これは、とあるちょっとした知識と日陰の何とかのブログなのよ。 間違ってもおたくのブログではないのよ。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

Stage 791

そろそろ広島に行った時のことでも書こうかしらね。結構楽しかったわよ。滞在中全部雨だったのはしょうがないところではあるけれど。

行きの交通手段はいわゆるツアーバス。簡単に言うと深夜バス(夜行バス)のめちゃめちゃ安くなったバージョンね。正確には全く別物なんだけど、機能としてはそんな感じ。なにせ東京広島間が片道6000円なのよ。あまりにも安すぎるわね。その代わり、通常の深夜バスが3席*9,10列程度の座席なのに対し、ツアーバスは普通の観光バスなので4席*11列と非常に一人当たりのスペースが狭くなっているのよ。もちろんトイレも無いので2時間ごとに休憩があるわよ。で、そんなツアーバスだけど、正直全く眠れなかったわよ。狭いしうるさいし遮光が不完全だしで、眠れたもんじゃないのよ。というか、車内のほぼ全員が眠れてなかったわね。3時ぐらいの休憩でも殆どが車外に出ていたし。そんなわけで、個人的にツアーバスは正直最悪であったのよ。なにせ大泉洋のアレ以上にひどい環境だったからねぇ。もう1回乗れといわれても全力で断るわよ。
そんなわけで広島に来たわけなのよ。広島での移動手段といったらなんといっても路面電車よね。
SA3A0594.jpg
これは最新型のすっごいカッコいいやつね。実際には何種類かあるわよ。広島は地下鉄がない代わりに路面電車網が非常に充実しているのよ。特に、広島市の繁華街である紙屋町あたり(広島駅からそこそこ離れているのよね)まではほとんどの便が通るとあって数分おきに電車がやってくるのよ。路面電車とばかにしてはいけないわ。西広島から宮島までは専用軌道があるんだけど、その上をこの電車は時速60キロで爆走するわよ。床が低い路面電車でまさかの60キロ走行。軽くビビったわ。ちなみに乗り方が少々特殊だから、最初乗るときは軽く戸惑うわね。
ところで、広島という街は実はそんなに広い街ではないのよね。どちらかと言えばコンパクトに纏まった感じの街なのよ。買い物やら娯楽やらの大部分が前述の繁華街近辺に集中していて、あんまり遠くに出る必要が無いし、それでいて一通りの娯楽も揃っているから、結構便利な街なのよ。そんなわけで、繁華街で買い物を楽しんでいたわけだけど、その途中であるものが儂の目の前に現れたのよ。
SA3A0600.jpg
見ての通り原爆ドームね。いきなり出てきたものだから驚いたのよ。というのもこの原爆ドーム、繁華街から大して離れていないのよね。商業地域のすぐ隣にあるのよ。そんでもって、わっちが入った某ショップから100m程度しか離れていなかったのよ。楽しい気分で買い物をしている時にいきなりこれよ。なんか複雑な気分になると同時に、正直言葉が出なかったわ。こればっかりは例によって実際に行ってみないとわからないんだけど、とにかくすごいインパクト。なんというかここだけ時が止まったような感じがするわ。日常と非日常の境は案外近くにあったようね。何故か知らないけれど涙が止まらなくなった儂がそこにいたのよ。言葉では形容し難い感情が生まれてきたわけね。
ところで、この辺一体は平和記念公園という公園になっていて、様々なモニュメントなどが飾られているわけなのよ。例えば
SA3A0615.jpg
原爆死没者慰霊碑ね。石碑にある「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」という文言はあまりにも有名。見ての通り中央から原爆ドームを臨めるような位置に設置してあるわ。あとは、
SA3A0613.jpg
原爆の子の像ね。以前折り鶴が放火されたとき、某掲示板で折り鶴を贈るオフが行われたのは記憶に新しいわね。といってももう6年も前のことなんだけど。結局そのオフは最後の胴上げで全てを台無しにした感があって非常に良くなかったわ。要反省。
その他もろもろ。あと、広島平和記念資料館なるものがあって、観覧料が50円。ただみたいな金額だけど、かなり本格的な内容よ。後半になるにつれて生々しい展示も多くなってくるので、そういうのが嫌いな人は注意。個人的にはしっかり見て欲しいんだけどね。

ざっくり説明したけどこんな感じね。個人的には行く前は正直こういったものを観光資源にするのはどうかと思ったんだけど、行ったあとはありだと思うわよ。平和という目にみえないものをこうしてわかり易く表現するのはよくよく考えたら大切な事よね。
ただ、個人的には平和運動とかには何か違和感を感じるのよね。もちろん平和は大切だけど、その運動の中身に違和感があるのよ。具体的には平和とは全く別の思想が働いている気がするわ。もっというと反米ね。国内で平和運動をやっているサヨクは実に奇妙な思考回路を持っていて、アメリカの原子力潜水艦が日本に寄るだけでも大々的な反対運動をやるのに、中国や北朝鮮の核には何もいわないのよ。それっておかしくないのよ?核廃絶を目指す広島の精神では両方の核を非難しなければならないのに、特亜の核には何故かスルー。そーゆーダブルスタンダードをやってるからいかにも平和運動全体が胡散臭いものになってるのよね。それでいてそれに反対する人間をやれネトウヨというんだからもうめちゃくちゃ。そういう活動を支持しろっていう方が無理なのよ。
まー結局のところ、この世界から戦争をなくすのは不可能ね。なにせ戦争は正義と正義のぶつかり合いだからね。資源に限りがある以上衝突を防ぐことはできないのよ。そして、核の廃絶も不可能。なにせ核が抑止力になることは広島自身が証明しちゃったからねぇ。こんなに有効な抑止力があるのにそれを持っている国が安々と捨てるわけがないのよ。そのかわり、人類が滅亡する時まで使われることはないでしょうけどね。そもそも平和というのは権利と同様勝ちとるものであるのよ。日本を襲うと何かとやばいとどの国も思っているから日本を襲わないだけで、米軍が撤退したら中国あたりが本気で攻めて来そうな勢いなのよ。なのに軍縮を唱えるのはいかがなものかと小一時間。そういう思想があるから戦争がなくならないんだといわれても、事実なんだからしょうがない。実際中国は日本に核向けてるし。これも立派な抑止力なのよ。
しかしながら、戦争はない方がいいのは重々承知。戦争の悲惨さはよく理解したわ。結局のところ戦争を防ぐにはお互いの妥協点を探っていくしか無いんじゃないかしら。戦争が起きると成果が10:0になることが多いけれど、これを5:5にするように何かしらやればいいのよね。経済的には戦争の費用が掛からない分成果が6:6とか7:7ぐらいにはなるからその方が得だったりするのよ。ただ、具体的にどうすればいいかはケースバイケースだし、その研究も進んでいないように思えるのよ。今までのように平和平和と叫んでいるだけではなく、戦争を防ぐためには具体的な行動をするべきじゃないのよとわっちは思うわよ。中にはどう考えても防げなかったり、防ぐと成果がマイナスになるものもあるんだけど、それはそれでしょうがない。自分が応援する正義が勝つことを祈るばかりね。

続きは後ほどね。
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/07(木) 09:55 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://udongein.blog58.fc2.com/tb.php/684-af097626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。