これは、とあるちょっとした知識と日陰の何とかのブログなのよ。 間違ってもおたくのブログではないのよ。

2008/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/06

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

Stage 594

はぁー、かったるいのよ。最近ホントかったるいのよね。なんというか、やるべきことが多すぎるのよね。試験に課題に発表に〆切、そして人間関係。あまりにゆとりのない生活がだんだん嫌になってきたわけなのよ。時間的にも精神的にも。忙しいけど心にぽっかり穴が開いたような感じなのよねぇ。
そんな中、中途半端に開いた時間を見つけてニコ動を見たりするんだけど、

こういう動画を見てますます鬱になるのよ。儂は別にかがみんみたく友人が全くいないというわけじゃないのよ。食事も便所飯とかじゃなくてちゃんと食堂か部室で食べているのよ。ただ、儂はあんまり社交性が高くないから友人が沢山いるってわけじゃないのよ。ほんの数人ね。というか、もともと儂はそんなに友人を積極的に求めるような人間じゃないのよ。言葉にするなら非コミュ。雰囲気的にはらき☆すたの陵桜学園桜藤祭に出てくる永森やまとに近いものがあるのよ。
永森やまと

これね。クラス一丸となってやっている文化祭の準備にも参加する意思を示さないような人間なのよ。儂も似たようなものね。したがって、本来ならば図書館で本を読んでいるだけでなんら問題はなかったはずなのよ。でも、雰囲気がそれを許さないような感じね。なんていうか、つるむことがジャスティスといった空気が蔓延しているのよ。つるまない人は人ではないって感じなのよ。まあ、それはある意味仕方ない面があるわね。実際のところ、つるんでいた方が楽しいし、実務上つるまなければならない時も多々あるのよ。そして、つるんでいた方がいろいろな面で有利なのよね。というか、つるまないことに対するデメリットが大きすぎるのよ。情報的な面でもそうだし、回りがみんなつるんでいるのに一人だけつるんでいないとなったら本気でかがみんみたいになりかねないのよ。それだけはなんとしても避けたいと、必死になってつるんだりしているわけなのよ。しかしながら、人の流れが流動的なシステムゆえ、今後数年間つるめる人を今の内に探しておかなければ少々まずいことになるのは言うまでもないのよ。そして、現時点でそれが見つかっていないから焦りが出ているのよ。ある種の強迫観念みたいなものがあるんじゃないかと思うのよ。
それにしても、ホント主体的に行動するのに疲れたのよ。前にも書いたけど、これからは自分で何らかのアクションを起こさなきゃダメなのよ。そうしないとどんどん回りから取り残されることになるのよ。何か問題が起きた時、今までだったらあきらめていたか、泣き出して誰かが助けてくれるのをまっていたけれど、これからはそれは許されないのよ。あきらめたら他の人に迷惑がかかるかもしれないし、泣いたところで助けてくれるはずがないのよ。そもそもつるまなきゃ泣ける相手もいないし、つるむためには相手にあった技能や行動が出来ることが求められるのよ。要するに泣き言は許されないってことね。まあ世の中なんてそんなもんだろうけど、泣き言が許されていた今までとの変化があまりにも急激過ぎるのよ。正直言って、これからついていく自信が全くないのよ。というか、現状すごく心が折れそうなのよ。なあ、ぬしよ。頼むからわっちを助けてくりゃれ。わっちはもう限界じゃ。頼むから甘えさせてくりゃれ。

とはいっても、やっぱり自分で積極的に付き合うのは必要だということで、今日は友人と昼食に行ったわけなのよ。ラーメン二郎の話をしたところ行ってみたいということで行ったわけなのよ。儂にとっては2回目の二郎ね。以前来た時は強制的にぶたダブルの大盛を頼まされたけど、今回は特にそういったことはなく自分の好きなメニューを頼むシステムなのよ。
予め『値段の高いメニューほど危険』という話をしたのにも関わらず2番目高いぶたダブルを頼む友人。初来店だというのになんというチャレンジャーね。ラーメンに危険という表現はどうかと思うけど、本当に危険なんだから仕様がないのよ。ついでに、危険なチャレンジメニューとして全増し増しの話もしたんだけど、あろうことかそれも頼む友人。超チャレンジャーね。確かにトッピングは無料だから頼んだ方が得ではあるけれど、同時に罠でもあるのよ。で、その友人は結局大量の野菜とぶたを食べたところで、麺をほとんど残してギブアップなのよ。曰く、最初はよかったけど麺にはいるところでやばくなってくるとのこと。儂が最初に二郎に行った時と同じようなこと言ってるわね。儂も最初は喰う気満々だったけど、結局同じように大量に残したのよ。無駄に腹にたまるぶたとかは罠過ぎるのよ。ちなみに、ラーメン二郎のやばさはこの動画を見ればよくわかるのよ。

全増し増しそのものはないっぽいけど、見るからにやばそうなものがそれに近いのよ。まさしく殺人ラーメンね。喰ったら寄り道せずに即帰宅なのよ。ちなみに、儂は一番安いただのラーメンを頼んだわよ。流石に大盛は前回で懲りたのよ。トッピングも今回は無しにしたのよ。そしたら、結構普通のラーメンになって来たのよね。普通といっても麺の量は相変わらず他の店とは比べ物にならないほど多いんだけど、それでも常識的な量にはなったのよ。これなら常人でも完食できるのよ。というわけで、今回は無事に完食。といってもスープは明らかに健康に悪そうだから飲んでないわよ。とりあえず、次回は野菜増しぐらいには挑戦しようかと思った次第なのよ。ここって頻繁に食べたくなるような味じゃないけど、たまに食べたくなるのよね。丸1日つぶす覚悟なら是非。

というわけで、本日は終了なのよ。
スポンサーサイト
記事編集

Stage 593

そういえば名前入りの鉛筆だけど、東京だったら伊東屋とかでやっているようなのよ。伊東屋は銀座の老舗文房具店だけど、銀座だけじゃなくて都内の繁華街の各地に店舗を構えているのよ。その中の一部の店舗でそのようなサービスをしているようなのよ。気になるお値段と納期だけど、1ダース210円で当日受け渡しとなってるわね。漢字を使うと525円になって納期も大幅に伸びるんだけど、別に漢字を使う予定はないから気にしなくていいのよ。とはいえ、こういうお店ってのは肝心の鉛筆が結構高いものだから、気軽にこのサービスを使うわけには行かないのよ。したがって、よく考えて使う必要があるようね。とりあえず、もっと安いお店も探してみることにするのよ。

