これは、とあるちょっとした知識と日陰の何とかのブログなのよ。 間違ってもおたくのブログではないのよ。

2008/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/08

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

Stage 616

そういえば、しゃなのねんどろいどが11月に発売になるようね。ここに画像があるけど結構かわいくて良さげなのよ。これはほしい、是非ともほしいのよ。しかし、儂にはお金がないのよ。明日になればちょっとお金が入るけど、今財布には1銭も入っていないのよ。というのも、昨日呑み会があったからなのよ。よくあるお疲れ様会のような感じね。記憶が途切れ途切れだから良く覚えていないんだけど、確か三次会まであったはずなのよ。なにをやったかは覚えてないけど、メールにそう書いてあったから間違いないのよ。気付いたら家で寝ていたから、多分終電には間に合ったはずなのよ。帰巣本能ってすごいわね。
で、呑み会はそれなりに楽しかったと思うけど、その代償としてそれなりのお金と、二日酔いなのよ。特にきついのが二日酔いなのよ。朝起きたらみょんに気持ちが悪かったから、とにかくリバースしまくりで、それでも気持ち悪かったから仕方なく症状が治まるまで睡眠なのよ。勿論、外出とかもしないで夕飯も軽いものを食べるのよ。ちょっとした病気ね。やっぱり果実や葡萄や麦の飲料はほどほどにしなければいけないと思った儂なのよ。深く反省。
で、前述の通りお金がなくなってしまったので、面倒なことに儂は労働をしなければならないのよ。しかし、儂は肉体労働などできないし、飲食店での労働は絶対にしない方がいいといわれたのよ。郵政も最近は離職率が高くて評判が悪いとか、求人雑誌に書いてあるものは9割がたが罠だとか、こういうことに関しては結構問題が多いのよねぇ。できればそんなに辛くない仕事がいいわね。で、結局儂はコネを使って中学生の友人の宿題を教える仕事に就くことになったのよ。これなら頭脳労働だから肉体的には辛くないわね。教える人も儂がよく知っている人だから安心なのよ。これでお金を稼いで日帰り旅行にいけたらいいなぁとか思ったり思わなかったりね。

そういえば、そろそろ北京オリンピックが始まるのよねぇ。大体あと1週間ぐらいで始まるのよ。そんなわけで、いろんな旅行会社が北京旅行の企画を出しているわけだけど、新聞報道によると3分の2ぐらいしかうまってないそうなのよ。さらに、北京のホテルも4つ星以下はアホみたいに空室だらけだということなのよ。まあ、ある意味予想通りね。反日、チベット、ネット規制、共産党政権、環境、食品などなどマイナス要素が腐るほどある国なんだから、誰も行きたくないと思うのは尤もなのよ。勿論、儂も行きたくないのよ。いかされそうになったらお金を払ってでも行かないということにするわね。しかし、先ほどの新聞報道でわかるように、この期に及んでまだまだ北京に行く人が後をたたないのよねぇ。こいつら中国が危険だってまだわかんないのかしら。それとも、危険だとわかっているにも関わらず行かなければ行けない理由があるのかしら?仮に後者だとしたらお気の毒といったところだけど、前者だとしたらただの愚か者なのよ。確かに日本のテレビでは諸外国と違って中国が危険だとは全く報道されていないけど、いくらなんでも反日国家に自ら突っ込むとはどう考えても自殺行為。それくらいちょっと考えればわかるわよ。
儂的には今回のオリンピックはボイコットしてほしかったけど、もう参加しちゃったものはしょうがないのよ。ただ、災難なのは参加する選手よね。中国共産党のサービスには先ず期待出来ないし、北京のあまりにも汚い大気によってマラソンとかだとリアルで選手生命が終わる危険性も無きにしも非ず。別に本人がそれでもいいってならいいけど、その後の人生を考えると後で絶対後悔すること間違い無しなのよ。行かなきゃいいのに。
ちなみに、北京オリンピックは結構突っ込みどころ満載なんだけど、そういうのも調べてみると結構面白いわよ。絶対流さないという条件で公開した開会式リハーサルの模様が朝鮮のテレビで放送されたりとか。やっぱり特亞って感じよね。

というわけで、本日は終了なのよ。
スポンサーサイト
記事編集

Stage 615

今日の27時間テレビのサザエさんを見てたら『ノリスケ死のテーマ』が流れてて笑ったのよ。伝説の全自動卵割り機の会に使われたやつね。めったに流れないというか、その回でしか流れたということを知らないから、生で聞けるのはかなり貴重なのよ。流石富士テレビ系列の総力をあげた27時間テレビね。ちなみに、内容自体はさんまさんがサザエさんとなんかやるあんまりたいしたことのない内容だったのよ。つまり、いつものサザエさんね。

乃木坂春香の秘密第2話を鑑賞なのよ。今回は二人っきりでお出かけをするお話ね。要するにデートなのよ。第2回なのにデートだとはなんという展開。しかも千代田区で。これはいいシチュエーションなのよ。というわけで、千代田区へ行ったわけだけど、明らかに千代田区の観光案内っぽい内容なのよ。と●のあ●とか、その隣のア●●イトとか、ガ●ャポン●館とか、@h●me c●feだとかの千代田区の人気スポットを余すとこなく収録!千代田区初めてな人も行く前にこれを見れば安心ね。ところで、千代田区の観光ガイドといえばこの前Akiba Daysなるものが発売されたそうなのよ。名前でわかる通りスクイズとのコラボね。スクイズの内容的に微妙に不謹慎な気がしないでもないけど、内容は結構いいらしいのよ。こちらもあわせておすすめね。ところで、劇中ではホコ天あったけど、ホコ天って復活したのかしら?
で、春香は@h●me c●feでメ●ド服を着るわけだけど、これがくちゃくちゃかわいいのよ。●え●えスマイルね。そして、最終的にお目当てのゲーム機が買えなかった春香は気絶するわけだけど、あろうことか裕人はお姫様抱っこ!うらやましいなー、コノヤロー。というわけで、今回も密度の高いすばらしい内容であったのよ。後は、本編とは絡まないところでいくつか。回想シーンにあったア●ハ●ラ●パートがみょんに懐かしいのよ。中の小麦粉料理を食べさせる店に随分お世話になったものなのよ。また復活しないかしらね。あと、能登麻美子のロシア語がみょんにうまかったのよ。びっくりね。


