これは、とあるちょっとした知識と日陰の何とかのブログなのよ。 間違ってもおたくのブログではないのよ。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

Stage 787

firefoxがなぜかここんとこよく落ちるようになったので、ブラウザをGoogle Chromeに改めて変更したのよ。他のブラウザと違いタブが画面の一番上にあって、慣れないと以前までタブがあったところにあるブックマークのボタンを押し間違えることも多々あるけど、なれればそれなりに快適ね。けいおんのテーマもあるし。
ついでに、活動の中心をTwitterに変えたのよ。例によってHNは秘密だけどこれもなかなか便利よね。気軽につぶやきを書くだけでいいというのがポイント高し。


儂が個人的に気になっている天神乱漫のPSP版のOPが公開されたのよ。気になっているといっても、ゲーム内容ではなく、主題歌と荒ぶる天神乱漫のポーズなんだけどね。せっかくDAMで配信されるのだから、歌って踊れるようになりたいところであるのよ。で、これが問題のPSP版OPだけど、明らかにアニメパートが増えてるのよ。いい感じにぐりぐり動いてるわね。踊りが増えてカオスも倍増。特に1:12あたりの珍妙な踊りは一体なんなのかしら?踊りの全貌は書籍『いけ!いけ!僕らの『天神乱漫』』に掲載されているから熟知すべきね。ちなみに、ゲーム自体はなかなか好評らしいのよ。


先週は練馬区の成人式を見学しに行ったのよ。練馬区の成人式はとしまえんで行われるので、一般の人でもなかにはいることが出来るのよ。貸切というわけでもないしね。来場していた新成人は多めに見積もって5000人。しかしながら、会場の面積はそんなに広くないので、いい感じに有明っぽい混雑を醸し出していたわね。
成人式というと近頃のニュースで荒れているとはよくいわれたものだけど、練馬区の成人式ではそんなものはなく、ただ一人ハルヒのコスをした男がいたことを除けばなんの問題もなかったわね。成人式で女装コスってのもすごいわよね。一般の客もいっぱいいるし、そもそも一生に一度しか出れない式典にコスプレででるってどうなのよ?まわりがみんなスーツか振袖の中でひとりだけスーツ。ある意味尊敬するわよ。全くやる気にはならないけど。それにしても、荒れた成人式はどこへやら。近隣の自治体でも荒れたという話を聞かないので、本当は実はほとんど荒れてないんじゃないのよ?もしくは地方だけ荒れてたとかね。田舎の不良文化は東京に比べて20年は遅れているからねぇ。都民が地方に行ったらまだこんな典型的な不良がいたのかと驚くこと間違いなしなのよ。
その後、都内某所で行われているQMAの大会をひやかしに行ったら知り合いがなぜか優勝してたのよ。これはびっくり。メンツ的に優勝はないと思ったけど、まさかやらかしてしまうとは。新年早々運がいいわね。そのうちニコ動に動画が上がるはずだけど、例によって紹介はしないのよ。その優勝した人からたどっていけば儂の身元がバレるし。


近頃話題のミンスの汚沢の汚職事件。いよいよ小沢逮捕も秒読みといったところね。とはいえ、月曜日になると通常国会が始まってそう簡単に逮捕できなくなるので、日曜日までが勝負というわけなのよ。不逮捕特権なんて誰が考えたのかしらねぇ。現時点では汚沢の元秘書の石川がパクられたけど、検察は自殺恐れがあるから捕まえたとのこと。これがいわゆる友愛ってやつね。こわいこわい。自殺というけどどう考えてもこのままだと消されてたわよ。逮捕されてよかったわね。そして肝心の汚沢。さっさと幹事長と議員を辞職し、警察にパクられてムショで自殺すればいいと思うよ!


今日はセンター試験1日目。儂には全く関係ないけど、一応毎年のように現代社会と政治経済の問題はチェックしているのよ。得意科目だし、どんな問題がでるか楽しみじゃない。で、今年は現代社会にこんな問題が。

(前略)日本における参政権に関する記述として適当でないものを、次の1~4のうちから一つ選べ。
(略)
3、最高裁判所は、外国人のうちの永住者等に対して、地方選挙の参政権を法律で付与することは、憲法上禁止されていないとしている。

4、衆議院議員選挙において、小選挙区で立候補した者が比例代表区で重複して立候補することは、禁止されている。


この問題の正解はもちろん4。前回も野田聖子とかやりまくってたしね。しかしながら、3の選択肢がいくらなんでも露骨すぎるのよ。以前裁判員制度が始まるときに大問まるまる1つ裁判員制度の問題に使ってたけど、今回はこれから成立するであろう外国人参政権に向けた選択肢をこっそり忍ばせているのよ。センター試験の問題は割と影響力が強いので、ここでクイズにすることにより、実際に参政権を付与するときに一般人に問題ないと思わせることができるし、現在の高校生にも同じく付与しても良いのだと思わせることができるのよ。流石サヨ。こーゆーところはしたたかよね。なにせセンターの問題委員にはサヨがおおいからねぇ。数年前もそれで問題になったというのに。ただ、書いてある事自体は間違いじゃないわよ。一応この選択肢について説明しておくと、そもそもの発端は大阪に住む鮮人が選挙人登録されていないことを不服として裁判を起こしたのよ。結果はもちろん敗訴。ただ、この敗訴というのはあくまで現行法の下では別に外国人に参政権がなくても問題ないということなのよ。それでもって、外国人に参政権を与えるという政策なのであればそれはそれで構わないという傍論が出されたわけなのよ。ただ、判決の本文には『(地方選挙の投票券を示した)憲法93条にいう「住民」とは国民のこと』とあるので、その内容と傍論は明らかに矛盾しているのよね。本文の方を優先するならば、外国人は住民ではなく投票権はないということになるのよ。それなのに傍論でそれを覆すとは一体何を考えているのかしら?この場合はもちろん本文が優先されるわけだけど、問題とするのは少々微妙かも。
いずれにせよ、外国人参政権が違憲かどうかは法律が出来るまでわからないのよ。本文と傍論が矛盾している以上、どっちが正しいのか分からないし、法律ができないと裁判所は違憲立法審査ができないので、法的な判断がでないのよ。ただ、個人的には違憲だと思ってるし、そもそも反対の世論が大多数を占めるので、このままおいそれと成立するわけがなさそうね。個人的には裁判所で違憲だと言ってくれればおしまいなんだけど、間違って合憲と判断されたら終わりだし、なかなか上手くいかないものね。とりあえず、ミンスが自爆するまで反対し続ければいいとおもうわよ。


というわけで、本日は終了なのよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://udongein.blog58.fc2.com/tb.php/677-fa488f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。