ところで、神主の新作の話をしてなかったわね。儂は運良く例大祭で入手できたけど、入手できなかった人も相当数いた模様なのよ。大変お気の毒だけど、1ヶ月後ぐらいにWeb体験版が出ると思うからそれまで待つといいわよ。間違ってもnyだとかshareとかで落とすのはダメなのよ。
で、今回の新作『東方地霊殿』は東方シリーズの第11作に当たるのよ。いつもどおりのオーソドックスなシューティングね。プレイヤーキャラクターは前作と同じ霊夢と魔理沙で、追加キャラはいないのよ。その代わり、妖怪を各キャラ3人の中から1人選んで地上からサポートしてくれる機能が搭載されたのよ。とはいえ、実質的には前作まであった武器選択の発展のようなものなのよ。ただ、攻撃手段だけじゃなくて選んだ妖怪に応じて特殊能力がつくというのが今回のポイントなのよ。例えば霊夢で紫を選んだら、右端から左端(勿論逆も)へワープできるという特殊能力がつくのよ。これにより切り返しが不要になり、うめぇwwwということになるのよ。
で、ゲーム内容は基本的に前作の風神録と似たようなものね。霊撃も同じシステムのまま残ってるし。ただ、今回得点稼ぎはちょっと辛いかもしれないのよ。というのも、仕様により画面上部をキープしていないと得点アイテムの倍率がどんどん下がって行くのよ。それも結構なペースで下がっていって、すぐに最低点の10点まで下がってしまうのよ。とはいっても、今回EXTENDに点アイテムの個数や得点は一切関係がなくなったから、スコアラー以外は無視してもいいと思うけどね。ちなみに、今回EXTENDは残機の欠片で行うようになったのよ。中ボスやボスの攻撃をボムってもいいからミスらずに次の段階まで進めると出るアイテムで、5個集めると1UPするドラスピ方式なのよ。段階っていってもスペルカードだけじゃなくて通常弾幕をクリアしても出るので、体感的にEXTENDしやすいような気がするのよ。ただし、3面の1UPアイテムは廃止なのよ。
で肝心の難易度だけど、はっきりいってかなりむずいのよ。風神録のときもむずいと書いた気がするけど、今回はそれのさらに上を行く難易度なのよ。というのも、しょっぱなから敵の攻撃が激しいのよね。弾の密度が濃いし、弾速速いし。さらに2面では文花帖EXの鬼気「濛々迷霧」の劣化版のような弾幕を避けることを要求されるので初見ではまずクリアは不可能なのよ。体感で地霊殿の1面が過去作の3面って感じね。勿論、2面が4面で3面が5面なのよ。もしくは地霊殿のEasyは他の作品のNormalね。そんなわけで、素人には正直お勧めできないのよ。せっかく切り返しをしなくてもいい機能があるのに初心者涙目ね。例大祭体験版は製品版より難しいらしいけど、風神録のときは正直違いがよくわからなかったのよ。というか、あんまり変わってなかったのよ。だから、今回もその傾向になる可能性があるのよ。あと、どうやら霊夢のホーミングは廃止になったっぽいのよ。一応軽いホーミング機能がついたものはあるんだけど、過去作のように完全にホーミングする武器がなくなったのよ。したがって、ボスなどでは座標をあわせる必要があり、嫌でも難易度アップなのよ。というか、針巫女とかをあまり使ってない儂にとってはかなりの難関なのよ。製品版が出るまでには慣れておく必要があるわね。

と、まあこんなところね。難易度は高いけど、やっていて面白いし曲もいいのよ。ここは流石東方といったところね。儂は夏の有明に行く予定はないけど、是非とも製品版を速くやってみたいところであるのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 592

昨日は某神社の例大祭だったのよ。年に1回の途方もない規模のお祭りなのよ。家の近所の神社の例大祭とは比較にならないほど大勢の人がやってくるのよ。回を重ねるごとに規模が大きくなり、今回はなんと有明での開催なのよ。前回と前々回の池袋は生命の危険を感じるほどの人口密度だったから、会場拡大もやむなしね。しかしながら、それによりサークル参加費が1sp6000円とかなりの金額になり、一般参加用のカタログも値段があがっているのよ。カタログの値上げは儂的には参加サークルが増えるのであれば別にいいと思うけどね。その分買い物の選択肢が広がるわけだし。

で、当日は有明7時に集合して行ったわけなのよ。あんまり早すぎるとペナルティだしね。かといって、遅すぎると入場すら出来ない可能性があるから、この時間が丁度いいと思ったわけなのよ。しかしながら、実際はその時点でもかなりの人数が来ていたのよ。この時点で過去2回とは比べ物にならない人数ね。というか、こいつら全員始発組みでしょ。有象無象の(ry
で、まってるのはいいんだけど、途中から雨がそれなりに降ってきたから大変なのよ。靴が濡れるし、じめじめして体調が悪くなってきたのよ。始まる前だというのにこれはまずいのよ。雨が降ったりやんだりの不安定な天気の中延々と待ち続けて、結局本家の行列から会場内に入れたのは大体11時ぐらいね。ちなみに、今回はペナルティがあったようで、徹夜組がその対象になったようなのよ。ざまぁwwww。というわけで、今回は始発組からはセーフだったようだけど、次回以降はどうなるかわからない模様なのよ。
無事に本家が入手できたということで、次にシャッターを見るわけだけど、今回はFLIPFLOPsさんに絞るのよ、というのも時間的にシャッターを沢山巡るのは難しいのよね。長蛇の列の所も珍しくなかったし、そんなところにあとから並んでも途中で売り切れて大幅に時間をロスするのが落ちなのよ。そんなわけで、それだけ買ってあとは島中を巡るのよ。チェックしているサークルというのもほとんどないので。やっぱりいつものジャケ買いね。そんなわけで、購入したのはこんな感じなのよ。
SA3A0175_R.jpg

先ずは本の類からね。これが一番多くて、全25点なのよ。といっても、大半がジャケ買いね。基本的に儂はひいきのサークルとかはそんなにないのよね。当日表紙を見てパラパラっとめくって購入するタイプなのよ。パチェ分が若干多いのは仕様なのよ。
SA3A0176.jpg

CD類は神主合わせて3枚なのよ。過去一番の少なさね。それも、神主を除けば導線の成り行きで購入した物ばかりなのよ。というのも、今回CDはノーチェックだったし、ジャケ買いが難しいというのもあるのよ。後は大手は軒並みシャッターということもあるわけだしね。そんなわけで、CDはあまり購入してないのよ。ほしい物は委託で購入することにするのよ。
SA3A0173.jpg