前期あたりに見ると言っておきながら長らく見ていなかったef-a tale of memories-を全部視聴したのよ。なんというか、くちゃくちゃいい話だったわね。儂的12話Aパートは軽く感動したのよ。内容についてはぐぐればでてくるので省略ね。で、この作品のなにがすごいのかっていうと演出なのよねぇ。製作会社がひだまりと同じだから、他の作品とは全く違った止め絵を多用したり直接描かず抽象的になったりするんだけど、それが登場人物の心情をいい感じに表しているのよねぇ。そして、オープニングもポイントね。普通の作品ではオープニングは最初から最後まで同じ絵を使うんだけど、この作品は途中で色が出るようになったのよ。そして、最終話でさらに変更があったのよ。あれは鳥肌ものね。そして、蓮治と千尋のハッピーエンド、エピローグと続き、最後に「それは45秒未満の邂逅だった。」と1話につながるようになっているのよ。例によってとり肌ものね。
というわけで、ef-a tale of memories-の認定段位はMO(96点相当)とさせていただくのよ。できればリアルタイムで見ておきたかった良作でした。
最後に各賞の発表なのよ。まず、ベストヤンデレ賞はみやこ。テレカデザインアワード2008はみやこのだんご大家族。ベストこまりん賞は千尋。いろんなところがやけに似てると思ったら中の人が一緒だったのよねぇ。そして、ベストキャラクター賞は蓮治くんなのよ。男性キャラがベストキャラクター賞ってのも珍しいけど、一番がんばったんだし、儂的には好きなキャラクターよ。勿論、景も好きなキャラクターよ。賞ないけど。
というわけで、シャフトと関係者の皆さん本当にお疲れ様でした。ひだまりすけっち×365も是非よろしくお願いしますなのよ。
ちなみに、efは今年の秋から第2期『ef-a tale of -melodies-』が放送することが決まっているのよ。したがって、結構いい時期に見たともいえなくもないわね。というわけで、2期も要チェックなのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 614

新感覚ネット麻雀『桃色大戦ぱいろん』のオープンβが現在開催中なのよ。カードを使ってイカサマができることが売りのこのゲーム。儂もちょっとやってみたんだけど、麻雀ゲームだというのにすごくもっさり。東風戦を1回終わらすのに他の麻雀ゲームの倍ぐらいの時間がかかるのよ。これはサーバーが悪いのかそれともクライアントが悪いのか。謎ね。とりあえず、もうちょっとさくさくしてほしいところであるのよ。いくらなんでも時間がかかりすぎで乗り換えるわけにはいかないわね。

そういえば、リトバスエクスタシーが本日発売になった模様なのよ。購入者曰くDVD2枚組み。ハードディスク容量5GBとかなりのボリュームだそうなのよ。評判は待っていればそのうち流れてくるのでそれまで待つことにして、すでに購入した人は公式日誌にて攻略ヒントが出ているので参照するのよ。キャラが増えた分若干難易度が上がってるっぽいのよ?とりあえず、佐々美は前作のルートをたどればいいとのことだけど、前作と同じなら1箇所ミスるだけで行けなくなるから結構難しいわよ。攻略を見ないでいけたらえらいって感じなのよ。他は攻略を見なくてもいけそうね。というわけで、お金を持ってて購入していない18歳以上の人はさっさとお店へGoなのよ。儂はお金がないから行かないわよ。残念でした。
ちなみに、お金がないってのは結構切実な悩みなのよ。お金があればこういったものもほしいんだけど、お金がない儂は買うことができないのよ。貨幣経済のバカヤロー。ついでに、儂は別に巫k(ry。

ひだまりスケッチ×365の1話を鑑賞したのよ。儂はBS-i組だから2週ほど遅れているのよ。別にTBSで見てもいいんだけど、見るんだったら綺麗な映像で見たいじゃない。そんなわけで、第1話は『はじめまして!うめてんてー』ということで、ゆのっちの入学試験からひだまり荘に入居するまでの話なのよ。時系列的には前期よりも前ね。というより、多分一番はじめの方ね。第1話によくありそうだけど、最近見なくなった顔合わせ的な展開で、前期を見ていない人にも優しい仕様なのよ。儂もこのあたりの話は見てみたかったので、結構いい感じね。で、内容は入試に練り消し、手打ち引越しそば、ひだまり荘の変わりものなどなど、ほぼ前期と同じね。キャラクターデザイン、テンポ、独特の表現。むしろ、ちょっとパワーアップしているかもしれないのよ。今回は特にゆのの疾走シーン、×の飛び交い、OPに注目ね。なんと本当によく動くのよ。これには儂もびっくり。本当にこの数年間で進歩したわね。流石シャフトなのよ。というわけで、早くも良作の予感がするこの作品。今後の展開に注目なのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 613

今日はまずニュース記事からね。
『「ギターにろくな奴いない」プロフで書き込みで トラブル群馬・高1男子死亡』
詳細は例によってリンク先にて。要するにこの前群馬で高校生が殺された事件で、被害者がプロフに「ギターをやっている奴にろくな奴はいない」と書いたから、バンドをやっていた加害者とトラブルになって殺されたということなのよ。なんというか、とりあえず加害者は大バカよね。そんなに頭のよろしくない桐生一高を1年で自主退学したほどの低脳だからそこまで頭が回らなかったかもしれないけど、今回の事件を起こしたことで、被害者が言ったことを見事に裏付ける形になったわけよ。勿論、ギターやってるやつが全員ろくでなしってわけじゃないけど、それでもイメージ低下は避けられないのよ。プロフに掲載しているだけだったら本人に実害は全くないのだからほっとけばよかったわね。批判意見があったからといって、真っ向から攻撃的に反論するのも考え物なのよ。まあ、プロフに本人を特定できるような情報をかいた被害者に全く非がないとは言えないけどね。
ちなみに儂の意見だけど、「ギターをやっている奴にろくな奴はいない」とは考えてないわよ。ギターをやっているけどろくな奴は結構いるものよ。ただ、ろくでなしも結構いるのは事実。儂の回りにもそれなりにそういう人はいるしね。あと、一般からのイメージはどうあがいても悪いからそこら辺はあきらめるのよ。健全なバンドってのもなんか違う気がするしね。

