードの物を買うのかが悩ましいところであるのよ。
そんなこんなで街に着いたロレンス一行。街の入口の税関では商品の10%の関税を納めなければならないシステムなのよ。結構きつい税率ね。物納することもできるので、ロレンスは物納を選択なのよ。ここで現金納税を選択すれば何かわかったかもしれないのにねぇ。わかったところでこの時点ではどう仕様もないわけだけど。
街の中ではノーラは嫌われ者なのよ。それはもうかわいそうなほどに。といっても、ノーラが悪いのではなく、そもそも羊飼い自体が嫌われ者という設定なのよ。詳細は後ほどね。
で、最後にロレンスを狙う怪しい男が登場して今回は終了となったわけであったのよ。今回まではまだ導入って感じね。話が本格的に進展するのは次回以降なのよ。果たしてロレンスは無事に生還できるのか?

で、もうひとつ。シゴフミ3話を鑑賞なのよ。6話を見た流れってわけね。相変わらずテーマが重い番組よね。そういう回だけを選んで見ているってのもあるけれど。詳しい内容はDVDなりを見てもらうことにして、今回のテーマは自殺。要は高いところから飛び降りたらどうなるだろうってお話ね。みんなも考えたことぐらいはあるわよね。勿論儂もあるわよ。そんなことをしたら当然の如く死ぬわけなのよ。だから、考えはするけど実行することはないのよ。でもせんちゃんはそれをやってしまったわけなのよ。死ぬ理由はないけど生きる理由もない。たまたま飛べてたら死んでいた。それだけのことなのよ。
正直、なんかせんちゃんに共感できるのよね。どうも心情が似ているっぽいのよね。今のところ死ぬ理由はないけど積極的に生きる理由もないのよ。そういう人って結構多いんじゃないのよ?特にこの腐った日本社会では希望を見出すことも出来ないでしょうに。そもそも、人間生きていることには意味はないわよ。だってそのうち死ぬんだから。重要なのはなんで生きているのかということなのよ。生きていることでどのようなメリットがあるということなのよ。そこから先は哲学の範囲になるから触れないわよ。儂はそんなものに興味ないし。ただ、生きてることにメリットがないのであれば、別に生きてようが死んでようが同じだから、なんとなく死んじゃったってことになるかもしれないのよ。年間3万人を超える自殺者の中でそんな風に死んだ人はそんなに少なくないはずなのよ。何も死ぬのに理由があるわけではありんせん。儂の中では人間死ぬのもありよ。ただ、死んだ後で後悔してもしらないけどね。
というわけで、この作品の登場人物は病んでいるのが多いというわけなのよ。勿論儂もだけどね。ちなみに、今の儂は生きる理由が小出しに供給されてるっぽいので、それがある限りは死ぬつもりはないけど、それがなくなったらどうなるかは死りんせん。仮に死んだとしても死後文は出さないでしょうね。ちなみに、死後文は擬似的にではあるけど再現が可能よ。勿論、送りたい人の所にダイレクトで届くのはいうまでもないのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。