グッズ類はご覧の通りなのよ。儂的にはみすちーの雀牌ストラップがお気に入りなのよ。ちなみに、端っこの鉛筆はサイズ比較用ではなく、東方のキャラの名前が彫られているという代物なのよ。ところで、そういう名前の入った鉛筆ってどこで作っているのか気になるのよ。つくっている場所がわかれば儂のお気に入りのキャラクターの名前入りの鉛筆が簡単に手に入るのよ。そこで、調べてみたところ各地の文房具屋などで作ってもらえるようなのよ。しかしながら、漢字ありorひらがなだけといった条件や値段に結構ばらつきがあるし、それを作る箔押しの機械があるお店がそんなに残っていないようなのよ。儂的には通販を使うのはあまり好きではないから、都心の店を回ってみる必要があるわね。
というわけで、購入した物はこんな感じであったのよ。
で、ここからは例大祭についてなのよ。まず、今回ははじめての有明開催となったわけなのよ。これで混雑が緩和されると誰もが期待したわけだけど、残念ながら例年通りの混雑となったわけなのよ。通路がそれなりに広く取られていたため昨年よりはマシだったとはいえ、それでも大晦日以上の人口密度であることには変わりないのよ。未確認情報だけど、来場者数はおよそ3万人だとのこと。昨年の3倍ね。それにより、入場規制が敷かれたのよ。会場で出たらもう入れないといわれたのはそのため。さらに、会場の要請でカタログ完売後にカタログ不所持者は入場不可という通達があったそうで、この辺の対応については次回改善を期待するところであるのよ。というか、はっきりって人が多すぎなのよね。会場の広さが2倍になっても来場者数が3倍になっては全く意味がないのよ。次回はもっと広い会場を使うべきなのよ。具体的には西4だけでなく西3も使うとか。尤も、次回も有明の会社が使わせてくれるのであればという話なんだけど。ちなみに、アフターイベントは中止になったそうなのよ。流石にこの人数でアフターは危険と判断したんでしょう。それ自体は別にいいんだけど、来年以降もアフターがなくなる可能性が高いのよ。儂は参加する意思はないからいいけど、毎回参加してた人にとっては残念であったのよ。
あと、マナーの問題ね。今回いろんなところでマナーが酷い輩が多いという話があったのよ。儂は露骨なものは見てないんだけど、確かに導線が出来にくい感じがあったわね。あと、一方通行の所を逆そうしているやつを見たのよ。儂も待機列で傘をさしていた故、あまり人のことを言えたもんじゃないけど、せめて中でのマナーぐらいは守ってほしい物なのよ。特に今回はこういったイベントに行ったことがない人がかなり来ていたようなのよ。どういうイベントかもわかってないのにいきなり例大祭に行くのはちょっとどうかと思うのよ。それと、一番問題なのがニコ厨。ニコニコで東方を知ったっぽい小中学生が結構来ていて、そいつらが騒いでいたようなのよ。そういうのが一番迷惑なのよね。というか、はっきりって来て欲しくないのよ。オンリーイベントに行くならそのジャンルの基礎知識ぐらい知ってて当然。神主の名前を知らなかったり、魔理沙をアリスといったりするような何も知らないにわかには例大祭に来る資格はないと思うのよ。というか、東方知らないニコ厨をシャットアウトすれば来場者数が減っていいと思うのよ。18歳未満一律入場不可にしてもいいんだけど、東方界隈は18禁がそんなにないから、一般向けが欲しい高校生とかがちょっとかわいそうなのよ。そんなわけで、事前に東方検定かなんかを全国でやって合格レベルに達した者のみ入場証を発行するとか。儂も過去に東方オープンを計画したから問題作成には自信があるわよ。少なくとも、問題の難易度に気を使う程度の能力は持っていると自負するのよ。多分ないとは思うけど、問題作成の際にはぜひ儂を。
あと、儂自信の反省ね。とりあえず、カタログは事前に買っておくべきだったと思うのよ。流石にカタログ無しってのは辛かったわね。それでチェックを忘れて買いそびれたのもいくつかあるのよ。実際に買おうとしたらどこも売り切れだったという点もあるけどね。ちなみに、儂的にはここにある傾向別に色分けされた地図が役に立ったのよ。今まではジャケ買いのときは闇雲に移動してたんだけど、この地図によりお目当てのキャラが出てくる本をピンポイントで購入することができるのよ。次回以降もこういった地図を利用したいところではあるわね。

というわけで、例大祭はこんな感じなのよ。神主の新作については後ほどね。ちなみに、このあとつかれきって電車内で少々微睡んだあと同じ日にブッキングしてた例会に行って、(月宮あゆの大好物で)『たいやき』とか『長門有希』などの問題に正解したあと、11時前に帰宅。その後風邪で丸1日寝込み今に至るというわけなのよ。結局最後まで健康運は最悪だったのであったのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 591

そういえば、今期最大のアレな番組の『かのこん』がついにGyaoで無料配信停止になったようなのよ。曰く、7話に倫理規定を超えた表現があったとのことなのよ。これにより、他のサイトでも無料配信を停止するところが現れたのよ。まだ対応を発表していないサイトも結構あるけど、それらのサイトの対応によっては、最悪ネットでの無料配信がなくなる可能性があるのよ。そうなれば見る方法はネットでの有料配信か衛星放送のみとなるのよ。AT-Xが見れる儂にとっては実害はほとんどないけど、そうでない人にとってはとんだ災難であったのよ。とはいえ、AT-Xで15禁のものがネットで制限無しで見れるというのもおかしな話なのよね。別に小中学生が見ちゃいけないとは思わないけど、堂々と見れるのは正直どうかと思ったのよ。儂的には会員制サイトで15歳以上のみ視聴可能ってしたほうがよかったと思うわね。とりあえず、7話配信日の各社の動向が気になるところであるのよ。全部見れなくなってたらDVDの販促だと思って諦めた方がいいわよ。

そして、それに関連して民主党の糞議員がエ●ゲの規制に関する嘆願を提出なのよ。曰く、、「街中に氾濫(はんらん)している美少女アダルトアニメ雑誌 やゲームは、小学生の少女をイメージしているものが多く、このようなゲームに誘われ た青少年の多くは知らず知らずのうちに心を破壊され、人間性を失っており、既に幼い少女が連れ去られ殺害される事件が起きている」とのことなのよ。要するにエ●ゲーマーは心を壊していて犯罪を起こすから規制すべきということね。成程。で、その根拠はなんなのかしら?そういう主張をするのであれば、先ずそれを示す統計などの証拠を出さなければいけないのよ。ところが、現時点ではそのようなデータが一切示されていないのよ。もしかしてこいつ思い込みでそういうこといってんじゃないのよ?クズでも一応は国会議員なんだから、もう少し常識的な発言をしてほしいものね。
ところで、この国会議員は禁酒法って知ってるのかしら?過去にアメリカにあった酒の販売等を禁止する法律で、これにより不健全な酒場をなくしたり酒に関する犯罪を抑制して健全な社会を作る目的があった法律なのよ。しかしながら、実際には密造酒やくちゃくちゃ不健全な非合法酒場が増えたり、酒を巡るマフィアとかの犯罪が横行して、余計悪い社会になってしまったということね。この法律では酒を禁止したわけだけど、酒を呑みたいと言う人間の欲望はなくならないのよ。その欲望はどこかで発散させる必要があるため、結果的にみんなが密造酒に走ったわけなのよ。今回もこれと同じなのよ。人間だからどうしても性欲は起こるものなのよ。問題はそれをどのように発散するか。エ●ゲがあるならばそれで発散してもいいわけだけど、それが規制されれば他の方法で発散せざるを得なくなるわけなのよ。その結果犯罪に手を染めてしまうことも十分ありえるわけなのよ。
大体、日本のエ●ゲの規制は世界的にもゆるいほうだけど、だからといって性犯罪が多いわけではないのよ。むしろ強姦とかは世界的にも結構少ないほうなのよ。そういった事実があるにもかかわらず偏見だけでこのようなことを言うバカは話にならないのよ。この請願はまず間違いなく却下されると思うけど、こういうアホな請願を出す輩は国会議員になるべきじゃないのよ。次の選挙では是非とも落選させるべきね。ホント、フェミニストにはろくな人間がいないわね。いっぺん死んだ方がいいんじゃないのよ。