続いてこんなニュースなのよ。
『猟奇殺人の漫画が犯行に影響か…埼玉・川口の父親刺殺事件』
ひぐらしキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
タイトルにはひぐらしと入っていないけど、リンク先の記事には見事にひぐらしと書いてあるのよ。予想通りのテンプレート。反論は何度もしているから省略するのよ。それにしても、こういった事件が起きるごとに槍玉にあげられるひぐらし。竜騎士はそろそろ訴訟起こしてもいいんじゃないかと思うくらいなのよ。あまりにもひぐらしだけがとりあげられるので、左側にひぐらしカウンターでもつくろうかと思ったんだけど、今まで何回そういうことがあったのか忘れてしまったので、作らないことにしたのよ。でも、回数がわからないってことは2,3回じゃ済まされないということよね。ホント、日本のマスゴミはやっぱりだめねぇ。一応斜陽産業なんだし、そろそろまじめに取材をはじめて記事のクオリティをあげた方がいいんじゃないかと思うのよ。

そういえば、リトバスエクスタシーが25日に発売になるのよ。まだかまだかと言いながら待ってたら、もうすぐ発売なのよ。店によっては前日に入手できるところもあるから、あと10時間もすれば入手する人も出てくるかもしれないのよ。ちなみに、儂はとりあえず見送りなのよ。経済的な理由もあるけど、やっぱり18禁化ってのはそれなりの不安があるのよ。でも、評判がよければ買うつもりよ。ボリュームがCLANNADを超えたっていうし、新シナリオも気になるしね。


今日は久々に考査があったのよ。せっかくのニート生活を送っていたのに考査のためだけに街に出るのはかなり面倒よね。で、その考査のために2,3日前から対策をしていたんだけど、実際には対策の必要がないほど簡単な問題ばかり出題されたのよ。別に簡単なのは喜ばしいことだけど、わざわざ苦労する必要がなかったということでちょっと複雑ね。とりあえず、明日はのんびりすることにするのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 612

ヤンデレ度チェックというものをやってみたのよ。質問に答えるだけでどれだけヤンデレかがわかる優れ物ね。儂の結果は…

Lumyさんのヤンデレ度は、56点です。

ランク: B (A~E)
偏差値: 60.2
順位: 21,628位 (152,232人中)

総評
あなたはもう少しでヤンデレです。
頑張り次第でいつでもヤンデレになれるでしょう。

Lumyさんに相応しいヤンデレ
私だけを見て欲しい。


というように、かなりヤンデレであることが明らかになったのよ。これはいいのよ。そんなわけで、儂を裏切ったりしたらだめなのよ。誠のように●●されてしまうかも。勿論、永遠にの言葉のように儂が●●●するコースもあるわよ。どっちにしろ、やさしくしてくりゃれ。

そういえば、都内の小中学生はもう夏休みに入ったようなのよ。なんかえらく早いように感じるわね。土曜日を休みにしたんだからもうちょっと授業しなさいよと思うのよ。ちなみに、区内の小中学校は2学期制になったので、夏休み前に通知表を受け取らなくなったのよ。小学生にとっては嬉しいだろうけど、中学生どもは夏休みの後に期末試験があるのよ。これは悲惨ね。といっても、儂としては試験の回数は少ない方がいいので、これはこれでありだと思うのよ。そして、小学生も通知表がなくなったからといって夏休みの宿題からは逃れることができないのよ。特に毎年言っているように読書感想文は一つの鬼門ね。しかし、このニュースによると最近の餓鬼どもは文明の利器を使うことによって易々とこの難関を突破しているそうなのよ。とはいっても、別にやっちゃいけないとは言わないわよ。むしろ、読書感想文自体無意味なものだから、どんどんやっちゃってかまわないと儂は思っているわよ。大体小学生に1200~2000字の書評なんて書けるわけないでしょう。常考。勿論、儂も書けないわよ。例えば、儂が最近読んだ『西の魔女が死んだ』の書評を書くと、

『確かにいいお話でありんしたが、少々淡々と進みすぎている気がしんす。A●GUS●の『は●に●は●に』並みに展開がないもんだから、少々眠くなることも無きにしも非ず。といっても、別にそんなに文量があるわけではありんせんから、眠る前に読み終わってしまうわけでありんすが。で、帯にある通り泣けると評判のラスト3ページじゃが、上記の理由からほとんど感動しやせんした。鍵ゲーの日常パートから一気にどん底に突き落として泣かせるというパターンに慣れている儂にとってはこれでは泣けんせん。あと、主人公のまいが中学生のわりにはかなりガキっぽい。これが小学生だったらわかりんすが、正直中学生でこれはなかろう。明らかに年齢設定をミスっておるな。そんなわけで、正直面白いとは言いがたいのじゃが、共感できる部分は結構ありんした。暇があればよんでもいいんじゃないかや。薄いし。』

という感じになるわよ。勿論、これでは読書感想文としてはダメね。文量も少ないし、そもそもマイナスな感想は書いてはいけないという暗黙の了解があるし。まあ適当に軽く読んで書いたものなんだけど、大抵の人はこの程度の感想しか浮かばないはずなのよ。というか、かなり読み込んでも感想はおそらくその程度。儂も読み込んだ『狼と香辛料』で感想文を書く実験をしてみたけど、わっちわっちホロかわいいよとしか思い付かなかったのよ。そんなわけで、感想文を書くのは多分小学生には不可能なのよ。だいたい、感想文に適した本なんてそんなにないしねぇ、所謂文豪の本は眠くなるのが多いし、ベストセラーも案外合わない本が結構あったりするし。そもそも面白いだけじゃ何もかけないし。学生は時間がないからできればはずれを引かずに1冊読むだけで終わらせたいところね。とりあえず、儂からは『リアル鬼ごっこ』(単行本)の粗さがしをすることをおすすめしておくのよ。あの本だったら粗がありすぎて原稿用紙を埋めることも容易でしょうからね。
ちなみに、感想文がないと本を読まないとのたまう一部の教育者がいるけど、多分本はほっといてもそのうち読むようになるからほっとけばいいわよ。儂のように図書館に引きこもるようになるまでには行かないとしても、書店で面白そうな本をジャケ買いするようにはなるはずだから。

今期開始番組の一部を視聴したのよ。その感想ね。
先ずは乃木坂春香の秘密から。原作は未読ね。第1話はアバンがいきなりドジッ娘アキちゃんという劇中劇でスタートしたもんだから、一瞬録画をミスったかと勘違いなのよ。ちなみに、深夜にアニメを見る人は結構いるらしいわよ。儂は録画だから違うけど。で、この話はどうやら乃木坂春香という清楚なお嬢様が実は隠れアニヲタだったというお話だそうなのよ。儂的には結構好きな設定ね。内容は例によって他の感想ブログ参照だけど。とりあえず、学校図書館にアニメ雑誌が創刊号から入るというのはかなり羨ましいのよ。儂の学校の図書館はアニメ雑誌は勿論、ラノベすら入らなかったのよ。その代わり、延滞のペナルティが緩かったけどね。少なくとも、1日の延滞で校内放送で名前と書名が流れるなんてことはなかったのよ。精々本人に通知の紙が行く程度ね。というか、放送は軽くプライバシーの侵害な気がしないでもないのよ。
というわけで、とりあえず内容的には結構面白かったわね。あと、乃木坂春香の中の人が能登麻美子だというのも結構ピッタリでよさげなのよ。能登かわいいよ、能登。そんなわけで、視聴継続決定なのよ。
続いてセキレイね。原作は実は1巻だけ持ってたりするのよ。内容は鶺鴒計画うんちゃらかんちゃらで、戦うお話だけど、それよりも注目すべきがヒロインなのよ。なんと巨にゅうの巫女さん!これはいいのよ!非常にいいのよ!というわけで視聴継続決定ね。ちなみに、儂は巨にゅうも巫女さんも好きじゃないわよ。念のため。ところでこれって2クールなのかしら?
で、最後はストライクウィッチーズ。予定にはなかったけど、一部のネット上で評判がいいので見てみたのよ。まあ、そういうことね。とりあえず、みみとしっぽとぱんつぅ(゚∀゚)ぱんつぅはいいと思うけど、儂的に好きなテーマじゃないので、2,3話見て切るかどうか決めるのよ。正直GONZOは個人的にあまり好きじゃないしね。
といった感じね。今期は見るものが多いので、To LOVEるを切る可能性が結構高くなってきたのよ。あんまりラブコメばかり見るのもどうかと思うからね。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 611

そういえば、まーたアル●●ハ●トの新作が出るようなのよ。新作といってもマイナーバージョンアップね。その名も、すっごい!●●カナ●ー●2なのよ。なにがすっごいのかはよくわからないけど、新キャラが登場するということで、今から楽しみであるのよ。儂は別にやろうとは思わないけどね。
ついでに、fateの格ゲーも稼動開始したばかりだというのに12月にPS2に移植されるそうなのよ。しかも、新キャラのセイバー・リリィのfigmaもついてくるのよ。ゲーセンではできない儂にとってはプレイする大チャンスなのよ。といっても、購入するつもりはないけどね。対戦する相手はめったに来ないし、勝てないし。相手に困らないという点で、ゲーセンで格ゲーができる人がすごく羨ましいのであったのよ。

そういえば、コンプの情報によると、9月10日にらき☆すたの新刊が発売するそうなのよ。随分久々と思ったら、なんと1年ぶりだそうなのよ。びっくり。そんならき☆すただけど、こなたたちがなんと高校を卒業したそうなのよ。連載はこれからも続くそうだけど、どのような展開になって行くのかは全く不明ね。現1年生組の活躍が増えるのか、4人の生活がこれからも描かれるのかは美水かがみしかわからないのよ。儂的には時間の流れがゆっくりになった後はそのままサザエさん化してもいいと思ったけどね。ちなみに、劇中でつかさは卒業式で泣いていたけど、儂はそういうことは全然なかったわね。というか、今までそういった式では一度も泣いたことがないのよ。儂がわりとドライだってのもあるけど、やっぱり泣くほどいい思い出があんまりないってのもあるわね。まあ、儂は半分引きこもりのようなものだから仕方がないけどね。
で、らき☆すたに関連して、ShiBoo!のIxyさんがらき☆すたろっとを公開したのよ。名前の通りらき☆すたキャラのタロットカードだけど、かなりクオリティが高いのよ。もちろん、そのままタロットカードとしても使えるデザイン。儂的にはWheel of fortuneのやまととThe sunのこうがよさげなのよ。一応儂はタロット占いは少しは出来るので、是非ともこのカードを使ってみたいのよ。というわけで、できれば裏面もつくって商品化してくれればいいなあと思ったりしてるわよ。ところで、タロットカードといえば、東方占星符というのもあったわね。こういうのもいいと思うんだけど、デザインを見る限りちょっと読み取りにくい気がしなくもないのよ。一般的にタロットカードは自分が好きなデザインのものを選べばいいとされているけど、読みにくくて難易度の高いものを選ぶのは考え物ね。といいつつ、儂の持っているドラゴンタロットも(竜が無表情で)結構難しかったりするんだけどね。その辺は要するに愛などで乗り切れということなのよ。ちなみに、東方占星符は完売及び再版予定なしということで現時点での入手は不可能なのよ。残念でした。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 610