今日は丸一日休みなのよ。というわけで、集まりでドロケイをしたわけなのよ。何故ドロケイなのかは謎ね。とりあえず、やってることはドロケイというよりは逃走中って感じね。制限時間は25分で、ゲーム開始から5分でハンター開放。残り20分を逃げ切れば勝利なのよ。ちなみに、舞台はほぼ無人の大学キャンパス。東京ドームおよそ0.5個分の広さなのよ。当然ながら建物内は進入禁止ね。ハンターは10人ぐらいで、プレイヤーも同じぐらい。要するに、各ゲームごとに入れ替えるのよ。
で、やってみると逃走中よりかは潜伏中って感じなのよ。何せ範囲が狭い上にハンターが10人もいるのだから、表に出ているとすぐにつかまってしまうのよ。そのため、裏に隠れるのがポイントなのよ。勿論、ハンターもそれを知っていて探しにくるから、見つかったら巻かなければならないのよ。なかなかスリルのあるゲームね。ちなみに、儂の結果は第1ゲームが16分過ぎに確保。第2ゲームはハンターで二人確保。第3ゲームはうまい隠れ場所を見つけて逃げ切りなのよ。別に走りまくったわけじゃないのに妙な疲労感なのよ。
で、このあと雀荘で東風戦を1回やって終了なのよ。本当はこのあと焼肉の呑みがあったようだけど、例大祭に行くため、お金を節約せねばならないので欠席なのよ。残念でした。というか、まだ例大祭のカタログが買えてないのよねぇ。というのも、どこにも売ってないのよ。これでは当日買わねばならないことになるのよ。マップだけはネットで見れるからいいけど、当日までカタログがないのはちょっと不安ね。とりあえず、大手だけでも情報を入手したいところであったのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 590

そういえば、犬と猫の超人気フリーゲーム『レミュオールの錬金術師』が今年夏にDSで発売するそうなのよ。フリーゲームの方の存在は以前から知ってて、超作業ヤリコミ系お店経営シュミレーションということで、多少興味はあったんだけど、GUIがイマイチなのとハマった時のことを考えてプレイはしなかったわけなのよ。しかしながら、今回のDS化でGUIが向上。そこそこ面白そうな作品に仕上がってそうなので、優先度低めで購入を検討なのよ。それにしても、フリーゲームの商業化ってのは結構珍しいのよ。儂の知る限り( ゜ワ゜)ノ氏のEvery Extendぐらいなものなのよ。といっても、原作を大幅にアレンジしての発売なのよ。そう考えると、今回の原作とほぼ同じよう(にみえる)な内容で移植されるというのはかなり異例なのよ。儂の知る限り初ね。というわけで、今後の展開に注目なのよ。

昨日は久々に呑みなのよ。久々っていっても前回の呑みから1ヶ月も経っていないわね。半期に1回ぐ来しか呑み会がない団体も多い中、月に何回も呑み会がある儂の団体は確実に呑みすぎだと思うのよ。前評判に偽り無し。でも、別に呑みは嫌いじゃないからかまわないのよ。呑みたくなければ断ってもいいしね。で、二次会は例によってカラオケなのよ。一次会がカラオケ設備のある居酒屋で、そこで30分もカラオケを楽しんだというのに、またもやカラオケなのよ。基本的に曲目はJAMとかの絶叫可能な曲が中心だから、終わったらひどく喉が枯れるのよ。風邪気味の儂にはきつい仕様ね。面白かったからいいけど。しかしながら、翌日は喉の調子が悪かったのと、もの凄く雨が降っていて気分が悪かったので、午前の講義を欠席したのであったのよ。

で、そんな忙しい生活の中、わずかな時間を見つけてかのこんの6話と7話を鑑賞なのよ。かのこん6話はお正月回。着物姿の源ちずるが非常にいやらしいのよ。帯の端を持ってあーれーはお約束ね。そして、新ジャンル『すく水エプロン』。To loveるのはだかエプロンといい、この製作会社本当にやってくれるわね。そして、ちずるとふたりっきりのエロスゴロクプレイなのよ。最後の方のマスが全部えっちするだから、嫌でもえっちをしなければならない仕様なのよ。これはひどい。しかしながら、結果的にはいいところでつるぺた狼が登場してえっち回避なのよ。視聴者涙目。そして、Bパートは風谷神社に初詣にいくお話ね。リンゴ飴や綿飴を食べているだけなのにエロくみえる不思議。あとは、クラスメイトがみんな来ていたり1回1000円の射撃があったりして、この回は終了ね。
で、第7話なのよ。なんと乳首解禁。勿論ニップレスで隠してあるわけだけど、ついにここまで来たかって感じね。R15とはいえ、いくらなんでもやりすぎなのよ。脂身自重。というか、隠れてないし。
で、そのあとは雪花という雪女が出てきて学校中を凍らせてサバイバルなんてことをやったりするんだけど、だんだんそんなことがどうでも良くなってくるのよ。むしろ、澪タライとか人肌で暖めあうちずると望が下半身に(ピー)に注目なのよ。

ここでなぞなぞ
ちずる:こんなに寒いのにすっごく熱いのな~んだ?
望:カチンコチン、凍ってもいないのにカチンコチン。な~に?


答えは勿論(ピー)よね。ホント不埒ねぇ。で、結局最後は遭難プレイで終了なのよ。
それにしても、相変わらず過激な番組よね。年齢制限のない地上波で放送できないのも尤もな話なのよ。ちなみに最近、毎年恒例の子供に見せたくない番組のランキングが発表されたわけだけど、残念ながらランクインしていないそうなのよ。生データを見ても、そういう記載は特にないのよ。これは、調査の時点ではまだかのこんは放送していなかったのと、衛星放送だけで放送しているマイナーなアニメなんて誰も知らなかったのが原因だと推測するのよ。まあ、357個あるその他の中に1つか2つは入っていそうだけど。
しかし、こういったアンケートというのは親のエゴが入って良くないわね。どうせ娯楽なんだから好きなもの見せたらいいじゃないと思うのよ。確かに、最近のテレビは低俗な物が非常に多いけど、別に長時間のめり込むんじゃなければ、特に好きな物を見て問題ないと思うのよ。小学5年生の2.5%がエロゲに手を出す世の中なんだし、テレビの内容ごときでばかばかしいとかエッチだとか夢がないだとか騒いでる大人は正直恥ずかしいと思うわよ。儂的にはこの小5の餓鬼どもがどのようにエロゲを手に入れたのか非常に気になるところであったのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 589

ここんとこ気温の変化が激しい日が続いているのよ。おまけにパフェを食ってからというもの、体調が悪かったので、なんと風邪をひいてしまったのよ。さすが健康運が最低なだけあるわね。せめて例大祭までには治したいところではあるのよ。

で、ニュースサイトを見てるとこんな記事を発見ね。
村上隆氏作のオナニーする少年のフィギュア、16億円で落札・・・米』(痛いニュース)
詳細はリンク先にてね。バカに高いと思ったらどうやら高さが254cmもあるそうなのよ。といっても、それでも高いわけなのよ。ホント芸術家って儲かるわねぇ。勿論、嫌味で言ってるわけだけど。
参考までに、昨年リトバス原画展で展示された等身大棗鈴のオークションでの落札価格が76万4千円なのよ。で、今回の作品の落札価格はそのおよそ2000倍なのよ。芸術作品の適正価格なんてあってないようなものだけど、儂的には、このオナニーフィギュアが棗鈴の2000倍の価値があるとは到底思えないのよ。勿論、その価値があると思った人が落札したわけだけど、その人がどんなところに惹かれて落札したのか非常に興味があるのよ。儂的には正直あまり欲しいとは思わないわね。絵も古臭いし、造型もあまりよろしくないっぽいし。儂が鈴とこれのどちらかを強制的に買わなければならないんだったら、迷わず鈴を選ぶのよ。
それにしても、現代芸術というのは本当に意味がわからないのよ。1000万円も出せばなんでも鑑定団に出てきそうな絵画や骨董品が入手できるというのに、何故こんな文字通り芸術家のオナニーに16億も出すのかさっぱりなのよ。まあ、金持ちの道楽でやってるんでしょうけど、できればこういうものは表には出さないでもらいたいわね。特に今回は日本のフィギュアだとかそういった産業に対する間違ったイメージを植えつける可能性もあるわけなのよ。実際は全然違うわけなのにね。そんなわけで、儂は村上隆が好きじゃないのよ。日本の恥だからもうこれ以上作品を発表しないでほしいものね。

そういえば、棗鈴で思いだしたけど、リトバスエクスタシーのデモムービーが公開されたようなのよ。ここのミラーかニコニコ動画などで視聴可能なのよ。ちなみに、噂によるとリトバスエクスタシーはDVD-ROMで2枚組みだそうなのよ。内容も無印の1.4倍。それでいて価格は同じ9240円なんだから、こっちの方がお得よねぇ。儂的には店舗別特典が気になるところであるのよ。無印はクドフィギュアがついてくるア●メ●トで買ったけど、今回は果たして?といっても、別に購入を決めたわけじゃないわよ。念のため。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 588

昨日、5月13日は一ノ瀬ことみちゃんのお誕生日なのよ。正直ことみシナリオはもの凄く泣いたのよ。くちゃくちゃ泣いたわね。そんなわけで、一日遅いけど、『ことみへ(中略)かわいい ことみ。お誕生日おめでとう』なのよ。儂にはクマのぬいぐるみなんて高価な物は用意できなかったけど、かわりにとびっきりのスゥイーツを用意したのよ。これね。
SA3A0171.jpg

これはおいしそうなパフェなのよ。写真で見る限りは少なくとも普通ね。しかしながら、実際にはとてつもなく巨大な恐怖のスゥイーツであったのよ。これが横から見たところね。
SA3A0172.jpg

スプーンの先っちょのすくうところが3cmないくらいだから、このパフェは大体30cmぐらいの高さということになるのよ。普通の喫茶店のフルパとかとは比べ物にならない大きさね。ちなみに、構成は上からバナナとクリームとアイス、シリアル、フルーツ、スポンジ、ちょこれーとけーき、シュークリームとなっているのよ。本来ならば数人で一つのパフェをつつくのが本来のやり方だそうだけど、今回は一人に一つのパフェが与えられているのよ。ついでに食べるのはことみじゃなくて儂ね。念のため。
で、食べてみるわけだけどこれが見た目以上に辛いのよねぇ。最初の5分ぐらいはうまいんだけど、だんだんダメになってくるわね。というのも、甘ったるいにおいが気持ち悪くなってくるのよ。さらに、味に多少の変化はあるとはいえ、基本甘いものばかりだから飽きてくるのよ。一応味に変化をつけるためにからいものが少々おいてあるけど、量が少ないから焼け石に水ね。基本甘ったるい空気の中で、正直言ってそんなにうまくない甘ったるい物を延々と食べていくことになるのよ。なんという拷問ね。それでも、上の方はなんとかなったんだけど、結局チョコレートケーキとシュークリームのゾーンに入ったところで心が折れてリタイヤなのよ。というのも、チョコレートケーキは無駄に密度がある奴がいくつもはいってるし、シュークリームはとんでもなく甘いものを使用していたのよ。これはひどい。おまけに、今までに大量の甘い物を食べてきたわけだから、胃が限界なのよ。無理に入れようとしても、体が拒絶するのよ。この感覚は実際にやった人じゃないとわからないわね。正直気分が悪かったし、このまま無理矢理詰め込めばリアルでリバースの予感なのよ。というか、何もしなくても吐きそうなのよ。MG5ね。勿論、マジでゲ●吐く5秒前の略なのよ。そんなわけで、リバースする前に戦略的撤退なのよ。SASUKEに例えるとサーモンラダーでリタイヤって感じね。完食出来なくて残念であったのよ。
ちなみに、今回は全部食べたら無料。残したら代金を支払うというルールだったので、10万ティークをお支払いなのよ。まあ、リバースすることに比べたらマシね。それに、前日に単発労働で30万ティークを手に入れていたので、それで相殺なのよ。とりあえず、この店には二度と行くまいと思ったのよ。

で、ことみの誕生日ということで、たんぽぽ娘も読破なのよ。絶版で入手困難だったわけだけど、結局隣の市の図書館にあることが判明したので、借りに行ったのよ。借りたのはいいけど、また返しにいくのが面倒なのよ。
でそのタンポポ娘だけど、実は結構薄いのよ。文庫本で20ページちょっとぐらいの分量しかないのよ。ことみは分厚そうな本を持っていたような気がするけれど、多分ヤングの全集とかそういう本だと推測するのよ。ちなみに、儂が借りたのは集英社文庫の短編集で、たんぽぽ娘以外に7つの話が入っているのよ。
であらすじだけど、
夏期休暇で山小屋を訪れていた主人公のマーク。子供は大学へ戻ったし、妻のアンは陪審員の召集で急遽町へ戻ってるのよ。そんなわけで、一人で休暇を楽しんでいるわけなのよ。そんなある日、丘で自称未来から来たという、たんぽぽ色の髪の毛をした美しい少女ジュリーと出会うのよ。ジュリーは未来にはない美しい自然を見に来たわけね。
おとといは兎を見たわ。昨日は鹿、今日はあなた。
しかしながら、タイムトラベルは曰く、歴史を変えてしまう危険性があるから、特別に許可を受けた人しか出来ないとのこと。彼女は父親が勝手に作ったマシンで隠れてやっているそうなのよ。彼女の父親曰く、時間の流れは1つしかないからいくら干渉しようと変えられないとのこと。彼女もその説を信じているからタイムトラベルをしているわけね。
で、しばらくはそうして楽しい時間を過ごすわけだけど、それが永遠に続くはずがないのよ。彼女の父親が死に、彼女自身もタイムトラベルを勝手にした罪で時間警察に追われ、そのタイムマシンも故障寸前で、1回使えるか使えないかという程度。果たして二人の運命は…
って感じね。原文はここに掲載されていて無料で全文読めるけど、勿論英語だからそのつもりで。
で感想だけど、とりあえずはいい話だったわねって感じなのよ。この話が発表されたのは1961年、今となってはどこかで見たような気がする話だけど、それでもいい話というものは色あせないものね。ジュリーの一途な恋に感動なのよ。あのセリフも印象に残るわね。
そして、タイムトラベルだとかタイムマシンとかがうまく活かされているように感じたわね。父親の説もちゃんと伏線の一つになっているのよ。短いながらもよくまとまったいい作品でした。
それにしても、読めば読むほどことみとともやくんに似てるのよ。といっても、性格じゃなくて話の流れ的に。ジュリーがことみで、マークがともやくんね。多分、これがことみシナリオの元ネタなのよ。多分といっても、引用までしてるんだからほぼ確定ね。元ネタも、ことみシナリオに負けず劣らずのいい作品だったので、機会があればぜひ読んで欲しいのよ。絶版だけど。