やっと面倒なことが全部終わったのよ。忙しいスケジュールも本日でおしまいね。明日からはたまに外出しなければならない日があるとはいえ、それ以外は暇な日が結構続くのよ。というわけで、今まで溜め込んだ番組やら今期の新番組やら積みゲーをやる時間ができたのよ。これはめでたいのよ。あまりにもめでたいので、友人とラーメン屋で食事をすることにしたんだけど、行ったラーメン屋がなんとラーメン二郎だったのよ。二郎は今月に入ってから2度目なのよ。確かに二郎はうまいけど、流石に行きすぎだと思うのよ。このままではメタボになってしまうので、自重しなければならないわね。といっても、二郎の話をしたのは実は儂なのよ。危ない、危険、素人にはおすすめできないと口をすっぱくして危険性を説明しているというのに、なぜかみんな行きたがる不思議。多分人間は危険なものに首を突っ込みやすい生き物なのでしょうね。今回はラーメンだからいったところで死にはしないけど、そのうち取り返しのつかないものに首を突っ込みそうで大変ひやひやしている儂なのよ。だた、その友人は二郎のラーメンを初来店で完食したので、危機的状況でのポテンシャルにはすごいものがありそうなのよ。とりあえず、二郎のラーメンはうまかったということなのよ。

最近毎日新聞がネットでもの凄いバッシングされているわね。詳細はみんな知っていると思うから省略するけど、要するに毎日の英語版のホームページで日本を侮辱する卑猥な記事が多数掲載されていたという話なのよ。それによってネット上で例によって祭りが発生したわけだけど、今回の祭りはスケールが一段と違ってるわね。ネット上での不買運動は勿論、それで実際にDoCoMoケータイのiチャネルが恐ろしい勢いで解約されていったり、スポンサーへの電凸が繰り広げられているのよ。で、普段ならそれで終わるわけだけど、今回は実際にスポンサーが広告を取り下げて、毎日.jpのバナー広告が自社広告ばかりになって収益が壊滅的になったり、現実世界でビラをうっかりおき忘れてしまうことで悪事が広まり、新聞を解約する人が多数出ている模様なのよ。中には地域ぐるみで不買をやっているところもあるそうで、毎日にとってはそれはえらいことになっているのよ。勿論、悪いのは毎日だからそれを擁護するつもりはないわよ。むしろざまぁwwwって感じなのよ。
それにしても、ネットの力がここまで広がったというのは儂的には予想外なのよ。儂はいつものようにネットで騒いでおしまいになると思ってたんだけど、まさか一般人まで広がるとは思わなかったのよ。誰もが怒りを感じる反日的な内容だったというのもあるけれど、ネットの影響力がかなり強くなってきたというのもあるわね。となると、相対的に既存メディアの影響力がなくなっていくことになるのよ。まあ、既存メディアなんて捏造の固まりだし、今回の件で毎日はかなり信用をなくしたことは確実なのよ。まあ既存メディアにはいい薬になったんじゃないのよ?今までマスゴミは不祥事を起こした企業を不当にバッシングして何社も潰してきたけど、今度は自らがバッシングされて潰れる番になるのよ。よくよく考えれば、今までのマスゴミには権力に歯止めをかけたり、捏造にペナルティを与えたりといったことが全くなかったので、ネットによる私刑の発達で正常になったと儂は考えるわよ。
ちなみに、毎日の不買だけど、儂は今のところ静観ね。というのも、儂の新聞は読売だし携帯もauだから、どこにも毎日が関わっていないのよねぇ。スポンサー商品の不買ぐらいはするかもしれないけど。

そういえば、FFXIIIがPS3だけじゃなくてXbox360でも発売することが決まったようなのよ。日本では現時点ではPS3だけらしいけど、そのうちXboxでも出すよという展開は誰もが予想できるのよ。というわけで、GK涙目wwww
そもそも、明らかに開発費がかかりそうなこのソフトをどのようにしてPS3の普及台数で損益分岐点を超えるのか非常に興味があったんだけど、なんというか、予想通りね。そりゃPS3だけで出したら確実に会社が傾くほどの大赤字なのよ。故に、Xboxで出すことは最初からある程度決まってたと推測するのよ。
しかし、この件で貧乏くじを引いたのはFFXIII目当てにPS3を買ったユーザーよね。まだ国内でのXbox発売は正式には決まってないけど、もし決まったら悲惨の一言なのよ。本当にお気の毒。購入予定者はしばらく様子を見た方がよさそうね。ちなみに、儂は例によって全くの無害なのよ。PS3もXboxももってないし、FFはプレイしないのよ。勿論、購入の予定も一切なしなのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 609

モノリスフィアクリアなのよ。フリーゲームだから詳しいレビューはしないけど、結構面白かったわよ。概要は前の記事を参照ね。とりあえず、一応ノーマルモードで最後までやったけど、なんとかライフアップなどの救済措置を使わずに最後までクリアできたわよ。アクションゲームがそんなに得意ではないわっちではかなり珍しいのよ。といっても、別に簡単というわけじゃなくて、がんばればなんとかなる絶妙な難易度。勿論、各ステージのクリア条件を全て満たすのは結構難しいけど、ゴールにさえたどり着ければ次の面に進めるので、クリアするだけなら簡単。そして、この手のアクションゲームに良くあるのがボスに詰まって放置というものだけど、このゲームでは再戦するとボスが弱くなる嬉しいシステムなのよ。明らかに速度が遅くなったり、攻撃頻度が下がったりするから、これなら詰まることはまずないのよ。勿論、再戦無しの強いボスに勝ったらボーナスがあるから、うまい人はこれを狙うことになるのよ。とりあえず、詰まりを無くしたというのは、かなりユーザーフレンドリーな仕様だと儂的には思ったわよ。
そして、ストーリーもなかなかのものね。序中盤は基本的にはコミカルに進んでいき、終盤にだんだんシリアスになっていくというものだけど、儂的には序盤がめがっさ面白かったのが高ポイントなのよ。キャラクターも個性的な面々がそろっていて見ていて飽きないのよ。
そんなわけで、モノリスフィアの認定は10段階評価でとさせていただくのよ。10段階評価とは勿論、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸のことね。

続いて今週のラーメンなのよ。今週はこのお店ね。
SA3A0196.jpg

ラーメン中+得入り(900円)
というわけで、屯ちん池袋本店なのよ。例によって開店時間直前に来たわけだけど、相変わらずの人の列なのよ。ひょっとして池袋界隈の店のほとんどは開店時間前に行かないとすぐに食べられないのではないかと思うほどね。結局儂は運良く開店直後の席にありつけたわけだけど、席にありつけなかった大勢の人が店内で列を作って待っていたのよ。こういう時ってなんとなく早く食べないと気まずいわよね。
で、この店のシステムだけど、とりあえず、儂が頼んだラーメンは650円なのよ。サイズは小盛り(120g)、中盛り(180g)、大盛り(240g)とあって、料金は全て同一。小では量がちょっと少ないかもしれないので、儂は中を頼んだのよ。店に来た人を見てみると、大半は中か大を頼んでいたわね。そして、トッピングもいろいろあって、儂は人気No1と書いてあった得入り(250円)を注文なのよ。その名の通り、ネギ、チャーシューなどいろいろ入っているのよ。これも、かなりの人がオーダーしていたわね。
で、気になるお味なんだけど、結構フツーにうまいとんこつラーメンなのよ。とんこつといってもそんなに脂っこくなくて、むしろちょっとあっさり系かもしれないのよ。麺は柔らかめで結構するするいけるのよ。そんなわけで、様々なタイプの客層におすすめできる店で、だからこそ行列ができているんでしょうけど、逆に言えばインパクトが足りないのよ。推奨トッピングの得入りを加えると900円とかなりきつめのお値段になってしまうのもマイナスポイント。そんなわけで、ここは気が向いた時に来る程度ね。どこに行こうかと迷ったときの選択肢になる程度なのよ。ただ、店員の接客は良いほうだから、そこを若干プラスに評価するのよ。

という風に、フリーゲームやったりラーメン食べ歩きしてたりと軽く暇そうに見える儂だけど、実は全然暇じゃないのよ。むしろ、1日単位でスケジュールを組まないと間に合わないほどするべきことが多いのよ。そんなわけで、結構切羽詰っているわけなのよ。これはまずい。ここまで忙しいと精神的に病んでくるのよ。アニメも見れないし。とりあえず、来週の火曜日が終わればありえないほど暇になるから、それまでの辛抱である儂であったのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 608

モノリスフィアが面白いのよ。フリーソフトに少々詳しい人から見ればなにを今更って感じだけど、4gamerに記事が掲載されたので、ちょっとやってみたのよ。このゲームはアクションゲームにしては珍しくマウスだけを使うゲームなのよ。最初はちょっと戸惑うけど、慣れたら結構楽しくなるし、なによりノーマル難度でもうまい具合にクロノス・ブースター(時の流れを遅くする魔法)を使えばなんとかなるかもしれないバランス調整が素敵すぎるのよ。最近の理不尽な難易度のゲームよりよっぽどいいわね。勿論、このゲームもやりこもうとすれば十分難しくなるわけだけど。あと、ユーザーフレンドリーなインターフェイスもポイント高しね。ゲーム終了を押したときに直前にセーブしなかったらその旨が出るのは小さいながらも優しい気遣いなのよ。そんなわけで、いろいろな意味でおすすめなゲームなのよ。ついでに、ここのゲームでシルフェイド幻想譚もなかなか面白かったわよ。

そういえば、今日からサミットが始まったわね。儂は別にサミットには興味はないんだけど、ここ数日東京の至るところで警察官を見たのが少々気になるわね。町を歩いているだけでかなりの確率ですれ違うし、都心の駅だと改札口ごとに警官が配置されているのよ。そんな人数一体どこから出てきたと思うほどに警察官がいっぱい。さらに、駅のコインロッカーやゴミ箱が封鎖されて儂のような小市民にとっては不便な生活を強いられるのよ。確かに、サミットでテロを警戒しているというのもわからなくはないんだけど、都心から離れた地方の駅まで封鎖するのはやりすぎだと思うのよ。誰もそんなところでテロをしようなんて思わないでしょう。常識的に考えて。しかも、ネットによると札幌ではそのようなことはしていないということで、やっぱりどっかずれていると儂は思うのよ。というか、そういう厳戒態勢の期間を設定したところで、賢いテロリストはその期間が終わってからテロをすると思うわよ。厳戒態勢終了直後の気を抜いた時ががやりやすいと誰もが考えるだろうし。そんなわけで、そういう厳戒態勢の期間を駅にどでかいポスターをはって告知しているのはおろかだと儂は考えるわよ。儂だったら警戒は段階的に解除していくわね。
で、サミットといえばその関連で最近やたらと騒がれているのがエコなのよ。何かにつけてエコエコエコ。ちょっと前まではそんなこと全然いわれてなかったけど、急にいわれるようになったということで、やっぱり電通の影響力はすごいなぁと思う次第なのよ。もっとも、儂はそういう作られたブームは大嫌いだけどね。そんなわけで、エコの特番だとか様々なエコ商品が発売されているわけなんだけど、そもそも一番のエコは消費活動をしないことなのよ。不要な物を買わなければその分生産も少なくなり、生産の際に作られるエネルギーの節約になるのよ。トヨタなんかはエコ替えと称して車を買わせようと消費者を嵌めているけど、車を作る際にエネルギーを消費する分全然エコじゃないのよ。むしろ、自転車や電車を積極的に使う方が十分エコになるわよ。テレビもアニメ以外見ないで電源を消すようにすれば、消費電力が少なくなってエコになるのよ。まあ、テレビ局の中の人はそういうことを知ってか知らずか全く言わないわけだけど。とりあえず、なんでもかんでも商売の材料にするな。一般の視聴者もそういうエコの皮をかぶった宣伝に騙されちゃダメよ。何もしないのが一番のエコなんだからね。