今週は随分忙しかったのよ。課題があったり集まりが多かったり。でも、そんな忙しい日ももうおしまいなのよ。課題もなんとか締め切りまでに終えて、発表も無難に終わらせたのよ。というわけで、これからしばらくはゆっくり出来そうなのよ。そんなわけで、たまりにたまった作品をどこから見ていこうかなんて考えている儂であったのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 587

そういえばひぐらしの映画だけど、いろんなブログを見てみたところ、予想に反して結構好評だそうなのよ。完全に地雷だと思ってたからすごく意外なのよ。ただ、やっぱり一見さんはお断りのようね。素人にはお勧めできないのよ。とりあえず、儂も上映終了までには一度見てみたいと思う今日この頃なのよ。
ところで地雷といえば、今年の4月25日に発売されたつ●きす2学期がえらい地雷だそうなのよ。儂は前作をやってないからよくわからないけど、曰くシナリオが前作の焼き直しだとか劣化だとか。今年2月に発売した東鳩2ADも地雷だったということで、どうやら大ヒット商品の続編は地雷になるという傾向があるようね。確かにそういった作品は手を抜いても結構売れちゃうものだけど、だからといって手を抜くのには感心できないのよ。代表作で手を抜くことはブランドイメージの低下につながるし、それにより今後の作品の売り上げ低下につながるのよ。むしろ、せっかくの代表作なのだから、贅沢に予算を使ってよりよい物を作ってもらいたいものね。そうすればシナリオ力に定評のある○○とよい評判がつくし、ファンにとっても嬉しいのよ。勿論、儂も嬉しいわよ。まーりゃん先輩がよさげだと思ってたけど、地雷だということで購入回避なのよ。誠に残念であったわね。

それにしても、最近忙しい日々が続いているのよ。以前だったら3時過ぎには帰宅して、4時ぐらいには家でニコ動って日も珍しくなかったけど、今では帰宅が7時過ぎかそれ以降であることも珍しくないのよ。おまけに、以前とは比べ物にならないほど課題が出るから、番組を見るゆとりとかがあんまりないのよ。伊藤静のコラムじゃないけど、たまには人生寄り道。といきたいところではあるわね。
で、そんな生活でもたまに時間がぽっかり開くことがあるのよ。時間は開いてるけど、家に帰るほどじゃないって時間ね。そんなときにはパソコンの部屋で適当に情報を閲覧していたり、教本を使ってきれいな丸を描く練習をしているのよ。しかしながら、なかなか絵を描けるような適当なスペースがないのよね。自習室のようなものもないし、図書館もまっとうな勉強をする人ばかりだから、とても丸を描くような環境じゃないのよ。駅周辺の私設自習室のキャレル(個人用ブース)の利用も検討してみたんだけど、1週間で4000円はするからとてもじゃないけど無理なのよ。そんなわけで、なかなか絵を描くことが出来ないのよ。キャレルを入れろとはいわないけど、せめて空いている自習室が欲しいと思った今日この頃なのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 586

そういえば、明日土曜日からひぐらしの実写映画が全国極一部の映画館で上映されるのよ。ちょっと興味があるから見てみたいんだけど、明日見るっていうのは座席予約をしていないからちょっと厳しいわね。勿論、見たいというのはある種の怖いもの見たさなのよ。儂的には実写化はどう考えても爆死確定だと思うんだけど、それが実際にはどうだったのかは見てみたいわね。そのうちネットに評価が流れるでしょうけど。
ちなみに東京池袋のシネマサンシャインでは、例によって初日舞台挨拶が2回ほど行われるのよ。原作者の竜騎士07氏に直接会える貴重なチャンスではあるけれど、前売りでほとんど捌けている可能性が高く、当日購入はかなり厳しいと思うわよ。立見席という最後の希望にかけて早朝から並んでみるのもアリだとは思うけどね。

ここ数ヶ月、硫化水素による自殺が連日のように報道されているのよ。勿論、他の方法での自殺も沢山行われているはずだけど、それでも硫化水素自殺の割合が他の自殺に比べて増加しているのは明らかであるのよ。実際は言うほど楽じゃないとわかってきたのに、他の人と同じように行動するという日本人的な性格が最後まで出ているような感じね。このあまりの異常事態に警視庁がネットの関連情報の削除を要請するという始末。そんなことをしても焼け石に水だと思うんだけどねぇ。一応対策はしてますよと世間にアピールするためにやっているのかしら。ついでにマスゴミ批判もしたいところだけど、とりあえずはスルーなのよ。
で、儂の自殺に対するスタンスだけど、知っての通り容認派なのよ。本人の要望があれば止めたり助けたりするけど、それ以外の場合にどうこうする権利は儂にはないし、本人の死ぬ権利を奪うつもりはさらさらないのよ。勿論、儂にも例外なく適用されるわよ。そんなわけで、儂はこんな風に偽善で他人の自殺を阻もうとする糞蟲どもが大嫌いなのよ。そもそも、何故自殺してはいけないのかという根本的な質問に答えられる人が誰もいないのよね。
大体、年間公称で3万人、実際には推定10万~20万人も自殺者がいるこの社会が異常なのよ。あまりにも庶民や弱者に優しくないこの世界。いくら自殺者が出てもおかしくないのよ。社会が狂っているんだから、庶民の力ではどうすることも出来ないのよ。実は政府も自殺者を増やして人口を減らしたいんじゃないかと思うわよ。早めに死んでくれれば政府にとっては社会保障費の節約が出来てありがたいわけだしね。というわけで、自殺は国が推奨する行為なのよ。自殺するほど切羽詰った状態というのは、生きていてもやばい状況であることが多いから、別に死んでもいいんじゃないのよ?勿論、死んだあとのことは完全に自己責任な訳だけど。
あと、自殺でも他人に迷惑をかけるのはNGなのよ。硫化水素を試すのであればなるべく他人に影響のないところで。見ず知らずの人を巻き込むのは非常によろしくないのよ。自分が死ぬ権利はあっても、他人の生きる権利を奪う権利はどこにもないのよ。尤も、社会に恨みがあるとかだったら別だと思うけど、ある種の自爆テロのようなものだしね。だからといって社会が動く保証はどこにもないわけだけど。あと、昨日非常に腹が立ったのが電車に飛び込むやつ。それで儂の丁度帰宅時間に電車が止まりやがったのよ。10分ぐらいで復旧するならよかったけど、実際には1時間以上運転見合わせなのよ。そんなもんだから、復旧しても電車は大混雑。通勤ラッシュとは比べ物にならないほど客がひしめきあってるのよ。結局数本やり過ごして何とか乗車。しかしながら、乗車したから終わりというわけではなく、ダイヤが乱れているもんだから、途中ノロノロ運転は当たり前。他にも急行が準急になったり途中駅で運転を打ち切ったりとカオスな状況が続いていたのよ。結局帰宅が大幅に遅れ、その分ニコ動とかを見る時間が減って非常に不満なのよ。死ぬのは勝手だけど、こういう風に沢山の人に迷惑をかけるのはやめて欲しいところではあるわね。