FC2トラックバックテーマ 第527回「あなたの好きなアニメは何ですか?」
今回のFC2トラックバックが『第527回「あなたの好きなアニメは何ですか?」』ということで、儂もやって見るのよ。儂の好きなアニメは先ず京アニによる鍵三部作ね。AIRは観鈴のあの名台詞で泣き、Kanonはまこぴーで思いっきり号泣し、CLANNADは風子やことみの家族愛にやはり号泣したのよ。というわけで、これらは殿堂入りといってもいいわね。泣きアニメ大好きなのよ。あとは、前期だとかのこん。前々記だと狼と香辛料。その前だとこじかやらきすた、solaにひだまりスケッチなどが儂の好きな作品なのよ。特に、ひだまりは新シリーズがはじまるから嬉しいわね。と、こんなところなのよ。

7月にはいってからもの凄く忙しいのよ。1日ごとに計画を立てて課題をこなさないといろんな意味で間に合わないわね。困ったのよ。
そして、今週の日曜日は例会だったのよ。いつものように強い雄にふるぼっこにされると思いきや、その日はなぜか調子がよく、なんと1日企画で優勝したのよ。個人戦での優勝は初ね。3年目にしてついに悲願達成なのよ。おめでとう儂。普段決勝に行くこともほとんどないのに優勝とは儂でもすごいと思うのよ。正直くちゃくちゃ緊張したのよ。そして、くちゃくちゃ嬉しいのよ。例えるなら咲が1巻ではじめての役満をあがった感じね。快感であったのよ。そして、優勝商品としてチョコボールの銀のエンゼルをもらいました。ありがとうございましたなのよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 607

そういえば、いつの間にかfateの格ゲーが稼動してたのよ。いや、稼動していたのは知ってたけど今までその存在をすっかり忘れていたのよ。で、やったのかというとやってないわよ。繁華街に行けば大抵は置いているお店が1軒や2軒あるから、別に出来なくはないんだけど、後ろから見てると例によって常人には理解できないプレーをする暇人が続出なのよ。こんなところに突っ込んでいったら確実に殺されることは確実。儂が歌舞伎町あたりにある点3ピンとか点5ピンの麻雀荘に入るようなものなのよ。というか、麻雀はまぐれ勝つ可能性がある分、勝つ可能性が全くないこちらの方が悪質なのよ。そんなわけで、多分儂がやることはないわね。誰かにやれといわれても、100円やるからお前がやれという感じなのよ。これをやるなんてとんでもない。でも、正直おもしろそうだからやってみたかったのよ。また家庭用が出るまでの辛抱がはじまるお。
で、そんなfateの格ゲーだけど、どうやらキャンペーンが開始されたようなのよ。コースはマスターコースとサーヴァントコースの2種類。マスターコースは誰でもその場ですぐに応募できるけど、サーヴァントコースはゲームをプレイしてパスワードを入手しなければ応募できないので、儂は必然的にマスターコースのみの応募となるのよ。運がよければ非売品のサインつきポスターが当たるようだけど、当選は10個ということであんまり期待しないで待つことにするのよ。

7月に入ったということで、新番組の季節になったのよ。今回の新番組のリストはこちらね。今期は前期より数が少ないものの、力作がそろっているように感じるわね。で、その中まずひだまりスケッチ×365は確定ね。これはBS-iでの視聴となるのよ。続いて、セキレイも半分ぐらい確定ね。別に巨にゅうの巫女さんが好きとかそういうことはないわよ。念のため。あとは、1話を見て余裕があれば乃木坂春香の秘密恋姫†無双ね。今期は前期からのTo LOVEるとお稲荷さまはが続いているので、あまり見る物を増やしたくないというのが儂の本音なのよ。しかも、その2つは現在4週ほど遅れているから早く消化しないとまずいのよ。でも、その暇がなかなかないというフェータルな問題。辛いわね。ちなみに、感想記事はある程度たまってからアップするのよ。

そういえば、ニコニコ動画でMADの削除が始まったそうなのよ。曰く、日本動画協会他計3団体からの要請だとのこと。儂はMADはほとんど見てないからあまり実感はないんだけど、見てる人曰く結構削除されているとのこと。とりあえず、儂の意見としては、なんかもったいない気がするのよね。せっかくただで宣伝してもらっているというのに、著作権を侵害しているという理由だけで削除するのはあまりにももったいないのよ。なんというか、完璧にビジネスチャンスを逃しているわね。MADで宣伝してもらえば宣伝費をかけなくても売り上げが伸びるというのに。実際アイマスもMADで売り上げが伸びたところもかなりあるわけで、そういう前例があるにもかかわらずこのような愚行をするのは、団体の中の人頭おかしいんちゃうと言われてもおかしくないのよ。こんなんだから日本のコンテンツ産業は伸びないんじゃないかと思うわよ。どうせ本編そのまま垂れ流しているわけじゃないんだし、MADぐらい認めてもいいとは思うわよ。
ちなみに、この辺については角川は一歩先に進んでいるわね。Youtubeに投稿されたMADを削除しないで公認するという手段をとっているのよ。これならMAD作者は削除されずに沢山の人に見てもらえ、角川はいい宣伝になって結果的に両者が得をするのよ。コンテンツ産業はファンがいての産業なのよ。著作権ばかり考えてないで、ファンの心理も考えなきゃ将来確実に滅ぶわよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
記事編集

Stage 606

まずは今週のラーメン2連発なのよ。
SA3A0192.jpg

蒙古タンメン中本池袋店 蒙古タンメン(720円)
中本といえば東京都内にチェーンを持つ有名なラーメン屋なのよ。気になってはいたんだけど、いつも行列ができていて、なかなか入る機会がなかったのよね。しかし、午前中に都合よく時間が空いて、前の道を通った時に全く行列が出来ていなかったので、友人と一緒に入ってみたわけなのよ、といっても、乗り気だったのは友人のほうだったんだけど。
で、出てきたものはこの写真のものね。言葉では形容しがたいほどのこの赤さ。これはひどい。なるほど、こーゆーお店だったのか。ちなみに、味はやっぱり見た目どおりだったのよ。儂は辛いものが苦手なので、食べるのに一苦労なのよ。ただ、辛い麻婆豆腐だけは好きだから、全く食べれないってわけじゃなかったわね。結局スープは全部残したけど、具と麺は完食したのよ。たまにはこういうのも悪くないわね。ちなみにこのタンメン、食べてるとライスがだんだんほしくなるのよねぇ。170円で注文出来るそうなので、今度いくときは頼んでみることにするのよ。