最近mixiを本格的にはじめたのよ。といっても、mixi内のいろんなコミュニティの掲示板を閲覧することが目的であるが故、マイミクとかにはあまり興味がないのよ。というか、そういうのは嫌いなのよね。ネットで濃厚な人間関係ってのはなんか違うと思うし、プライバシーをさらけ出していいものかと思うのよ。儂的には足あと機能を廃止して欲しいところではあるけれど、やっぱりそういうのは難しいのかしらね。そんなわけで、マイミクを大っぴらに募集したりとかはしないのよ。検索かけてもハンドルネームは違うものを使用しているから多分無駄なのよ。残念でした。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 585

そういえば、MOON PHASE 雑記さんによると、らき☆すたの新作がOVAで発売するそうなのよ。詳細はコンプティークの6月号を参照のようなのよ。2期を希望する声がネット上で散々出ていたわけだけど、それに答えたって感じね。今までそういった情報がなかった分、素直に嬉しいのよ。しかしながら、TVでの2期以降の放送が難しくなりそうだから、それだけが残念ね。儂もOVAを購入するお金はないから、レンタルを待つことにするのよ。
で、京アニつながりで今度はハルヒの話題なのよ。なんとハルヒのゲームがwiiで出るそうなのよ。それだけだったら前から情報が出ていたわけだけど、そのゲームの内容が明らかになったのよ。その内容は、なんとwiiリモコンを使ったダンスアクションゲームだそうなのよ。指示通りにwiiリモコンを動かせばハルヒが踊るってやつね。wiiで出るって時点で普通の文章読むだけのゲームじゃないとは思ってたけど、まさかこんなものが出るとは思わなかったのよ。予想斜め上ね。しかしながら、これはこれで興味があるのよ。ゲーム内容は勿論だけど、それよりwiiでこういったキャラもののゲームがどのくらい売れるのかが気になるのよ。どう考えてもwiiの購買層とはかけ離れているように見えるし、そもそもこの手のゲームばかりやる人はwii持ってない人が結構いるものなのよ。儂はwiiは持っているけど、欲しいゲームはPS2でしか出ないから、ほとんど起動していないのよ。くりーんきーぱー目当てでwiiを買った人はいそうだけど、ニコ動での売り上げを見るにそんなに多くはなさそうなのよ。したがって、ハルヒ目当てにwiiを買う人がどのくらいいるのかが重要なポイントね。儂的にはそんなに多くないと思うけど。とりあえず、儂はスルーするのよ。踊ってるところを家族に見られるのは何かとまずいしね。

よくわかる現代魔法のnew editionを読破なのよ。
よくわかる現代魔法 1 new edition (1) (集英社スーパーダッシュ文庫 さ 5-7)よくわかる現代魔法 1 new edition (1) (集英社スーパーダッシュ文庫 さ 5-7)
(2008/04/25)
桜坂 洋

商品詳細を見る

2003年に出たよくわかる現代魔法の改訂版なのよ。というわけで、当然結末とかも知ってたりするはずだったんだけど、読んだのが大分前だったせいで、記憶が途切れ途切れだったのよ。そんなもんだから、どんな話だったか思い出しながら読んでいたわけね。で、最後まで読んでから旧版と読み比べをしたわけだけど、儂的には新版の方が読みやすかったわね。一部登場人物の行動やセリフが変更されていたり、ページ数も50頁ほど減ってすっきりしたのよ。そんなわけだから、どちらかの版を選べるのであれば確実に新版をお勧めするわね。両方買って読み比べするってのもおもしろいけど。ちなみに、このシリーズは作者曰く2巻以降の改訂版は出さないそうで、代わりに夏に6巻を出すそうなのよ。久々の新作だから期待せざるを得ないわね。
それにしても、この作品の主人公の森下こよみは読めば読むほど儂にそっくりなのよ。小さくて、ドジで、弱気で、何をしてもうまくいかなくて、誇れるものが全くないところがね。こよみは過去にラクロスとか手芸とかフルートとかをやってたそうなんだけど、全部途中でやめてしまったのよ。なぜなら、周囲に迷惑をかけるからなのよ。こよみ1人のせいでみんなの努力が無駄になるのよ。それは悲しいことだから、こよみは何もかも途中でやめてしまったのよ。儂も同じね。何かやっても、みんな途中でやめてしまったのよ。そもそも生きるための根本的な力が備わっていないから、何も出来ないのは当然。何かやらかすと必ず迷惑をかけるから、儂は結局パチェになることを選んだのよ。本を読んでいるだけなら誰にも迷惑はかけないからね。
で、こよみは自分を変えたいと魔法を勉強しはじめたのよ。その結果どうなったかは本を読んで頂戴。といっても娯楽小説なんだから悪い方向には行かないのは読まなくてもわかるわね。儂もこのままではいけないと、時期が来たのをいいことに絵をはじめたわけだけど、どうやらフィクションのようにはいかないようなのよ。このままではまた迷惑をかけてしまうと思い、これからのこと、儂の存在意義を本気で悩むのよ。儂は本当にこの場所にいてもいいのかわからないのよ。何も出来ない儂の居場所は図書館以外になかったのかと思うわね。儂には誇れるところがないし、あったとしても儂にはわからないのよ。自分の長所ほど自分にわからないものはないわね。特に儂のように何も出来ない人ならなおさらなのよ。結局才能がなければ何も出来ない。そう感じた今日この頃であったのよ。

ふぅ、体調が悪いとどうもネガティブな文になるわね。儂は体が弱いから、雨の日と連休明けは必ず具合が悪くなるのよ。体の不調は心の不調。しかも儂は性格上ネガティブな文は長くなる傾向にあるのよ。まあそういうもんだと理解してくりゃれ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 584

そういえば、もう5月に入ったのよね。というわけで、カレンダーの柄も変更なのよ。5,6月の柄は『傘をさす渚』ね。書き下ろしかどうかは不明なのよ。多分違うだろうけど、どちらにせよ瀟洒な渚がいい感じなのよ。
ところで、鍵といえば先日リトバスエクスタシーの中の人が公式サイトで発表されたわね。リトバス無印の中の人はウィキペに掲載されているからそれと比べてみると、見事なまでに全とっかえね。これはひどい。しかしながら、実際には無印の声と全く同じように聞こえたり、波形をとってみると明らかに同じだったりするそうなのよ。まあ、大人の事情って奴ね。そんなわけで、声に関して心配することはなさそうなのよ。後はどんな感じで18禁要素が入っているかが重要ね。鍵の過去作品では明らかに必要のないところで入っていたそうなので、今回はそういうことはやめてほしいものなのよ。一度全年齢で発売した物を18禁で発売するわけだから、それなりの理由が必要だと儂は思うわよ。