で、もう一軒
SA3A0193.jpg

塩そば専門店 まるきゅうらあめん 塩そば(700円)
東池袋のサンシャイン通りからすこし外れたところにある小さなお店ね。まあ、名前が名前だけにって感じで行ってみたのよ。ちなみに、このお店は席が8席ぐらいしかない上、スープがなくなった時点で終了なので、早めに行かなければならないのよ。というわけで、11時の開店と同時に行ってきたわけなのよ。ここのメニューは基本的に塩そばのみ。日によって違うらしいけど、とりあえず火曜日は塩そばなのよ。で味の方はというと、実はかなりうまいのよ。かなりバカっぽい店名とは裏腹に出てきたラーメンはかなり本格派。スープはあっさりとしていて甘みもあり、かなり飲みやすいのよ。麺は細麺で、多少固いと感じたけど、スープとの相性が非常に良く、ぐいぐいいけるのよ。そのおかげで、儂は普段頼まない替え玉を注文することになったのよ。でも、他のお客さんも例外なく大盛か替え玉を頼んでいたので、どうやら麺の量を増やすのがこの店ではデフォらしいのよ。とにかく、この店は大当たりなのよ。ここまでうまいラーメンはめったにないのよ。今後も塩ラーメンが食べたくなったら行くことにするのよ。

ここんとこまたブログの更新をサボっていたわね。というのも、課題がくちゃくちゃありすぎて忙しかったのよ。今年度に入ってから時間外労働が大幅に増えて困ったものなのよ。おかげで、せっかく買ったホロホロなゲームをする時間もなくなってしまったのよ。
あと、某所で競技麻雀のルールを作っていたのよ。最近の麻雀はドラ集めゲームになっている気がしてならないので、どうすれば競技性が高まるかをテーマにつくってみたのよ。その結果、リーチ麻雀とは似ても似つかない全く新しいルールになったのよ。ちなみに、どういうルールかを大っぴらに公表する気はないわよ。一応一番近いルールが浅見了さん考案の純麻雀だから、それっぽいルールのものと思って間違いないのよ。まあ、有象無象のローカルルールのうちの一つね。

で、ここんとこまともに番組を見ていないわけだけど、とりあえずかのこんの8話から12話までを視聴したのよ。
8話はネット配信で規制が始まった回なのよ。一体どんな回なのかと思いきや温泉回だったのよ。ちずるの母親もちずると同じようにえろすで巨にゅうなのよ。これはいい。そのあとはゆりがあったりにょたい盛りがあったりと盛り沢山な内容であったのよ。ちなみに、儂的には望の「ほらほらこうた、くーびとー」がつぼったのよ。
9話は貧乏双子姉妹(名前忘れた)が大活躍する回なのよ。といっても、返り討ちに合うわけなんだけど、それでもちずるをひんぬーにすることに成功したのよ。これはひどい。とりあえず、今回の見所は甘えんぼさんとツンツンプレイ、お尻で(ryなのよ。
胸マッサージで始まった10話はちずるが巨にゅうを取り戻すお話なのよ。今回のみどころはハンバーグを食べる双子、望の変身、耕太2度目の合体なのよ。最終的にはおっぱいクルセイダー耕太の活躍によりちずるは巨にゅうを取り戻すことが出来たのよ。やっぱりちずるは巨にゅうじゃないとね!
11話はここに来て海回なのよ。この位置に海回がくるとは珍しいわよね。でも、これはかのこんだからただの海回ではないことは容易に想像がつくのよ。とりあえず儂的には望の水着がバンソーコーなのはいろんな意味でどうかと思ったのよ。このち女が。あとは、サンオイルぬるぬる。あかねのツンデレなどが今回の見どころであったのよ。
そして、最終第12話はついにしちゃうということで、告白をするお話なのよ。なかなか耕太の気持ちを聞けないちずる。耕太もどのように言ったらいいのかわからず、悩んでいるのでありました。しかし、最後は第1話のあの場所に行き、無事に告白できました!最後は狐の嫁入りでハッピーエンド!お疲れ様でしたっ!!まあ、最後までエロかったわけだけど。

というわけで、かのこん終了なのよ。結構おもしろかったわよ。原作は1巻しか読んでいないから知らないキャラクターも多かったんだけど、すぐにわかるようになるし、そもそもストーリーはあってないようなもんだから、主要キャラクター以外は別にわからなくてもかまわないのよ。
とりあえず、ここで各賞の発表ね。まず、狼とエロス大王賞は犹守望たん。能登かわいいよ2008上半期は小山田耕太くん。そして、Eros'08とベストキャラクター賞は源ちずるたんに贈呈するのよ。おめでとうございますなのよ。
それにしても、ホントエロい作品だったわね。儂が今まで見たなかで一番エロい作品なのよ。まあ、原作が半分ぐらいアレだったわけだし、あの原作からこの内容というのは結構容易に想像できることなのよ。もちろん、視聴者の大多数がそれを期待して見ていたわけだし儂もちょっとは期待していたりするのよ。ここだけの話。というわけで、非常に満足できるでありました。
そんなわけで、かのこんの認定段位はMasterV(94点相当)
とさせていただくのよ。作画も特に大きな乱れは見当たらなかったしね。万人にお勧め出来る作品というわけじゃないけど、こういうのが好きな人はDVDを買っても損はないと思うわよ。あと、Gyaoで見ていた小学生の輩にいうけど、お前らはガキなんだからこういうのを見るのはやめなさいよ。ガキはガキらしくポケモンでも見てればいいのよ。でも、こういった欲望は人間誰もが持ってるもの。あと5年ぐらいしたらもう一度見に来てもいいわよ。

というわけで、本日は終了なのよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。