話は変わって、東方なのよ。今回の例大祭に関係があるのかどうかは知らないけれど、黄昏フロンティアさんが東方緋想天の体験版を配布しはじめたのよ。ダウンロードはリンク先にて。東方のナンバリングタイトルでは10.5番目。東方の格ゲーは萃夢想に次いで2番目なのよ。今回の体験版で使えるキャラクターは霊夢、魔理沙、アリス、文の4人なのよ。但し、ストーリーモードは霊夢のみ3面までとなっているわね。
というわけで、ダウンロードして早速やってみるわけだけど、これが全然勝てないのよ。ゲームシステムの解説をするとかそんなレベルじゃなくて、とにかく1面の魔理沙に勝てないのよ。あまりの敵の強さに愕然とする儂。しかしながら、これは難易度がNormalであるから敵が強いのよ。というわけで、optionで難易度をEasyにさげたところ、1コンティニューで3面までクリアすることに成功なのよ。前作もそうだったけど、なぜか1面の魔理沙が妙に強いのよね。攻撃力強いしはめるし。しかし、そこさえ乗り越えてしまえば2面アリスと3面文はそんなに難しくないのよ。スペルによっては遠距離から飛び攻撃打ってるだけでクリアできるものもあるしね。後は、前作と同じくダッシュ中は飛び攻撃が無効になるのよ。ジャンプとかでは避けようがない攻撃が結構多いから、効果的にダッシュを使うことが今作でも重要になってくるわね。あと、ゲームパッドは必須ね。キーボードだと妙にやりにくいのよ。
というわけでそんな緋想天だけど、出たら値段によっては購入を検討しなくもないのよ。一応前作の萃夢想はEasyでエンディングがみれたし、今作は前作よりも遊びやすくなってるような気がしたのよ。そんなわけで、2000円ぐらいまでだったら購入する予定よ。

ここんとこお稲荷さまを溜め込んでいたので3,4話を視聴なのよ。第3話はくーちゃんが学校に行くお話なのよ。この手の作品ではお約束の展開ね。とはいえ、編入はしないっぽいのよ。残念。そして第4話は家計がピンチな高上家が収穫をするお話なのよ。ここでは天然なみこさんのこうちゃん大活躍。秘められた力を解放すると最強になったのよ。というか、そもそも家計ピンチな原因はこうちゃんにあるんだけどね、水だしっぱだったり冷凍庫あけっぱだったり皿割ったり。でも、そんなこうちゃんもかわいくていいと思うのよ。天然なみこも悪くないわよ。別にみ(ry
それにしても毎回淡々と進んでいくわね、この作品。よく言えばちょっとほのぼの。悪く言えば地味なのよ。別に切るつもりはないけど、できればもう少しインパクトがあった方がいいわね。あと、公式サイトがブログ形式で見難いのよ。これは個人の感性によるところが大きいんだけど、儂的公式サイトにブログはあまり好きじゃないのよ。H2Oの時もそうだったけど、そういうのが流行っているのかしら?
というわけでそんなお稲荷さまだけど、どうも次回新展開がありそうな勢いなのよ。流れがどんなふうに変わるか期待ね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 583

そういえば、今年も神主が東方の新作を出すようなのよ。その名も『東方地霊殿 ~ Subterranean Animism.』なのよ。今回も面白そうな作品ね。これの体験版をいつものように例大祭で頒布するということで、是非とも手に入れたいところではあるわね。そして、製品版はおそらく夏の有明で頒布なのよ。しかしながら前々回有明の時の神主のブログによると、今回は有明での頒布と同時に委託を開始する可能性があるため、その場合には有明のホールの外の炎天下の中延々と並び続ける必要がなくなるのよ。前回熱中症になりかけた儂にとってはかなり嬉しい措置ね。というか、儂は前回でこりて、基本的には夏の有明にいかないようにしたから、できるだけ早く委託して欲しいところであったのよ。
ところで、今回の例大祭も有明でするわけなのよ。となると、気になるのが早朝来場の話。要するに、始発で来ていいのかダメなのかということなのよ。今までの例大祭は池袋の住宅地の近くで行われていたから、近隣への迷惑を考えて早朝来場は禁止されていたんだけど、有明は知っての通りまわりには何もなく、迷惑とかも池袋よりは考えなくてもよさそうなのよ。そのため、始発で行ってもなんら問題はなさそうに見えるけど、例大祭公式サイトによると深夜早朝来場は禁止となっているのよ。この早朝が何時までを指すのかが問題ね。始発で来ていいのならば、それに乗れる儂は圧倒的優位な立場になるわけだけど、逆に始発では早過ぎるからペナルティを受けるなんてことになると圧倒的不利な立場になるのよ。かといって遅く来ても早朝来場者にペナルティがなかったら不利な立場になるわけで、難しい問題であるのよ。例大祭の日までにこの辺の計画をよく考えておく必要があるわね。勿論、中に入ってから効率的に買い物が出来るような準備をしておくことも大切なのよ。この手のイベントって、結構事前の計画が重要なのよ。本当の話。

さて、そろそろ黄金週間が始まるわね。儂にとっては久々の土曜日の休日なのよ。というわけで、本日は黄金週間前の最後の団体の集まりがあったわけなんだけど、残念ながら欠席なのよ。というのも、雨が降ってきたからなのよ。儂は昔から雨が降るだけで体調が悪くなるという猫のような特異体質を持っているのよ。加えて、占いによると儂の今月の健康運はもの凄く悪く、悲惨の一言。この雨で風邪をひいてはたまらないから、本格的に降る前にとっとと帰ったわけなのよ。まあ他の用事は特になかったし、昼の食事会には出たからいいわよね。
で、本来ならそのまま直帰といきたいところだけど、同じ占いによると趣味運だけは絶好調だそうなのよ。というわけで、池袋のア●メ●トに寄ってこんなものを購入ね。
SA3A0163.jpg

見ての通りリトバスの造形物なのよ。POPによると新製品らしいわよ。1つ735円で、箱に描いてある6つの中のどれかかシークレットが入っているのよ。とりあえず、このラインナップの中にははずれはないから2つ購入なのよ。隣り合った2つを買ったから、配列的に多分ダブりはないのよ。というわけで、最初の一つは…









SA3A0164.jpg

はるちんキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
しましまニーソのはるちんはとってもぷりちーなのですヨ。はるちんかわいいよ、はるちん。
そして、気になるもう一個は…







SA3A0166.jpg

ゆいちゃんキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
ついに念願のゆいちゃんを手に入れたのよ。めっちゃ凛々しくてかっこいいのよ。かわかっこいいわね。ちなみに、髪の毛が赤になってたりその他細かい配色が違ってたりするんだけど、どうもこれは別配色版だそうなのよ。曰く、各キャラごとに通常配色と別配色版があるとのこと。とはいえ、赤いゆいちゃんもまるでシャナのようですごくかっこいいのよ。儂的には通常版より好みかもしれないのよ。
ちなみに、このゆいちゃん。造型が●'s magazineの2007年10月号についてきたゆいちゃんと全く同じなのよ。多分金型を使いまわしたと推測されるのよ。というわけで、通常版のゆいちゃんは実質的にすでに持っていたわけね。別バージョンが当たってよかったのよ。
で、そんなお買い物を楽しんだ後、事故現場を目撃して帰宅したわけであったのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。